今回は【個別オナホレビュー】です。マジックアイズから「キツキツな挿入感」が魅力的な「くぱぁトリップ」の3種のレビューをしていきましょう。

「初代くぱぁトリップ 」
及び

「くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁」

及び

「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」

ですね。

※もう少し↓から記事が始まります

「マジックアイズ社」を含むオナホメーカー各社の個人的見解はこちら!





代替テキスト

くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁:簡易総評:88点(前作は87点)



 初代「くぱぁトリップ」もこちらも「内部構造の立体感」及び「生体っぽさ」が凄い!と評価してきました。

その例に漏れずにこちらの「くぱぁトリップゾリゾリ」も内壁の立体感とゾリゾリ感が凄い一品です。

さらには前作の外部素材は「ゴムタイヤっぽさ」が出ていたのですがこちらの「ゾリゾリ」は「すじまんくぱぁろりんこクリスタルハード」などと同じ「透明のクリスタルのような見た目の素材」

見た面の綺麗さもあり、肌触りも前作よりもよく、弾力もしっかりしている。
このような点も「プラス評価」と捉えて前作よりも高得点を点けさせていただきました。


 挿入感は「3本」だった縦ヒダが「5本」に増えた事でさらにニョリニョリ感、ゾリゾリ感が強化。
代替テキスト

前作以上に「ゾリゾリ感がありながら生物っぽさもある」挿入感が強化され、窮屈な内部にキュッと締め付けられる快感!

このシリーズ特有の「普通の女の子では満足できなくなるかも!?」なキツキツな内部に思わず即イキ!前作以上の評価とさせて頂きました。




くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁:簡易総評:87点



代替テキスト


 こちらはその名の通り外部素材および内部素材を柔らか系に変更した「まったり特化型」の「くぱぁトリップ」


その名の通りふにょふにょと内部素材が絡みつき、「ゾリゾリ特化」だった「初代」と上記の「ゾリゾリ五連硬質壁」に比べると異質な挿入感。

これも悪くない使用感だったのですが、やはり「容赦なくゾリゾリと攻めてくるゾリゾリ五連硬質壁」と比べると内部構造の立体感やゾリゾリ感が薄れてしまい、「普通のまったり系ホール」といった感想を持ってしまったので「初代とは相互互換の点数」と考えて同じ87点をつけました。

これで「外は柔らか、中身は硬いまま」だった場合は双方がより引き立って別の評価をしていたかも!?

 しかしながら「やわらか素材」になったことで「にゅちょにゅちょ感」「ねちょねちょ感」がアップして「非実在のグロ系触手ホール」として考えた場合は威力十分!


さらには柔らかくなったことでギリギリ「電動オナホール」に互換できそうなところも高評価ポイント!(この文章を書いている時点では検証していません)
2020/03/10追記:互換できませんでした


上述の「ゾリゾリ五連硬質壁」は初代くぱぁトリップの完全上位互換ですが、こちらの「まったり」はまた違った快感性能として別個に楽しめる実力は備えてます。





初代くぱぁトリップ:簡易総評:87点

詳しいレビューは追記文で!

代替テキスト


 前回と同じく「かなりキツく」それでいて「生体っぽさ」を失わない内観が絶妙に調和した「技術力が詰まった」といえるホールであり「マジックアイズの良さ」が前面的に出た一作。


真っ赤かつクリアボディな「ミミズヒダ」がニョリニョリとモノ♂を削ってくるとともに「根元から精液を吸い取ろうとするキツさ」が他のホールには無い「高刺激快感」を生み出してきて良い感じです。

代替テキスト

これに慣れてしまうと本当にパッケージ通り「他の女の子(オナホ)」では満足できない身体になるかも!?

代替テキスト

この手の「硬素材」「高刺激」系のホールは「キツさ」や刺激を求めるほどに「おもちゃっぽい挿入感」に寄ってしまうジレンマがあります。

しかしこちらの「くぱぁトリップ」はそんな中でもしっかりと「有機的な挿入感」も感じさせてくれる一品。

マジックアイズの技術力に感謝しながら激しくシゴいて即ヌキ発射いたしましょう。




くぱぁトリップ新作2種レビュー【くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁】&【くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁】【個別オナホレビュー】


もくじ


ここから「くぱぁトリップゾリゾリ五連硬質壁」の詳細長文レビュー

もくじ





「くぱぁトリップ」とは?



 マジックアイズ社から発売された「ゴリゴリ系の高刺激ホール」でありながら「生体っぽいニュルニュル感」も両立した新感覚ホール。



代替テキスト

三方向からの「縦ヒダ」がうねりながらゾリゾリとモノ♂を削る構造であり、「キツさ」も抜群、高刺激に振り切ったホールであり、パッケージの文句通りに「本物の女の子では満足できなくなるかも!?」な挿入感!

