「温泉欲情」と「まだ名前がありません」ともに現時点で
最高評価である95点のホールの対決企画

この記事は「後編」ですのでご注意ください
前編の記事はこちら


 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!

温泉修整 温泉欲情
VS
代替テキスト まだ名前がありません


ROUND2 完全決着編









     2R目:種目:中盤までの内部構造  



さあ、2ラウンド目が始まりました!最奥までは挿入せずに
「途中まで」モノ♂が入っていきます!


その感触は・・・!?


おおーっと!?「温泉欲情」側のモノ♂が悲鳴を上げている!
こ・・・これは・・・!?



気持ちよすぎてもう果てそう・・・!?
内部にみっちりつまった「四つの太縦ヒダ」が容赦なくモノ♂を
刺激する!

その「縦ヒダ」にみっちり刻まれた「横ヒダ」もモノ♂を責め立てている!


ゾリゾリとモノ♂を削るような感覚に耐えられない!

これは高刺激ゾーンだ!




 対する「まだ名前がありません」側の内部構造は・・・!?


内部付近のイボ付きの突起とゆるやかかつ細かいヒダ構造!
こちらもかなり気持ちよさそうだ!!


こちらもやや「高刺激」寄りな快感がモノ♂の先端をいじめている!!


が、しかしここで「温泉欲情」側のモノ♂がギブアップ!?

な、なんと迷わず即判定!?


「中盤までの内部構造」対決を制したのは・・・「温泉欲情」!?

ナニがどうしたと言うのだ!?
そんな簡単に決めてしまっていいのか!?その判定の理由は!?




  「イレ始め」から「中盤」にかけての正解は「高刺激」!?  


なぜか「温泉欲情」側に挿入していたモノ♂が息を切らしながら
しきりに「もう十分だ」「温泉欲情の勝利だ」と悲鳴を上げている・・・!?
その理由は!?



オナホの理想は最奥で果てるために最奥を若干刺激を緩めにした
「休憩」ポイントにして中盤付近までの構造が「高刺激」である事


「高刺激」ゾーンで悲鳴を上げたモノ♂が
「一休み」ポイントを探して最奥でにゅぽん♪と顔を出す
その瞬間に果てることが出来れば最高の快感を得ることが出来る
これが理想的なオナホプレイの全容です



その点今回の勝者「温泉欲情」はかなり凄かった

太ヒダがゾリゾリとモノ♂を容赦なく攻めていく様はまさしく
「最奥で果てる」ために導く高刺激構造


普通のプレイならば「最奥」で一休みしながら
また「高刺激」ヒダゾーンに責められてを繰り返すのですが

この対決企画のために「中盤」で寸止めして高刺激ゾーンだけを攻めていく
のは刺激が強すぎてモノ♂が悲鳴をあげてしまうのです


「まだ名前がありません」中盤も負けずに適度な「高刺激」ゾーンを
備えてますが「温泉欲情」のそれには一歩及ばずと言った所でしょうか


「温泉欲情」のヒダ構造は
もっといじめてえええええええ

と思わず声が漏れそうになるほどの「超攻撃型」構造です




 ここまで来て「理想のオナホの構造」という物が見えてきました


「入り口付近は低刺激、中盤までは高刺激、最奥でまた低刺激」
これが自分にとってオナホの「答え」である事を学習しました



1R目で「名無し」が勝利したのはまさしくこの「理想」のごとく
「外部構造が温泉欲情より柔らかい」事による「緩やかな刺激」を
与えてくれていたからだと思います


上記の「理想」の構造だけみればまさしく「名無し」がそれに近いんですけどね

「高刺激ゾーン」だけの判定で言えばこれは確実に「温泉欲情」の勝ちです



 と言うわけで1ポイント返した「温泉欲情!!」ここまでの成績は
1-1のタイ!!決戦は3ラウンド目に持ち越された!

果たしてその種目は!?






  3R目:種目:最奥までの構造と絶頂感とバキューム    




 さあいよいよ最終種目!
奥まで挿入して感度を噛みしめる!

「温泉欲情」側は「掻き分ける」快感が気持ちいい「無次元加工」!
「まだ名前がありません」は空気抜きによる「バキューム力」を伴う「ストレート加工」!!


そこに差異は生まれるのか!?


おおっと!さきほどのラウンドを制して波が来ている「温泉欲情」側のモノ♂が
またもや悲鳴を上げている!?


最大の武器であった「極太縦ヒダ」ゾーンはまだまだ続いている!?
しかもそれがカーブを描いて「奥へ奥へ」とモノ♂を誘っている!?

ゾリゾリとモノ♂をいじめる感覚にKO寸前か!?



 「まだ名前がありません」側のモノ♂ものたうち回っている!

いままでの高刺激ゾーンから解放されて「お部屋」に顔を出す瞬間
にゅぽ♪と音を出して解き放たれる瞬間がたまらなく気持ちよさそうだ!!


