今回は再レビュー記事です

Ju-C


検索結果からここにたどり着いた人にはトップページから見てもらう事を推奨します






旧記事はこちら


 万人にとっての「スタンダードホール」とは何かを考える     


※スタンダード・・・標準的であるさま
このブログでは「万人受け」しそうなホールの基準として使う



「一番売れている」のがスタンダードなら「TENGA」で間違い無いでしょうが
まったく私には適合しませんでした

個別レビュー記事はこちら↓
公開停止中


「TENGA」には私と同じような「微妙」な感想を抱いている人も
ちらほらいるみたいです


他のジャンルのモノであるならば(例:マックのハンバーガー、HIKAKIN)
「一番数字を出しているもの」が「万人にとってそこそこの数字になり得るモノ」
になり得ますがそれらが「90点台」「100点」に到達することはありません


なぜなら供給する側が「100人に80点つけてもらう」事をコンセプトにしているので
(これはHIKAKIN氏が実際に著書などで発言していた事です)


(といっても、私にとってHIKAIN氏の動画は60点くらいですが)


「一部の人には90点以上つけてもらえるモノが他の人のとっての0点」
のような人によって選り好みするコンテンツでは成り立たないのです


しかし私にとって「TENGA」は「60点~80点」のようなコンテンツにはなり得ず
手コキを「50点」と定めた場合の基準でそれよりは多少マシである「55点」を定めました


故にこのブログでは「一番有名なホール」を「万人にとってのスタンダード」
の指針とはせず「実際の使用感」で「万人が70~80くらいの点数ならつけそう」
なホールを探していくことにしました


今回紹介するJu-C(1)はそんな「スタンダード」に即したホールです


ちなみにJu-C(2)の方は柔らかさ故(1)より好みが多少左右するかな
と思い今回は(1)の再レビューです


 Ju-C(2)のレビューはこちらから↓




 ここら辺がスタンダード!!その1:内部構造 


ホールには大きく分けて「無次元加工」と「ストレート加工」が存在します

それぞれの構造を簡単に説明しますと

「無次元加工」は穴の構造がうねるような不規則な曲線

「ストレート加工」は奥まで比較的真っすぐな穴の構造


「無次元加工」はかきわけるような快感がメリットであり
デメリットは「洗いにくい」事と「モノ♂によっては奥まで楽しめない」事


「ストレート加工」は「無次元加工」における「肉を掻き分ける快感」を
排除した代わりに「使いやすさ」「洗いやすさ」を備えてます


こちらの「Ju-C」は「ストレート加工」を選択

いい判断だと思います



「初めてホールを購入する人」にとっておおよその
「手入れ方法」を把握していただくためには「使いやすさ」を考慮した
「ストレート加工」を手に取ってもらうのが一番ですからね



中身構造も「ホールとしての基礎」をみっちり詰め込んでおり

入口は粗目かつ大きめのヒダ構造で「ビラビラ」を楽しんでもらうためのモノ
その次はモノ♂に押しつけて楽しむ「イボ」構造

その次に今度は「細かいヒダ」がゾリゾリっと責めていき
「事前に大きなヒダで予習しておいて良かったね」と言わんばかりの
「入り口のヒダとはまた違った快感」が襲っていき


最後はイボ構造の「お部屋」と先端でチロチロと鈴口を刺激するための
「突起」が待ち構え

「発射」まで高めるための構造が無難かつみっちり詰まったホールとなっています



「初めての人がホールはこういう構造」という「基礎勉強」にもなると同時に
その「基礎」が濃密度で詰まったホール

それがこの「Ju-C」だと私は思いました



個人的には最奥の「先端チロチロ」が今まで管理人が経験した
他のホールには無かった特徴なのである意味これが
「Ju-Cならではの個性」と言い換えられますが




 ここら辺がスタンダード!!その2:長さ、持ちやすさ、突起  



長さは中型ホールの基準と言われる「14cm~15cm」を少し上回る「16cm」

少し長めのモノ♂を持っている管理人には長めに作ってもらい使いやすかったです
(それでも長さが足りずに半年に一度は突き破りますが)


平均の人も平均より若干大きめの人も楽しめる「長さ」

平均未満の人を切り捨ててる感も多少ありますが無理やりねじ込めば
ある程度解消するのでこの「ターゲット層」も間違いでは無いと思います


「長すぎない長さ」であることで「持ちやすさ」も兼ねており
「標準的な使いやすいホール」を極めた造形だと思いました


そして「突起」


「エアダッチ等に取り付けるためのモノ」であり
「腰を振っているうちにドール内へと埋もれていく」のを阻止する構造


これは地味ながらいい心使いだと思いました


これに関してはエアダッチより「快感増幅 ウレタンヒップ
による腰振り方法が最適だと思いますけどね







 ここら辺がイレギュラー!「値段」!!  


ここからは「スタンダード」から逸脱している部分をあえて指摘




「値段」がショップによっては3000円超えてしまう問題
(といっても超えるのはこのホールの入荷ルートが
いまいち確保できてないNLSのみだが)


アマゾンで買う事で2300円に抑えられますが知らなければ
NLSで3000円以上出してしまう所でしょう


3000円のホールとして考えた場合は割高ですし

2000円未満で買える良ホールとして世間での評判も高い
「ヴァージンループシリーズ」もありますが




まずはひとまず「ホールのスタンダード」としてこちらを購入した上で
「ヴァージンループ」を購入


その上で「Ju-Cよりも気持ちいいので良い買い物だった」とか
「Ju-Cよりも良く無かった、安ければこんなものか」と個別で判断すればいいのです








 総評・・・88点(前回は89点)     


刺激・・・★★★★☆:「ホールとしての基礎」の集合体が「高密度」で詰まっている
耐久・・・★★★☆☆:半年に一度は開通イベントが発生する
肉厚・・・★★★☆☆:スタンダード

使いやすさ・・・★★★★★:「スタン」を極めているので他のホールよりも独走トップ
コスパ・・・★★★☆☆:今現在は2000円未満で良ホールが氾濫している
締まり・・・★★★☆☆:標準的。空気抜きによるバキュームもそこそこ発生する

長さ・・・★★★☆☆:16cmあるがこれでも管理人にはすこし短め
硬さ・・・★★★☆☆:女性そのものとしては硬いがホールとしては標準的


初心者オススメ度・・・★★★★★:上述の通り「極スタンダード」的な
コンセプトのホールなので「初めてのホール」としてダントツでオススメ




 万人がそこそこ気持ちよく!!「基礎を極めた」スタンダードホール 
「Ju-C(1)」は下記リンクから!!                 



   

    価格:2295円:Ju-C 1 DMM販売ページへ

    価格:3218円:Ju-C NLS販売ページへ



関連する記事をタグから探す: レビュー 非貫通式 80点台 中刺激 




関連記事