この繊細かつ大胆な内部構造が表現できるのはマジックアイズ社の技術力ならでは!?

「真実の口」「すじまんくぱぁろりんこ」とともに「マジックアイズの人気シリーズ」として今後の展開げ期待されていたタイトルでしたが、この度2バージョンの派生作が登場いたしました!


【くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁】とは?



 上記の「くぱぁトリップ」がさらに「高刺激特化」に進化したタイトル。

代替テキスト

「三つ」だった縦ヒダが「五連」に進化し、さらなる「キツさ」「狭さ」「ニュルニュル感」「ゾリゾリ感」が強化されました。

さらには「ゴムタイヤっぽかった」黒い外観も透明で綺麗な「クリスタル素材」へと変化。

代替テキスト

見た目の効果も相まって

「肌触りが良い感じに変化」

「内部構造の強化」「前作以上の洗練された高刺激快感」


と捉えて管理人:神楽ちんずりの中では「前作の完全上位互換」と捉えた一品でございます。


くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁:その外観、内観、触感


その外観


代替テキスト

 いつも通り「17ボルドー」との比較。
平均的なホールよりちょっと短いと言った所ですね。

その内観




 前作の「三本」だった縦ヒダが「五本」に増えてさらに「キツさ」を身に着けた「高刺激特化」ホール!

その触感





 他の「硬素材系ホール」と同じく伸び、しなりはともに控えめの弾力重視の素材です。

くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁:その外観、内観、触感


入口部分


代替テキスト

「んふうっ!亀頭にジョリッと来て圧迫感もたまらないッ!高刺激ホールならでは!」

※声は出さずにプレイしましょう

 ローション注入のためのくぼみを通ると「くぱぁ」と待ち受ける「入口部分」

亀頭がニョリッ!ジョリッ!と削られてキュッと締まり…


「高刺激ホール」の魅力がこれでもかと詰まった入口部分です。

中央部分


代替テキスト

「フオォォッ!ギュルギュルと吸い込まれりゅうううっ!ひねりが最高やッ!」



 【中央部分】は五本の縦ヒダが「ひねり」を加えながら奥へ奥へと誘う「スパイラル部分」
ゾリゾリと削られながらもニョリニョリと「吸引」されていき、根元から搾り取られるような高刺激快感に身が震えます。

「五本」に増えた事で「三本」だった前作以上の高刺激快感を味わえます。

最奥部分


代替テキスト

「徐々に狭くなる消失点構造ッ!はあああん!亀頭がキュウウっとしまりゅうううう!」



 【最奥部分】は徐々にホールの穴が閉じていく「消失点構造」
入口、中央とニョリジョリと削られた亀頭に容赦なく「キュッ」と締め付けて「高刺激快感のとどめ」を促します。

引き抜いた時


代替テキスト

「反対方向に流れるニョリニョリッ!挿入時より強い刺激快感ッ!!」



 引き抜くことによって構造が元の方向へと押し戻る、通称「寄せては返す波」が発生!

※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」分かりやすく言えば「反発力」です

挿入時よりも強いニョリニョリ感ジョリジョリ感に亀頭、竿を撫でられて…

思わず…ウッ!!


その射精感、イキ顔


ビュビュッ!びゅっ!





「高刺激系ホール」で抜いた時の典型的な射精感。
「勢いはあるが射程は短い雑な射精感」でした。


くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁:まとめ


  • 前作よりもキツくしまり、ニュルニュル絡みつく!

  • 「引き抜いた時」のゾリゾリ感も前作以上!

  • 見た目も綺麗


  • 短所は特になし



総評:88点


刺激・・・★★★★☆
内部素材のコリコリ感が「高刺激」判定
耐久・・・不明
不明、購入後3か月未満
肉厚・・・★★★☆☆
標準的な肉厚感
使いやすさ・・・★★★★★
非常に使いやすい大きさ
コスパ・・・★★★★★この快感力で2000円前後の最高コスパ
締まり・・・★★★★★
ばつぐんの締まり性能!
長さ・・・★★★☆☆
「15㎝」の「標準」判定
硬さ・・・★★★★☆
外は弾力のある素材、中身はゾリゾリしながらもニュルニュルさも演出する良素材
快感性能・・・★★★★★
最高ランクの快感性能
速射性能・・・★★★★☆
「即ヌキ」性能も良好!
空気抜き対応度・・・★★★☆☆
「空気抜き」に依存する構造ではない
素材の質感・・・★★★★☆良好な素材を使っていると判定(当社比)
余白余白

空気抜き:オナホを最奥から押しつぶして、または途中まで挿入して最奥を握って内部の「空気」を抜いて「オナホとの密着感」を高める行為

商品ページリンク


代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

ポイント還元の恩恵があるので「NLS」での購入が断然オススメです

上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表

「くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁」その他情報


初心者オススメ度・・・★★★☆☆


 「初めてのオナホール」として考えた場合は「ちょっと考えよう」判定の★3!

