テキストリンクをクリックすることで関連記事、または
それらと関連するオナホのレビュー記事をまとめます








 もくじ




メーカーで探す





おそらく管理人が一番信用を寄せているであろうオナホメーカー
世界で初めてオナホをブランド化したすごい会社・・・らしい
(この日本語が管理人には理解できませんが)

「安定」を重視したい!オナホ初心者で初めての購入なので
どこのメーカーのホールを買えばいいのか・・・と悩んでいる方は
上記のメーカー名をクリック!




ジョークグッズ通販サイト最大手NLS
オリジナルグッズをまとめるタグ

管理人のライフワークと化したプレイスタイル「腰振り」に必須な
快感増幅 ウレタンヒップ」 (個別レビュー記事はこちら
マイベストに君臨し未だ他の追随を許さない
まだ名前がありません」  (個別レビュー記事はこちら) 
など管理人もお世話になっているオリジナルグッズを見たいのなら
上記のメーカー名テキストリンクをクリック!





「真実の口」や「すじまんくぱぁ」「ちつにくぷにぷに」
などに代表されるように「多重構造」ホールに力を入れている会社

「やわらか外部」と「弾力性内部」という
管理人が個人的に思う「ホールの理想」を実現させてくれるのはこの会社か!?
上記3つのホールを含むレビュー記事をまとめるなら上の
「マジックアイズ」のテキストをクリック!



低価格ホール「ボクのおなぺっと」シリーズを送り出した会社
「1」「2」「3」「ZERO」総括「ポクの」「2ぐれいと」
のレビューを見たい方は上記会社名テキスト「MATE」をクリック!





業界一有名なローション「ペペローション」を発売している会社
管理人が「オナホとの相性最高」とおもっている「ペペローションラバラバ」
と通常ペペとの比較記事を見るなら上記テキスト「ペペ」をクリック






「ヴァージンループ」発売以降他のメーカーを寄せ付けない勢いで業界の王位に
「エイトロング」やNLSとのコラボ商品「NR」など現在の主流になりつつある
形状「縦ヒダ」ホールのレビューを見たいなら「RIDE」の文字をクリック











「メンテナンスやプレイスタイルの向上」に向けての商品を作っている会社
と思われがちですが

本命は「自ら腰を振ってヌいてくれる電動オナホ」
日本初?の電動オナホメーカー

管理人も予算が貯まり次第電動ホールの方もレビューしていきたいですね


コメントがないメーカーは編集中



 

特徴で探す

                       



最もオナホールにおいて主流である構造。底を塞ぐことで
より「女性のモノ♀に包まれている」という没入感を引き上げる

また「空気抜き」を行う事でホールとモノ♂を密着させることが可能



挿入口から最奥までが直線の筒である構造
オナホとして最もスタンダードな構造であり無難なスタイル
「空気抜き」の効果が一番得られやすいのはこちらのストレート構造である



挿入口から最奥までがジグザグと進んでいく「無造作」構造
ストレートとは違い「肉を掻き分ける」快感が気持ちよいが
「空気抜き」による効果はストレートほど得られにくいというジレンマもある




「おっき時17cm」「先端固め」という平均よりも少し「たくましい」モノ♂
を持っている管理人が底を突き破ってしまったオナホたち

「おもちゃとしての耐久が尽きた」と判断する「3カ月」を待たずして
壊してしまったホールたちをまとめるタグです



優しく包まれるような感触で快感を与えてくれるホール
長い時間を使ってじっくりゆっくりストロークすることで
焦らされたモノ♂が一気に果てる「発射感」は刺激系よりも幸せな物になる



オナホとして「まったり」過ぎでも「高刺激」でもない
「標準的な」刺激なホール

ほとんどの人が高刺激系やまったり系を色々試した後
ここに戻ってくると言われている(当社比)
ハッキリと違いが判る「まったり」や「高刺激」でないとその判定を下さないので
幣ブログではほとんどのホールがこのカテゴリに属している



硬めの素材、またはモノ♂をゴリゴリと削る内部構造で
「モノ♂を快感でいじめていく」コンセプトのホール

早めに発射したい時、モノ♂を強めに擦りたい時
まったり構造ではもの足りない人が検討するホール

個人的には「挿入中はヨガれるほど良いけど
発射感はまったりホール程の「幸せ感」は得られない」という結論である



上記の「高刺激」タグと似て異なる存在

「やわらか素材」と「高刺激ホール」は両立し得るモノなのでそういったホールとの
差別化という意味で「硬い素材のホール」をまとめるタグ



主にどこの通販を回っても1000円以下で販売しているホールをまとめるタグ
「TENGA」や低価格ホールブランドの一角「ボクのおなぺっと」シリーズもこのカテゴリ
に属する





