今回は【個別レビュー】です

近いうちに「疑似ペラサイト」にまとめる予定なので、レビュー記事を書き直している「真実の口シリーズ」から今回は【初代真実の口】を再レビュー

今回で「4回目」でございます

 前回のレビュー記事はこちら!
「真実の口」 比較記事に便乗して新しくしておく【レビュー】3回目
公開終了

同シリーズ別タイトルの記事検索はこちら!
「真実の口シリーズ」タグで検索!
 「真実の口シリーズ」総まとめ記事はこちら!




簡易総評:89点(前回と同じ)

詳しいレビュー記事は追記文で!


 やはり「真実の口シリーズ」の「初代」という事で安定した評価を誇る本作

かつては「アマガミ」が「総合力でNO1」という結論を出していましたが

あちらは「挿入時の快適さ」はありますが「歯の主張感」が薄れてしまうため、「真実の口シリーズ」としてどうなの?という疑問点も生まれたため、現在ではこちら「初代」と同点の「89点」に改めました


 関連記事:



 「歯が当たるフェラ」というコンセプトと弾力のある口内

刺激も十分であり「本当にフェラされている」という錯覚は初代が一番


 ここから「真実の口シリーズ」を始めるもよし、「色々フェラホールを経験した後」こちらに戻るもよし

「真実の口シリーズ」として見ても「フェラホール」として見てもバランスの取れた一品でございます


真実の口(初代):「がっつりフェラ」感はシリーズ内で一番! 【個別オナホレビュー4回目】


もくじ


「真実の口シリーズ」とは?




「経験を積み重ねた」「気持ちよさに徹底した」フェラを再現したホールとは
一線を画す「不慣れな女性」のフェラを再現?したホール
それゆえにベテランのフェラにおいて心がける「歯が当たらないようにする」というコンセプトは排除
樹脂性の「歯」がついておりモノ♂を挿入する際歯が若干触れることで「リアルさ」を追求
「単純に気持ちよい」に特化させるのではなく「本当に口に挿入している」という没入感を得られる作りとなっています

なんどコピペしたかわからない説明文

要するに

「歯がつくことでフェラされてる感がアップしたホール」

ということです


 今回は総まとめ記事執筆を予定して「真実の口シリーズ」のレビュー記事を刷新

「アマガミ」と新規参入の「おちょぼ口」を経て「初代」を再レビューする流れになりました


「真実の口(初代)」外観、内観、触感


その外観




 いつも通り「ボルドー」とともに今回は「初めて購入した3年前の個体」とも比較

やはり多くのホールで実践したように「オナホールは使い込むと全長が縮む」という実例の証明を改めて行ったと言えますね

内部もちょっと硬くなってます

 関連記事:




その触感




 そこそこ「伸び」は発生しますがしなりはいまいち
総じて「中くらいの弾力の素材」という感想です


その内観




 もはや「オナホール」というよりは「解剖学」を学んでいる様な内観
「フェラホール」ではなく公式では「精巧なオクチフィギュア」という扱いらしいです


「真実の口(初代)」挿入感


入口部分


代替テキスト 代替テキスト

 「カリッ」と噛みつく樹脂製の「歯」!ちょっと心配だけど舌先が気もちいいッ!

※声は出さずにプレイしましょう


 【入口部分】は「歯と舌」のゾーン

初見の場合ここで思った以上に「カリッ」と歯が当たるので「大丈夫かな、噛まれたりしないかな」などドキドキいたしますが

「歯」の先にある「舌」がなめらかにねっとり絡みついてくるので「やっぱりこのまま奥まで入れたい!」と本能が囁いてくること間違いなし!


