今回は【オナホレビュー】内新規カテゴリ【トレンド振り返り編】記事です。
「ここ3か月内で新規購入したオナホをざっと振り返る」ための記事です。
※再レビューのために2度目、3度目の購入をしてきたホールの紹介は省いています。

もくじ



ここ3カ月で購入したオナホールを振り返るページ 【オナホレビュー:トレンド振り返り編】


購入したオナホールは以下のショップででそろえた物です:



シーズン3:2019/09/01~2019/11/31に購入した主なオナホール達

※上部にいくほど新しい日付のオナホレビュー記事です



 こちらは下記で紹介している「LavieenROSES(ラビアンローゼス)」のマイナーチェンジ版…と思いきや受け継いだのはタイトルだけで内部構造を大胆に変えた「別タイトルホール」と言っていい程の一品。

「二穴」にしたことで双方の挿入時の肉感が中途半端になっていた前タイトルとは違い「一つの穴」に統一。

しっかりと肉感や質量を感じて包まれ心地を味わえるとともに、「薔薇肉」とも言うべき「薔薇の花びらをモチーフにした疑似処女膜」が亀頭にぷちゅぷちゅと絡みつきます。

薔薇乙女内観



前作の不満点を解消したとともにイマイチ活かしきれていなかった「薔薇のモチーフ」もうまく取り込んだ作品。

「ぷちゅぷちゅと絡みつく薔薇状の処女膜」「コリコリとした肉ヒダ」に削れらながら「即ヌキ」にも対応できるマイナーチェンジ成功例と言えるホールです。





 久しぶりに購入した「A10サイクロンSA専用ホール」は「タイル状に突起型のイボが規則的に並べられた」無機質な内部構造!

A10サイクロンSA専用ホールクリスタル内観


 管理人:神楽ちんずりが絶賛している専用ホール「オーラル」(人間の舌を再現)のような有機的な構造ではありませんが、これが「回転」を伴ってぷちゅぷちゅとモノ♂に擦れてくる挿入感「普通に優良ホール」といった評価。

「おもちゃとしてのオナホール」として見るのならこういった「整列された構造」も捨てがたいでしょう。






 マジックアイズからいつもの「技術力が高い緻密なホール」が発売。
二穴+突き破るタイプの使い捨ての疑似処女膜+肉ヒダ通路と色々詰め込みました。

が、「据え置きホールでも無いのに穴を二つにしたおかげで肉厚さが足りない」
「質量と緻密な構造のおかげで値段が跳ね上がった」と「色々と器用貧乏」な印象を受けてしまった一作。

次回作「La vie en ROSES薔薇乙女(ラビアンローゼスばらおとめ)」にてこれらの欠点は全て?解消されて「使いやすくモチーフである薔薇を活かした尖ったホール」となって帰ってきました。






G-19 シークレットウテルス:89点(2019/10/01)



 「セブンティーンシリーズ」や「R20」と同じカテゴリ「年齢別に挿入感やコンセプトを変えるエイジシリーズ」から満を持して「19」を冠する「G-19シークレットウテルス」が登場!

「セブンティーンボルドー」にも通じる「リアルなストレート構造」を抜けた後は「子宮口」が待ち構えカプッと噛みつき、「子宮内部」にまで挿入する「ウテルスセックス」を再現!

G-19シークレットウテルス内観


 最奥の突起構造にキュッと亀頭に「とどめ」を刺されて思いっきりどぴゅっとぶちまける快感は「17ボルドー」に迫る勢いであり、「新たなエイジシリーズの顔」と呼べる良作です。





 久しぶりに「サイクロン専用ホール」を購入する管理人。
今回購入した「シェイプ」はその名の通り「波打つような断面図」が特徴的な一品。

A10サイクロンSA+PLUS専用ホール「シェイプ」断面図


この構造が「回転」することで「丘」と「谷」の緩急が発生し、「立体感」溢れる挿入感へと変化。

同じく専用ホールである「オーラル」(87点)程のインパクトでは無い物の、「そこそこ使える良ホール」と言える専用ホールですね。




シーズン2:2019/06/01~2019/08/31に購入した主なオナホール達

※上部にいくほど新しい日付のオナホレビュー記事です


 今までのシリーズの流れから逆算すると「ハード化」される可能性が高かった「ヴァージンループストロングピッチ」が「ソフト素材化」で新登場!


