「自動で抜いてくれる」事が魅力的な「電動オナホール」から「回転式」である「A10サイクロンSA」のレビュー記事内容をまとめていきましょう。

2021/06/14 微修正作業開始









「A10サイクロンSA」をレビューする幸せ射精君

 まるで舌をぐるんぐるん高速で這わせているような、実に生物的な回転が味わえる!機械を超えたリアルフェラ体験!それが「A10サイクロンSA」だッ!!

幸せ射精君(神楽ちんずりアバター)







 A10サイクロンSAレビュー記事アイコン大
おおざっぱなもくじ

2:「A10サイクロンSA」の全ての回転パターンを吟味・解説するページ

3:全ての「A10サイクロンSA」専用ホールを解説するページ


もくじ


「A10サイクロンSA」とは:回転式電動オナホールの最高峰!



A10サイクロンSA外観

 元々はRENDSが開発した「A10サイクロン」という回転式電動オナホールが高評価を得た事で新製品として売り出されたのが「A10サイクロンSA」です。


前身であるこちらの「A10サイクロン」を「静音性」をアップさせ、「7種類の回転パターンを追加」さらに「アダルトビデオなどと連動して回転をコントロールしてくれる」という「未来的」なギミックを携えて何もかもパワーアップして帰ってきました。

この「A10サイクロンSA」は瞬く間に売れ続け、2018年をもって一旦展開は終了。
その直後に「A10サイクロンSA+PLUS」として多少のマイナーチェンジをして発売されたのが現行タイトルでございます。


簡易総評:90点:有機的な回転が楽しめる、最先端電動オナホール!

詳しいレビューは追記文で!

 「回転式電動オナホール」=かなりリアルなフェラ感が味わえるホール
という事で「90点」を点けさせていただきました。

その高性能モーターを使った「滑らかな動き」は付属ホール「メデューサ」のままでも十分すぎるほどの「撫でまわす触手」による快感刺激を与えてくれる。


A10サイクロンSA専用ホールメデューサ断面図

「機械のオナホール」でありながら「機械である事を忘れる」ほどの生物的な回転で撫でまわしてくれ、さらには7種類の「回転パターン」を使い分ける事が出来ます。

基本パターンの単一方向の回転の「白」(パターンによってLED部分の発光色が変わる)の時点でもかなりの快感力ですが「一方向へ回転した後逆方向にも回転する」といういわゆる「往復」のパターンである「緑」「ピンク」の快感力はまさに

「使用者のためだけに舐めまわす舌」と言える程の「生きた動き」!!

VRゴーグルを被ってVRオナニーする人


 さらに「アダルトフェスタ」というサイトでダウンロード販売されている対応ビデオで「ビデオの女優の動きに合わせて連動して電動する」という機能が素晴らしく「激しい騎乗位」の場面でこのホールが左右に往復回転した時は「横回転」の刺激でありながら「激しく腰を振られている」と錯覚するほどでした。




 次に「様々なオナホールと互換できる」事で「所持ホールが増えるたびにまた新しい快感が見つかる」という「成長するコンテンツ」としての側面ももっている事もポイントアップの主な理由。


電動オナホール互換プレイ


後発商品の「A10ピストンSA」と比べるとこちらは「既に完成されたコンテンツ」であるため「連動対応AVの多さ」や「専用ホールの多さ」が魅力的。


そしてその「専用ホール」の中にはフェラを意識した「オーラル」のような「回転」という構造に非常にマッチした優良かつ有用なホールも!


A10サイクロンSA専用ホールオーラル断面図(専用ホール「オーラル」の断面図)



幸せ射精ちゃん:

 二枚の舌が絡みつくことで「1枚の長い舌」を演出するってことだね!

わたしにもできるかな?

A10サイクロンSA専用ホールオーラルをレビューする幸せ射精ちゃん

 「A10ピストンSA」の「ピストン」は縦刺激という「セックス本来の動き」であるため、そちらを超えるという事はありませんが、「回転式電動ホール」の中では他社類似製品を寄せ付けない程の高クオリティ商品!

ニョリニョリと専用ホールがモノ♂を撫でまわし、こちらが動かなくても相手がイカせてくれるその体験はまさしく王様気分!

「A10ピストンSA」よりは安く、手に取りやすい商品であるためあちらより障壁が低いのも高評価点ですね。

こちらより安い類似他社製品と迷ってる方には「多少高くてもこちらを選んだ方が結果的に損しなくて済む」と言わせていただきます。

クオリティの低い類似品を買った所でこちらのクオリティが余計に気になって結局購入する事になりますからね。





最大の特徴、「AVとの連動」とは?:場面に合わせてホールが動く!


A10サイクロンSA+PLUSアダルトビデオ連動



 「アダルトフェスタ」というAV動画ダウンロードサイトにて一部の商品が「A10サイクロンSA」との連動に対応している。という物です。

この電動オナホールを使ってでの「AVとの連動」のレポートはこちら!

これはどういう事かと言うと「ビデオ自体に信号が含まれておりそれを受信したサイクロンがその信号に合わせて動く」という物。

もっとわかりやすく言えば、「AV女優の動きに合わせてサイクロンが回転してくれる」という事。



これはかなりすごい体験でした。

AV女優がやさしく手コキなどで愛撫しているときはやさしく、膣内に入れて激しく腰を振っているときは激しく「A10サイクロンSA」がタイムラグ無しで回転する事によって「本当にセックスしている!?」だとか「横方向の回転なのに縦方向のピストンを感じる!」という錯覚を得られます。

なお、アダルトフェスタのビデオは「VR対応」なので「本当に目の前に女優がいるかのような臨場感」を感じるとともに、「サイクロンの回転」を連動させればこれはもはや「ヴァーチャルセックス」と言える世界です。


現実に帰ってこれなくなるくらいあなたのお気に入りの女優にいっぱい中田氏しましょう!

「アダルトフェスタ」の入り口はこちら!


 VRゴーグルを被ってのVRセックスは周りが全く見えなくなるから、君の部屋に誰も入ってこないことを確認して!

代替テキスト

専用ホールがたくさん!:オススメは舌を再現したオーラル!



A10サイクロンSA+PLUS専用ホール


 「A10サイクロンSA」には専用ホールが多数存在いたします。
付属ホールである「メデューサ」の他、「回転」という性質に非常にマッチした「オーラル」というフェラホール。

その他「専用ホール」が多数存在し、あなたを飽きさせません。

 管理人の特にお気に入りの専用ホールはやはり何度も紹介している「オーラル」。

普通に使うのならばたいしたホールではありませんが「小さい舌」と「大きい舌」が設置されたその内部構造は「回転」を行う事で「一本の長い舌に絡みつかれている様な挿入感」を演出。


また、管理人は専用ホールを購入し次第、レビュー記事を追記していくつもりです。




「A10サイクロンSA」の7つの回転パターン!きっとあなたにとってベストな物が見つかる!:往復するパターンがオススメ!





A10サイクロンSA+PLUS回転パターン


 「A10サイクロンSA」には「7種類の回転パターン」が存在いたします。
一方向に回り続ける単調な「パターン白」の他「一定時間回転したら逆方向に回転」してくれるパターンやパターン

管理人:神楽ちんずりのベストパターンは「桃」ですが、あなたにとってのベストパターンもきっと見つかるはず!是非とも色々試して「究極に気持ちいい回転パターン」を探求してください。


関連記事:
「A10サイクロンSA」の全ての回転パターンを吟味・解説するページ


専用以外の一部のオナホールとも互換可能!気持ち良いホールは回転させても気持ち良い!