その名のとおりフェラの感触を再現したホールをまとめるタグ
今のところ「真実の口」が完成されすぎてそれ以外のフェラホールをレビューして無いが
金銭的な余裕が生まれ次第他のフェラホールとの比較も行いたいと思います




内部と外部で違う素材を採用することにより
「やわらか挿入感と弾力のあるナカ」を両立させることが出来る構造

感触の違いを楽しめる「理想のホール」に近いホールが多いが
二層構造ゆえ一度剥がれたら使えないというデメリットも存在する

私が知っている限りでは「三重」までの構造のホールしかしらないので
「四重」「五重」とこの構造が発展するかは未来のみぞ知る



オナホは「非貫通式が基本」なので貫通式ホールはむしろ珍しい部類である

とはいえ、「手コキ」はある意味「貫通式オナホ」なので「貫通式」は
「一人プレイ」と割り切れば正解の構造のはずだが・・・

「非貫通式」と違い底に体液が溜まる事が無いので洗いやすいというメリットも存在する



「台風の目」のようかに挿入口から眺めると「うねり、ひねり」を効かせて
搾り取られるような挿入感を再現したホール

このブログでは長い間「無次元加工」にまとめていたがこの度別の構造として扱う事になった



前提として「貫通式」のホールである事が条件だが、前と後ろその両方からの挿入感を
差別化しているホール

マ〇コかア〇ル、フェラかマ〇コかと言った挿入感の違いが楽しめます




普通にシコった場合は思考が冷静になり「ナニやってんだろ」という「賢者タイム」
が発生しますがごく一部の「めちゃくちゃ気持ちよいホール」で達した場合
「充実感」「幸福感」に包まれる「幸せ射精感」が発生します

※この用語について詳しく記述した記事はこちら!



「柔らか素材」と「高刺激内部」という一見相反しそうな要素が
見事に溶け合って高い水準の快感力を誇るホール達

※この用語について詳しく記述した記事はこちら!↓



 管理人が「一つの区切り」としているオナホでのプレイサイクル
「最新の100回サイクル」にて「かつては使っていたけど最近使用しなくなった」事で
「サイクルから外れた」ホール達をまとめるタグ

基本的に「気持ちよくないから使わなくなった」というよりは
「他にも良いホールが増えた」事によるリスト落ちが多い

※この用語について詳しく記述した記事はこちら!↓




 管理人は「このブログから通販サイトへのジャンプ」
して購入された商品をリストで見ることが出来ます
(購入者様の個人情報を把握している訳ではありませんのでご安心を)

中には「レビュー記事を書いたわけでも無いのに売れたホール」も存在します
管理人はこれを「リクエスト」と受け取りいつかレビュー記事を書くことを約束します
(全てに応えらえるとは言っていない)

※この用語についてより詳しく記述した記事はこちら!
用語解説(オナホ編)その1:「リクエスト反映」とは


 電動オナホール


  自分が手や腰を動かさずとも電動で回転、ピストンを行い
「自動でイカせてくれる」未来の家電とも言うべきホール

値段は家電相応に「高い」がそれに見合うだけの新体験を得ることが出来る

総評で探す

           





このブログではまずオナホを使わない「手コキ」を「50点」と考え
「手コキと比べてどれだけ気持ちいいか」がそのホールの価値、点数と捉える

つまりこの「50点台」タグに属するホールは「手コキとあまり変わらない」
快感しか得られないホールである




50点台よりマシだがそれでもあまりこの点数のホールでプレイするメリットが
考えられないホールたち

買うのなら下の70点台からだろう




ここから初めて「商品」として成立するオナホが登場する
大学受験でもこのラインなら合格できると思うのでここから
「購入しても損はしない」と個人的にオススメできるホールが出てくる





「商品」としての基準を満たした物の中からさらに優れた「長所」や
万人受けしそうな「安定感」を高水準で備えるホールたち

「90点台」には管理人の個人的な好みも加わっているため
管理人と訪問者との感覚の齟齬が少ないのはむしろこちらの点数台かもしれない

管理人は2日に一回はこの点数台のホールを使っている




「商品」としての基準を満たし、「個性的な長所」または「高水準の安定感」
を備えなおかつ管理人が個人的に「毎日使っても飽きない」と思っている
マイベストホールたち

管理人は毎日一回はこの点数台のホールから使っている


この点数台で紹介したホールが訪問者にとっても
「ベストホール」になってくれるのなら嬉しいですね


価格から探す







レビュー回数で記事を探す




新しくレビュー記事を書き直したことにより「旧レビュー」へと降格した記事達
今の管理人の判定とは点数その他に違いがあるためご精読のさいは自己責任で



「二回以上」レビューを書いたオナホの記事をまとめるタグ
中には「三回以上」レビュー記事を書いたにも関わらずに
このタグがそのまま残ってる場合もあるのでご注意を




レビューを3回以上重ねたオナホをまとめるタグ



シリーズ名で探す










カテゴリ
タグ