今回は【オナホレビュー:オナホ紹介編】です。
「A10サイクロンSA」や「A10ピストンSA」でおなじみのブランド「VORZE」から「U.F.O. TW」をレビューしていきましょう。




簡易総評:93点


代替テキスト


 前作の「U.F.O. SA」から順当に進化した本作。
なんと「ワイヤレス」仕様になって「未来のヴァーチャルセックス」感が増しました。

「T.W」は「Water-proof(防水)」「Wireless(無線)」「Warmer(温感)」の「Three-W」を意味しているらしいです。
※通販サイトNLSからの説明丸コピー

中でも「自動で温めてくれる」機能は画期的であり、いままでは乳首に冷たい物が当たって「ひゃうっ」と声を上げるしかありませんでしたが「人肌の温度に温めてくれる」おかげで「リアルに舌を使われている」という快感がプラス。

代替テキスト


さらに乳首を舐めまわす直に当たる部位のパーツが大型化して使いやすく。
前作ではこちらがもどかしく感じた人も多いのではないでしょうか?

代替テキスト

スマホでリモコン代わりに操作することも可能。

そして同社ホール「A10サイクロンSA+」と同じく「AVとの連動」に対応しており「アダルトフェスタ」にて対応ビデオを購入すれば「AV女優の舐めに連動して動く」事で「リアルに女優に舐められている」という錯覚を得ることも可能!

VRならさらに没入感アップ!!

「サイクロンSA」と同時に使用することも可能というのも神采配です。

おちんちんも乳首もAV女優をVR空間に召喚していじられ放題!
レッツヴァーチャルセックス!!


「乳首舐め」の経験の無い人もこのリニューアルを機に購入を検討してみては?



U.F.O. TW:紹介記事予定地


もくじ


「U.F.O.シリーズ」とは?


代替テキスト

簡単に言うと「乳首を舐めてくれる」電動アダルトグッズ。
この2つの装置をそれぞれブラのようにハメてスイッチを入れる事により専用のアタッチメントが回転して…

「舌で舐められているような電動」をしてその触感を乳首に伝えてくれます。

「乳首舐め」の快感とは?男でも感じられる?




大丈夫です。男も乳首は重要な性感帯です。舐められてピクンピクン体が跳ねて…
舌先で舐められながら…手コキされて…

そのような「ヴァーチャル体験」もこちらの「U.F.O. TW」と「A10サイクロンSA+」と「対応AV」と「VRゴーグル」があれば完全再現!?

NLSからイラストを拝借するとこんな感じでヴァーチャルセックスが可能になります。

代替テキスト


「U.F.O. TW」その仕様


その1:ワイヤレス


代替テキスト


 これが一番の「革新」では無いでしょうか。
「U.F.O.」と「U.F.O.SA」は「本体から伸びるコード」がもどかしい物であったのに対してこちらは「ケース自体が充電器」の役割を果たしており、完全に独立したモノとしてプレイすることができます。


その2:ウォーマー付与


代替テキスト


 充電クレイドルには「ウォーマー機能」付き!
これがどういう事かというと「充電しながら発熱・保温」を行う事が可能という事。

「乳首」というのは心臓に近い位置にあるためか温度以上の「寒さ」を体感してしまいます。

しかしこちらの「U.F.O. TW」なら充電器にセットしてるだけで発熱・保温が可能。

代替テキスト

「人肌の温度に温められた舌オブジェ」ににゅるんにゅるんと撫でてもらえます。

その3:防水


代替テキスト

 この手の「電動グッズ」はその性質故「水の弱い」のが今までの常識でした。
こちらの「U.F.O. TW」は完全防水。

ローションのヌメりをしっかり落とすことができるようになりました。

その4:AVとの連動


 そして最大の目玉。「簡易総評」でも書いた通りに「アダルトフェスタ」で販売している対応ビデオとこちらの「U.F.O. TW」を連動させることによって「動画の乳首舐めに合わせて連動して稼働してくれる」という機能。

代替テキスト

VRで視聴することでさらに「目の前に本物の女優が現れて乳首を責めてくれる」体験が可能に。

乳首をいじったことのない男性はこれを機に好きな女優と一緒に「乳首責め」を開発してみては?

「U.F.O. TW」その使用感


「舌のアタッチメント」の質が、柔軟で舌のようなリアルさ。
人肌並みに温めることで、単純なアダルトグッズの使用感を超えます。

同時に「回転」して舐められる様は「複数人の女性に責めれらている」感触を味わえてピクピク腰が浮きます。


 特にオススメの回転刺激は初期位置の単一方向回転の【白】かランダムの【赤】
「A10ピストンSA」でもそうでしたが、色々電動パターンがあっても結局はスタンダードな「単一方向の電動」が一番良く感じるモノです。
代替テキスト


非常にリアルで有機的な舌使いに「理想の人物といつでもヴァーチャルセックスできる未来」を感じずにはいられませんでした。


「U.F.O. TW」その他注意点


前作「SA」から「劣化」した点



代替テキスト


 いいとこばかり挙げていてもステマを疑われるだけなのできちんと「劣化点」を述べていきます。

まずは「回転の速度」を変更できなくなった点。
パターン変更のみで速度の変更はなぜかオミットされています。

次に「充電時間が長くなったこと」

「SA」の時ほど30分ほど充電時間が長くなっており、「すぐに使いたい」場合ほどもどかしく感じます。

「SA」と「二つ持ち」でも構いませんが値段も張ってしまうのでしっかりメリット、デメリットを見極めた上でどちらを購入していくか決めていきたいところ。

個人的には「舌」部分のオブジェがしっかり「大きく」て舐めまわしもリアルなこちらの「TW」をオススメしますけどね。

商品ページリンク


代替テキスト
※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

「U.F.O. TW」関連記事


これらと一緒にプレイすれば乳首もモノ♂も責められまくり!!





以下余白


あいうえお


関連記事
カテゴリ
タグ