A10サイクロンSA+PLUS他社ホール互換
※サンプル写真にハマってるホールは「まだ名前がありません」


 このような「電動式オナホール」が発売されるたびにあがるのは、「専用以外のホールをハメられないか」という要望。

結論から言えば「あまり大きくないホールなら互換可能」であり、最近の検証では「幅がギリギリのホールでも素材が極端に柔らかければ互換可能な物もある」とわかりました。
(ただしメーカー想定外の行動なので行う場合は自己責任で)


 ここで「電動オナホールにハメて気持ち良いホール」は「元々が気持ちいいホールなら問題なく電動ホールでも気持ち良い」というシンプルな検証結果を得ています。

強いてこちらの「A10サイクロンSA」と相性が良い互換ホールを挙げるなら「触手がひねって絡みつく」という実に「回転」という動きにマッチしそうなくノ一淫法触手裏剣 ねっとりソフト(ノーマル以上の硬さになると不可)専用ホール「オーラル」と同じフェラコンセプトである「真実の口おちょぼ口」

そして管理人のベストホールである「まだ名前がありません」はここでも高いパフォーマンスを発揮!


「互換できそうな所持ホールが増えるほど楽しみ方が増えていく」という「嬉しい意味でゴールが見えない楽しみ」を持てるのも「A10サイクロンSA」が高評価である理由ですね。

関連記事:

A10サイクロンSA+PLUS:実践!:触手がニュルニュルと撫でつくす!




A10サイクロンSA専用ホールメデューサ断面図
 いよいよ実戦形式でレビューしていきます。
今回使うホールは本体付属ホールである「メデューサ」。この無数の触手が「回転」することによりモノ♂をまんべんなく撫でてくれる、という構造ですね。


A10サイクロンSA専用ホールメデューサをレビューする射精君

 このメデューサの髪のような触手が君の竿♂を回転しながらなめつくすぜ


使用時の注意一点だけ!




 何回か使用してみて「ちょっとした危険性」を発見したので諸注意を
このデバイスちゃんと起たせた状態でモノ♂を挿入してください
至極当たり前な注意なのですが、「ストローク方式」のプレイの場合「半立ち」のまま挿入して「上下の刺激」でナカで硬くする事が可能ですがこちらは「回転式」、「横方向の刺激」なので「半立ち」のまま挿入してプレイすると
柔らかいままのモノ♂が回転でねじれてしまうまたは、勢いではじき出されてホールの「穴」以外の隙間にモノ♂が挟まってしまう危険性があります

A10サイクロンSA使用上の諸注意
 管理人は半立ちのままホールに押し当てたらうまく挿入できていなかったため何度か半立ちのモノ♂が回転ではじき出されて〇の部分に挟まりました。
 今はだいぶ慣れていくらか「半立ち」からスタートでも大丈夫になりましたが皆さまにはキッチリ硬くしてからの挿入をオススメします。




管理人もまだサイクロンに慣れていない時は何度も失敗しました。
皆さまは事故を起こさないように「しっかり勃起させて」挿入してください。

後はローションは多めに、ケチらずに使ってください。と言う事ですかね

回転速度:弱:にゅるにゅると触手がモノ♂に触れて弱めのジャブながら快感力は十分!



A10サイクロンSA+PLUS個別オナホレビュー記事射精君

「触手がビラビラと規則的に撫でてくる!これが回転式の快感かッ!」


※声は出さずにプレイしましょう


 【回転速度:弱】のままでもかなりの快感度です。
「メデューサ」の無数の触手がソリソリソリ…とモノ♂に規則的に絡みつき、「あっあっあっ」とピクつくような快感を得られます。

さらにここから自分で腰を動かして「縦方向」の刺激も加えることで十分に射精可能な刺激感です。

回転速度:中:刺激感がちょうどよく、万人向け!


A10サイクロンSA+PLUS個別オナホレビュー記事射精君

「はあああああっ!触手がすごい勢いでソリソリ撫でてくるッ!実際よりも触手が増えたように感じる!」



 【回転速度:中】にすることで先ほどまで「あっあっあっ」という小刻みな喘ぎ方だったのが「はああああああん!」という継続的な喘ぎ声にチェンジ!!



触手が高速回転する事により「実際の数よりも触手が増えたような錯覚」を感じてニュルニュルニュルと「意識」をもって絡みついているかのような挿入快感!


回転速度:強:回転摩擦で熱を帯びるほどの激しいフェラ!


A10サイクロンSA+PLUS個別オナホレビュー記事射精君

「フォオオオオオオッ!こりぇ激しすぎ良いい!隙間なく絡みついて、モノ♂が撫でられてビクビクしちゃうのおおおお!」


 正直、「中速度」までで十分に「オナニーに使える回転速度」は達成できているのですが、【回転速度:強】にすることでより貪欲に触手たちが「生きて絡みつく」ような挿入感が倍増します。


イソギンチャクがあなたの精子を欲しがって、暴走をして絡みついて射精に導く。
「触手たちの大乱交」とも言うべき暴れっぷりで、あなたのモノ♂から精液を根こそぎ搾り取るような高刺激快感を与えてきます。


その射精感、イキ顔:イった後も回転し続けるのでイキすぎないよう注意!


ばびゅっ!ぼびゅっ!びゅっ!びゅっ!びゅーっ!!





 「幸せ射精感」には今一歩及ばない物の、かなりの「充実した射精感」を得られました!




総評:90点:機械なのに有機的フェラが味わえる最高傑作!


A10サイクロンSAオナホレビュー記事大アイコン

 このように現在もなお管理人のモノ♂と心をつかんで離さない、魅惑の電動オナホール「A10サイクロンSA+PLUS」


「連動できるAVが続々とリリースされ」かつ「互換できるオナホールも続々と発見されていく」という「完成されたコンテンツ」「成長するコンテンツ」の二面性を持つタイトルです。

「2万円」という価格は「電動オナホールという物に興味がある」人で「安物でトンデモな劣化品を掴まされたらイヤだ」と考える人が「ちょっと頑張れば出せそう」な「ちょうど良い価格」であり、「高価」ながらも「値段以上の価値があった」と納得できるラインの絶妙な価格だと捉えています。


 後発商品の「A10ピストンSA」よりも半分ほど安く、連動対応ビデオも豊富。専用ホールも多数。
さらに「ピストン」よりもコンパクトなボディで扱いも楽。

「初めての電動オナホール」として買うなら断然オススメできる商品であり、これから先「A10ピストンSA」や「NLSピストン」を購入するかどうかの指標として所持しても損はしないホールです。

A10サイクロンSAをまとめる射精君

 もう開発されて何年にもなるが…

当時の技術を集約させただけあって、あと10年は最先端の電動オナホールだと思う!



