今回のカテゴリは「個別オナホレビュー」です
以前評価した「A10サイクロンSA+PLUS」の記事で書ききれなかった
「動画連動」と単品購入した専用ホール「マスター」の評価を書いていきます


              saikuronnaikonnsono2.jpg
             A10サイクロンSA +PLUS(プラス)





 関連記事:



【オナホ レビュー】A10サイクロンSA+その2 VR連動したら本当にAV女優が腰を振り・・・ +専用ホール「マスター」


もくじ




A10サイクロン専用ホール 「マスター」簡易総評:82点



 まずは専用ホール「マスター」の感想からです
こちらも2700円前後の他のホールと比べ「素材も構造もショボイ」のですが
「専用ホール」である事に意味がある、と言った所でしょうか

マスター写真 masuta-.jpg


 この縦ヒダ構造は「ヴァージンループエイトロング」を彷彿させますが
2000円未満で買えるあちらに比べてA10サイクロンSAに使わないのであれば
ほぼ買う意味が無いとバッサリ言い切れると思います



 総評:82点




 先に紹介したA10サイクロンSA+に付属されたホール「メデューサ」よりは
気もちいいと言った印象ですが「縦ヒダ」であるので
「縦方向の刺激」=ピストン機能も欲しい!と思ってしまう構造ではあります


ウイーンとサイクロンを起動して
ソリソリソリ・・・と心地よくモノ♂を撫でてくれるので快感性能は十分


 こちらの「マスター」を付属ホールにした方が
より人気が出たんじゃないかと思うのですがこれ以上突っ込まないでおいてあげましょう



 商品ページリンク



 


「A10サイクロンSA」とは?


史上初?回転式電動オナホールであり「初代A10サイクロン」は6000円という
電動ホールとしてはお手頃な価格で発売されていました
(現在でも在庫があります)
 こちらも既に「未来」を見据えたデバイスでありながら
「音がうるさい」「操作は完全にリモコン任せ」「モーターが低速」という欠点がありました

そして約5年後、それらの欠点を克服した完全上位機種「A10サイクロンSA」が登場
「約1/2の静音性」「スマホをコントローラー代わりにすることが出来る」
「モーターがパワーアップ、低速も高速も両方こなす」
さらに目玉としてPC、スマホと連動して回転運動が調節される
という特徴も兼ね備え再び世に出る事になりました
 そんなA10サイクロンSAから更に4年
一旦「A10サイクロンSA」は販売終了され新しい規格として
(といってもSAとSAプラスにはほとんど差が無い)
現行販売されているシリーズが「A10サイクロンSA+PLUS」です
前半記事からの引用



 要するに「回転式電動オナホール」の現時点で最新技術をつめこんだ商品
という事です

「電動」故に値段は普通のハンドホールと比べて張ってしまうのですが

「自分が動いていないのにオナホ側が動いてくれる体験」は素晴らしく
十分に誰もが理想のセクサロイドに気持ちよくしてもらえる
「懐かしい未来」を間近に見ることが出来ます


 今回はそのレビュー記事の後半
「動画連動」(AV内のプレイに合わせて自動で動いてくれる)機能の体験
とちょっとした応用を載せていこうと思います


※価格は税込みであり記事作成当時の物です

再び「入荷未定」になる前に



 18日ほど品切れして「入荷未定」になっていたので記事を凍結させていました

この商品の相方的存在である「A10ピストンSA」の方は未だに入荷未定
なのでこちらの「A10サイクロンSA」は今のうちに確保しておいた方が良いかも?


VR動画との連動


 「アダルトフェスタ」にて販売している「VR+1D動画」かつ

【+1D非対応作品】 
機器連動信号、スマート再生、チャプター等の+1Dには非対応です


という注意書きが無い動画

こちらはVR画像の女優に合わせてA10サイクロンSAが自動で回転してくれる
という素晴らしい仕様!!