これは「良いマイナーチェンジ」であり、「初代を超える事はできなかったストロングピッチ」が「まったり系」に割り切ったことで新たな個性を確立!
そして「ヴァージンループシリーズ」の中に「より柔らかい素材のまったり寄りの物が一点ある」という「シリーズ全体で見通した場合のアクセント」としても機能する事に。


実際に使用してみると「ストロングピッチ」の構造は最初からこの素材が正解だったんじゃないかと思える程マッチしており、「まったり系」特有の「焦らされる挿入快感」はもちろんのこと、「ヴァージンループシリーズ」特有の「ヒダの立体感」も健在。


「まったり系ホール」の良い所と「ヴァージンループシリーズ」の良い所が高い水準でまとまった良ホールだと判定し、通常のストロングピッチよりも高い点数を点けました。





妄想美足♀ガール:89点(2019/08/22)




 こちらは購入前の「予測レビュー」から半年も経ってやっと購入出来た「据え置きオナホール」。「足が付いているホール」と言うことで「足を抱えて挿入」「足を自分の体に絡ませて挿入」「服を着せ代えて挿入」という様々なプレイスタイルに対応した一品。

もちろん「据え置きオナホール」特有の「打ちつけて反発力や質量を楽しむ」事も可能。

また、オナホールは別の物を用意して「足というオブジェクト」として楽しんだり、まさしく「ありそうでなかった足系ホール」「かゆいところに手、ではなく足が届くホール」と言えます。


「足が絡んでくる」だけで脳みそが騙されてそこにいないはずの第三者を錯覚するかも!?




くノ一淫法 ダブル触手裏剣:92(2019/08/17)





 「触手裏剣シリーズ」を果敢に攻めていく管理人。
「92点」の「サキュ手裏剣」が評価打ち止めであり「これ以上の高評価は望めないか!?」と思っていた矢先、同点にまで上り詰める「手裏剣」と出会いました。

こちらは「外部素材と内部素材の柔らかさを分けている」いわゆる「二重構造」であり、「メドローア」と呼称してるオナホールですが、

※メドローア
「やわらか素材」でありながら「複雑な高刺激系内部構造」相反する二つの要素のドッキングが高い水準で行われているオナホールの事を指します
「外部は柔らか素材」で「内部は硬めの素材」を使い、その調和が絶妙な具合で保たれている優良ホールも「メドローア」に含みます。


こちらは同じ「メドローア」判定の「すじズリ」とは違い、「やわらか外部」と「ノーマル内部」の「メドローア」ですがこの選択が「触手構造」とベストマッチ!


歴代触手裏剣の「良いとこどり」ともいえる「立体感が浮き出たミミズヒダの触手構造」がニョリニョリとモノ♂を容赦なく責める!

「触手裏剣シリーズ」暫定一位と言えるその高刺激快感に身を震わせて、アッという間に果ててしまいました。


半熟サキュバスホワイト:87(2019/08/08)



代替テキスト

 「半熟サキュバスシリーズ」から「まったり系」の柔らか素材のホワイトが登場。
ですが内部構造は「ピンク改」とは全く違うので「別タイトル」として考えるのが吉。

「まったり系ホールでありながらしっかり気持ち良い」と思わせておきながら、実は「なかなかイケない焦らし系ホール」と二転三転するホール「パッケージのサキュバス娘に射精をコントロールされている!?」かのような錯覚を与えてくれるホール。


挿入感がズルズルと心地よく、なかなかイケなくても「途中でプレイを辞めよう」とはならないのが高評価ポイントですね。



淫魔(サキュバス)2.0(Bumpy Road):87(2019/07/23)



 長い間「ドルフィン!」しかまともなレビュー記事が無かった「大魔王オリジナル」から久しぶりの新規購入オナホールのレビュー記事。

「Bumpy Road」をカタカナ英語で発音すると「バンピーロード」=「でこぼこ道」という訳になります。

その名の通り「でこぼこ」とした「イボオンリー」の潔い構造は、「イボ好き」にはたまらない挿入快感です。

根元から最奥までぷちゅぷちゅとモノ♂をいじめて、容赦なく射精を促すこの「でこぼこ道」!


代替テキスト


さらに「大魔王オリジナルブランド」特有の「なめらかな素材の質感」によりこのイボがぶちゅぶちゅとかつねっとりと絡みつきを演出!

「オナホの一部分だけがイボ構造」というオナホールの多い中、これだけ「イボ特化」されたオナホールは例が少ないです。

イボ好きな方にも、単純に「良いホール」を求めている方にも、その双方にオススメできる高品質イボオナホールですね。



ヴァージンループストロングピッチ:87(2019/07/20)




 このブログでも何回も何回もレビューして、特集記事も書いてきた「ヴァージンループシリーズ」
待望の最新作!