A10サイクロンSA+PLUS:商品ページリンク







価格は税込みであり記事作成当時の物です

 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております。


上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


その他「A10サイクロンSA+PLUS」を楽しむための工夫



 基本的にこのような「電動オナホール」は「手で抱える」事でしか使用できませんが、これでは「ヴァーチャルセックス」という課題において大きく「没入感」を損ねてしまいます。

「自分で支えている」ことで「あくまでセックスでなくオナニー」と感じてしまうからですね。

「ハンズフリー」でモノ♂を挿入する事が出来ればそのもどかしさは解消されます。
「完全な王様気分の電動セックス」を楽しむために必要な「2つの工夫」を紹介していきましょう。


工夫1:「ウレタンヒップ」を使う場合




      A10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事ウレタンヒップ連動画像


 「オナホ固定腰振りオナニー」に必要なグッズ「ウレタンヒップ」での固定パターン。
ただし、「壊れたウレタンヒップ個体を転用する」という方法なので使い古した「ウレタンヒップ」を持っていないと成立しない。


上記の様に上部が裂けたウレタンヒップ、または「真っ二つに割ったウレタンヒップ」と「100均ベルト」を使ってムリヤリ「ウレタンヒップ」に固定させて「ハンズフリーの電動セックス」を楽しむという物。

このためだけに新品の「ウレタンヒップ」を購入してビリビリに裂くのはもったいないので、あくまで「破損したウレタンヒップを抱えている」方が採るべき方法ですね。

工夫2:「専用スタンド」を使う場合



A10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事専用スタンド画像


 こちらはなんでもない、ただ単に「正規サポートグッズ」を使って「机に固定」するだけですね。こちらの方が万人共通して「ハンズフリーの電動プレイ」を楽しめる方法だと思います。

「NLSピストン」「A10ピストンSA」にも対応していますので将来の投資として保持しておいてもいいでしょう。

ただし旧作の「A10サイクロンSA」には対応しておらず、現行タイトルである「A10サイクロンSA+PLUS」のみが対応できる点には注意です。




その他「A10サイクロンSA+PLUS」関連商品紹介



U.F.O. SAA10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事VRゴーグル画像U.F.O. SA


 こちらは「A10サイクロンSA」同様「AVとの連動」に対応している「乳首を舐めまわす電動機」
A10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事周辺機器画像 こちらの絵で胸に装着しているデバイスですね


 こちらと「サイクロン」両機を対応AVと連動させることで「AV女優の動きに合わせてオナホも動くし乳首も自動で舐めてくれる」という効果が得られます。

 現実世界から見てると「単なる変態」にしか見えませんが、あなたの体感では「現実を超えた仮想」が広がっていること間違い無いでしょう。


A10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事周辺機器画像




VR BOXA10サイクロンSA+PLUS個別レビュー記事周辺機器画像



 こちらはスマートフォンにダウンロードしたVR対応アダルトビデオを「VRで見るため」に必要なVRゴーグル

 古すぎないスマホならまず対応できると思いますが、念のため上記の「A10サイクロンSA」の販売ページから対応スペックをご確認ください。
 「サイクロン連動AV」をスマホでVR視点で見るために必要な物です


SAシリーズ専用無線アダプタ


SAシリーズ専用パーツ

          代替テキスト
 こちらは「スマホとの連動」ではなく「PCで対応ビデオを見る」場合に「サイクロン本体と連動させる」ために必要なデバイス
PCでのVRヘッドディスプレイである「オキュラスリフト」または「HTCVIVE」を所持している方はさらに対応ビデオをVR視点で楽しめるでしょう。


A10サイクロンSA+PLUS:関連記事リンク




ここから「A10サイクロンSA」の回転パターンを振り返るページの記述

 分別が難しいですが今回は【個別オナホレビュー】カテゴリの投稿です

 
今まで散々特集記事を組んできた「A10サイクロンSA」ですが今回は「7つの回転パターン全て吟味していくページ」を書いていきたいと思います。
 
 
 

「A10サイクロンSA」の全ての回転パターンを吟味・解説するページ

 
 
 
代替テキスト  
 もくじ


 

 

簡易検証結果:一番気持ち良いのは「緑」または「ピンク」!

 詳しい検証は追記文で!
 
 「A10サイクロンSA」に存在する「7つの回転パターン」
私はこの中で「マイベスト」を決めるとしたら「緑」「ピンク」ですね
 
   代替テキスト 
 
 
 この2つの回転パターンの共通点は「一度回り切った後逆方向へターンする」という物
単調な「一方向の回転」とは違う「飽きさせない回転刺激」それが「緑」「ピンク」がマイベストになる理由です
 
 
 また「フェラ的刺激」を想定する場合は「一方向に這わせる舌」よりも緩急をつけたり逆方向へ這わせたりなどしてくれる方が「気持ち良い」のでそういった意味でも「緑」「ピンク」がベストです
 
 他の回転パターンも魅力的ですので紹介していきましょう
 
 
 
 

「A10サイクロンSA」とは?

 
史上初?回転式電動オナホールであり「初代A10サイクロン」は6000円という電動ホールとしてはお手頃な価格で発売されていました(現在でも在庫があります)
 こちらも既に「未来」を見据えたデバイスでありながら「音がうるさい」「操作は完全にリモコン任せ」「モーターが低速」という欠点がありました

そして約5年後、それらの欠点を克服した完全上位機種「A10サイクロンSA」が登場
「約1/2の静音性」「スマホをコントローラー代わりにすることが出来る」「モーターがパワーアップ、低速も高速も両方こなす」さらに目玉としてPC、スマホと連動して回転運動が調節されるという特徴も兼ね備え再び世に出る事になりました
 そんなA10サイクロンSAから更に4年、一旦「A10サイクロンSA」は販売終了され新しい規格として(といってもSAとSAプラスにはほとんど差が無い)現行販売されているシリーズが「A10サイクロンSA+PLUS」です
 
 
 
 
 

回転パターン「白」:基本編:80点

 
 
     代替テキスト 
 
 
  同一方向に同一な回転力で延々と回り続けるパターン
 
「可もなく不可も無く」といった刺激感ではありますがこの「白」の時点で「舌を這わせている様な挿入快感」は再現されております
 
 お気に入りのパターンへと移行する前のテストとしても使えますね
 
ここを「80点」と定めて他のパターンを採点していきましょう
 
 

回転パターン「水色」:カリ重点攻め:82点

 
 
                   代替テキスト 
 
 
  90度ほど回転したあと逆方向へそれを繰り返すパターン
 
「AVとの連動」ではおなじみの回転パターン
これを「激しく繰り返される」事でなぜか「縦方向のピストン」を錯覚してしまう程に
 

 
 しかし「この回転パターン単体」で見た場合は「緑」「ピンク」には劣るという結論に
「90度の範囲内を高速で往復する」という事で執拗なカリ責め快感と考えれば良ですが「竿部分にも刺激が欲しい!」と考えた場合は少し物足りない挿入感に
 
「もう少し振れ幅が欲しかった」というのも本音
「緑」や「ピンク」の劣化でもいいから「180度:半円」の範囲まで回転してくれれば個人的にはもっと良かったと感じました
 
 

回転パターン「ピンク」:反対方向360度回転!ベスト刺激!:87点

 
 
        代替テキスト 
 
 

 一度360度回り切ったら逆方向へ回転するパターン

次に紹介する「緑」とともに「マイベスト回転パターン」のうちの一つ

何回か回転した後360度逆方向へと回転してくれるパターンであり「単一方向の回転だけ」では味わえない「飽きさせない刺激」が魅力的であり360度回転する事によって竿、亀頭、カリ、まんべんなくホールの構造が「舌を這わせるように」絡みつきます

 もっぱら「イク時」はこの回転パターン、もしくは「緑」でばっかり抜いてます

回転パターン「緑」:徐々に加速しながらの反対方向360度回転!:86点

 
 
         代替テキスト
 
 

 ターンして反回転」は同じですが「徐々に加速していくパターン

 
上記の「ピンク」と似てますが少し違ったパターンでこちらは「同じ速度での回転」ではなく「徐々に加速していく回転」
 
 「ピンク」と同様飽きない回転刺激はそのままに「初動がゆるやか」という事もあり「ホールの構造をじっくり楽しむと同時にイカされそうな強刺激も欲しい!」と言う場合はこちらの回転パターンがオススメ!
 
