今回はリライト記事です

トイズハートから発売されている「吸引注意 魔女の誘惑」を再評価していきます




旧記事はこちらから!




魔女の誘惑 吸引注意 魔女の誘惑












    改めて手に取ると・・・そんなに大きくない!?


                         


このホールは「大型ハンドホール」という括りであり初めて購入した時は
「で・・・でかい!!」と驚愕しました

誘惑修整 


初々しい妹」との比較でこれくらいの体格差があった気がする

しかし時は流れ様々な女性(ホール)との経験を重ねた管理人
改めてこちらの「魔女の誘惑」を見返してみると

そこまで大きくない・・・!?

リアルで例えるなら
「この女性のおっぱいが一番や!」と思ってた時期から経験人数を重ねた男性が
久しぶりに会ったら「あれ?いまいちグッとこない?」

みたな感覚?

今私が所持しているホールでは「CQロール」がこれよりも分厚く感じました

これに関して言えば
「ホールは使い込むとサイズが縮む」

という疑惑があるので

ハッキリと「魔女の誘惑はそんなに大きくない」とは口にしませんが
主観で「小さく感じる」と久しぶりにじっくり見て思いました

しかしそれはあくまで「外観」の話

これから評価する「使用感」には全く関係の無い話です
なのでいい加減本編を始めていきたいと思います


      その内部構造



             
内部構造 (別窓)



パッケージ通り「空気抜き」をすることでコンセプトの「魔女が搾り取るホール」へと変化

その絡みつきはすばらしく
「あっあっあっ」とよがりながら尻がビクンビクンと跳ねる程の
圧倒的吸い付きを体感できることを約束します





           その挿入感


                     



           内部構造


 ①入口付近

「ジャブ」にふさわしい「ぱくっ」と咥えこむ挿入口
ホール自体のサイズは大き目ですが入り口はちょい狭いくらいで

挿入口からキュッとモノ♂に吸い付いてくれる良構造

これからの「中央部分」への挿入感に期待を持たざるを得ません

 ②中央部分

上記の写真でいう「魔Ⅱ:魅了(チャーム)エリア」と「魔Ⅲ:欲望(リビドー)エリア」
の構造

 魅了エリアは単一縦ヒダにさらに「横ヒダ」が刻まれたヒダ主張構造

モノ♂の先端をゴリゴリ撫でてきて良い感じの強刺激

 欲望エリアは複数の縦ヒダが「うねり」ながらみっちり詰まったトルネードエリア

トイズハートファンならお気づきでしょうがここの構造
後年品薄人気ホールとして名を残す「温泉欲情」との類似性が見えます

もちろんここのエリアは「温泉欲情」のような挿入感
「魔Ⅱ:魅了(チャーム)エリア」の時点で既にかなりの強刺激快感だったのが
「ねじり」を加えることで
モノ♂をゾリゾリ削りながら「奥へ奥へ」と吸引する
まさしく「魔女の吸引」エリア!

文字通り「吸われすぎて昇天しそう」な強刺激でありながら
ストロークがやめられないとまらない

もはや自分がホールを使っているのかホールが自分を使役しているのか

そんな「主従逆転エリア」ともいうべき最高快感ゾーンでした

初めてこのホールを体感する人にとっては
「ぬぉおおおおおおおおおお!!」と叫びながらヨがれる事は間違いないでしょう


 最後に紹介する最奥の「お部屋」が管理人が理想とする
「モノ♂がぷはぁっと顔を出す息継ぎ構造」
であるがゆえ刺激順的にも管理人が理想のホールとして提唱する
「弱→強→弱」をなぞっており
あらゆる意味で管理人の「理想」に近いマイベストホールの一つである事は
再評価の今回も間違いありません

 ③最奥構造


「魔Ⅳ:堕落(カラプション)エリア」

ここまでの紹介で本ホール「魔女の誘惑」が
かなりの個性派ホールである事は理解していただけると思いますが

「吸引注意」と銘打つ最もたる根拠かつ「このホール最大の個性」が
この最奥の「お部屋」である事は断言できます


空気抜き」のページでも説明していますがその効果を得られやすい構造として
「最奥に空気抜きのためのお部屋」が用意されている事
そしてその「お部屋」が大きければ大きいほど空気を逃がしやすくなる事を述べました
(かと言ってモノ♂の先端にまったく吸い付かない程の「大きすぎる空白」なら問題ですが)


こちらの「魔女の誘惑」もコンセプト通り同じくトイズハート製である
セブンティーンボルドー」等と比べてもかなり「大きいお部屋」であり

「空気抜き」することで容赦ない吸引力を発揮します

故にこの「最奥の大部屋」こそが「魔女の誘惑」の最大の個性なのです


「ぱくっ」とモノ♂に食いつく入口構造
ジョリジョリと削ってくる基本的かつ良構造なヒダゾーン
それを抜ければ更に高刺激の「ヒダトルネード」

それらによって徹底的に「いじめられた」モノ♂が
最奥の「大部屋」に「ぷはぁっ」と息継ぎした瞬間・・・!!



