今回の記事はカテゴリを迷いましたが【オナホコラム】に致します

電動オナホールの「NLSピストン」及び「A10ピストンSA」の専用ホールは「安定して固定させる」分には優れていますが「イマイチ気持ちよくない」という事なので「固定部に噛ませるリングが邪魔なのでは?」と思いリングを切断した上で快感が変化するかどうか実験してみようと思います

 「NLSピストン」及び「A10ピストンSA」関連記事はこちら!









代替テキスト



簡易検証結果:やはりリングが無い方が気もちいい!

詳しい検証方法、リング切断方法は追記文で


 そもそも固定するリングが邪魔で「ピストンと言うよりは伸び縮みしてるだけ」という挿入感だった専用ホール
ゆえに「本当に気持ちいいピストンプレイ」を追求するならもっぱら「振れ幅が大きくなる専用以外のホールでのプレイ」でした

代替テキスト


代替テキスト



 ケース側にハメるための穴はともかく入口に噛ませるリングは「本当に必要なのか?せっかくの最先端の電動快感を阻害しているのでは無いか」
という疑問が浮かび上がり「専用ホールの固定用リングを切断」を決意


 結果はやはりこの「リング」が邪魔であり「振れ幅」が大きくなることできっちり「上下にストロークされる最先端ピストン刺激」を実感


 「専用外ホール」と同様「ホールの構造が伸び縮みでは無くしっかり縦に往復する」事で自然なピストン感、「相手から腰を振ってもらえている様な錯覚」を実感


 もちろんリングが外れた事で「ほんの少し挿入しにくくなる」事は確かですが
「リング有」の挿入のしやすさが「100」ならば「90」くらいなので
しっかり勃起させれば問題なく挿入してプレイできるのでリングを切断してプレイしない理由はないと断言できます


 「ピストン専用ホール」でプレイを試みたがイマイチだった「ホールが伸び縮みしているような挿入感しか無かった」と落胆した方は一度「固定用リングを切断してもう一度テストプレイしてみる」事をオススメします

60点の挿入感が80点に変わる程度の実感はあると断言します



 しかしながらやはりこの方法はメーカーの想定外の行動ではあるので
どうしても「自己責任でお願いします」と付け加えざるを得ません

「固定用リングを一度切断したら二度と元に戻せない」事もふまえて
「なにかしらの理由で同じ専用ホールがダブっている」方
「リング有とリング無し用、両方購入する情熱がある」方
「どうせピストン専用ホールに失望して捨てるところだった」方にこの方法はオススメできます





ピストン専用ホール改造! リングが無い方が気もちいい!? 【オナホコラム】



もくじ


「A10ピストンSA」及び「NLSピストン」簡易紹介




「A10ピストンSA」とは?

代替テキスト
 電動オナホールを多数輩出してきたRENDSから輩出された【A10ピストン】こちらは(当時は)高価な電動オナホールであり「一万円」という値段で売り出された「クランク式のピストンホール」
 
 この頃からすでに「レールポジション式」という未来を見据えた構想がありましたが技術が足りなく、次の世代へと持ち越し
こちらの「A10ピストン」はクランク式を突き詰める形になり高評価を得ました
「A10サイクロン」が「A10サイクロンSA」へと進化したようにこちらの「A10ピストン」も「A10ピストンSA」へと進化
 前作では開発過程で切り捨てた「レールポジション式」を昇華させて滑らかなピストンを叶えた最先端の技術が詰まった電動オナホールであり「A10サイクロンSA」(約2万円)よりも強気な値段設定「4万円」で勝負
「4万円はさすがに手が出ない人が多いだろう」と思ったのか
100台だけ出荷したものの一瞬で完売!

 つい最近それの「10倍」である「1000台」を再販しましたが
こちらも一日で瞬殺!(正確には朝10時から22時の半日で)
今なお再販が待ち望まれている「伝説の電動オナホール」でございます
から引用


「NLSピストン」とは?

代替テキスト
 今現在【入荷未定】で販売再開が待ち望まれているピストン系高級電動オナホ「A10ピストンSA」その開発過程で「ボツ」になった「クランク式」によるピストン試作機をNLS側で引き取り商品化

「パターン別ピストン」「バッテリー式」「動画連動」などが省略され
「ピストン専用機」としてシンプルな造りかつ低価格(A10ピストンSAとの相対では)を実現させ皆様が手に取りやすいように、かつ「A10ピストンSA」が「入荷未定」の現在では「唯一?のピストン機」としてこの世に排出されました


 要するに「現在再販のめどがたっていないA10ピストンSAという商品のために
需要を埋めるために開発されたオミット版電動機器」という事


機能制限版でありながらパワフルなピストンはそのままに挿入したモノ♂に「腰振り」とも「回転」とも違う新しい快感を与えてくれます






「リングが邪魔」現象とは?