「ピンク」よりは使用頻度が劣る物のこちらの回転パターンでもよくフィニッシュに使用しています
 
 

回転パターン「黄色」:徐々に加速(単一方向):81点

 
 
          代替テキスト 
 
 

   徐々に加速して一方向に回転→一時停止パターン

 
「白」と同じく「単一方向の回転」かつ「徐々に加速」し「一時停止」するパターン
 
ぶっちゃけ「単一方向の回転」は「白」さえあれば十分なので「この一枠を削って他の回転パターンも欲しかった」というのが本音です
 
 
「回転度:弱」で使う場合は「パターン白の完全下位互換」にしかならないので「回転速度は強め」でプレイして「徐々に強くなる速度を楽しむ」のが良いと思います
 
 

回転パターン「青」:少しの間だけ強く:79点

 
 
 
           代替テキスト
 

   「徐々に加速していって一瞬だけ強く回転する」パターン

 
さきほどと同じ「単一方向」かつ「徐々に加速してく」パターンですが「強めに回転する時間」がほんの一瞬であるため正直使いどころが分からないパターン
完全に「白」や「緑」の劣化だと思いました
 
 

回転パターン「赤」:単一方向、90度だけ戻る:84点

 
 
          代替テキスト 
 
 

  「複数回回転した後90度だけ反対方向に回転」パターン

 
 
 これもベストである「ピンク」と似たような回転パターン
「複数回単一方向へ回転」したあと90度だけ反対方向にギュルッと回転その後また同一方向へ回転
 
途中で「90度だけ」逆回転するので要所要所でカリを攻める刺激感が欲しい時には重宝するパターンですがやはり「ピンク」の使い勝手の良さには負けるといった印象でしょうか
 
 
 

まとめ

 
 
 以上が「7種類あるA10サイクロンSA」回転パターンの解説・総評でした
やはり「逆方向にも撫でてくれる」パターンが使い勝手が良く「緑」「ピンク」のトップ2は揺るぎません
 
 
 スマートフォンアプリを使えばスマホがリモコン化し「わざわざ本体を操作しなくても良い」のでお気に入りのパターンを見つけた後そればかりを往復するのも良いかもしれません
 
 皆様も是非「ベスト回転パターン」を見つけ出して楽しいサイクロンライフを送ってくださいね!
 
 
 


 
価格は税込みであり記事作成当時の物です
 

  今回は【個別オナホレビュー】です。

「A10サイクロンSA」専用ホールをレビューしていきます。
今までは「専用ホール記事+サイクロン感想追記」という形式でしたが、もうすでに「サイクロンの感想は出し尽くした」と言えるのでここでは「購入していなかった残りの専用ホール全て」をレビューするページにしていきます。
2020/07/05 大幅修正作業開始及び専用ホール【ラフ】執筆作業開始


「購入したら追記する」形式ですので全て埋まるには時間がかかります



 現行最新の「サイクロン」単体記事はこちら!




全ての「A10サイクロンSA」専用ホールを解説するページ 




もくじ
「A10サイクロンSA」とは?(もくじを飛ばす場合はこちらをクリックorタップ!)

代替テキスト触手系:メデューサ(本体付属ホール)

代替テキスト縦ヒダ系:マスター
スタンダードな「縦ヒダ」構造は「縦」も「横」も気持ち良い!「マスター」:82点
代替テキスト二つの舌が「長い舌」を演出!口内系:オーラル

代替テキスト「網目系」の肉壁!:グランス

代替テキスト「ねじれ系」イボ構造!:ツイスト
「ねじれ」と「イボのぷちゅぷちゅ感」「ツイスト」:86点
代替テキスト「二穴」という新しいアプローチ:ダブル
「二穴」という新しいアプローチ!「ダブル」:85点
代替テキスト「螺旋」が根元からニョリニョリ撫でる!:スパイラル

代替テキスト波打つ立体感!:シェイプ

代替テキスト「水晶」のような突起の肉壁!:クリスタル

代替テキスト「高刺激」特化!:ボルテックス

代替テキストバンジータッチのモチモチ感!RIDE社とのコラボ:RIDE1

代替テキスト「二つの板」が交互に撫でる!
板状構造の往復ビンタ!?「ダブルフラップ」:84点
代替テキスト「肉厚感」タップリ!:ラフ




「A10サイクロンSA」とは?


 史上初?回転式電動オナホールであり「初代A10サイクロン」は6000円という電動ホールとしてはお手頃な価格で発売されていました。
(現在でも在庫があります)
 こちらも既に「未来」を見据えたデバイスでありながら「音がうるさい」「操作は完全にリモコン任せ」「モーターが低速」という欠点がありました。
そして約5年後、それらの欠点を克服した完全上位機種「A10サイクロンSA」が登場。
「約1/2の静音性」「スマホをコントローラー代わりにすることが出来る」
「モーターがパワーアップ、低速も高速も両方こなす」
さらに目玉としてPC、スマホと連動して回転運動が調節されるという特徴も兼ね備え再び世に出る事になりました。
 そんなA10サイクロンSAから更に4年、一旦「A10サイクロンSA」は販売終了され、新しい規格として(といってもSAとSAプラスにはほとんど差が無い)現行販売されているシリーズが「A10サイクロンSA+PLUS」です。



 今回はその「サイクロン」専用ホールのうち既にレビュー記事が存在する「メデューサ」「マスター」「オーラル」以外をこちらの1本にまとめます。
※2019/08/23 「残り」では無く「所持している全ての」専用ホールの簡易レビューを記載する形式に変更

             代替テキスト
これから紹介する専用ホールは全てこちらのサイトでそろえた物です



規則的な「触手」が回転の度に撫でまわす!「メデューサ」:80点


代替テキスト

こちらは現行タイトルである「A10サイクロンSA+PLUS」に同梱されている付属の専用ホール。「メデューサの髪型のような触手が内部に無数に設置」されており、これが回転する事によってモノ♂を触手がまんべんなく撫でていくという挿入感。


ホール単体で見ると大したモノではありませんが、やはり「回転」することによって本領を発揮する「専用ホール」であるところがポイント大。

「無数の触手にニョロニョロと撫でられていく快感」が心地よく、「専用ホール入門編として申し分なし」な挿入感だと判断したので「基準」として定めやすい「80点」を点けさせていただきました。「ここから」様々な専用ホールを見極めて「マイベスト」を見つけましょう!






スタンダードな「縦ヒダ」構造は「縦」も「横」も気持ち良い!「マスター」:82点



代替テキスト


 かつてはこちらの「マスター」が「プラス」以前の「A10サイクロンSA」に同梱されていました。

ヴァージンループシリーズを彷彿させる「縦ヒダ」構造は「縦方向のピストン機でやるべきだったのでは?」と思われがちですが、これがなかなか心地よい!

「縦ヒダ」がソリソリとモノ♂をねじる様にして撫でてくるのが気持ちよく、さらに「回転式オナホールでも挿入時は本能のままわずかに縦方向に腰を振る」という性質を逆算して作られたのか、「縦」にわずかに動くと、もうイキそう!


ニュルッゾリッと亀頭を撫でられる挿入感に思わず…

個人的に現行付属ホールの「メデューサ」は「旧世代で売れ残った物を同梱しているのでは?」という疑惑があるため、そちらより丁寧なホールとみなして高得点です。





「回転」という性質にマッチ!フェラホール「オーラル」専用ホールで一番!:87点(今までは86点)


A10サイクロンSA専用ホール オーラルアイコン


 こちらは2019/08/23現在、管理人が「専用ホールで一番気持ちよく、一番回転という性質にマッチしている」と評価する「最高評価」である「87点」の専用ホール。

その名称通り「口内」すなわち「フェラ」を意識した造りのこちらのホールは内部に「短い舌」と「長い舌」を配置しており、これが「回転」することにより一本の「長い舌」がねっとりとモノ♂を舐めつくすような挿入感を演出!



