今回は【個別オナホレビュー】です。「4回目」という新記録。
ここに「まだ名前がありません」を持ってくるつもりでしたが予定変更。
「ベスト2」に食い込み続ける最強・最高候補の一つ「温泉欲情」を再評価していきます



 こちらのホールが「在庫なし」になった場合の代替ホール候補はこちら!




温泉欲情



総評:95点(前回94点)


 「まだ名前がありません」(95点)と同点に返り咲いたと捉えられるかもしれませんが、あちらは「96点」に格上げされる予定なので実質「ナンバー2」のポジションはそのまま

「極太ミミズヒダ」がジョリジョリとモノ♂を容赦なく撫でつくし、それでいて「柔らか素材」であり「台風の目」のようにねじれていく「スパイラル構造」
ニュルニュルッとモノ♂が飲み込まれていく「快感の大浴場」にまさしく「溺れる」ともいえる快感度


あなたもこの「浸かりすぎ注意」の大浴場へとダイブしてみませんか?


※一般社会での浴場での飛び込み行為は禁止されております



※価格は税込みであり記事作成当時の物です

温泉欲情:気持ちよすぎる「快感の大浴場」!浸かりすぎ注意!!【個別評価4回目】


もくじA



もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓

定期的に品薄になる超人気ホール「温泉欲情」とは?



 2017年4月に発売以降クチコミで人気が爆発し一時在庫薄になっていたタイトル

千原ジュニア氏という「タレント・TV番組を媒介としたブーム」(初代ヴァージンループの事を指しています)とは違い純粋に「気持ちよさによる評価」によるクチコミで爆発した本作

2017年7月頃はどこの店舗でも品切れ、入荷しても瞬殺という状況でした

いつもはNLSで購入する私もこのホールはアマゾンで確保しました

今現在も定期的に品薄を引き起こすので早めに確保すべき商品でございます


このホールが「管理人のナンバー2」となった理由


 元々はベストホールである「まだ名前がありません」と同じ「95点」を叩き出した「温泉欲情」

ジョリジョリとモノ♂を削る「極太ミミズヒダ」が高刺激かつねっとりと絡みつく

「相反する二つの特徴が高水準で融合しているメドローア的ホール」が「名無し」と差別化された超快感を生み出し、管理人も「品薄になるだけの実力がある」と感動して同率1位にランクイン

 以後「同率1位」を維持するも「名無し」との直接対決企画にて敗北


「名無し」と違い「底を突き破り易い点」なども減点理由となり「94点」に下降
「ナンバー2」の座を守り続ける「銀賞」的ホールとして落ち着くことになりました

 しかし後に「突き破ったホールは単にテンガエッグを被せるだけで復活する」という超お手軽かつ「きちんと使えるようになる」方法を学んだことで再び注目

  関連記事:


「95点以上」という「名無し以外は存在しなかった最上位階層」へと昇格
この度「評価4回目第一弾」として予定していた「名無し」を差し置いて再び評価記事が書かれる事になりました


その外観、内観、触感



その外観


       代替テキスト

 毎度のことながら「ボルドー」との比較
「ちょっとだけ短い」といった外観ですね。「横の肉厚」においては圧勝ですが

 

その触感:伸び、しなり




 挿入すると「やわらかさ」はわかりますがこの時点ではあまり「伸び」「しなり」が発生しない素材

写真だけではパッと見「硬素材」と誤認してしまうでしょう

「弾力」は写真通りしならない素材なので期待できます

その内観


        


 「極太ミミズヒダ」が蠢きうねる、「非実在」「高刺激」内部!!


 中級者以上ならば「挿入前から高快感を予想できる」構造であり初心者にとっても「未知への挿入」ともいうべき構造

モノ♂がゾリゾリと削られる内部構造に心行くまで浸かりましょう


その挿入感


入口部分

 代替テキスト

 四方から迫る「ミミズヒダ」がジョリッとかつにゅぷっとモノ♂を飲み込む「高刺激・高快感」な入口構造

「脚を浸かるだけでその温泉が名湯とわかるように」この瞬間モノ♂に撫でられる「ミミズヒダ」の感触がいかに「モノ♂を気持ちよくさせるのに特化した」構造が理解できます


中央部分


代替テキスト   代替テキスト

 「中央部分」からは「台風の目」のように徐々にねじれていく「スパイラル構造」

「容赦なくモノ♂がゾリゾリと撫でられながら奥へと吸い込まれていく」
まさしく「精液を搾り取るため」だけに特化した実にいやらしい構造である事が実感できます


最奥部分


代替テキスト   代替テキスト

 「最奥部分」は徐々に穴が塞がる「消失点」構造
ただでさえ「密着感」に優れる「ミミズヒダ」でニョリニョリとモノ♂がいじめられた後
この「狭くなる最奥」にぶち込むことで「プキュッ」とも言うべき「とどめの一撃」が加わり、あなたのモノ♂は悲鳴を上げながら「快感の大浴場」へと全ての疲れ・精液を放出する事でしょう

※一般社会での浴場での射精行為は禁止されております

その射精感、イキ顔




  ぼぴゅうっ!ばびゅうっ!ビュッ!ばぴっ!ぴゅぴゅーっ!!





