今回は【オナホレビュー】内新規カテゴリ【トレンド振り返り編】記事です。
「ここ3か月内で新規購入したオナホをざっと振り返る」ための記事です。
※再レビューのために2度目、3度目の購入をしてきたホールの紹介は省いています。
検索から辿り着いた人はトップページから閲覧してください↓

もくじ



ここ3カ月で購入したオナホールを振り返るページ 【オナホレビュー:トレンド振り返り編】


購入したオナホールは以下のショップででそろえた物です:


シーズン4:2019/12/01~2020/02/28に購入した主なオナホール達

※上部にいくほど新しい日付のオナホレビュー記事です


悪魔のワレメ:85(2019/12/09)




 「ギミックありきの玄人好み」であるこちらは「テールアクション」と呼ばれる仕様を採用

代替テキスト


伸ばすと「若干吸引力が上がる」押し込むと「脱子宮状態」を楽しめる(挿入は困難になる)
このギミックをいつもの技術力で作り出したのは流石ですが「それが快感に直結していない」という「いつもの」マジックアイズという点も浮き彫りになってしまった商品ですね。

ギミックを使わない分には「普通に気持ち良い」程度のホールです。


アンサンブル:86(2019/12/03)




 「NANA」の「七連子宮口」もすさまじい構造でしたが、こちらの同じくMATE社の「アンサンブル」は「10連子宮口」にパワーアップ!

代替テキスト


それと同時に「高刺激」かつ「高密度」になり、ぷちゅぷちゅ感も「NANA」より強大に!

とくに亀頭に噛みついてくるぷちゅぷちゅ構造は思わず体が震えるほどの「射精感」を促します。

ですが、管理人:神楽ちんずりにとっては「ちょっと狭いかな」と思える程のミチミチ感だったので「NANA」の方が総合評価は高いですね。


シーズン3:2019/09/01~2019/11/31に購入した主なオナホール達

※上部にいくほど新しい日付のオナホレビュー記事です


「A10サイクロンSA」専用ホール「ボルテックス」86(2019/11/11)




 11月購入の「サイクロン専用ホール」枠はその名の通り「渦巻き」のようにねじれながらジグザグと掘り進む「無次元加工」系の「ボルテックス」

代替テキスト


先にレビューした専用ホール「クリスタル」が無機質系ホールだったこともあって「イボとヒダの生物的挿入感」が新鮮に感じられました。

イボのぷちゅぷちゅがカリの部分に当たりそれが「回転」する事で執拗に亀頭、カリを責められる高刺激快感にピクピク身体が跳ねる!


「サイクロン専用ホール」内のマイベストホールである「オーラル」(87点)に迫る勢いの「86点」を点けさせていただきました。




Nana HARD ver.83(2019/11/05)






 だいぶ前にレビューした「ボクおな素材」のホール「Nana」のハード版。
「ハード素材」になったことでまた違った魅力が発揮されると思いましたが…

実際は「狭さ」や「キツさ」を手に入れた物の、いつもの素材に比べると調合や研究が甘く、魅力不足は否めません。

「ハード素材」に手を出すにしてももっと研鑽されたものを出していれば違ったかもしれません。

ゴリゴリ削るだけでノーマルほど気持ちよくなれず、素直にノーマル版でいいやと思ってしまった惜しい一品でございます。



ハメ撮りナースのミミズ千匹86(2019/11/02)




 久しぶりに「一度もオナホールを買ったことが無いメーカー」から購入したタイトル。
こちらのホールはその「ミミズ千匹」という名称通りに「1000個のミミズヒダ構造を配置した」という煽りが目を引きます。

代替テキスト


挿入してみるとこれらの「小さなミミズ」たちがニョロニョロと絡みついてきて非常に心地よく、徐々にモノ♂が高ぶっていき一気に昇天!

