今回は【個別オナホレビュー】です。
マジックアイズ社から発売されている「歯の付いたオナホール」シリーズである「真実の口」から新規タイトル「真実の口 ぺろりん 喉輪締めハードタイプ」をレビューしていきます。






簡易総評:89点

詳しいレビューは追記文で!

ぺろりんハード小

 通常版の「真実の口ぺろりん」よりも「刺激感」や「吸引力」がアップした「硬素材」の一品であり「ぺろりん」の個性が引き出されたタイトル。

結構「器用貧乏」寄りだった「ぺろりん」とくらべてしっかりと「個性化」や初代真実の口との「差別化」もしっかりされていて「こちらが決定版」と言える造りになったのではないでしょうか。


ぺろりんハード締め

前作からの共通の長所である「中央部分でキュッと締め上げるのど輪締め構造」「硬めの内部素材」になったことによりさらに刺激感がアップ!

逆に言えば「リアルな口内感」は薄れてしまいましたが、初代との差別化を考えた場合はこの方向に振り切れるのは正解と言えます。


 従来通りの「フェラホール」として見た場合は初代「真実の口」よりも挿入口が狭く、「口をすぼめて思い切り吸引されている感」が出ています。

「歯が擦れる感触」も本来なら「下手なフェラ」と捉えがちですが、この「真実の口シリーズ」に関してはそれが「より口内を感じやすくなる効果」として作用しています。

初代「真実の口」との差別化や前作の「真実の口ぺろりん」の器用貧乏感が改善されたことを含めて前作の「ぺろりん」(88点)よりも1点高い「89点」を点けさせていただきました。

以下追記文

真実の口 ぺろりん 喉輪締めハードタイプ:硬い素材になったことで「キツめのフェラ感」がアップ!前作より特徴がハッキリとした一品!【個別オナホレビュー】


ぺろりんハード大

もくじ

【真実の口シリーズ】とは?



代替テキスト代替テキスト

 本来なら「下手なフェラ」の象徴である「歯が当たる感触」を敢えてギミックに組み込むことで「歯が擦れる感触があるから本当にフェラされているような錯覚を感じる!」という作用を生み出し、唯一無二のフェラホールとして知名度を確立したシリーズ。

「樹脂製の歯」がかすかに触れるのが上手なフェラホールより「リアル口内」を感じやすい!?

「快感力」や「快適性」も重要ですがフェラホールに関しては「より深く疑似体験できる」方が男性は喜ぶ!?

これ以降他のオナホメーカーも「歯が付いたオナホール」を真似し始めたのは言うまでも有りません。


 「フェラホールに手を出してみたいけどどれを選んだらいいかわからない!」と言う方に「とりあえず初代真実の口を買っておけ」とススメられるスタンダードなオナホールです。

皆様も「歯が当たりながらも一生懸命気持ちよくさせようとしている彼女」を疑似体験いたしましょう!

ちなみに読み方は「しんじつのくち」では無く「まみのくち」

パッケージの女の子「まみちゃん」のオクチというコンセプトらしいです


前作「真実の口ぺろりん」とは?


代替テキスト

 その名の通り「初代真実の口」と比べて「舌が外部にぺろりんと露出した構造」になっている真実の口シリーズの派生タイトル。

さらに初代との差別化として「ボディはずん銅」かつ「中央部分にのど輪締めと呼ばれるキュッとモノ♂を締める構造がある」



この2つの特徴により「初代よりもちょっと慣れたフェラ」かつ「フェラに慣れた女の子がのど輪締めに挑戦している」という挿入感を実現。

「初代よりも高刺激な挿入感」が魅力的なタイトルでしたが、そこまで特徴が強調されているわけではない「器用貧乏感」があったため初代(89点)を超えない「88点」という判定になったホール。

今回「硬素材化」したことでこの「のど輪締めの刺激感」が強調されてやっと「完成」にいたったタイトルだと捉えております。


前作「ぺろりん」のレビュー記事はこちら!

真実の口ぺろりん 喉輪締めハードタイプ:その外観、内観、触感


その外観


ぺろりんハード外観


 いつも通り「17ボルドー」との外観比較。
平均よりすこし短いですが、その分ずん胴かつ横方向には肉厚ですね。

その触感


ぺろりんハード触感

「伸び」「しなり」ともにあまり発生しない「硬素材」ホール

その内観


ぺろりんハード内観


「初代真実の口」はもちろん、前作「ぺろりん」よりも高刺激が期待できそうな内観。
果たしてその挿入感は?


真実の口ぺろりん 喉輪締めハードタイプ:その挿入感


入口部分


ぺろりんハード入口代替テキスト

「前作ぺろりんよりザラつく肉厚な舌ッ!高刺激良フェラホールの予感ッ!!」



 【入口部分】は【真実の口シリーズ】特有の「歯の触感」が当たるエリアであり、「ぺろりん」特有の「外部まで露出した舌」が待ち構えるエリアです。

前作の「ぺろりん」よりも硬い素材でザラザラと撫でる舌が「高刺激に特化した完成型ぺろりん」としての実力の高さを予想できます。

中央部分


ぺろりんハード中央代替テキスト

「キュッと締まる中央部ッ!!一番気持ちよく締め付けられる部分ッ!!」



 【中央部分】は「ぺろりん」ではおなじみの「のど輪締め構造」
キュッと喉奥で締められている様な触感がたまらなく良いです。

素材が硬くなって心なしかこのエリアの刺激感もマシマシになった気がします。

最奥部分


ぺろりんハード最奥代替テキスト

「あああっ亀頭が締まるっ喉奥の壁が密着して…イ、イグウ!!」



 【最奥部分】は徐々に穴が小さくなり、閉じていく「消失点構造」
根元にはしっかりと「のど輪締め」による強烈な吸引のアクセントが絡みつき、容赦のないバキュームフェラが楽しめます。


引き抜いた時


ぺろりんハード引き抜き代替テキスト

「亀頭を撫でる肉壁と擦れる歯ッ!逆方向へと流れる挿入時とは異なる快感ッ!!」



 【引き抜いた時】は肉壁が亀頭を撫でながら、入口部分の「歯」が竿♂を撫でてカリの部分に「カッ」と触感のアクセント!

オナホ内部と歯の立体感を一番味わえる地点であり、口の中に入れている錯覚を感じやすい部分です。


その射精感、イキ顔


あいうえお

真実の口 ぺろりん 喉輪締めハードタイプ:まとめ


ぺろりんハードまとめ代替テキスト


 ここが良し!
  • 「初代ぺろりん」よりも刺激感がアップして「完成形」に近づいた!

  • 相変わらずの中央部分のキュッとした吸引力!

  • 歯が擦れる感触が「リアル口内」を錯覚させる!


 ここがイマイチ!
  • 総合力および「初めて購入する真実の口」としては「初代真実の口」が優れている。



あいうえお
関連記事