 まさしく「目の前のVR動画に合わせてダッチワイフが腰を振る」という
「誰もが理想の相手とヴァーチャルセックスできる」という「懐かしい未来」
がもうすぐ来ている事を実感できるデバイスと機能でございます

 ※PCでAVのVRを見る場合は「オキュラスリフト」「HTCVIVE」
の他に別売りの「専用無線アダプタ」が必要です

前半記事の他下記の記事も参考にしてください



実際に購入して連動してみた



 私が購入したのは玉木くるみ氏の教師物の連動動画ですが・・・

総集編があるのを知らずに単品で購入してしまいました


「総集編」の方が他の女優さんのVも入ってて
たったの+80円で購入出来てしまうので興味のある方は
「総集編」の方をご購入されるのをオススメします




AV自体の感想



 体育倉庫で玉木くるみ氏演じる女性教師に呼び出されて・・・
「先生がヌいてあげる」的な流れで行為が始まります

王道的展開のAVですね

「メガネをかけたまま」行為をしてくれれるので「実に分かっている」AVだと思います


連動機能の感想



 最初は「動画と連動すると言っても回転だろ?」と
「ピストンでは無く回転では本当に合体している気分にはなれない」と思ってました

しかし、世界は変わりました


 「女優にモノ♂を舐められている場面」では軽く回転し

「挿入している」場面では激しく回転する


基本的にはこれだけなんですが連動していくうちに

「あれ・・・?あれ・・・?」と次第に


「目の前のの女優に本当にご奉仕されている!」

という感想に変わりました



 「動画と回転のタイミングが合う」だけでこんなにもシンクロする物とは

「自分以外の誰かが勝手にオナホを動かしてくれる」というのがこんなにも気持ち良い物とは知りませんでした


 その中でも特にオススメなのは騎乗位中の連動




この時電動オナホの回転パターンは「一方向に回転後その反対方向に回転」

を繰り返すのですが


「騎乗位」という場面に合わせた激しくなる回転が

「まるで本当に腰の上で暴れている」ようで「ピストン刺激も加わっている!?」

と勘違いさせるほど



 回転が激しい分しっかりと「A10サイクロンSA」を抱えていないといけませんが

「自分の上で本当にAV女優が腰を振っている」かのような没入感を得られます



普段はあまりAVを使わない管理人もこの「AVのVR+電動オナホとの連動」

ならば何回でもプレイしたい!と思えるほどの感動でした



 ただ願わくは「回転パターンだけバラで欲しい」と思うのがジレンマですね

「他のオカズでのプレイで転用したい」と思えてくるので


「回転パターンを信号化したAV」の他に「回転パターンだけの画像無しの簡易動画」

も同梱して頂ければ他のコンテンツにも転用できるので

この先そういった未来があるとありがたいですがね



「ウレタンヒップ」にハメることは出来るのか?



 管理人が「オナホの固定台」として使用している「ウレタンヒップ」
こちらの穴にねじこめるかどうかの判定です



 結論を先に言わせてもらうと「穴が小さくてハメることはできない」判定ですが
もしもハメることができれば「手で支える必要が無く床、机に置ける」ので
本当の意味で「全自動オナニー、フリーハンド疑似セックス」が体験できます

 ですので「なんとかウレタンヒップに固定できないか」を考えて
「すでに破損した個体の転用」することでそれを実現させました

   ウレタンサイクロン 


 ベルト(100均のものでもOK)を巻き付けることでさらに
固定力がアップします

こういう「転用」もできるので新品を買い直した後も
「壊れたウレタンヒップ」は保管しておいてください


 これから「初めてウレタンヒップを買う」場合は「腰振り用」と「改造用」
の2つを買うとなると結構しんどいので
「1つ目を購入して3カ月以上経ったら改造用に転用」するのをおススメします

「A10サイクロンSA」を確保する方も3カ月は「通常プレイ」で我慢しましょう


ウレタンヒップ固定プレイ感想


 これは気持ちよすぎですね


「こちらが手で支えなくても良い」というのがこれほどとは思いませんでした
「ヌくためだけの別の生き物」にモノ♂を突っ込んでいるかのような感覚


 「快適」かつ「自分以外の他者との疑似融合」的快感を味わえる

上記の「アダルト動画との連動」も併せればまさに
「フリーハンドヴァーチャルセックス」ともいうべき
「自分は動かない、支えないけど相手がイカせてくれる」王様気分のプレイが可能に!