 本来「回転」はセックスとして考えた場合は「横刺激」なのでリアルさに欠けますが、「フェラ」として考えた場合は自然な動き。

なので現状「サイクロン専用ホールで最高」という評価は変わらないですね。


その内部構造




         A10サイクロンSA専用ホール オーラル内観

 先ほど言った通り「短い舌」、「長い舌」がそれぞれ独立した単純な形状。
他の専用ホール同様これ単体では「2700円」は高いと断言できますが、なかなかどうして、この「二つの舌を配置しただけ」の構造が「回転」することによって「ねっとりと絡みつく長い舌」を再現!

 単純でショボい構造なのに「回転」させると化けるやられた!と思える構造ですね。意図的にせよ意図的じゃなかったにせよ。

簡易実践



「回転速度:弱」の段階ではまだ「二つの舌」がチロチロ・・・と撫でるだけでまだ「それぞれ別個」の舌に撫でられてる感覚


この時点でもかなり心地よい挿入感ですがね


「回転速度:中」に強めることで「二つの舌」の回転が「一つの長い舌」が絡みつくような錯覚になります

べろりんべろりんと嘗め回す舌を疑似体験しましょう



「回転速度:強」になることで「舌」の淫乱さがアップ!

男のモノ♂をイカせるためのラストスパート!

徹底的に舌を絡ませる高速フェラが味わえます


その射精感、イキ顔


 ばひゅっ!ビュッ!ぴゅっ!ぼぴゅっ!!ビクンビクンッ!








 「射程が長く、勢いが強く」かつ「イった後」もビクンビクンと暴れる
「サイクロン専用ホール」としては珍しく「幸せ射精感」に至れました。






「網目ヒダ」によるゾワゾワと高ぶる挿入感!「グランス」:84点



          A10サイクロンSA専用ホール グランスアイコン



 先に紹介した「メデューサ」「マスター」「オーラル」と比べると「網目状のヒダが内壁に刻まれている」という「大人しい構造」ですが「地味」というわけではなく丁寧な造りといった印象。


 「モノ♂を挿入する深度」によって刺激が異なり他の専用ホールに比べるとこれといった特徴は無いですが「まったり」かつ確実に徐々に快感を高めていく構造。

 「メデューサ」より点数は高いとみて「84点」を点けました。







その内部構造


       A10サイクロンSA専用ホール グランス内観  


 「グランス」の内観。この網目状のヒダ壁が「回転」をともなってあなたのモノ♂をじっくり嘗め回します。今までレビューした専用ホールと比べて「自然な挿入感」であり「様々な刺激が味わえる」専用ホールと言えます。

簡易実践



【回転速度:弱】の時点でも「網目状に刻まれたヒダ」が刺激は弱いながらも、的確に亀頭を攻めてきて「モノ♂を徐々に高ぶらせている」のを感じます。


【回転速度:中】ではきっちりと「細いヒダ」ながら、モノ♂にしっかり絡まる【快感刺激プレイ】。「まだまだイかずに楽しみたい」場合はここで留めておきましょう


【回転速度:強】にすると「網目状のヒダ」が「刻印」の勢いで絡んできます。
痕が残りそうな勢いで「回転」させながら「縦方向のストローク」の補助を行うと「蜘蛛の巣状のヒダ」がランダムに絡んでくるような乱雑感!

 終始飽きることなく「刺激感」が変わって貴方のモノ♂をイかせにきます





総評:84点



 何度か使用して気付いた標準付属ホール「メデューサ」との違い構造が「突出した物」ではなく「壁側に刻まれたモノ」であるので「縦方向のストロークしやすい」事


 基本「回転」ホールなので「縦方向の刺激の補助」を加える事は邪道ですがこのホールに限っては「入口」「中央」「最奥」で感覚が変わるので推奨したい。


 「入口」はモノ♂と構造の隙間が大きいので本当に「徐々に」快感を高めていく程度の刺激

 「中央」は「国境」というべき「入口」と「最奥」を繋ぐ通路がありここに「キュッ」と亀頭を挟むのが至高の快感

 「最奥」は先ほども申し上げた通り「網目状のヒダ」が亀頭に跡をつける勢いで絡みつく「蜘蛛の巣」エリア

 どのエリアで射精するかは人それぞれの好みですが私はやはり王道を行く「最奥」エリアが至高だと断言できます




「ねじれ」と「イボのぷちゅぷちゅ感」「ツイスト」:86点



A10サイクロンSA専用ホール ツイストアイコン 


 先に紹介した「グランス」に比べると「壁側に構造がある」ものではなく、それなりに肉が詰まった「無次元加工」構造。


 「ピストン式」ならともかく、「回転式」で「肉が詰まったホール」を使うとなると「モノ♂がねじれるのでは無いか?」という心配もありましたがこれが相当気持ちいい!


「モノ♂とホールとの密着感」においてはここまでレビューしてきた「専用ホール」の中でも群を抜いており、「ぷちゅぷちゅ」とイボに押されながらソリソリと回転していき「密着的摩擦」でモノ♂をイカせにくる。


 自分から多少動いて「縦方向の刺激」を加えるとさらに「奥へ奥へと掘り進み、吸い込まれていく」という挿入感もくわわり快感は絶頂へと!

 「グランス」よりも良い専用ホールだと判定したので少しだけ高い「86点」です。
とはいえ多少「ねじり」が発生するのでローションは多めに使いましょうね。

その内部構造

       A10サイクロンSA専用ホール ツイスト内観


 本来なら「縦方向」で楽しむべき「無次元加工」ともいうべき構造ですが果たしてその実力は…


簡易実践


【回転速度:弱】の時点では「キツさ」は控えめ構造の詳細を感じるならこの速度が良いですね。イボがぷちゅぷちゅと回転しながら少しだけモノ♂をねじるので心地よさではこの速度が一番です。



【回転速度:中】になると「ねじり」が露になるので、この時点で「痛い」と感じるならローションが足りていない証拠なので継ぎ足してください。

 この速度になると肉壁が密着して「狭さ」や「キツさ」を伴いながらゴリゴリとモノ♂を削ります
「イボの触感」は弱速度よりも薄れますが刺激感がアップします。


【回転速度:強】になることでモノ♂とホールが完全密着!
ぎゅるぎゅると回りながらイボ、ヒダの摩擦で「イカせにきている」事を感じます。


腰を動かして「縦方向の刺激」を加えるのならこの速度がオススメ。
「狭さ」「イボ、ヒダの回転刺激」「奥を掘り進む挿入感」が相まってあなたに極上の射精をもたらします。



総評:86点



 ローションを多めに使用することで「回転によるねじれ」を緩和させ「密着するイボ」でゴリゴリ削られる挿入感が魅力の専用ホール。


「縦方向のストローク」による快感も魅力的であり、「専用ホール」として申し分ない気持ちよさという事で大絶賛した「オーラル」と同じ「86点」を点けさせていただきました。