 関連記事:セクシーグラビア集


「やわらかなミミズヒダ」が織りなす「快感の大浴場」に勢いよく飛び出すそれはまさしく

「幸せ射精感」!!




まさしく「射精感においても最高ランク」といえる充実した射精感でした



このホールを一言で表すと?



  浸かりすぎて突きすぎて疲れすぎ注意!!



 「日々の疲れやストレス」を癒すためこの「温泉」に浸かるのは良いですが
「気持ちよすぎて突っ込むのが止まらない」結果射精しすぎて「疲れてしまった」という事にならないように注意です

それほど強力な快感性能という事です


 挿入感の擬音



  にゅろりっ、ずにゅるるる…ぐちゅうっ



 四方から「ねじれ」ながらモノ♂に絡まるミミズヒダ
容赦なく内部が狭くなりモノ♂の先端をキュッと締め付けてフィニッシュ!!


総評:95点



刺激・・・★★★★★  素材は柔らかいが「高刺激」判定
耐久・・・★★☆☆☆ 購入後3か月以内で突き破りました
肉厚・・・★★★★☆ 縦は標準的だが横は肉厚的
使いやすさ・・・★★★★☆使いやすい長さ
コスパ・・・★★★☆☆3000円超えは高いかも
締まり・・・★★★★☆それなりにキツイ 
長さ・・・★★★☆☆ 標準的(15.5cm)
硬さ・・・★★☆☆☆ 弾力もあるが柔らかい素材
快感性能・・・★★★★★ 究極の快感性能
速射性能・・・★★★★☆「即ヌキ」にもそれなりに向いてる
空気抜き対応度・・・★★★★☆ 効果が得られにくい「スパイラル構造」だが空気抜きすればそれなりに

このホールが壊れたら「TENGAエッグ」を被せて補修しましょう!





※価格は税込みであり記事作成当時の物です


初心者オススメ度・・・★★★★☆


 すばらしく高い快感性能


「初めてのホール」としてもオススメの一品ですが何度も言うように「浸かりすぎ注意!」
これにどっぷり浸かって他のホールや本物の女性に興味を無くさないように気をつけましょう


彼氏へのオススメ度・・・★☆☆☆☆


 このホールが「彼氏へのプレゼント」として適しているかどうか

その判定は「大変危険」の★1!!


大変気持ちいいホールなので彼氏からは「あのホール良かったよ!」と感謝されますが気持ちよすぎて貴女とのセックスには戻ってこない可能性も!?



「ウレタンヒップ」による「ホール固定腰振り方法」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマる系


 管理人のライフスタイルと化した「ホール固定腰振り方法」
そのプレイスタイルに必須なアイテム「ウレタンヒップ」対応パターン

その対応パターンはパターンA:要補助、スッポリハマる系!


        代替テキスト


 「スポンジシート」や「ゆむしぃの外部パーツ」で補助が必要な物の「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン

 非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます


 「パターンA」の主なホールのリスト(一例)




 関連記事:

「電動ホール」における専用ホール以外の互換プレイ対応パターン・・・パターンC:出来そうで出来ない「不可」判定



 「自動で抜いてくれる」ことが魅力の「電動ホール」
このブログで扱っているのは主に「A10サイクロンSA」と「NLSピストン」ですがこちらの「専用ホールと当記事のホールを入れ替える互換プレイ」

その対応パターンは「パターンC:出来そうで出来ない」判定!


「縦」は標準的な大きさのホールですが「底」が分厚いので「挿入前」は電動可能ですがモノ♂が挿入されると適応できなくなり「電動不可」になるパターン

よほど細いモノ♂の持ち主でなければ互換プレイは無理でしょう




 写真のホールは「ドルフィン!」

モノ♂の挿入前に回転のテストプレイをして「動作可能」であるにも関わらず「モノ♂を挿入すると厚さが加わって回転不可」になるパターン


無理やり回転させると故障の原因となる得るのでおやめください

細いモノ♂の持ち主ならもしかしたら回転可能かも


 パターンCのホールの一例




「A10サイクロンSA」「NLSピストン」ともにこの「C」判定です

 関連記事:




商品ページリンク





※価格は税込みであり記事作成当時の物です


関連記事


 関連記事は
「温泉欲情」でタグ検索!


 こちらのホールが「在庫なし」になった場合の代替ホール候補はこちら!



 最近レビューしたオナホールの振り返りはこちら!

関連記事