今回は【個別オナホレビュー】です
最近1000台限定再販した「A10ピストンSA」ですが
「半日」で瞬殺した「12月」の流れと違い2019/02/16現在「在庫有り」なので
「販促に貢献する」意味で再度「A10ピストンSA」を再考していきます




 基本的な使い方、「レビュー記事第一稿」はこちらから!










          代替テキストA10ピストンSA



簡易検証結果:デメリットは値段と「丁寧すぎるピストン」と「未対応コンテンツ」メリットはそれを補って余りある「快感力」!

詳しいレビュー文は追記文で!


 メリット




 単純に「最先端かつハイコストモーターが可能にした滑らかなピストン」
それによる「圧倒的快感力」が最大のメリットですね

「機械にイかされている」という従来の電動ホールの挿入感のそれとは違い
「生物的な腰振り」を実感できる造りです


 「一度4万円払ってしまえば半永久的に腰を振ってくれるセクサロイド」
と考えればかなり安い買い物ですね


 皆様も是非この「最先端の体験」へとダイブ!


※セクサロイド・・・セックスのためのロボット


 デメリット




 「圧倒的に高い」

 「オナホール」、要するにどれだけ「リアルな腰振り」を演出しようが
「自慰行為」に対して「店によってはソープで本番できそうな価格」である
「4万円」を出せるかどうか


 一応メリットで申し上げた通り「一度消費すれば半永久的に腰振り出来る」
という点がありますので実際は「1プレイ4万円」ではなく
「買い替えるまでのプレイ数で割った値」が正確な値段ですが
(故にTENGAよりはコスパが良いと言える)

「長期的に見たらお得な買い物でも一度に4万円の出費は痛い」
と考える人にとってはこちらがデメリットになるでしょうね



 「丁寧すぎるピストン」

 こちらは「メリット」でも述べた項目であり「表裏一体」の特徴
「最先端かつ高コストのモーターが演出する丁寧すぎるピストン」はともすれば
「パワー不足」と感じる事もあり

「もっと単純な動きで良いからもう少しパワーが欲しい」という時はもどかしいです

この点では「下位互換」である「NLSピストン」の方が優れていますね




 「未対応コンテンツ」

 こちらは「A10サイクロンSA」に有った「AVとの連動」がまだ未実装な点
(一応限定的状況では出来るけどシンクロ率にとぼしく、実質未実装)

「A10サイクロンSA」における「連動」はAVの状況に応じて
「回転がゆるく、はげしく」なるという物ですがこちらの「ピストン」はまだまだ開発段階


 「電動オナホールとAVとの連動によるヴァーチャルセックスを体感してみたい」
と考える方はまだまだ試行段階である「A10ピストンSA」よりも
「既に完成されたコンテンツ」である「A10サイクロンSA」の方を優先するべきですね





 結論は?



 ここまで述べましたが簡易的な結論と致しましては
「オナホなんだから気持ち良ければすべてよし!」という事で


 「高いコストとそれに見合う生物的な丁寧な腰振り」
「じわじわと快感がこみ上げてくるそれはオナニーの域を超えた行為」
「自分が動いてなくてもオナホが動いてくれる王様気分」
「いつかは実装されるAVとの連動」


これらの要素を「4万を払ってでも手に入れる価値がある」と思える人ならば
「買い」の商品です



 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


A10ピストンSA:ヒトに近い腰振り!メリットとデメリット振り返り 【電動オナホレビュー】


もくじA



【A10ピストンSA】とは?


 電動オナホールを多数輩出してきたRENDSから輩出された
【A10ピストン】こちらは(当時は)高価な電動オナホールであり
「一万円」という値段で売り出された「クランク式のピストンホール」
 
 この頃からすでに「レールポジション式」という未来を見据えた構想がありましたが
技術が足りなく、次の世代へと持ち越し
こちらの「A10ピストン」はクランク式を突き詰める形になり高評価を得ました
「A10サイクロン」が「A10サイクロンSA」へと進化したようにこちらの
「A10ピストン」も「A10ピストンSA」へと進化
 前作では開発過程で切り捨てた「レールポジション式」を昇華させて
滑らかなピストンを叶えた最先端の技術が詰まった電動オナホールであり
「A10サイクロンSA」(約2万円)よりも強気な値段設定「4万円」で勝負
「4万円はさすがに手が出ない人が多いだろう」と思ったのか
100台だけ出荷したものの一瞬で完売!