「二穴」という新しいアプローチ!「ダブル」:85点


A10サイクロンSA専用ホール ダブル




その内部構造



A10サイクロンSA専用ホール ダブル内観


 なんと上下で二つの穴があるまさしく「ダブル」な仕様
どちらかに狙って挿入するのは根気が要りますが「一粒で二度おいしい」という奴ですね


 今回実践するのは「イボ側」です


簡易実践


【回転速度:弱】の時はイボ構造がぷちゅぷちゅとモノ♂を押し当ててきっちりと「構造による刺激」を与えてくれます


【回転速度:中】になるとイボの一つ一つがモノ♂を削り取る様な「高刺激快感」へと変化
特に問題なければ次の「回転速度:強」にせずとも十分射精できる快感力ですね


【回転速度:強】にするともはやイボ感がわからなくなるほど過剰に「擦って擦って」な刺激感になり「絶頂」しやすくなります

「回転速度:中」でもなかなかイケない人はこちらがオススメです

 同じイボ構造の上記の「ツイスト」と比べた場合は「ねじれ」が発生しない分使いやすいといった印象


 もう一つの穴「ヒダ構造」の方は「摩擦感」が強く、イボ構造と比べると「内部構造がわかりにくい」という点もありますが刺激感は上
 総じてどちらの構造もそこそこ楽しめ、絶頂に至れる高レベルホールなため「85点」を点けさせていただきました





その名の通りの「スパイラル構造」でニョリニョリ根元から吸い付く!「スパイラル」:85点


A10サイクロンSA専用ホール スパイラル


 「スパイラル構造」というと「温泉欲情」のような「複雑に絡み合った多方向からの肉壁」というのを思い浮かべますが、こちらは「容量も限られているサイクロン専用ホール」という事で「非常にシンプルな渦巻き構造」



 かといって「性能が劣る」という訳では無く、やはり「回転」という構造に非常に相性がいい「渦巻き」「スパイラル構造」がギュルギュルと電動してまとわりつくたびにニュルニュルとモノ♂を削る様に快感刺激を与える!

こちらもかつての大絶賛専用ホール「オーラル」(86点)とともに「サイクロンでプレイする事に意義がある」有力専用ホール候補の一つとしてこの高得点を点けさせていただきました


専用ホール「スパイラル」:その内部構造


A10サイクロンSA専用ホール スパイラル内観

 先述した通り「コンパクトかつシンプルなスパイラル構造」
これが「A10サイクロンSA」の電動によって回転されねじれることで「渦巻き方向の絡みつき」および「逆回転のひねり」どちらも気持ちよくプレイできるようになっています


簡易実践


【回転速度:弱】の時点ではクッキリと内部構造のヒダ感を感じる事ができるといった印象
「渦巻き」のようにニュルニュルとモノ♂が飲み込まれていき、「根元から吸われている」かのような心地よさを感じます


【回転速度:中】になることでさらに「ひねり」「ねじり」が加わり、「欲しがりさんの淫乱マ〇コ」を演出!?

「構造をじっくり噛みしめる快感」と「自動でイカされる快感」がバランスよく取り入れられた回転速度であり大半の人は「強」にするまでもなく、この速度で満足してフィニッシュするでしょう



【回転速度:強】になることで「ホールの構造」わ分かりにくくなりますが、「竿がねじれるほどの回転力」が加わり元々の「台風の目の様なスパイラル構造」も相まってギュルギュルと根元から一滴残らず吸い取られるような搾取感が味わえます

 ほとんどの人が「中速度」までで十分射精できるほどの快感力を得れますが、それでも物足りない人にこちらの「速度:強」をオススメしたいですね



構造の立体感が「波」を演出!「シェイプ」:84点


サイクロン専用ホール「シェイプ」個別オナホレビュー記事アイコン


 波打つように緩急差がある内部が「立体感」を演出してポコポコと刺激を与えながらねじれる一品。かなりの良作ですが一番評価している「オーラル」程のインパクトはないと考えてこの採点ですね。


その内部構造



サイクロン専用ホールシェイプ断面図


簡易実践


【回転速度:弱】では他のホールでの弱速度体験と同じく、「ホール全体の構造」を味わえる挿入感です。

波打つ構造が「立体感」を演出し、ポコポコとモノ♂に押し付けて刺激感を与えます。


【回転速度:中】にすることで「立体感」による「モノ♂の削り」は威力を増します。
緩急付けてコリコリと撫でられる事で普通のプレイでは味わえない快感が襲います


【回転速度:強】にすることで「高刺激快感の荒波」へと変化する【シェイプ】
最奥になるにつれ「徐々に狭くなる構造」も相まって亀頭がゴリゴリいじめられ、あっけなくフィニッシュします。


肉壁に敷き詰められる快感の水晶!「クリスタル」:85点






 こちらは「クリスタル」というタイトルですが、どちらかというと「タイル張り」と言える内面のイボ構造。

よくよく目を凝らすとこららの構造が三角形に突出して「クリスタル」だとわかります。
「回転」することでこれらの内壁に張られた「クリスタル」がぷちゅぷちゅと擦れて良い感じに気持ちよくなれますが、「オーラル」や「メデューサ」などの専用ホールと比べると「生物っぽさ」よりも「無機物っぽさ」が目立つ挿入感。

他の「有機的な挿入感」の専用ホールとは相互互換なので他のホールとどちらが良いかはきちんと自分の息子と相談しましょう。

採点的には「オーラルより少し低め」と考えて「85点」が妥当だと判断しました。

クリスタル:その内部構造


A10サイクロンSA+PLUS専用ホールクリスタル内観

 先ほども述べた通り、「タイル状」に敷き詰められた突起構造がぷちゅぷちゅと回転しながらあなたのモノ♂を撫でまわす挿入感。

整列された裏切りの無い快感ですが、「構造の数で勝負」と言った所でしょうか。


クリスタル:簡易実践



【回転速度:弱】の時点では「タイル状」のピラミッドたちがチクチクプチュプチュとモノ♂に刺激を与えてくる挿入感。一番「立体感」が分かるのがこの速度ですね。


【回転速度:中】ではこの「ぷちゅぷちゅ感」が少しずつ絶頂まで高めてきます。
身体がピクピクと飛び跳ね気味にけいれんするように快感がだんだんと積み重なります。


【回転速度:強】でこのピラミッドの先端が容赦なくあなたのモノ♂を削り取るがごとく高刺激快感を与えます。自らも「縦」方向に少しストロークして動くことで、最奥の大き目のピラミッドが鈴口にぷちゅっと触れてさらなる「射精感」を引き出します。


高刺激イボ構造!「ボルテックス」:86点




 「サイクロン専用ホール」内でのマイベストである「オーラル(87点)」に迫る勢いのこちらの「ボルテックス」

上記の「クリスタル」が無機物系の刺激だっただけにこちらの「イボやヒダがひしめく有機的な構造」がより引き立って感じられました。

構造も狭い感じで詰まっており、ぷちゅぷちゅとイボが押し当てられミチミチと高刺激快感を与えてくれるこちらは「サイクロン専用ホール」の中でも上位組に入ると判断します。


ボルテックス:その内部構造

A10サイクロンSA専用ホールボルテックス内観


 先ほども言った通り「クリスタル」と比べると非常に「生物感」がある内観。
個人的には挿入時にカリ部分にぷちゅっと突き刺さる地点がかなり良いアクセントと言えます。


ボルテックス:簡易実践



 【回転速度:弱】の時点でも構造が詰まっているので密着感は抜群!
さらに上述の通り「カリに刺さっている部分」のぷちゅ感がたまらなく良く、亀頭を中心にギュルギュルぷちゅぷちゅと回転する事で削られていきます。

他の専用ホール同様、この「速度弱」の時点が一番「ホールの立体感」を感じられますね。


 【回転速度:中】になることで「ねじれ」を伴った高刺激快感へと変化。
カリの部分を中心にギュルギュルと撫でられて思わず腰が浮きそうになります。

 【回転速度:強】になることでカリへの摩擦とモノ♂のねじり、ぷちゅぷちゅと密着するイボ達が容赦なくモノ♂を削り、あなたを絶頂へと導きます。

肉が詰まった構造なので「縦方向」の刺激もたまらなく良く、自ら動くことであっけなく暴発してしまう程の高刺激快感に身がヨガる事間違いなし!




