2019/10/09 記事の書き直し作業開始



 今回は過去記事のリメイク、「通販サイトの選び方」カテゴリから管理人:神楽ちんずりがほぼ「オナホールを買うサイトはここに絞る」と「一本化」をしているサイト、「NLS」について


※ただし、大魔王オリジナルホールなどは大魔王でしか手に入らないのでまれにNLS以外を利用する


なぜ「NLSで一本化」するのか、一本化する事で得られるメリットやデメリットを執筆していこうと思います。


「NLS」に限らず「通販サイトは一本化した方が良い」という持論があるので「NLSでは買わないよ」という方も是非お読みください。



関連記事:

オナホ通販サイト比較一覧表


NLS一本化アイコン

もくじ


通販サイトの一本化:「NLS」が良い簡単な理由



 細かく解説する前に管理人が「NLS」を推してる簡単な理由を説明します。

「ポイント還元率が高く、実際の表示価格よりも実質安価」という点

管理人のベストホール「まだ名前がありません」、「オナホ固定腰振りオナニー方法」に必要なグッズ「快感増幅ウレタンヒップ」、10kg以上の質量で「疑似セックス」を錯覚させる「ガールフレンドシリーズ」など魅力的なオリジナル商品が多い!

上記のオリジナル商品を安く手に入れるためポイントは貯めておきたい=日常的に使っていきたい
(その時安かったから等で他サイト利用を挟むとポイントが貯まらないため)


以上の理由から管理人:神楽ちんずりは「NLS」を使い続けています。





通販サイトの一本化:まず前提として



 「NLS」じゃなくても構いませんが「一本化するべき」通販サイトの条件として

①そのサイトでの購入でポイント還元される事(還元率が低すぎても駄目)


②そのサイトでしか買えないオリジナルホール、オリジナルグッズがある事



※これが重要な理由は後で説明します


②について補足すると「そのオリジナルホールが自分にとって良い物」であり、破損や劣化した際には「買い直し」していきたいと思える程のホールである事、となります。

「自分にとって買い直ししてでも使用ラインナップから外したくない」と思えるオリジナルホールが見つかるまでは色々な通販サイトをさまよってオリジナルホールを試していくのも良いでしょう。


これらを条件に現在当サイトが提携している通販サイト
「NLS」「FANZA」「Amazon」「エムズ」「ホットパワーズ」「大魔王」から選択肢を絞っていきます。



この条件から一本化するサイトを検討する



 まず①の「そのサイトでの購入でポイント還元される事」(還元率が低すぎても駄目)から「還元率1%」のAmazonとFANZA(旧DMMR18)は候補から除外されます。

しかし、完全にAmazonとFANZAが駄目かと言われればそうでは無く、「Amazonはすでにプライム会員である方がオナホデビューを始めてみるなら」FANZAはオナホ系は送料無料」なので「まずは一品購入してオナホとはどういうものか測る」場合はこれらのサイトもオススメできます。

(ただし長期目線で考えるならNLSがオススメという主張は変わりませんが)


 そして条件②の「そのサイトでしかないオリジナル商品がある事」からオリジナルホールが無いエムズも除外。

しかしこちらは「NLS以上のポイント還元率」を誇るサイトですので「オリジナルホールには興味がない」方には「使い続けるならオススメできる」と断言できます


通販サイトの一本化:残った候補サイトから選出する



 この時点で残ったサイトは「NLS」と「大魔王」のみ。
こちらは双方「ポイント還元があり、オリジナルホールを扱っている」と条件を満たしたサイトであります。

 しかしながらやはり管理人が選んだのは「NLS」


その理由は「ポイント還元率」「品揃え」ですね。

「大魔王」は「3%固定」の還元率しかありませんが「NLS」は「累計購入金額が多いほど増えていく」という嬉しい仕様。

 簡単に「NLS」正規会員のポイント還元率について説明すると

登録時は3%、一年間の累計購入額が2万円以上なら5%(シルバー会員)
5万円なら7%(ゴールド会員)10万円以上なら10%(プラチナ会員)

30万円なら12%のダイヤモンド会員



そして「品揃え」において
「大魔王」はあくまでオリジナルホールに力を入れているサイトであるため、「オリジナル以外の一般的なオナホール」を見た場合「NLSにはあるけど大魔王には扱いが無い」商品もございます。


いざと言う時に「あの商品が無い!」という場合に困るのでやはり、日常的に使い続けるなら「NLS」という結論になります。


 しかしながら、管理人は定期的に「大魔王オリジナル」のホールをレビューしているので「大魔王」で購入する場合は完全に「オリジナルホールのみ」に絞っています。



ホットパワーズは候補にならないの?



