今回は【用語解説】です。
以前「メーカーごとの個別解説記事」を書いたのですがアクセスを得られなかったのでリベンジコンテンツとも言えますね。

「オナホメーカーごとの特徴や傾向」を解説していきます。
以前書いた記事は「メーカー一つ一つを一つの記事で解説」していたのですが今回は複数のメーカーの説明をまとめています。

※すべて個人的見解なので間違った解釈があった場合ごめんなさい


もくじ


オナホメーカー「NLSオリジナル」解説



名無しアイコン装飾

 管理人:神楽ちんずりのマイベストホール「まだ名前がありません」や据え置きオナホールの有力候補「ガールフレンド第3章」などを送り出してきたメーカー謙通販サイト。


自社ブランドの他上述の「まだ名前がありません」はトイズハートとの共同開発。

「ポクのおなぺっと」(濁点では無く半濁点)というMATE社とのコラボ商品「NR」というRIDE社とのコラボ商品など大手オナホメーカーとのコラボ商品も充実しています。



管理人:神楽ちんずりは上記の「まだ名前がありません」がたいそうお気に入りで「何度も何度も買い直す」ほどハマっており「いつか再購入する際に貯めたポイントで割り引く」ためにも「通販サイトのNLS一本化」を提案させていただいています。


「NLSオリジナル」の傾向




 実用性:A


通販サイトが提供するオリジナル商品という事で実用性抜群のホールが多め


 技術力:B


後述のマジックアイズと比べるとそこまで技術を駆使した複雑なホールというのは存在しない


 価格設定:A


サイトオリジナルのためか同サイトで販売している他メーカーのホールの設定価格よりコスパが良いと感じる(当社比)


 有名・有用なホールの多さ:A


オナホールに限らず、ローションや「ウレタンヒップ」なども含めてこのブランドで一通りそろえても断然大丈夫なほど有用な商品が多い。


 素材の質感:B+


「まだ名前がありません」に使用している素材はA判定、「ガールフレンド第3章」に使用している素材は「B判定」の中間を採ってこの評価


 初心者オススメ度:A

サイト自身が制作に関わっているので多く買ってもらうためか冒険した商品は少なめ。「はじめて」や初心者の方もこのブランドで統一してもオナホールデビューに差し支えないでしょう




 さまざまな企業とコラボや共同開発を行っているためハッキリとした「傾向」は断言できません。

ですが「19年」という歳月から蓄積された「ユーザーが求める物」をキッチリ分かっている感じですね。良く言えば「万人受け」悪く言えば「コア層向けのグッズは少ない」と言った感じに。

ローション部門においても「ペペローション」と同じような万人受けしやすい使用感の「Peace's(ピーシーズ)」というオリジナル商品を出しており

「オナホールを初めて購入する」場合は「メンテナンス商品やローションを含めて全部NLSオリジナルでそろえても良いんじゃないか」と思える程「多くのユーザーにマッチした」オリジナルグッズをそろえている、と言えます。


「NLSオリジナル」の代表的なホール


「まだ名前がありません」




 こちらはこのブログで何度も何度も特集記事を組んできた「ブログの代名詞」ともいえる神楽ちんずりのマイベストホール。

ニュルニュルと絡みつくスタンダードな構造がまさに「人工マ〇コ」ともいうべき挿入感を生み出し、何度もストロークを重ねていくうちに「クセになり離れられなくなる」一品。

毎日プレイしても飽きないと管理人は感じております。


高刺激・非実在グロ系ホールが氾濫する現在「見直されるべき構造」と言えるホールですね

「ガールフレンド第3章」




 「圧倒的質量」と「肉と肉がぶつかり合う衝撃」が魅力的な「据え置きオナホール」「ガールフレンドシリーズ」から「使いやすさ」と「コストパフォーマンス」を両立した「第3章」が登場!

ガールフレンド第3章 個別オナホレビュー記事比較画像

「16kg」だった一作目と二作目とは違い「10kg」というサイズダウンした内観ではございますが「骨格フレーム」を内蔵し「重量ゆえにしなる」という大型オナホールの欠点を克服。

コストパフォーマンス的にも同じく「10kg台」である大型ホール「ぷにあなミラクルDX」と比べても安く「3」とナンバリングが付いている物の「初めて据え置きオナホールやガールフレンドシリーズに手を出す」人にもオススメできる新説設計。

「跳ね返る質量」がリアルセックスを錯覚させる一品です。



「快感増幅ウレタンヒップ」



 こちらは管理人:神楽ちんずりの「基本的なオナニースタイル」として鉄板化している【オナホ固定腰振りオナニー方法】に必要な「快感増幅ウレタンヒップ」です。

「手で上下のストロークする」しか無かった「オナホールでのプレイ」において「一か所に固定して腰振りが可能になる」という優れものであり
「腰を前後に振ってストロークする」という本能に則ったプレイスタイルである事によってより気持ちよく、脳汁がドバドバ出てより充実感を伴った射精感になること間違いなし!

