今回は【個別オナホレビュー】です

つい先日【オナホ紹介】で紹介するだけだったホール「ガールフレンド第3章」
年明けに購入予定でしたが好奇心が抑えきれずに購入

期待値が高かった分落胆した部分も少々あるので「良い所も悪い所もバッサリ」といかせてもらいます





       代替テキスト          


 メンテナンス方法考察記事はこちら!




簡易総評:87点(予想では92点)

詳しいレビューは追記文で!


 「予想レビュー」で期待した点数を大きく下回ってしまった一例
「初代ガールフレンド」や類似コンセプトである「ぷにあなミラクルDX」と比べるとたしかにコスパは良くなっていますが
安価を実現させるため「ところどころに安い素材を使ってる」という実感は否めません

 そして「穴」だけに関して言ってもいつもレビューしている様な「普通のハンドサイズのオナホールの方が気もちいい」と断言できます


ですがやはり「質量」による「打ちつけたときの反発力」は素晴らしく「ウレタンヒップ」による「腰振り」では得られなかった「腰を肉に打ちつける疑似快感」を体験することが出来ます


 おっぱいの方も少しだけ水風船みたいな違和感はあるものの「本体より柔らかく」造ってくれている事も高評価

十分に「据え置き大型オナホ」としての基準は満たしていると思いますので安価である事を考えてこちらは「入門編」と捉えるのが良いと思います

つまり、こちらを購入してしばらく使い続けることで「新しい据え置きオナホを迎え入れるか入れないか」の指針として



 メンテナンスも少しコツがいるので根気よくそれこそ「本物の彼女を招き入れる」つもりでなければ続かないでしょう

このホールから「メンテナンス」「使用方法」「抱き心地」などを予習して「また新しい大型オナホを買うかどうか」を考えればよいと思います

とりあえず私はこの「ガールフレンド第3章」が「大型オナホ」としてどの順位に立っているかを確かめる事を約束します
「初代ガールフレンド」、「ぷにあなミラクルDX」をいつか購入してこちらと比較していきたいと思います

 「穴」の断面図や素材を見る限り「ぷにあなミラクルDX」の方が良い素材かつ良い造り込みである可能性が高いですからね



※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です




ガールフレンド第3章 良い所も悪い所もバッサリと 「人型オナホ」の入門編と考えれば悪くない!?【据え置きオナホレビュー】



もくじA

もくじAが表示されない時にお使いください
もくじB
  1. 「ガールフレンド」とは?
  2. その外観、内観
  3. 挿入の際の諸注意
  4. おっぱいの感触
  5. 挿入感想
    1. 「ぷにあなミラクルDX」の方が気もちいい疑惑!?
    2. 今後「据え置きオナホ」がクリアしなければならない課題
    3. この商品のメンテナンスについて
  6. 総評:87点&商品ページリンク
    1. おそらく上位互換であろう「ぷにあなミラクルDX」商品ページリンク
    2. 洗浄、メンテナンスに必須な商品
  7. 関連記事

 もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓

「ガールフレンド」とは?



 通販サイト「NLS」オリジナルタイトルとして販売されている「据え置き大型オナホ」
「第1章」は上記の通りリアルな3サイズの大型オナホとして販売されオナホに4万円出せる熱意を持つ「大型オナホユーザー」に支持を受けました

 その後発売された「第2章」は何故か人気がいまいち・・・(NLS本人談)
「3サイズがよりグラマラス」になったにも関わらず「小麦色」が受けなかったのか「大型オナホは1つで良い」と思われたのか

         ガールフレンド 第2章



 そんな「2」の失敗?を受けて「3」はコンセプトを見直し
「骨格フレームでしっかりと補強」「抱きやすい10キログラムの設定」「コスパを向上させる」などを盛り込んだ結果著しく「ぷにあなミラクルDX」と色々被ってしまったという本作
しかしこちらは「2万円台」という「コスパの良さ」を実現。十分に「すみわけ」は可能な本作を紹介していきます


また、「大型」であることで「手でストローク」するのではなく「腰全体を使ってピストン」する必要はありますがその分「本番っぽい体験」を楽しむことが出来ます


 「オナホ固定腰振りオナニー方法」の有用性についてはこのブログで何度も取り上げてきました



その外観、内観





 いつも通り「セブンティーンボルドー」との比較
他に比較が無いと本物の女性のサイズと間違えそうなほど大きいのは分かりますね
(実際はちょっとだけリアル人体より小さい)



 下からのアオリで撮った画像
かなりのグラマラスボディなのが伝わっているでしょうか
(といっても背景を塗りつぶしたら立体感は薄れますが)



       代替テキスト 拡大する
造り込まれた「身体」とは裏腹に「穴」に関しては「並」といった印象
そこまでこだわった内部ではないのでやはりこちらの商品は「圧倒的質量による反発力」を楽しむホールだと思います


         代替テキスト

   

 こちらが「初代」や「2」には存在しない「骨格フレーム」
これにより「人体の硬い所は硬い、柔らかい所は柔らかい」とメリハリがついてなおかつ「本体がへたらず自立しやすい」というメリットを持たせます




挿入の際の諸注意


 「据え置き大型オナホ」であるがゆえハンドホールとは勝手がいくつか違います
諸注意をいくつか述べていきましょう



「高さ調整」編



 「寝かせて」使う事が鉄板だと思われがちな「据え置き大型オナホ」ですが女性自ら挿入しやすい位置に腰を浮かしてくれるリアルセックスとは違い「床に寝そべったまま」なのである程度「高さ」がある方が挿入しやすいです