RIDE社とのコラボ商品!「ライドⅠ」:86点




 こちらはその名の通り「ヴァージンループシリーズ」でおなじみの「RIDE社」とのコラボ商品。「ライドⅠ」と言う事は今後「ライドⅡ、Ⅲ」と展開していくのでしょうか

見た目もピンクと言う事でいつものサイクロン専用ホールの素材では無くRIDE社の「バンジータッチ製」となっております。

「初代ヴァージンループ」が「A10サイクロンSA」および「A10ピストンSA」「NLSピストン」に互換できるゆえにわざわざ「このホールを買う意味はあるのか」という疑問はありますが、「正式なコラボホール」である事と「正常な使い方」でRIDE社製ホールが出たという事に意味はあるでしょう。


 肝心の挿入感はと言うと「ミミズヒダ」やイボなどのスタンダードな構造で「ヴァージンループシリーズ」というよりはRIDE社製の「低価格帯ホール」のような構造

代替テキスト

「回転」してしまうと構造がすこしボヤけてしまいますが、「バンジータッチ製」である事でいつもの「サイクロン専用ホール」よりも「なめらかな触感」である事に価値はあります。

「初代ヴァージンループ」をねじ込んで楽しむのも良いですが、こちらは「正式なコラボ商品」である事でより「本来の使用方法ではない事で生じる不具合」の発生率を減らせるというメリットがあります。


ライドⅠ:簡易実践



 【回転速度:弱】では他の専用ホールと同じく「一番立体感を味わえる速度」
らせん状に最奥へと導くミミズヒダがニョリニョリと亀頭を撫でてきて「単純な物ではない」飽きがこない挿入感を味わえます。


 【回転速度:中】になることで「ねじれ」を伴った高刺激快感へと変化。
「らせん状のミミズヒダ」がしつように亀頭を責めてきます。

 【回転速度:強】になることで一気に摩擦力がアップして構造の立体感は薄れる物の、亀頭を徹底的に攻めて「即イキ」させてくる挿入感に。

「らせん状のミミズヒダ」が熱を帯びる勢いで亀頭を擦ります。


板状構造の往復ビンタ!?「ダブルフラップ」:84点





 こちらの「ダブルフラップ」はその名称通りに「二枚の板」が交互にモノ♂を撫でまわす特異な仕様。

代替テキスト



単体だとどうってことない構造ですが、これが「回転」することによって二枚の板がペチペチとモノ♂を撫でてきます。

同じく「単純な二つの構造が回転することによって化ける」タイプの【オーラル】と似ていますがこちらはより簡素でよりスタンダードな快感というホールですね。

交互に板がモノ♂をペシペシかつニュルニュルと当たってきて終始「撫でられている」様な挿入快感を味わえますが絡みつく舌を再現した「オーラル」ほどの感動は無いといった印象。


 回転パターンを「往復回転」にした場合

ちん〇を往復ビンタされているかのような面白い挿入感を味わえますよ。



「キツさ」と「肉厚さ」!「ラフ」:85点




 こちらの「ラフ」はかなりキツキツに内部が詰まった、専用ホールの中では「肉厚」と感じる一品。

代替テキスト

「サイクロン専用ホール」は「内部のスペースに余白がある」物が多いのですが、こちらは「手に取った瞬間」からわかる「ずっしりとした質感」

さらに上記の写真の「隆起した丘」ともいえるゾーンが「回転」を伴う事でより密着し、あなたのモノ♂を容赦なくねじる様に絡みつく!

イボのぷちゅぷちゅ感がキュッ♪と密着してくるその肉厚かつキツキツな挿入感は同じ値段の他専用ホールよりオトクに感じるかも!?

しっかり勃起してないと弾きだされそうなほどの密着感なので事故にはご注意。


 他の専用ホールには無いこの「肉厚感」「密着感」が評価されたので現状NO1の専用ホール「オーラル」(87点)に迫る「85点」という高得点です。




「サイクロン専用ホール」販売サイトリンク





 

サイクロン専用ホール「オーラル」簡易総評:86点


 今回は【個別オナホレビュー】です。

 
「電動オナホール」である「A10サイクロンSA」のレビュー+おまけとして専用ホールのレビューもちょこっとする方式でやってきましたが、今回は「何気なく買った専用ホールがかなり良い物だったので」優先度逆転。
 
「専用ホールオーラル」のすばらしさをレビューしていくとともに改めて「A10サイクロンSA」の感想をちょっとだけ追記していきます。
 
 
 
 
          
 
 代替テキスト 
  

詳しいレビュー文は追記文で!
 
 
 今までは「A10サイクロンSA」、「A10ピストンSA」の専用ホール共に「専用ホールである事に価値があるだけで他にもっと気持ちいいホールがある」という評価でしたが、こちらの「オーラル」に限っては別。
 「専用ホールである事以外は素材も内部構造もショボい」という感想は変わりませんが「オーラル」はその名の通り「口内」を簡易的に再現したつくりであり。
 
         代替テキスト  
 
 「短い舌」と「長い舌」の2つが存在する構造で「実在しそうな口内」ではありませんがこれが「回転」することでねっとりとモノ♂に一本の長い舌を絡ませるいやらしいフェラを再現!

 
 
 「A10サイクロンSA」を初めて使用した際「膣内と言うよりはフェラ的快感だな」と感じましたがそういう意味で言うとこちらの「オーラル」はまさしく
 
「回転」という仕様に相性最高、再現率最高のホールと断言します。
 
まだ3つしか専用ホールを所持していない管理人ですが現時点で「専用ホールの中で一番気持ちいいし用途に合っている」と思いました。
 
これから「A10サイクロンSA」と専用ホール同時購入を考えている人に断然オススメしたい一品ですね。
 

 

 

サイクロン専用「オーラル」:「長い舌」が巻き付く仕様に思わず・・・ +A10サイクロンSA本体感想追記その3 【電動オナホレビュー】

 
 
 

「A10サイクロンSA」簡易紹介

 
 
 
 
 中高生の頃男子なら誰もが少しは考えたであろう「扇風機にオナホをハメて回転させたら気持ち良いんだろうな」という妄想
 
それを実現?させた「オナホを回転させることが出来る電動機」であり類似他社商品と比べると「モーターから見直し」をして「おもちゃ」ではなく「家電」レベルまでクオリティを昇華
 
 こちらの前身ホールである「A10サイクロン」と比べて静音性の強化電池式では無く充電式さらにはアダルトビデオとの連動など「強化に強化」を重ねて世に出たのが「A10サイクロンSA」。2014年発売から売れまくった本作は2018年を持って一旦販売終了
 
 2018年夏、マイナーチェンジ版「A10サイクロン+PLUS(プラス)」として再びリリースされさらなる新規購入層を巻き込んで発展していく本作
 
専用ホール、対応アダルトビデオもどんどん増え続け兄弟機(姉妹機?)である「A10ピストンSA」と共にまだまだ目が離せないもはや「オナホールの一タイトル」ではなく「一大コンテンツ」と言えます
 
 「A10ピストンSA」と比べると値段的にも手軽で手に取りやすく対応動画との連動も環境が整っており在庫も定期的に確保してくれています
「完成されたコンテンツ」であるがゆえの「安心感」が持てる電動ホールです
 
 
 
 
 
 
 