ホール全体の質量や肉厚感も良さげで「普通に使える良作」として今後もこのメーカーのホールを攻めていくことに決めました。





天下一穴挟まれ変化92(2019/10/24)




 絶賛したRIDE社製品「天下一穴」がマイナーチェンジして再登場!
「イモムシ」と形容できるグロ系のイボがひしめく内部構造は初心者こそ敬遠しますが、ある程度慣れてくると「これ、絶対気持ち良いヤツや!」と納得のできる造り

天下一穴挟まれ変化内観

この写真のように「上下から挟み込む」構造が追加されたことで「密着感」「吸着力」においては通常の「天下一穴」以上!


管理人の個人的好みは今作の「挟まれ変化」版の方です。



 こちらは下記で紹介している「LavieenROSES(ラビアンローゼス)」のマイナーチェンジ版…と思いきや受け継いだのはタイトルだけで内部構造を大胆に変えた「別タイトルホール」と言っていい程の一品。

「二穴」にしたことで双方の挿入時の肉感が中途半端になっていた前タイトルとは違い「一つの穴」に統一。

しっかりと肉感や質量を感じて包まれ心地を味わえるとともに、「薔薇肉」とも言うべき「薔薇の花びらをモチーフにした疑似処女膜」が亀頭にぷちゅぷちゅと絡みつきます。

薔薇乙女内観



前作の不満点を解消したとともにイマイチ活かしきれていなかった「薔薇のモチーフ」もうまく取り込んだ作品。

「ぷちゅぷちゅと絡みつく薔薇状の処女膜」「コリコリとした肉ヒダ」に削れらながら「即ヌキ」にも対応できるマイナーチェンジ成功例と言えるホールです。





 久しぶりに購入した「A10サイクロンSA専用ホール」は「タイル状に突起型のイボが規則的に並べられた」無機質な内部構造!

A10サイクロンSA専用ホールクリスタル内観


 管理人:神楽ちんずりが絶賛している専用ホール「オーラル」(人間の舌を再現)のような有機的な構造ではありませんが、これが「回転」を伴ってぷちゅぷちゅとモノ♂に擦れてくる挿入感「普通に優良ホール」といった評価。

「おもちゃとしてのオナホール」として見るのならこういった「整列された構造」も捨てがたいでしょう。






 マジックアイズからいつもの「技術力が高い緻密なホール」が発売。
二穴+突き破るタイプの使い捨ての疑似処女膜+肉ヒダ通路と色々詰め込みました。

が、「据え置きホールでも無いのに穴を二つにしたおかげで肉厚さが足りない」
「質量と緻密な構造のおかげで値段が跳ね上がった」と「色々と器用貧乏」な印象を受けてしまった一作。

次回作「La vie en ROSES薔薇乙女(ラビアンローゼスばらおとめ)」にてこれらの欠点は全て?解消されて「使いやすくモチーフである薔薇を活かした尖ったホール」となって帰ってきました。






G-19 シークレットウテルス:89点(2019/10/01)



 「セブンティーンシリーズ」や「R20」と同じカテゴリ「年齢別に挿入感やコンセプトを変えるエイジシリーズ」から満を持して「19」を冠する「G-19シークレットウテルス」が登場!

「セブンティーンボルドー」にも通じる「リアルなストレート構造」を抜けた後は「子宮口」が待ち構えカプッと噛みつき、「子宮内部」にまで挿入する「ウテルスセックス」を再現!

G-19シークレットウテルス内観


 最奥の突起構造にキュッと亀頭に「とどめ」を刺されて思いっきりどぴゅっとぶちまける快感は「17ボルドー」に迫る勢いであり、「新たなエイジシリーズの顔」と呼べる良作です。





 久しぶりに「サイクロン専用ホール」を購入する管理人。
今回購入した「シェイプ」はその名の通り「波打つような断面図」が特徴的な一品。

A10サイクロンSA+PLUS専用ホール「シェイプ」断面図


この構造が「回転」することで「丘」と「谷」の緩急が発生し、「立体感」溢れる挿入感へと変化。

同じく専用ホールである「オーラル」(87点)程のインパクトでは無い物の、「そこそこ使える良ホール」と言える専用ホールですね。






シーズン2以前のバックナンバーはこちら!





以下余白


関連記事