 ここでも有用になってくる「高さ調整の台」はウレタンヒップですね


 このように「ウレタンヒップの上」に乗せて高さ調整しますが「ウレタンヒップ」が無い場合は梱包されていた箱でも調整可能です



「ローション使用」編



 普段のハンドホールにローション注入する場合と違って「重さ」ゆえに「下方向に傾けてローションを入れやすくする」事が困難なので

「オナホールの中」ではなくモノ♂の方にローションをあらかじめ塗っておくという逆転の発想で対応しましょう



おっぱいの感触


 「初代ガールフレンド」と「第2章」を所持していないのでなんともいえませんが
「胸が硬い」「本体と別の素材にして欲しかった」との声もありこちらに応える形で当記事「第3章」はおっぱいの内部を見直し

「ジェル素材を埋め込んだ極上の揉み心地」との事でしっかりと「本体の感触と別の快感」を演出する事に成功


       代替テキスト拡大する


 こちらの「ガルフレ3おっぱい」の個人的感想は

「ちょっと水っぽいけど良い触り心地」という一言


仮に「人体とかけ離れた感触」であったとしても「本体よりも柔らかい感触」として分けてくれさえいればある程度「本当に女体を触っている!?」という錯覚は得られます

 そういう意味ではこの「ガルフレ3おっぱい」の感触は「正解」でしょう
「本体との感触の差」で十分に「おっぱい」を錯覚できる造りにはなっています



挿入感想



 実際に「挿入してみて絶頂まで使って見た」感想です

先ほども言った通り「穴」に関しては「いつも使ってるハンドホールの方が優れている」という感想ですが

何よりのだいご味は「腰と腰、肉と肉を打ちつける」リアルセックスの疑似体験!!


その気になれば「パンパン」というAVでの「いつもの音」を再現する事も可能ですし「ウレタンヒップでの腰振り」では得られなかった「接合部以外での肉のぶつかり合い」(別窓画像)を堪能できます



 「腰部分」を手で抱え「重さ」を感じながらひたすら「奥へ奥へ」と打ちつける感触はまさしくセックスであり


「本当に種付けしている!?」という錯覚や「孕め孕め!」という本能の赴くままに興奮できる「質量」と「反発力」です


 ただしかなりグラマラスボディでありながら「実際のリアルな女体3サイズより少し小さい」ので「小柄の女性を抱いている」という感覚が強いですね


 参考:初代ガールフレンド3サイズ:B83W68H89

ガールフレンド第3章3サイズ:B68W46H72


 この「質量」ゆえにあなたの本能は満たされて射精後はなんともいえない「生物的雄としての達成感」や「充実感」を得られるでしょう




「ぷにあなミラクルDX」の方が気もちいい疑惑!?



 「ホール部分の造り込み」以外は及第点以上の「ガールフレンド第3章」ですが
「オナホール部分」の断面図を見る限り類似コンセプトである「ぷにあなミラクルDXの方が気もちいい疑惑があります





 これに関しては「実際に購入して比較しないと断言できない」のでこちらの「ぷにあなミラクルDX」はもちろん余裕があれば「初代」も購入して「こちらのガールフレンド第3章」が「据え置きオナホの中でどの辺の序列か」を徹底検証していきたいと思います

しかしながらこちら「ガールフレンド第3章」は「ぷにあなミラクルDX」と比べて
「5000円~10000円」ほど安いのでコスパでは上

「ここから更にぷにあなミラクルDXにまで手を出すか」を考える指針としては
十分な商品だと思います



今後「据え置きオナホ」がクリアしなければならない課題



 と、このように「打ちつける快感」をもたらす「据え置き大型オナホール」
ですが今後の「課題」も多々あります

 とりあえずは「人形部分とホールが同一でもハンドホールの気持ちよさには勝てない」ならばいっそ「セパレートタイプ」にして専用オナホールを何個か作るか「既存のオナホールをハメ込む人形」として割り切ってほしい

という事

「ホール部分が取り外しが効く」方が色々なオナホを楽しめますし「洗浄が楽」という圧倒的なメリットが得られます

 「本体とホールが同一」であると加工も難しくなってくるしどのみち「ハンドホールほど内部を作り込めない」というデメリットを抱えます

 「オナホールをはめ込むための穴」と「専用ホール」という独自規格を打ち出せばウハウハに稼げるのは「電動オナホール」である「A10サイクロンSA」「A10ピストンSA」とその「専用ホール」達が証明してくれています


 私としては「まだ名前がありません」~「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」くらいまでの大きさのホールはハメられる「汎用穴の人型ドール」が欲しいですが
「商売である以上まずは採算をとれないといけない」とするのなら上記の「専用オナホールとそれをハメこむドール」という展開でも構いません

 今後の「据え置き大型オナホ」がどうなるかはわかりませんが「ホール部分の刺激」では無く「圧倒的質量による反発力」が主な「売り」なのですから「ホールくらい自分で選ばせてほしい」というのが本音ですね



この商品のメンテナンスについて


 正確には「この商品」ではなく「据え置き人型オナホ」共通のメンテナンス方法です
こちらはかなりめんどくさく、詳細な部分まで説明しないといけないため「別記事」にて説明いたします


ですが「商品ページリンク」にて「必須のメンテナンスアイテム」を載せておきますので参考にお願いします



総評:87点&商品ページリンク





※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です



関連記事




こちらの「本レビュー記事」から省略した情報もあるのでこちらも参考に!

 メンテナンス方法考察記事はこちら!
 ライバル的立ち位置のホール「ぷにあなミラクルDX」のレビュー記事はこちら!

 「ぷにあな」との比較記事はこちら!

関連記事