「まったりさ」が加わった「真実の口アマガミ」の記事はこちら!

「のど輪締め」ができるフェラホ「真実の口ぺろりん」の記事はこちら!

3種の【真実の口】の比較記事はこちら!



 こちらより新しい「レビュー4回目」の記事はこちら!

 「真実の口シリーズ」総まとめ記事はこちら!








           真実の口アイコン_convert_20181226075618_convert_20190107205636   真実の口



今回は再評価記事です。しつこいくらいですが評価3回目
【真実の口】の3種比較記事を作成しているので

こちら初代「真実の口」もリライトいたします



簡易総評:89点(前回と同じ)

詳細な感想は追記文で!

やはりかなり快感性能が高い&フェラされているという実感があるホール

後に出た「アマガミ」や「ぺろりん」と比べてあちらが完全上位互換という訳では無く
こちらはこちらで「真実の口の基準となる快感」は備えています

「歯」の主張が3種類の中で一番激しく
「痛さ」や「もどかしさ」も多少ありますが「ガッツリ咥えられている」という没入感は
こちらの「初代」が最高評価と言う感想ですね




表示価格は税込みであり記事作成当時の物です



オナホレビュー3回目:「真実の口」 比較記事に便乗して新しくしておく



もくじ


もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓


「真実の口」とは? 




「経験を積み重ねた」「気持ちよさに徹底した」フェラを再現したホールとは
一線を画す「不慣れな女性」のフェラを再現?したホール
それゆえにベテランのフェラにおいて心がける「歯が当たらないようにする」という
コンセプトは排除
樹脂性の「歯」がついており
モノ♂を挿入する際歯が若干触れることで「リアルさ」を追求
「単純に気持ちよい」に特化させるのではなく
「本当に口に挿入している」という没入感を得られる作りとなっています

なんどコピペしたかわからない説明文

要するに

「歯がつくことでフェラされてる感がアップしたホール」

ということです


現在はこちらの「初代」とともに「やわらかさ」を備えた「アマガミ
喉の奥でキュッとしまる「ぺろりん」が同時展開中

3種の比較記事も執筆していますので、去年12月を最後に執筆終了していた
こちらの「初代真実の口」も見直すいい機会だと思い再び筆を執り
下の筆もポロンと出します



その外観、内観、触感



その外観


         代替テキスト 

  「アマガミ」との比較写真当記事「初代」は若干全長が短めなのがわかります


その触感:伸び、しなり





後に発売された「アマガミ」と比べるとのび、しなりともに劣りますが
これは「比較すると弾力的な挿入感」が期待できるという意味です


その内観

 



前半は「歯の感触も含めて本物の口内にイれているような感覚」
後半の構造は「ヌけるように実用重視」のフェラホールです


その挿入感


入口付近



代替テキスト 



かなり強い刺激で「歯」が自己主張するエリアです

「フェラホ初体験」の人にとっては「え?こんなに歯の主張が激しい物なの?」
と戸惑うでしょうが、後に発売された歯の擦れる感触が緩和された「アマガミ」「ぺろりん」
だと何故か「物足りない」と感じる不思議

「フェラホとしては歯の感触がしっかりしているのが正解」

感じることが出来る構造でしょう



中央部分

代替テキスト 


後の「アマガミ」にくらべると弾力的な内部であり「絡みつく」というよりは
「反発力」で刺激を与えに来ていると言った印象

「初めての慣れていないフェラ」と錯覚するのならこれで良いのかもしれません

「肉を掻き分ける」快感の「無次元加工ゾーン」へと突入するのでそれと相まって

徹頭徹尾亀頭を鍛えるフェラホール

という感想が正直なところですね



最奥部分


代替テキスト 


狭くなる口腔内に思わず昇天寸前に!


「主張が激しい歯」「弾力のある内部」そして奥に進むにつれて「狭くなる口内」


キュウッと絞られる感じがたまらない「慣れてない」故に「高刺激」になりがちなフェラ

というシチュエーションならばこれで十分脳内補完できるでしょう




その射精感、イキ顔



ぼひゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぼぴゅーっ!!



かつてはそのリアルな「フェラ感」から脳が錯覚して
「幸せ射精感」を発生させていましたがその役目は「アマガミ」に譲渡

こちらは「高刺激ホールでヌいたときの射程が短く勢いがある」射精感のホールとして落ち着きます


代替テキスト 





この2人のキャラのグラビアページはこちら



このホールを一言で表すと?




   「初めてのフェラ」で気負いすぎた彼女の歯ざわり感ホール


決っして「ウマいフェラ」ではありませんが「気持ちよくしてあげたい!」
という気持ちは感じられる「一生懸命感」ホール

こういった「歯が当たるフェラ」も愛せるようになって真のフェラホマスターです(自論)

それだけに「本当に口内にイれている!」という没入感はグッとくるものがあります


総評:89点(前回と同じ)




刺激・・・★★★★☆  「高刺激」判定
耐久・・・★★★☆☆ 三か月程度で突き破りました
肉厚・・・★★★★☆ 意外としっかりしている肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆使いやすい長さ
コスパ・・・★★★★☆この緻密な造りで
2500円以下はお買い得
締まり・・・★★★★☆奥に行くほど狭くなる 
長さ・・・★★★☆☆ 短い~標準的(15cm)
硬さ・・・★★★★☆ そこそこ弾力のある素材
快感性能・・・★★★★☆ かなり高い快感性能
速射性能・・・★★★★☆高刺激+弾力のある素材
であるていど「即ヌキ」にも対応
空気抜き対応度・・・★★★☆☆ 「空気抜き」の効果を得やすいわけではないが行えば
それなりにイイ感じ



初心者オススメ度・・・★★★☆☆


手に取りやすい「フェラホール」ではあるものの「若干高刺激」なので
「やさしいフェラ」を求めてお買い上げいただくなら「アマガミ」のほうがオススメ


彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆


女性向け項目です。上記の「幸せ射精ちゃん」のイキ顔も参考に

このホールが「彼氏へのプレゼント」として適しているかどうか
その判定は「その人次第」の★3!!

「要所要所でバキュームを発生させる等の融通が利かない」あくまでおもちゃという
性質上、貴女のフェラがよりよいとするか
「おもちゃなので気兼ねなく口内射精できる」と考えてこちらのフェラホがいいと
考えるかどうかはその人次第という事で濁させていただきます

くれぐれも「このホールに対抗して彼氏にナマでごっくんしてあげる」のは
危険行為ですのでおやめください

セーフフェラにもオススメ!コンドームに関する記事はこちら


ホール別ウレタンヒップ腰振り:パターンA:要補助、スッポリハマる系



管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
ホール固定「腰振り」プレイ

こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!


代替テキスト  ※写真のホールは「セブンティーンボルドー」



付属のスポンジシートや「ゆむしぃ」による補助が必要なものの
それをクリアすれば後は気兼ねなく腰を振るだけの「程よくハマる」大きさのホールです


ホール別「ウレタンヒップ」はめ込みパターン解説は以下の記事から!




関連記事:「腰振りプレイ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

商品ページリンク






表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

弊ブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しています



NLS以外(一例)




 価格: 2268円:  DMMで詳細を見る

 価格: 表示不可: アマゾンで詳細を見る


※単純な「設定価格」ではどこのサイトがお得かは判断できません
より詳しく通販サイトを見比べたいのなら以下の記事から!



「まったりさ」が加わった「真実の口アマガミ」の記事はこちら!

「のど輪締め」ができるフェラホ「真実の口ぺろりん」の記事はこちら!

3種の【真実の口】の比較記事はこちら!



関連記事