今回は「オナホのメンテナンス」に便利な「ベビーパウダー」系商品のご紹介です

「開封したてのサラサラなオナホの感触」を長期にわたって保持するために必要なモノです


               ボトルパウダー修整 ボトルベビーパウダー






ベビーパウダーを振りかけて新品の時のコンデションを保とう!【オナホのメンテナンスその1】


もくじ




ベビーパウダーとは?



その名の通り本来は汗をかきやすい赤ちゃんなどに使用してあせもやだだれを予防するためのもの
成人の肌にも効果があり、湿気を吸い取る事によりそれに起因する様々な症状の予防にもなる

オナホ界隈ではこの「ベビーパウダー」を使用後ホールに馴染ませることにより
使用数か月後のベタつきや埃の付着などを防ぎ
「開封時のサラサラ感」を保つことは割と良く知られたメンテナンス方法です

また、購入時からすでに若干「ベタつき」がある素材にも効果的で
サラサラの使いやすいホールへと変化することもあります

「オナホール」は女性器、広義で言い換えれば人間の肌を再現した物ですので
人間の肌のために造られた「ベビーパウダー」も効果的に作用

「ただ水洗いして放置した場合オナホは硬質化・劣化する」
(これ自体がモノ♂に馴染む変化と捉える「覚醒」という言葉もありますが)

基本的には「なるべく長く新品の時の状態を保ちたい!」と思うはずです


※覚醒:

オナホールも「消耗品」である以上何度も使用していくと
新品の頃と比べて少しづつ性質が変化していきます

主な例は摩耗で内部構造がすり減ったり、素材が若干硬くなったり全長が縮んだり

これを「モノ♂に馴染んだ」と感じて「新品の頃より気持ちいい!」と捉えるか
「劣化した」と捉えるかは人それぞれですがオナホ業界ではこの現象を「覚醒」と呼称

「使い込むほどに気持ちよくなるホール」として有名な一例に「初々しい妹」などがございます


そんな時に必須になってくるのがこの「ベビーパウダー」

オナホ表面の湿気やベタ付きを吸い取り、ゴミ、埃、髪の毛などの付着を防ぎ
「サラサラ感」を保つ

その使用方法などを写真で実践しながら説明していきます





オナホは水洗いだけで放置すると硬質化・劣化するって本当なの?



A:本当です


私がベビーパウダーによるメンテナンスを取り入れたのはつい最近なので

それまで「水洗いした後特にメンテナンスせずに放置」していた「まだ名前がありません」が

新品と比べると半年前、2年前が「硬質化」していました


「ベビーパウダー」を使わず放置した場合の新品・半年前・2年前のオナホの比較記事


 オナホ比較編その1:「まだ名前がありません」新品・半年前・2年前を比較


↑の記事を書いた時は「半年前」の個体が「硬くなり、縮んだおかげでモノ♂にフィットしている」
と評しましたが2か月たった今や「8カ月前」の個体と変わり果て
こちらも「2年前」のように「劣化・硬質化」し、使用感も劣化しました

今サイクルで使用している「名無し」は「新品」のみですが
こちらを「劣化の速度を遅らせる」目的でベビーパウダーを使っています

故に2か月たった今新品の「まだ名前がありません」はその柔らかさを保持


「硬質化・劣化した」オナホにもそれなりの良さがありますが
これからは「長期的な目線でパウダーを使って新品時の柔らかさを維持していく」
という立ち回りになってくると思います


「ベビーパウダー」具体的な使用方法



管理人が使っているのは先ほど紹介したコスパ重視の「ボトルベビーパウダー」
こちらとマイベストホールである「まだ名前がありません」を使って説明していきます

「まだ名前がありません」は透明素材の部分があるので「硬質化・劣化」が分かりやすい
という特徴もあります


名無し比較5  左がベビーパウダーを使い続けた「2か月前」の個体
 右がメンテを行った「8カ月前」の個体


 目に見えて右が「劣化・縮小」しているのが分かりますね








手順①:使用後の洗浄、そして水分の除去



名無しメンテ   

  基本中の基本です


 使用後の洗浄、そしてタオルやナプキンなどで水分の除去


 この記事は「洗浄方法」の指南では無いので

 それに関してはまた追って別の記事を書きます







手順②:ベビーパウダーの塗布(外側)


