今回はマジックアイズより発売されている貫通型ホール
「ちつにくぷにぷに」を評価していきます







 恐らくこの先貫通型オナホを紹介する機会に乏しいので
これを機に「貫通型ホールのメリット・デメリット」を考察していきます




        貫通式ホールとは?





その名の通り「貫通」しているホール

オナホとしての「主流」は底が塞がれた「非貫通式」なので
「非」という文字がつかないけれどもこちらの「貫通式」ホール
の方が「ちょっと変わった」「非主流」ホールなのです




     貫通式ホールのメリット




 そもそもオナホというのは「非貫通」が王道なのにわざわざ「貫通式」を選ぶメリットは?
一つずつ書き出していこうと思います


メリット1:洗うのが楽

おそらくこれがもっともらしいかつ唯一と言える「長所」

「非貫通式」ホールは洗浄するときに水流が奥までキチンと届かないなんてザラですが
貫通式ではそんな事を心配する必要が無い


水も洗剤も全体に行き渡るのでしっかりかつ簡単に洗うことが出来る



 メリット2:上下どちらからでも挿入できる


「逆から挿入したらどんな感覚が襲ってくるのだろう」
そんな妄想も貫通式ホールなら叶えられます

一つのホールで二通りの楽しみ方ができる


これも貫通式ホールの長所です



 メリット3:初めから貫通しているので突き破る心配がない


管理人は通常より少し長めのモノ♂のためによく長さが足りないホールを突き破ってしまいます

 突き破ったホールのリストはこちらから



こちらの「貫通式」のホールは初めから貫通しているので
そんな心配することも無くガンガン突けるのがメリットです


管理人同様短いホールは突き破ってしまう運命にあるモノ♂の持ち主は
「貫通式」ホールの購入も念頭に置いてみてはいかがでしょう?


 

     「貫通式」デメリット


デメリット1:包み込まれる感触が無い


オナホは「非貫通」であるからこそ女性のモノ♀に包み込まれている感触を
疑似的に味わうことが出来る


しかしそれが「貫通式」になってくると「モノでしごいている」という
現実に引き戻される感はある



「竿を根元から先端まできちんと包まれて果てたい」と考えている場合は
ちょっと刺激不足だと感じるだろう



 デメリット2:片付けが大変


「非貫通」式の場合は底が塞がれているので「中田氏」することにより
ナカに注ぎ込むことで外に飛び散るのを防げます

「貫通式」の場合はゴムでもつけていない限りモノ♂の先端が外に露出するので
果てる時は周りに飛び散らないように普通の手コキのように
ティッシュか何かで押さえる必要があります


ホールでのプレイなのに手コキと同じように
果てる瞬間ティッシュを用意しなければならないという事に
「めんどくささ」を感じるのならこれはデメリットになるでしょう






   「ちつにくぷにぷに」レビュー



 「貫通式ホール」の良いとこ、悪い所はここまでに本商品をレビューしていきます
このホールは「三重構造」というなかなか挑戦的な構造をしており


「やわらか外部」と「内部の高刺激構造を支える中間層」と「高刺激内部構造」
(こういう三重構造を贅沢かつ緻密に詰め込めてこの低価格なのは
おそらく貫通式かつ短小ホールだから?だと思います)


この「三重構造」がいかなる快感をもたらすかと言うと・・・

私は「まだ名前がありません」VS「温泉欲情」対決企画
にて「オナホの理想形は外部が柔らかく、中身に弾力素材」と述べました

これを満たす条件のホールとなると「二重構造」が考えられますが
これに「中身の弾力素材の支柱、ボーン的な存在として第三の中間層が入るとどうなるか」
と考えた場合この「三重構造」がもたらすモノ♂への刺激は・・・



「中間素材がしっかり“支柱”的存在を果たすことにより
内部の高刺激素材がよりハッキリと、かつネットリと強調され
より緻密に内部構造を味わうことが出来る」



これは盲点でした

今まではマイベストホール「まだ名前がありません」


における「二重構造」が私の理想とする刺激

「挿入時は柔らかく挿入後は弾力を」を現す理想の構造だと思っていましたが
「中間にまた別の層が存在する」ことで
こうも内部素材の良さや弾力が浮き彫りになるのかと感心しました


「自分が求める究極のホール」の答えは「三重構造」にあるのかもしれない


すなわち「まだ名前がありません」においてもあれが「理想の完成形」ではなく
あのホールに「骨となる中間層」を組み込むことでまた
新たな進化の可能性に満ちていると言えるのだ