当ブログでの専用ホールの扱い

 
 こちらの「オーラル」を購入する前の専用ホールの評価は低めでした
 
私が今他に所持しているのは本体に付属していた「メデューサ」とその後に購入した「マスター」ですが(上述の2つのレビュー記事にこちらのホールのレビューもおまけとして書いてます)
 
それぞれ「税込み2700円相当の造り込みでは無い」「専用ホールである事だけに価値がある」「まだ名前がありません」等を互換しようと思えば出来ないことは無い(そしてこちらの方がやはり気持ちいい)と評価してきました
 
 しかし「他社ホールとの互換」は「モノ♂をハメるのに苦労する」「回転という特性に最適なホールでは無い」と言った点もあります
なので「使いやすさ」においては専用ホールの方が上なので「使えない」事は無く良質な商品として成立する「80点台」を点けました
 

 
 
 ※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 




 

「オーラル」内部紹介

 
 
         代替テキスト
 
 先ほど言った通り「短い舌」、「長い舌」がそれぞれ独立した単純な形状
他の専用ホール同様これ単体では「2700円」は高いと断言できますが
なかなかどうして、この「二つの舌を配置しただけ」の構造が「回転」することによって「ねっとりと絡みつく長い舌」を再現!
 
 
 単純でショボい構造なのに「回転」させると化けるやられた!と思える構造ですね。意図的にせよ意図的じゃなかったにせよ
 
 

その挿入感

 
 当然の事ながら「そのまま使う」のではなく「A10サイクロンSA」による「回転中」の挿入感でお話しします
 
 

回転速度:弱

 
代替テキスト
 
 「回転速度:弱」の段階ではまだ「二つの舌」がチロチロ・・・と撫でるだけでまだ「それぞれ別個」の舌に撫でられてる感覚
 
この時点でもかなり心地よい挿入感ですがね
 
 

回転速度:中

 
 
        代替テキスト
 
 
 「回転速度:中」に強めることで「二つの舌」の回転が「一つの長い舌」が絡みつくような錯覚になります
 
べろりんべろりんと嘗め回す舌を疑似体験しましょう
 
 

回転速度:強

代替テキスト
 
 
「回転速度:強」になることで「舌」の淫乱さがアップ!

男のモノ♂をイカせるためのラストスパート!

徹底的に舌を絡ませる高速フェラが味わえます
 
 

その射精感、イキ顔

 

    ばひゅっ!ビュッ!ぴゅっ!ぼぴゅっ!!ビクンビクンッ!!

 
 
 
 
 
 「射程が長く、勢いが強く」かつ「イった後」もビクンビクンと暴れる
「サイクロン専用ホール」としては珍しく「幸せ射精感」に至れました
 
 

総評:86点

 
 
 やはり「舌」的コンセプトが「回転」という動きに非常にマッチした一品であり
 
「専用ホールを使う場合、第一候補になるホール」という評価は変わりません
 
今所持している3つの専用ホールの中でダントツ快感力一位ですね
 
 「一方向に一方的に回り続ける」基本パターンの「白」の回転よりも「一方向に回転した後逆方向へと回る【緑】または【桃】」の回転がかなり気持ち良いですね
 

 あなたのモノ♂を根元からねぶる「いやらしすぎるフェラ」が実演されますよ

 
 

 
 

本体「A10サイクロンSA」感想追記その3

 
 
 本体である「A10サイクロンSA」の感想その3です
 
今も現役で「各種のオナホプレイスタイル」のサイクルに組み込まれて文字通り「回転」し続けている「A10サイクロンSA」本体ですが
「購入当時」は「腰振り」の「縦方向」の刺激に慣れすぎて「回転ではなかなかイケないな」というが率直な感想でした
 
 今でも若干「縦方向」の刺激を補助しているものの「使用すればするほど回転という刺激に身体が順応してくる」という素敵な現状に
 
今では「回転」してオナホの構造がモノ♂を撫でるだけで「ふぉぉおおおおお」と声を上げそうになるほどヨガれる身体に!
 
 加えてこちらの「オーラル」のような「専用ホールの中でも光る物」があるので「これからも展開が期待できるコンテンツ」です
 
 
 より高価かつ最新技術が詰まった「ピストン機」である「A10ピストンSA」と比べると「動画連動」も安定して出来るし何よりもコスパが良い
 
 「完成したコンテンツ」という安定性では「ピストン」より上であり多数のレビュワーが「高評価」をつけているタイトルであるため「これから電動オナホールの世界に飛び込んでみる」と言う方に断然オススメできるタイトルでございます
 
 
 安さに釣られて「5000円~10000円」あたりの類似品を買うくらいならなんとか「2万円」をねん出してこちらを購入した方が断然「良い買い物」だと断言します
 

 「回転」という横方向の刺激であるにもかかわらずAV連動して「激しく振動する」と「相手女優が本当に腰を振っている様な錯覚」を楽しめます
 

未来は明るいですよ


 
 

 

AV連動の感想追記

 
 
 こちらの【A10サイクロンSA】の目玉的特徴としてやはり「AVとの連動」が挙げられます
 
これはどういう機能かと端的に言いますと「特定のサイトで購入したVRのAV」に「ビデオ内の女優の動きに合わせてサイクロンが回転する信号を発する物」が存在するというもの
 
 
 その「シンクロ率」はすばらしく「女優がモノ♂に触れていない時」はやさしく「接触」したり「腰を振る」などをしたときは「激しく回転」などを使い分けることで(それをほぼタイムラグ無しで連動させることにより)目の前の女性と本当にプレイしている!という錯覚を感じます
 
 
 「誰しもが理想の相手とノーリスクローコストでヴァーチャルセックスできる!」という「映画等でしか存在しない近未来」に触れられる素晴らしい機能でございますが「苦言」も一言だけ
 

 「どのビデオがサイクロンと連動しているか分かり辛い!」


 
 
 現状「サイクロンとの連動」ができるVR動画を売っているのは「アダルトフェスタ」だけですが
 
表記が色々ありすぎて「どれが対応しているか」「どれが非対応か」が分かりづらい!
 
 
 「通常版」と高画質版の「匠」の2つのバージョンがあるビデオがあるのですが
管理人が良かれと思って買った高価な方の「匠」版のほうが「非対応」だったり
 
 
 
 「A10サイクロンSA」に対応しているかどうか「だけ」を知りたいのに
【+1D非対応作品】 
機器連動信号、スマート再生、チャプター等の+1Dには非対応です
 
と他の連動機器と一緒の表記をされて省略されたり
 
 
 誤クリック、誤購入を促したいのかは知りませんが「ハッキリと」「ビデオの詳細ページごとに」「〇〇(商品名)との連動に対応している/していない」を明記して頂きたいです
 
 
 まだまだこういう「罠」はありそうですが現時点で管理人の経験則で「きちんとA10サイクロンSAとの連動動画」を購入するには
 

①:きちんと「対応」の表記があるビデオを選ぶ
 
【+1D非対応作品】 

機器連動信号、スマート再生、チャプター等の+1Dには非対応です

と表記されて「いない」タイトルを選ぶ
 
 
③:「通常版」と「匠」がある商品ならば「通常版」を選ぶ
 

 
 
 単純に「サイクロン対応商品を買いたいだけ」なのにちょっとしたダンジョン気分で挑まなければなりません
 

 

専用ホール史上最高に「回転」とマッチする「オーラル」及び「未来のデバイス:A10サイクロンSA plus(プラス)」は下記商品ページリンクから!

 
 






 
 ※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 
 
 「専用スタンド」を使ってハンズフリーでプレイしよう!
 
 
 ※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 
以下余白
 
 

もくじ



以下余白



 
 

もくじ

関連記事