手持ちのハンドオナホールがあっという間に「腰振り大型オナホール」へと変身する魅惑の固定グッズでございます。


オナホメーカー「トイズハート」解説


トイズハート大


 1999年に「トイズハート」の名称で世界で初めてオナホールをブランド化した老舗企業。
低価格小型のホールから大き目のオナホールまで品ぞろえ多数であり、管理人:神楽ちんずりが生まれて初めて購入したオナホールはこのメーカーの「初々しい妹」であったりなので「管理人のオナホ童貞を奪った企業」とも言えます。

初めてでも使いやすいスタンダードなオナホールが多く、安心して買えるメーカーだと推奨できますね。

老舗ゆえの強気か「後発のメーカーよりも高価格設定のホールが多い」のがネックですが
「後発に張り合わなくても生き残れる」と判断したからでしょうかね


「トイズハート社製ホール」の傾向




 実用性:A


遊び心やギミックを優先というよりきちんと「抜ける」ホールが多め

 技術力:B


後述のマジックアイズと比べるとそこまで技術を駆使した複雑なホールというのは存在しない

 価格設定:B-


RIDEやマジックアイズと比べると高いと感じる設定

 有名・有用なホールの多さ:A


オナホール業界最長の企業ですので歴史が長い分有名・有用なホールを多数抱えています。

 素材の質感:B+


「良い素材を使っているホール」から「安っぽい素材を使ってるホール」まで多種多様なので中間点として「B+」判定

 初心者オススメ度A


私自身がはじめてのオナホールとしてトイズハート社製の「初々しい妹」を購入したので、一部例外はある物の「初めてオナホールを買う」方や「初心者」の方がこのメーカーだから買う、という決め方でも大丈夫なほど「万人受け」しそうなホールが多数揃っています。




 最大手かつ最長の老舗企業と言っても過言では無いので「低価格ホール」から「中型ホール」まで揃っていますし新作発売の間隔も短いです。

「据え置きオナホール」も開発すればいいのにと思うのですが現状タイトルは存在しません。


 「セブンティーンボルドー」のような「万人向けリアルマ〇コ」オナホールもあれば「ヤンデレ」のような「玄人好みの非実在系ホール」な商品も扱っているメーカー。

しなやかかつ良質な素材を使っているホールも有れば中国製の少しチープな「若女将のおもてなし」という素材も使う事があるなど傾向はバラバラに一見感じます。
(ただし「若女将のおもてなし」はゴリゴリ系ホールなのでチープかつ硬い素材が良い方向へと化学反応してる)

そしてオナホ業界でささやかれている「覚醒」と呼ばれる「ホールを長い間使ってるとより気持ちよく素材が変化する現象」が発生しやすいのはトイズハート社のホールに多いと言われています。

 以下に挙げる「初々しい妹」等は「オナホに興味がある」人なら一度は聞いたことがあるでしょうタイトルばかりなので「長期的に愛される有名なホールを多数抱えている」のもこの企業の特徴ですね。

後述で解説するマジックアイズ社と比べると「実用的」なホールが多く「名前を聞いたことがある」かつ「トイズハート製」なら安心して購入できる物が多いと断言できますね。


 後は上述した通り「後発メーカーが値下げ競争をしている中少々高めな価格設定」を貫き通しているのは自社ホールの品質に絶対の自信を持っているからか

RIDE社製ホールなら2500円前後で購入できる物がトイズハート社製なら3000円超えそうといった体感ですね。


「トイズハート」の代表的なホール


「初々しい妹」



 こちらは管理人が「生まれて初めて使用したオナホール」である「初々しい妹」の現行版。
「初々しさ」を「キツさ」で表現した一作であり「締まり」と「肉厚な挿入感」がたまらない一品。

「ジグザグと掘り進む無次元加工の肉壁」がギュッと密着する!


キツ穴内観

さらにこちらのホールは「覚醒」と呼ばれる現象によって「使えば使う程モノ♂に馴染んで気持ちよくなる」という噂が…!?