今までは「後発になるほどヒダの本数を増やす」事で差別化していた「ヴァージンループ」ですが、こちらは「ヒダの数は4本」という「初代」と同じヒダ数の原点回帰作品。

「それぞれのヒダを太く、肉厚な物」にした結果、「内壁との密着感」が薄れ、ゾリゾリ感というよりは「ぶにょぶにょ感」といった挿入感になり、「初代よりもまったり寄り」へと変化した「相互互換オナホール」


これからの「ヴァージンループ」の主流となる構造足り得るのか?それは未来のみぞ知る。
といった感じのオナホールですね。


TENGAディープスロートスペシャルソフト:64(2019/07/12)



 あの日本一有名なオナホブランド「TENGA」から久しぶりにレビューしたのがこちらの「スペシャルソフト」。

「テンガプレミアム」をレビューした時も気づいた事ですが、「TENGAは柔らかい素材の方が気もちいい」という予測は正しく、こちらも「少なくとも通常TENGAよりは使えた」という検証結果に。


 「通常のTENGA」を「ヒカキン」氏でシコった流れから、こちらの「スペシャルソフト」のイメージには「はじめしゃちょー」を当てはめて、そのままシコってみました!




触手裏剣 すじズリ:91(2019/07/10)



 次々とレビューされていく「触手裏剣シリーズ」。
コラボオナホールを挟んで本家の流れをくむ「すじズリ」を購入。

こちらは「やわらかな外部素材」と「下半分だけ固めに作った内部素材」(色が違う部分)の二重構造オナホールであり、「外と中との調和的挿入快感」を味わえる一品。


「すじズリ」という商品名が表す通り、硬い部分でウラスジをコリコリと責めるのがたまらない!

「触手裏剣シリーズ」特有の「絡みつくミミズヒダ」という長所もそのままに「アクセント強化」されたタイトルだと言えますね。




Dolphin!(ドルフィン)ソフト93点(2019/07/02)




 かつて管理人の「ベスト3」にまで食い込み、「三種の神器」の一角にまで上り詰めた「ドルフィン!」のソフト素材版

「イルカの膣」というオナホ界最大と言って良いほどのインパクトのコンセプトの「ドルフィン!」がソフト素材になった事で「弾力」は減ったが「吸着感」がアップするという挿入感を獲得


 その柔らかさからレギュラー版とは違い「電動オナホールに互換できる」という唯一性も有り
今後も目が離せないオナホールであります



半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣:92点(2019/06/26)





 「触手裏剣ブーム」は「コラボオナホール」にまで浸食

「半熟サキュバスシリーズ」と「触手裏剣シリーズ」のコラボ商品「サキュ手裏剣」
こちらは「柔らかな外部素材とコリコリと弾力のある内部素材」が調和した挿入感、通称「メドローアホール」であり


従来の「触手裏剣シリーズ」とは違い、「三方向からのヒダ」が「二又に分かれる」事でまんべんなく、モノ♂全体にねっとりと絡みつく構造になっています


代替テキスト

この構造がゾリゾリと隙間なくモノ♂全体に絡みつき、従来のタイトルよりも「一体的な快感」を促したこちらの「サキュ手裏剣」

下記の「ブラックハード」よりもさらに快感度が高いと判断し「92点」という高得点を点けさせていただきました


くノ一淫法触手裏剣 ブラックハード:91(2019/06/09)




 シリーズ物をレビューするときは一気にしてしまうのが良いと思いこちらも購入

「ヴァージンループシリーズ」の「ハードタッチ版」と違いハード素材ながらある程度「柔軟性」を備えた素材により「ゾリゾリ感は強化されてるのに一体感も悪くない」という挿入感を確立

現状では「触手裏剣シリーズ」基本3種の中では「瞬間最大出力で一番快感力がある」という評価になりました

14日間無料!エロVRを定額で見放題!PICMO

くノ一淫法触手裏剣 ねっとりソフト:89点(2019/06/08)





 下記の「くノ一淫法触手裏剣」が自分の中でかなりの「当たり」ホールだったため、このシリーズを攻めていくことにしました

こちらの柔らか素材の「ねっとりソフト」は商品名通り「ねちょねちょとした一体感」が魅力でありながらきちんと「触手感」も健在

ともすれば「触手にち〇ぽを溶かされそうなほどの圧倒的一体感」「焦らされた分充実した射精感」を得られる一品でした


くぱぁトリップ:88点(2019/06/04)




 「硬素材」でありながら「ナマモノ」「イキモノ」という読み両方の意味で「生物的挿入感」をもたらした一品

かなりキツくて弾力のある内部なのでパッケージの煽り文句のように「本物の女の子」では満足できなくなるかも!?

マジックアイズお得意の「技術力」と「良質な素材」を安価で楽しめる一品でございます


シーズン1以前のバックナンバーはこちら!





以下余白


関連記事