名無しメンテ2 

  タオル等での拭き取り、乾燥が終わったら
 ベビーパウダーを用意します

 さて、塗布と行きましょう










名無しメンテ3 



  まずは外側

 まんべんなくまぶしていきましょう







手順③:ベビーパウダー馴染ませ作業(外側)




名無しメンテ4 


 馴染ませるように塗り込みます


 粒子が細かいのでどんどんオナホ本体に

 吸収されていきます










手順④:ベビーパウダーの塗布(内側)


オナホは「内側」にこそ不純物が付着しやすいので「内部」にも
パウダーを馴染ませる事が重要になってきます

しかしながら「粘膜が触れる部分」であるため異常を感じたら
すぐにベビーパウダーの使用を中止してください


名無しメンテ5 
 入口を広げて内部への塗布

 この時点では奥まで入りきらないので入り口から
 ハミ出る形になりますがとりあえずは気にしないで
 次の手順へと進んでください







手順⑤:ベビーパウダー馴染ませ作業(内側)



名無しメンテ6 

 オナホをシェイクする、指を挿入するなどをして
 パウダーを奥まで馴染ませます

 指を入れる際は内部構造を傷つけないように注意!






手順⑥:保管



名無しメンテ7  買った時のパッケージや箱
 または保管用の「おもちゃ袋」的な物に
 オナホを保管しましょう

 次にオナホを使用する際はその「サラサラ感」に
 感動する事間違いなし!








ベビーパウダー使用まとめ



「ベタつきを抑える」「新品の時のコンディション維持」が目的のベビーパウダーではありますが
「毎日のように新しいオナホをレビューしているサイト様」は日ごとに使用するホールが
変わるのでこういった「メンテナンス」は不要だと思います

ですが私のようなスローペースのレビュアー、または一般的なオナホユーザー
(一か月にオナホに使う予算が5000~1万円あたり)の人たちにとっては別


「早いサイクルで何回も使いまわす」事が想定されるので
こういった「ベビーパウダー」による「コンディションの維持」は必須日課項目だと思います

 しかしながらそれでも月ごとに「所持ホール」が増えていく毎に
「メンテナンスがめんどくさくなる」ことは不可避なのでベビーパウダー使用を考えている方は

最低でも自分の特にお気に入りなヤツにだけメンテを施せればいい

と考えて気軽に購入するの吉だと思います



商品ページリンクまとめ



            
  
修整   ボトルベビーパウダー


まずはこちら管理人が使い始めた「コスパNo1」のベビーパウダー

内容量100gで321円とNLS内では最高のコスパを誇るベビーパウダーです

「内容量が多く値段が安い」からといって性能が悪いかと言われればそうでは無く
必要最低限の「役割」は果たしてくれます

管理人は当面の間これを使い続け余裕が出来次第より高価なパウダーも試用してみるつもりです




こちらは100gで1015円と先に紹介した「ボトルベビーパウダー」に比べると
コスパは劣る物の「女子校生の匂い」を伴う?パウダーらしいです

一度もレビューしてないのになぜかこのサイトからのジャンプで売れているみたいです

それだけ「女子校生の匂い」というものは魅力的という事でしょうか

ちなみにエロゲと同じような事情ですが「高」という文字は使ってはいけないらしいです
18歳未満疑惑が濃くなってしまいますからね

私もいつか購入してレビューします


                  
   
修整4     ホールパウダー


こちらは30gで853円と紹介した3種類のなかで一番割高ですが
その名の通り「オナホール」への塗布のために特化されたパウダー

管理人はこちらを所持しているわけではありませんが

ベビーパウダー以上のオナホへの適応力が予測できます


こちらも余裕が出来次第レビューします!


関連記事
タグ