真実かどうかはキミのモノ♂で確かめて欲しい!



「セブンティーンボルドー」



 こちらは先に紹介した「まだ名前がありません」と同様「セブンティーン」というリアルマ〇コ系ホールを元に派生した作品。

「何もないツルツルな構造」だった「初代セブンティーン」とは違いイボ、ヒダなどの「オナホールとしてスタンダードなギミック」が付与された物の「自然ななだらかなカーブで勝負」という点を変えなかった事により

「前作以上にスタンダードな万人が高評価をつけるリアルマ〇コホール」として昇華。




今では「オナホールの外観」の参考写真を撮る際の「比較対象」としてほぼ皆勤賞になるほど「スタンダードを極めたオナホール」と定めております。

「高刺激」「まったり」などの判定もまずはこのホールありきで考えていると言っても過言では無いですね。

「初めて買うオナホール」としても断然オススメの一品です。



「温泉欲情」



 こちらは一時期どこへ行っても手に入らなかった「品薄系人気ホール」として有名な一品。
四方向から迫る「極太ミミズヒダ」がねじれながら「台風の目」のような「スパイラル構造」を構築。

温泉内観

ニョリニョリと隙間なく容赦なく撫でる触感に思わず「この名湯にいつまでも浸かっていたい」と思える程の中毒性が!

管理人のマイベストホール「まだ名前がありません」に次ぐ「ベスト2」に君臨している実力派ホールですので是非お試しを

オナホメーカー「RIDE」解説


ヴァージンループ大


 こちらは先に紹介したトイズハート社の「1999年」に比べると2011年参入とかなり「若い」オナホメーカー

新鋭企業でありながら上記の写真の「ヴァージンループ」で一躍有名メーカーの一角に躍り出ました。

きっかけは千原ジュニア氏の番組で紹介された通称「ヴァージルショック」と呼ばれる騒動から?

上記のトイズハートと比べると安価なホールが多く、初心者から上級者までとことん使いやすいホールを輩出しているという感想。

またポケモンのように「必ずと言っていい程ノーマル版とハード版両方を販売する」という商法を採っているのがポイント。

「あのお気に入りのホールのハード版が無い!」という時は要望を出せば商品化してくれるかも!?


「RIDE社製ホール」の傾向




 実用性:A


使いやすく「しっかり抜ける」ホールが多め


 技術力:B


後述のマジックアイズと比べるとそこまで技術を駆使した複雑なホールというのは存在しない


 価格設定:A


上記のトイズハートと比べると設定価格が低い物が多い


 有名・有用なホールの多さ:


「ヴァージンループ」が突出して有名であるがゆえ他のホールの知名度がかすんでいる!?


 素材の質感:B+


「最良の素材」とまではいきませんがそこそこ優良な素材のホールが多い


 初心者オススメ度:A


実用性抜群かつ安価なホールを多数販売しているので「はじめてのオナホ」や「初心者」の方々がメーカー名だけで購入しても差し支えないでしょう。


「RIDE」の代表的なホール




 今では「RIDEの代名詞」とも言うべきオナホ界隈では超有名なホール。
「緻密な横ヒダ」が刻まれた「四方向からの縦ヒダ」が特徴的な一作でありゾリゾリとモノ♂を削るような触感がたまらない!

千原ジュニア氏が自身の番組で「嫁を超えた!ヤバイ!」と叫んで奥さんとセックスレスになる危険性からゴミ箱に捨てたと話程の悶絶快感!



「繊細かつ緻密なクローバー状の縦ヒダ」にニョリニョリと飲み込まれていく挿入感を是非お楽しみください。


 上記と同じ「ヴァージンループシリーズ」内のタイトルですが、「素材が違う点」とRIDE社はこのように「同じタイトルやシリーズ内でノーマル版とハード版を両方出す」という特徴を解説するためにも例に挙げました。

柔軟さと弾力を兼ねる素材であった「バンジータッチ」とは違いこちらは「硬さ」によるゴリゴリ感を追求。

さらに「初代ヴァージンループ」では「4本」だった縦ヒダも「8本」にふえて全長も大幅に長く!


エイトロングハード説明

より繊細に、より鋭くなったヒダにジョリジョリと削られる圧倒的高刺激快感!

さらにそう簡単に突き破る心配の無い全長のおかげでガンガン最奥を突ける!