   「ちつにく ぷにぷに」の挿入感




 「三重素材」の一層目

入口と外部のやわらか素材は感度抜群
ここを突いているだけでも「やわらか気もちよさ」がモノ♂伝わってきます


そして「二層目」の中間素材によってより繊細に引き立てられる「三層目」の内部構造

無数に刻みこまれた弾力のあるヒダが「二層目」に押し上げられる形で貫通式でありながら
容赦なくモノ♂をキュウキュゥ締め付けてくれる


ミチミチと狭い中間地点を抜けて「無次元加工」地帯をグリグリと押し進み
ヒダが荒くなってくる最奥でカリに引っかかるように絡みついてきて・・・



最奥を抜けて貫通した先っぽ♂から容赦なく発射!!



高刺激素材の良さが「三重構造」によってくっきり浮かび上がる

かなり「良い」ホールでした

最初は「貫通式?」とその性能を疑っていたのですが
モノ♂が短い分かなり精工に造られており、先端♂をいじめるにはもってこいの造形



「貫通式」である以上「空気抜きによるバキューム」は発生しない物の
構造的テクニックで締まりも十分


「貫通式」でありながら「高刺激」と「締まり」「絡みつき」などの課題をクリアしてかつ
「安価」であることでかなりの高水準ホールに仕上がっていることは確か


値段は倍になっていいから同じコンセプトでちゃんとした
「中型非貫通ホール」が欲しくなってくるところです



これを機にマジックアイズの三重構造中型ホールを買いあさって
「三重構造は究極のオナホになり得るのか」検証していければなと思っています


下手したら「名無し」を超えるかもしれないホールが「三重構造」ホールには
眠ってそうですし





     こんな人にオススメ!





①「貫通型」に対する「気持ちよくないんじゃないの」という偏見をお持ちの方

②「三重構造」がもたらす「内部構造の快感」の浮き彫りを体感してみたい方

③上記二つの「体感」を安価で、「多重構造」ホールの開発力に定評がある
マジックアイズのホールを安価でまずは「お試し」してみたい方





   総評・・・88点



刺激・・・★★★★★:みっちりネチネチミチミチな内部構造「高刺激」判定
耐久・・・★★★★★:はじめから貫通しているので突き破る心配無し!
肉厚・・・★★☆☆☆:小型ホールなので見た目相応

使いやすさ・・・★★★★★:小さい分ストロークしやすい!
コスパ・・・★★★★★:1500円以内で買えてしかも壊れない!
締まり・・・★★★★☆:「貫通型」故バキュームは発生しないが
「中心層」が内部構造を支えているのでモノ♂への絡みつき十分!


長さ・・・★☆☆☆☆:12.3cm・・・貫通式なのでここは諦めましょう
硬さ・・・★★★☆☆:柔らかい外部と弾力のある内部なので平均値は★3






    初心者オススメ度・・・★★★★★




「オナホの王道は非貫通式」だと示したが初めてのホール、および初心者にもオススメできる

理由は「手コキとは違う、オナホでしごくことの気持ちよさ」を実感するには
「ストロークしやすさ」と「安価」そして「気持ちよさ」を備えたこのホールは
「貫通式」でありながら「初めてのホール」としても手に取りやすい特徴を捉えているから



このホールを手に取って「オナホでプレイする事の気持ちよさ」を理解した上で
非貫通式を購入したり時々こっちのホールに戻ってきたりすればいい







     腰振りプレイ対応度・・・★★☆☆☆




管理人のライフスタイルと化したプレイ方法「腰振り」に必要な快感増幅 ウレタンヒップ


この「ウレタンヒップ」との相性は「悪い」判定の★2となる

理由は「貫通式」であるが故発射するときはウレタンヒップの内部にぶちまけてしまう事

このホールで腰振りするとかなり気持ちよいのですが後片付けが大変です


事後に念入りにふき取るかゴムを着けてプレイするか
発射の瞬間に引き抜いてティッシュに出すか


他の「非貫通式」と比べて「腰振り」プレイを楽しむ場合は少し工夫が必要になってくるでしょう




    貫通式にした事により短いがきっちりコストをかけれれて
  「気持ちよく」もできる!貫通式ホール代表の一角
  「ちつにくぷにぷに」は下記のリンクから!!




                  価格:1274円:NLSで詳細を見る
                  
                  価格:1395円:DMMで詳細を見る




  このレビューページの目次





 
                  トップへ戻る


関連する記事をタグで検索する オナホレビュー 貫通式 三重構造 高刺激 80点台 マジックアイズ



関連記事