       その射精感




ぶぴゅうっ!!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅ・・・

「勢いのあるそれでいて射程は短い発射感」が断続して4回ほど襲ってくる
そんな感じの射精感でした

「射程が長い」幸せ射精感が「エメラルドスプラッシュ」だとすれば
「勢いはあるが射程は短い」今回の射精感はさしづめ
スタープラチナのラッシュと喩えることが出来るのでしょうか


 ※幸せ射精・・・じっくりねっとりとモノ♂を高めていくと
得られる「幸福感」と「快感」を兼ね備える発射感

「水鉄砲で遠距離の的を狙撃した」のごとく
勢いよくそして細く発射されるのが特徴

単純に「さっさとイくために高刺激、硬素材ホールで強くこする」やり方では
得られない射精感

発動条件はハッキリしないがとにかく「モノ♂が喜んでいる」場合に
この発射感覚が襲ってくる


「幸せ射精」には至らない物の射精感においても高い水準を満たしたホールだと思います




        公式の見解


                         

ここまで述べた使用感でこのホールが「高刺激」ホールである事は想像に難くないですが
なんと公式の見解ではこのホールはゆる系ホール!!


           20181105233626b90_convert_20181222052058.jpg   




「んなアホな」と思いますけどもあくまで「空気抜きによる刺激感アップ」
は「高刺激」判定にはしない。というのが公式の判断基準なのでしょうか


このブログでは容赦なく「高刺激」タグをつけさせて頂きますけどね




   「空気抜き」すべき?しないべき?



ホールのよっては「刺激が強すぎるッピ!」な状態になりかねないテクニック「空気抜き
このホールに関してはコンセプトが「魔女の吸引」であり
わざわざ最奥の「お部屋」を用意してくれている

故に「空気抜き」しないのはもったいないと断言できるホールという事になります



      こんな人にオススメ!!



肉厚感タップリな大型ハンドホールをお探しの方

②「空気抜き」による効果を最大限に得られるホールをお探しの方

③その他「高刺激ホール」が好きな方



     総評:93点(前回同様)



最近書いてきた再記事では
「新しく評価したホールたちとの相対評価で若干点数が下がる」
傾向にありましたがこちらの「魔女の誘惑」は
「多数のホールを経験した今なおマイベストと断言できるホール」


この「肉厚」と「超バキューム」という圧倒的個性がある限り
この地位はしばらくは揺るがないでしょう


刺激・・・★★★★★:圧倒的バキュームとヒダトルネードゾーンにて「高刺激」判定
耐久・・・★★★★★:2年以上型崩れ無し!!大きく分厚く、壊れる訳がない
肉厚・・・★★★★★:ハンドホールの中では圧倒的肉厚感


使いやすさ・・・★★☆☆☆:大きさと共に犠牲になる「握りやすさ」
コスパ・・・★★★★☆:5000円近くとハンドホールとしては高いが
2年近く破損していないので一度買ってしまえば半永久的に使えるのでコスパは良好

締まり・・・★★★★★:コンセプト通り「空気抜き」する事で圧倒的バキューム感を生み出す
長さ・・・★★★★★:18.5センチの大台。管理人のモノ♂もすっぽりとハマります
硬さ・・・★★★☆☆:柔らかさもあり、弾力も感じる素材

発射性能・・・★★★★★:刺激だけでオカズ無しでヨガれるほど気持ちいいホール
速射性能・・・★★★★★:「即ヌキ」したい場合も強めにストロークすることで
あっという間に果てる事も可能!!



       初心者オススメ度・・・★★★☆☆



かなりの良ホールではあるが値段が「5000円」とかなり高めの設定

この大きさと肉厚ならば仕方がないが「初めてのオナホ」としてはオススメできない価格帯
初めての人はまず「1000~3000」のホールを体験してから
この様な「高め」のホールを購入することをオススメします



    オナホ固定腰振りプレイ対応度・・・★★★★★


管理人のライフワークと化したプレイスタイル
オナホ固定「腰振りプレイ」に必要なアイテム「ウレタンヒップ

こちらとの相性は「最適」判定の★5!!

標準的サイズのハンドホールならば「隙間」を埋めるために
付属のスポンジシートか「ゆむしぃ」による補助は必須ですが
こちらのホールはそのまま「ウレタンヒップ」にハメこめる最適な大きさ!!


まさしく「腰振りプレイ」のために生まれてきたホールと言っても過言では無いでしょう


関連記事:「腰振りプレイ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら!




    超バキューム!!まさに名前通りの「魔女に搾り取られる快感」!!
  「吸引注意 魔女の誘惑」は下記テキストリンクから!!



                 価格:4233円:DMMで詳細を見る


                 価格:5486円:吸引注意 魔女の誘惑 NLSで詳細を見る




      (表示価格は税込みであり記事作成当時のモノです)



※単純な「設定価格」だけじゃどこのサイトがお得なのかは判断できません
「どこの通販サイトで購入するか」を見比べたいなら以下の記事から!!










トップへ戻る      




関連記事