中央部分


代替テキスト代替テキスト

 「舌が這うように絡みついて実用性エリアへと突入!歯が竿に擦れる!」



 【中央部分】は舌を這わせてオナホールとしての「実用エリア」へと突入

ただ「気持ち良い」だけではなく「歯」が竿部分に擦れることによって「口内」を錯覚しやすくなります


最奥部分


代替テキスト代替テキスト

 「最奥には肉がミチミチに詰まってる!喉で締められている様な感覚!」



 【最奥部分】は「実用エリア」のクライマックス部分

「肉がミチミチに詰まる無次元加工エリア」であり「リアル喉元」と考えた場合は「こんな喉奥の人はいない」と言える構造ですがぷにゅぷにゅとモノ♂の先端を包み込む「肉」は快感度抜群


 しかしながら「単なる気持ち良いオナホール」に終わらずに「歯」がモノ♂の根元に噛みついてくるのでフェラに慣れていない女性が「一生懸命咥えてくれている!」という錯覚を得られます


引き抜いた時


代替テキスト  代替テキスト


 「引き抜いた時」は「歯」が一直線に竿に擦れてなんだかもどかしさを感じますが気が付いたらこの「歯」に敢えて当たりに行く、というプレイスタイルが身についています


 何度も何度も往復して何度も何度も「歯」に当たりに行く


これが「真実の口」の楽しみ方であり「フェラを錯覚する方法」であると断言します


 相対的に他の「真実の口」との違いを申し上げると

こちらはしっかり「弾力」や「刺激」や「歯の主張感」があり、やはり「がっつりとフェラされている感で抜きに行く」のに適しています

「快適なフェラ」をお求めの場合は「アマガミ」ですが


「真実の口(初代)」イキ顔、射精感



 どぷぷっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅぴゅっ!!





 「勢いのある射精感」脳は「リアルフェラ」を錯覚して元気よく射精します



「真実の口(初代)」を一言で表すと?



 原点にして頂点!?「わざとらしいぐらいのがっつりフェラ」を感じたいのならこちら!


 「断面図」を見てもらえれば分かるようにかなりリアルな「オクチフィギュア」であり、「歯」がついていることで「本当の口内を演出」

同シリーズ他タイトルと比べてもがっつり「噛んでくる」ホールであり「上手い下手は度外視してフェラ感を楽しみたい!」という人はやはりこの「初代」がオススメです



「真実の口(初代)」総評:89点



刺激・・・★★★☆☆かつては「高刺激」判定でしたが
「高刺激に近い中刺激」と言う判定です
耐久・・・★★★☆☆買い直しましたが昔の個体は突き破っています
肉厚・・・★★★★☆結構肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆大きすぎず「使いやすさ」も抜群
コスパ・・・★★★★☆この造り込みで2354円!
締まり・・・★★★☆☆それなり
長さ・・・★★★☆☆15cmで「普通の長さ」判定
硬さ・・・★★★☆☆標準的
快感性能・・・★★★★☆かなりの快感性能
即射性能・・・★★★☆☆「即ヌキ」対応度も標準
空気抜き対応度・・・★★★☆☆そこそこ


初心者オススメ度・・・★★★★☆


 「初めてのオナホール」としても「初めてのフェラホール」としても★4!(前回は★3)

若干高刺激ですが「素人のフェラ感」溢れるこちらは「最初のフェラホール」として申し分ない内容と断言します



彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆



 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合はオススメでは無い★3判定
やはり「問答無用でナマで中田氏出来るフェラホール」という点が貴女のフェラ以上の価値を見出す可能も!?

このホールに対抗して彼氏に口内射精させてあげる場合はコンドームの着用を心がけましょう
(真実の口シリーズ共通注意事項です)






「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマル系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル
「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りオナニー方法」の対応パターンは「パターンA:要補助、スッポリハマる系」!!

       代替テキスト


 「スポンジシート」で補助が必要な物の
「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン
 非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます





「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



代替テキスト

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定


専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)




「真実の口(初代)」商品ページリンク



 「下手なフェラ」ゆえに本物のシチュエーションを錯覚しやすい!「真実の口初代」は下記リンクから!

※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております



上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


「真実の口(初代)」関連記事はこちら


 前回のレビュー記事はこちら!
「真実の口」 比較記事に便乗して新しくしておく【オナホレビュー】3回目
公開終了

同シリーズ別タイトルの記事検索はこちら!
「真実の口シリーズ」タグで検索!


以下余白


関連記事