 つい最近それの「10倍」である「1000台」を再販しましたが
こちらも一日で瞬殺!(正確には朝10時から22時の半日で)
今なお再販が待ち望まれている「伝説の電動オナホール」でございます※2019/02/16 現在在庫復活!

から引用


その使用感


 ※基本的な使い方、ホールへの挿入などは前回の記事で


ホールをハメて、モノ♂を挿入していざ電源オン
基本パターンの【白】のまま+ボタンを少しづつ押して様子を見ます

       代替テキスト 


「きちんとホールもモノ♂もハマってる」とこのテストプレイで確認してから
徐々に強くするか別のピストンパターンに変更しましょう


 そして肝心の「使用感」ですが
「ヴー」という鈍い電動音を鳴らしながら(音は控えめ)
ジョリジョリと的確、丁寧かつゆっくりとストロークしてくれます


 「手コキ」などによる「乱暴な単一方向」とは違う
「力のかかり具合が均一では無く色々な刺激感が混ざっている」
という挿入感はまさしく
「相手のモノ♂に合わせて力の入れ具合を調整してくれる」という
リアル女性のそれに近い物であり

非常に有機的、生物的な挿入感であり
そこに「自分以外の誰か」を確かに感じさせてくれる挿入感です



 徐々にピストンの強度を高めていけばじゅっぷじゅっぷと音を鳴らして
「はあうううううっ・・・」と恍惚するほどの「生きた」挿入感

「ずっとここにハメていたい」という「落ちていく」快感に身を委ねるでしょう


オススメのピストンパターンは?



 「直線」の単一方向への往復ピストンする「白」
のほか管理人が「オススメ」といえるピストンパターンは「赤」「緑」!!

「赤」のピストンパターンは「ランダム」に暴れまわる事で
ぐっちょぐっちょと「あたしのナカをかき回してえええええ」というシチュを演出し

「緑」は奥までキュウウッと吸い込むディープスロートパターン

 「一度ピストンが弱まってから二度目にホール全体を使って
奥へ奥へとピストンしてくれる」という強弱のある動きが
「最奥の構造を噛みしめるように味わっている」という快感を与えてくれるのでこちらも「オススメ」の電動パターンの一つですね

        代替テキスト 



 皆様も是非「自分にとってベスト」と思える電動パターンを探し出してください!


メリット振り返り



 「簡易検証結果」では書ききれなかったメリットを述べていきます



専用ホールの多様性


            代替テキスト

 本体に付属している「クローバー」のみだった発売当時とは違い
現在は「5種類」の専用ホールが存在し、「選択できる」事が強みですね


オススメは本体付属の「クローバー」と「様々な構造」を贅沢に盛り込んだ
「フォービドゥン」ですね





充電式である事



        代替テキスト



 オミット版電動ホールである「NLSピストン」は「常にコンセントをさしっぱ」
にしていないと電動できない「大型家電」レベルでしたが
こちらは「携帯機」と「家電」の中間択?という事で「充電式」に対応


 「コンセントいらず」でプレイできるのは快適でありがたい長所ですね



「専用固定スタンド」の存在







 こちらは当記事「A10ピストンSA」はもちろんの事
「A10サイクロンSA」にも対応した「固定スタンド」


 まず本体側をネジでこちらに固定し
机などにスタンドを固定させることで

「手放しでも勝手に抜いてくれる」完全自動オナホールが完成!
       代替テキスト 

 本来なら「手で支えなければいけない」電動オナホールでのプレイスタイルですが
こちらの「専用固定スタンド」を使う事で「ハンズフリーなプレイスタイル」

まさに「王様気分」を味わうことが出来ます



 このように「専用グッズが存在する」事もこの商品のメリットの一つですね




 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です




 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


関連記事


 ※後に「専用ホール」の固定リングを切断した検証記事を執筆しています



以下余白


関連記事