 さすがに「騎乗位」を再現するにはまた一工夫、二工夫も必要になってきますが
「正常位」「後背位」に関してはこちらの方法で完全に
「電動オナホールとの自動的セックス」が可能になります


他のプレイと比べた場合の総評


 オナホでのプレイスタイルは
「手でストローク」「腰振り」「回転」「ピストン」の4種類に大別されます

「ピストン」に関しては現状唯一?の高級電動ホールであるこちらで!

           



 このうち「手でのストローク」は完全に他の3つより劣るプレイスタイルですが
(一応「手軽」というメリットもある)

「腰振り」「回転」「ピストン」のそれぞれは一長一短で
「あちらを勃てればこちらが起たず」と「それぞれのメリット、デメリット」があります


 それぞれの違いは改めて特集記事を組むとしてここでは簡易比較



「腰振り」は3つの中で最安定したプレイスタイルで
準備もお手軽で簡単にストローク以上の快感を得ることが出来るスタイル

「回転」は3つの中で一番「新感覚」な挿入感ではありますが
「縦」の刺激よりイキにくく、慣れるまでに時間がかかる

「ピストン」は「回転」よりもイキやすいが
「腰振り/ストローク」程「オナホの内部構造」が分かりにくく、詳細を味わえない


 一時期「ピストン」にハマって気持ちよさの序列が

ピストン>腰振り>回転

と言う風になりましたがやはり「相互互換」という評価が正しいと思います

それぞれの良さがあるので

もれなく全部体験するのが一番幸せだと思います(ダイマ)




他社のホールとのパターン別互換性



   ※専用ホール以外でのプレイは自己責任でお願いします


 電動ホールの宿命と言いますか専用デバイスの宿命は
「専用以外の他のホールに付け替えられないの?」という疑問

これについて管理人が検証した限りの情報ですが提示いたします

 基本的には「縦の長さ」より「横の厚さ」が適応するかどうかが重要

「長さ」があまるホールでも「厚さ」が相応ならば互換可能である事が多いです


パターンA・・・可能:厚さ、長さともに適合、安定してプレイ可能



        名無しサイクロン 


 写真のホールは「まだ名前がありません」


「厚さ」「長さ」ともに適当でそのまま交換してプレイが楽しめるパターン

写真の「まだ名前がありません」のような大きすぎず小さすぎない
スタンダードなホールがこれに該当する

「パターンA」のホールの一例





パターンB・・・可能:長さが余るが「厚さ」は適応



       ぐれいとサイクロン

 写真のホールは「ボクのおなぺっと2ぐれいと」

「長さ」が余るが「厚さ」が丁度いいのですこしハミでる形になるけど
「回転可能」になるパターン

「しっかりモノ♂を硬くして直線的な力を加える」事でプレイ可能
上蓋(写真右下)を外した方が快適にプレイできる場合もあります



 パターンBのホールの一例




パターンC・・・不可:挿入前は回転可能だが挿入後は不可能の「出来そうで出来ない」パターン



        ドルフィンサイクロン


 写真のホールは「ドルフィン!」

モノ♂の挿入前に回転のテストプレイをして「動作可能」であるにも関わらず
「モノ♂を挿入すると厚さが加わって回転不可」になるパターン


無理やり回転させると故障の原因となる得るのでおやめください

細いモノ♂の持ち主ならもしかしたら回転可能かも


 パターンCのホールの一例





最終総評:88点


 こちらは「専用ホール:マスター」ではなく
「A10サイクロンSA+」という商品として見た場合の評価です

回転パターンの使い分けは素晴らしく、動画連動も素晴らしい

まさに「理想の相手とのヴァーチャルセックス」の未来を見据えた商品

「今後の発展」や「回転とピストンその両方が可能な機器」の開発を期待して
まだ90点台は点けずに様子を見させていただきます


商品ページリンク







表示価格は税込みであり記事作成当時の物です



関連記事


記事その1はこちら!




↓こちらもどうぞ!


関連記事