現状では「ヴァージンループシリーズではNO1の快感」と言っても過言では無い一作です。
上記の「初代ヴァージンループ」の次に購入すべき第一候補と断言できます。


「天下一穴挟まれ変化」



 上述の「ヴァージンループシリーズ」が「RIDE社の代名詞」ともいえるほど知名度を得てしまったため長い間「第二の主力」と言うべき大ヒットホールが出ていなかった期間(あくまで管理人:神楽ちんずりの所持オナホールという狭い界隈での話です)

「久しぶりに超大作になり得るRIDE社製商品が来た!」と思わせる商品が「天下一穴」でした。


こちらの「初代天下一穴」について簡単に説明しますと「柔らかな外部素材」「コリコリと責めるイモムシ状のイボ構造」の相反する二つの特徴が上手く融合されたホール。

代替テキスト


肉厚な外部素材が内部のイボ構造のブニョブニョ感を引き立てる!

「非実在グロ系ぐちょぐちょホール」としては他社製品「ぐちょ濡れ名器モンスター+」(ただしこちらにもRIDEは開発協力している)以来の大ヒットホールであり「RIDEはヴァージンループだけでは無い」事が証明された瞬間でありました。



 そんな「初代天下一穴」からしばらくして発売されたマイナーチェンジ版「天下一穴挟まれ変化」は「ボディが横に肉厚に」なり「タイトル通り二か所の挟まれポイント」を付与。

天下一穴 挟まれ変化圧迫ポイント


ぶにょぶにょとイモムシ状のヒダが撫でる快感はそのままに「上下から挟まれキュッと締まる」アクセント的刺激感がたまらなく良い!

「初代天下一穴」の時点でかなり完成度が高いホールでしたが「挟まれ変化」の方は個人的に「前作を超えた!」と思わせるほどの良改変ホールでした。


オナホメーカー「マジックアイズ」解説


すじまんろりんこ


 こちらも「RIDE」と同じくトイズハート以降に参入した「若い」メーカー。
先述の二社と比べて「緻密」かつ技術力が光るオナホールが多く毎回「この複雑な構造を技術力で再現している」と称賛しています。

さらには「歯が付いたフェラホール」である「真実の口シリーズ」「処女膜が付いたオナホール」である「すじまんくぱぁろりんこシリーズ」など「実用性」や「快感性」よりも「そのギミックに没入できるかどうか」を重視しているといった印象。

ギミックや技術性が高いホールかつ「実用性」「快感性」を備えたホールという「大当たり」も何点かあるものの、まれに「ちんちんが感じる珍ギミック」を優先させすぎた「開発技術の自社満足ホール」も輩出していますが。

値段設定もRIDE社寄りでトイズハートより安いと言った個人評価です。

しかしながら初心者向けというよりはギミック重視のオナホールが多いので、RIDEかトイズハートのホールでデビューした後の「二本目以降のオナホール候補」として相応しいメーカーと言えますね。

「マジックアイズ社製ホール」の傾向




 実用性:B


先述のトイズハートやRIDEと比べると「実用性」は少し落ちてギミック重視なホールが多いです。


 技術力:A


緻密な構造やギミックをうまく商品として昇華しているホールが多いです。


 価格設定:A


RIDE社と同ラインであり「手に取りやすい価格」と感じます


 有名・有用なホールの多さ:B-


「真実の口シリーズ」がオナホユーザーの中で知名度が高いと言えますが、RIDEやトイズハート社と比べると社会現象にまでなったオナホールというのは存在しない


 素材の質感:A


「良好な素材」で製造されたホールが多い


 初心者オススメ度:B


先ほども書いた通り「ギミックありき」なオナホールが多いので「初めてのオナホ」としてというよりは「二本目以降の選択肢」として考えるべきメーカーです。


「マジックアイズ」の代表的なホール




 こちらは「樹脂製の歯」という一見すると「邪魔になりそう」なギミックがあるフェラホール。



しかし「歯が擦れる」という下手なフェラ感が「より本物の口内に挿入している」かのような錯覚を生み出し、ただの「上手なだけ」のフェラホールよりも脳が騙されより快感・興奮を感じるかも!?

これが上記でも挙げた「ギミックに没入できる」かつ「快感性・実用性」も兼ね備えた「マジックアイズ社の大当たりホール」の一つです。

初代真実の口以外のバージョンのレビュー記事を検索するならこちらのタグをクリックして検索!→「真実の口シリーズ」

 「天使のぷるまん」






あいうえお
関連記事
カテゴリ
タグ