 ここですっかり名前を挙げるのを忘れていた「ホットパワーズ」について補足させていただきます。

こちらは「ポイント還元率は3%固定」ですが、「オリジナルホールをまとめ買いするとまた別途割引が発生する」という嬉しい仕様がございます。

「2個で15%」「3個で20%」「4なら25」「5個で30%」とそれぞれ割引かれます。
「ホットパワーズ社製品」自体は「NLS」などでも扱いがありますが、「ホットパワーズのオリジナルホールに魅力を感じている」かつ「まとめ買いを考えている」場合はホットパワーズ本舗へと訪れるのが良いでしょう。

「ホットパワーズのオリジナルホール」で代表的なのは「くノ一淫法触手裏剣シリーズ」

「六方向から迫りくるひねりを加えた触手」によりニュルニュルとモノ♂が絡みつかれる挿入感がたまらなく気持ち良いシリーズです。

一例:


「まだ名前がありません」よりも「触手裏剣シリーズ」などの「ホットパワーズオリジナル商品」に魅力を感じているのであれば「NLSより一本化を優先すべきサイト」になるでしょう。




何故「オリジナル商品あり」「ポイント還元あり」が重要視されるのか



 上述の「まず前提として」内の条件

①そのサイトでの購入でポイント還元される事(還元率が低すぎても駄目)


②そのサイトでしか買えないオリジナルホール、オリジナルグッズがある事



こちらが重要視される理由はズバリ

一度そのサイトで買ったオリジナルホールを買い替えるタイミングでポイントが貯まっていれば大幅に割引できる。その次の購入タイミングでも割引。という「良いサイクル」でオナホライフを回せるから

ですね


 「オナホール」という物は「消耗品」である以上「いつか買い替え時が訪れる」事は避けられないのでその時になって「ポイントが貯まっていれば大幅に割引が出来る」事は重要です。

また、この理由から「本命サイトで貯めたポイントは他のサイトでは使えない」「他サイトで貯めたポイントは本命サイトでは使えない」ゆえに

「買い替え時の大幅割引」を狙うのであればやはり「一本化」するべき


次の項目では「一例」を提示して「一本化の必要性」を改めて説いていきます。

一例を紹介


サイトAでしか販売されていない「オリジナルホールA」を購入する。サイトAでポイントAが発生する。

サイトAでも扱いがあるが、たまたまその時Aより安かったサイトBなどで一般販売オナホール「セブンティーンボルドー」などを購入する。サイトBでポイントBが発生する


それからもサイトAや「たまたまその時Aより安かった」からという理由でサイトBどっち付かずでフラフラと購入を続けたとする。ポイントAポイントBそこまで貯まらない


来る「オリジナルホールA」の買い替え時、または他のサイトAオリジナル商品を購入したいと考えた時。


「サイトAのみ」で購入を続けていれば「ポイントによる大幅な割引」ができたと考えてしまうと「オリジナルホールA」が多少割高に感じる。当然ながらポイントBはサイトBでしか使えないためサイトAでの買い物では使用できない。


サイトBでは「オリジナルホールA」は購入できないため、ポイントBが腐っているように感じる



 このように「サイトAのオリジナル商品」に照準を定めた場合、いかに「サイトAだけで購入を続けていく」事が重要である事がわかっていただけると思います。



管理人の場合:「まだ名前がありません」を例に検証!




こちらの商品は税込みで「2860円」これを半年後に買い替えるものとする。

「NLS」で6カ月間「5000円前後」の買い物をしたとする。会員ランクはこのペースで買い物して無難にたどり着く「ゴールド会員」(還元率7%)とする。

「買い替え時」の半年後は5000×0.07×6カ月=2100ポイント獲得!

さらにNLSには「毎日おみくじでポイントゲット」という遊びがあり、まれに100Pの大当たりなどが発生するのも含め期待値を「4」とする。
これにより4P×30日×6カ月=720P

合わせて「2820ポイント」=「2820円の値引き」「まだ名前がありません」は2860円なのでつまりは

「NLS」で普通に買い物を続けるだけで、半年後には「まだ名前がありません」がタダ同然で手に入る!!



通販サイトの一本化:管理人の結論



 このように、「NLS」に限らず「使うべく通販サイトは一本化させた方がいい」というのが管理人の結論です。

オリジナルホールがあるサイトを使えばなお良いですが、「一般発売されているオナホールだけで十分」という方もできるかぎり「一本化」させたほうがポイントが早く貯まるので恩恵を受けやすいです。

「今後もこのブログを参考にする」と言う事であるのならばブログで一番推しているホール「まだ名前がありません」そしてそのホールを「オナホ固定して腰振りできる」グッズである「ウレタンヒップ」を扱っているNLSを推すのは変わりませんが。

私のベストホールである「まだ名前がありません」とライフワークと化したスタイル「腰振り」の気持ちよさを共有していただきたいです。







以下余白


関連記事