 「A10ピストンSA」及び「NLSピストン」共通事項です
その名の通り「入口でホールを固定させるためのリング」が著しく「ピストンというよりはホールが伸びているだけ」という使用感を引き起こしてしまう問題点です





 専用ホールにはこの様なリングが付いています




「NLSピストン」の入口の凹凸に咬ませました




ふたをハメましたこれで「完全に挿入口は固定された」状態になったわけです


そしてこれを電動させると…



 指で動きを再現するとこんな感じ
「入口」はリングで完全固定されているため上記の状態が



こうなる、そして元に戻るの繰り返し

要するに「ホールが伸びているだけ」の様な挿入感。という事ですね



「専用ホールクローバー」がダブっていたので切断を実践





 管理人の手元には「クローバー」が二本有りました
一つ目は「A10ピストンSA」再販前に「NLSピストン」で使用するために購入
二つ目は「A10ピストンSA」の一度目の再販時に購入したことで付属してきた「クローバー」で「二本目」

なので一本は切断の実験に使えると思い今回筆を取りました
それでは切断の手順を踏んでいきましょう


切断開始


 代替テキスト


 どこを切っていくか切断前に確認します





 リングに沿って丁寧に切っていきましょう
(ホール本体を切断しないように注意!)


切断途中はこんな感じ



両方とも切断しました。このままピストン機にハメて検証していきましょう


検証結果:やはりリングは無い方が気もちいい!



 「簡易検証結果」で述べた通り「無い方が気もちいい」と断言できます

「固定リングのせいで伸び縮みしているだけ」という挿入感がリングを切断することで「しっかり上下し、構造全体で快感を与えに来る」仕様に変化

代替テキスト  


 これが本来の「ピストン」という動きだと思いますし
「リングのせいでイマイチな評価だった」専用ホールにも光が見えました

もちろん「ちょっとだけ挿入時にもどかしくなる」という問題点はありますが
ケースに止める為の穴がある分専用外ホールでプレイするよりは挿入しやすいという結果に


 「リング有専用ホール」「リング無し専用ホール」「専用外ホール」でプレイした時のそれぞれの評価は以下の通り

リング有専用ホール:快感力△ 挿入のしやすさ

リング無し専用ホール:快感力〇 挿入のしやすさ〇

専用外ホール:快感力 挿入のしやすさ△


つまりは「総合的な評価」で考えた場合は「リング切断専用ホール」が最適!?

今までは「ピストン専用ホールはサイクロン専用ホールでのプレイに比べてイマイチ」という評価でしたがこの方法なら「本来の快感力」を引き出せました

「最新技術によるピストン」は腰が抜けそうなほどの「究極の受け身快感」
皆様も是非「切断プレイ」を試してみてください

※自己責任でという注意書きは消せないので何卒お願いします

「A10ピストンSA」での使用感



代替テキスト


上位互換である「A10ピストンSA」での使用感は「非常になめらかか生物的腰振り」
リングが切断されたことにより「振れ幅」も増え「クローバー」の特徴「四方向からの縦ヒダ」のジョリジョリ感がきっちり味わえる挿入感


 総じて「内部構造をしっかり噛みしめる」ならこちらですね

以前は「専用ホールでプレイするならこちらよりNLSピストンが良い」と言いましたが「リングを切断する」事でパワー的に劣るこちらでも「きっちり構造を楽しむ力強いピストン」を味わうことが出来ます


「NLSピストン」での使用感

代替テキスト


 下位互換とされるこちらの「NLSピストン」ですが

パワーだけならこちらの方が上でありかつては

「専用ホールでプレイするならこちらの方が伸びているだけという感は薄れる」と評してきました


 こちらも「リングを切断」することでより「振れ幅」が大きくさらにパワフルなピストン力を発揮

「構造の詳細を楽しむピストンSA」
「強制的にイカされるNLSピストン」
と言った形で差別化は十分できています

「生物的ピストン」は無理ですが「クローバー」がギョリギョリッとモノ♂を撫でてイカセに来てくれますのでこちらもやはり「リングを切断した方が良かった」と断言します


レビュー記事&商品ページリンク








表示されている価格は税込みであり記事作成当時の物です



以下余白


関連記事