しかもこちらには・・・「温泉欲情」には無いバキューム力がある!
キュゥゥゥウと締め付けられてモノ♂が恍惚の表情を浮かべている!!


バキューム力と極太ヒダ!!甲乙は着けられるのか・・・!?



ここでKO!同時にKO!

まさかのダブルノックアウト!!同時に挿入したモノ♂が
同時に昇天!!




両者気持ちよさそうに痙攣している!


さあ判定は!?どちらが「より」気持ちよかったか!?









引き分け!?ここにきて!?






「最奥構造」と「バキューム力」の勝負は一長一短!?
どういう事でしょうか!?



  「無次元加工」と「ストレート加工」の差異、その長所短所が      
  惜しみなく発揮された3ラウンド目!!                


 「無次元」における「掘り進む」快感
「ストレート加工」によるバキューム力に強さ

それが両者最大限に発揮されたラウンドであり
それぞれの「足りない」部分も最大限に出てしまった試合!!


「温泉欲情」にはバキューム力が
「名無し」には「無次元加工」特有の快感が欲しくなってくる
そんな試合展開!

これは甲乙をつけがたい!


その判定が「引き分け」になるのは無理がない!!

このまま「同着」のまま決着してしまうのか!?

この企画自体が茶番に終わってしまうのでしょうか・・・!?




         完全決着編       



 1ラウンド目:名無し 2ラウンド目:温泉欲情 3ラウンド目:勝者無し


このまま両者同着のままフィニッシュしてしまうのか!?この企画自体が無駄骨だったのか!


おおっとここで最終判定が下されます!!








勝者!!「まだ名前がありません!!」






な、なんと!?唐突に「まだ名前がありません」に勝利判定が下った!?
いきなりどうしたというのだ!?「決着は着けられない」と双方のモノ♂が
(亀)頭を抱えていたのに何故「名無し」に勝利者宣告が!?


その理由を聞いてみたいと思います!!




 確かに判定は難しかった・・・だから最終的には
「自分のモノ♂」の好みに合わせることにした



「一般大衆に受けそうか」の議論は出尽くしたので最終的には
自分のモノ♂と相談


それにより少しでも二つのホールに「差」が生じるのであれば
それを掘り下げて優劣を決めていきたいと思った



    決め手は・・・「素材」の違い!?



 「まだ名前がありません」は「やわらか外部素材」と「弾力を伴った内部素材」
の「二重構造」。対する「温泉欲情」は「そこそこ弾力を伴ったやわらか素材」の単一構造


「まだ名前がありません」の素材は終始管理人のモノ♂が理想としている
「やわらか」(入口)→「弾力」(内部)の流れでしたが


「温泉欲情」の素材は「外部素材としては硬く、内部素材としては弾力不足」
(それでもかなり高水準に仕上げているが)

これを決め手にしました


すなわち「内部素材の弾力」がもうすこし「温泉欲情」にも欲しかったと
「まだ名前がありません」と比べた場合ほんの少し感じてしまったので


これを「差異」とみなして「まだ名前がありません」がわずかにリードし勝利した
といった感想でしょうか





  初代王者!!「まだ名前がありません」!!   



 👑
代替テキスト 




守り抜いた!!2014年以来管理人のモノ♂を捉えて離さない
「名無し」が新勢力「温泉欲情」の追い上げを逃げ切り初代王者に君臨した!!


 結論:同じ95点だが「より上位」なのは「まだ名前がありません」
しかしながら「温泉欲情」の「95点」判定を取り消すつもりはない



いやあ、接戦でした・・・最終的な決め手が「素材」という事は
仮に「温泉欲情」が「名無し」と同じ二重構造ならより高い点数だったかもしれないという事


後は「長さ」的に「突き破る心配がほぼ無い」「17.5cm」の長さが
「温泉欲情」にも欲しいという事でしょうか


そこまでするともう「管理人専用温泉浴場」になってしまい
万人から高い支持は受けないでしょうけどね


果たして「まだ名前がありません」、彼(彼女?)を超えるホールはこの先
現れるのか・・・!?


対決企画第一弾はこれにて終了させてもらいます!





  全国的に品薄が続いている新勢力!!    
 「温泉欲情」は下記リンクから!!      



     

      価格:2698円:温泉欲情 DMMで詳細を見る

      価格:3153円:温泉欲情 NLSで詳細を見る



  長年管理人のモノ♂を掴んで離さない!!                 
 マイベストを守り切れるか!?「まだ名前がありません」は下記リンクから!! 



      価格:2808円:まだ名前がありません NLSで詳細を見る
                  (この商品はNLSオリジナル商品です)


     「まだ名前がありません」を含むセット商品


      価格:5280円:おなほデビューパック NLSで詳細を見る

      価格:5800円:オナホ天国 NLSで詳細を見る



関連記事をタグから探す: オナホレビュー 非貫通式 中刺激 90点台 トイズハート



 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!


                トップに戻る




関連記事