硬い素材、キツイ内部、非実在系グロ構造という点が「初めて」には向かずにこれに慣れてしまうと「他のオナホではゆるく感じる」かも!?


彼氏へのオススメ度・・・★☆☆☆☆


 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合は「オススメできない」★1判定。

わざわざパッケージに「普通の女の子じゃ満足できなくなるかも!?」と書かれているのに、このようなリアルマ〇コよりもはるかに高刺激なオナホールを使用するメリットはないでしょう。

彼氏が早漏過ぎて困るとかでもない限りは


「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマル系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りオナニー方法」の対応パターンは「パターンA:要補助、スッポリハマる系」!!

       代替テキスト


 「スポンジシート」で補助が必要な物の「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン
非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます





電動オナホールとの互換パターン:互換不可


代替テキスト


 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定



専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)



マイベストホール「まだ名前がありません」との対比:優れてる部分、劣っている部分



 管理人のベストホールである「まだ名前がありません」と当記事でレビューしているホールとの対比で「名無しより優れている部分」「名無しより劣っている部分」をハッキリさせます。

どんなホールも「ベストホール」には総合力ではかないませんが、「勝っている尖った部分」もあるのでそれを浮き彫りにすることでさらに「どのホールを選ぶべきか」という指針となるでしょう。


くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁勝っている点



コスパの良さ

「まだ名前がありません」は2800円
こちらは2000円前後で購入できるので「2500円以上のホールは高い」と捉える場合は値段的なアドバンテージでこちらを選ぶ理由にはなります。

密着感・狭さ

「まだ名前がありません」よりも構造が詰まっており、ヒダでゾリゾリ根元でキュッと締め付ける構造。より「高刺激」なホールをお求めならこちらのほうが優先度が高くなります。


くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁劣っている点



リアルな挿入感・長期的な快感

「くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁」はいわゆる「非実在系」であり「高刺激快感」に特化した構造。

一方「まだ名前がありません」は余計な構造はあまり使用せずニュルニュルと絡みつく癖になるリアルマ〇コ的快感。

「高刺激ホール」は短期的な爆発力はありますが「毎日使用しても飽きない程の中毒性」という点ではリアル系ホールに劣るといった印象

一度飽きたら期間を空けてから再び使用しないと少しマンネリします。

「電動オナホール」との互換性

「まだ名前がありません」はそのスタンダードを極めた扱いやすいサイズがゆえに「A10サイクロンSA」などの「電動オナホール」などにも使用できます(ただし自己責任で)

こちらの「くぱぁトリップ ゾリゾリ五連硬質壁」は「硬素材による弾力感、高刺激感」を出してしまったために「電動オナホ―ル」にはハメられない事に。

「電動オナホール」との互換プレイを考えている方は「まだ名前がありません」の方が優先されますね


関連記事



前作の「初代くぱぁトリップ」のレビュー記事はこちら!

類似ホールのレビュー記事検索はこれらのタグをクリック!





ここから「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」の詳細レビュー記事


代替テキスト

もくじ



「くぱぁトリップ」とは?



 マジックアイズ社から発売された「ゴリゴリ系の高刺激ホール」でありながら「生体っぽいニュルニュル感」も両立した新感覚ホール。



代替テキスト

三方向からの「縦ヒダ」がうねりながらゾリゾリとモノ♂を削る構造であり、「キツさ」も抜群、高刺激に振り切ったホールであり、パッケージの文句通りに「本物の女の子では満足できなくなるかも!?」な挿入感!

この繊細かつ大胆な内部構造が表現できるのはマジックアイズ社の技術力ならでは!?

「真実の口」「すじまんくぱぁろりんこ」とともに「マジックアイズの人気シリーズ」として今後の展開が期待されていたタイトルでしたが、この度2バージョンの派生作が登場いたしました!

【くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁】とは?


 上記の「くぱぁトリップ」が「柔らか素材」になって「にゅちょにゅちょ感」「ぐちょぐちょ感」に特化させた一作。

代替テキスト

元々が「ゾリゾリ特化」ながらも「生物(ナマモノ)っぽさ」を失わない内部構造であったため「まったり素材」への変化の相性も抜群!

くちゅくちゅ、ふにょふにょと絡みつく触手たちにゾワゾワと快感が高ぶり…

「高刺激快感」である前作とは一長一短の「相互互換」と捉えました。

くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁:その外観、内観、触感


その外観


代替テキスト

 いつも通り「17ボルドー」との比較。
標準的なホールよりもすこし短めですね。

その内観


代替テキスト
※NLSからのキャプチャです。拡大機能は使えません

非常に有機的でグロく、にゅちょにゅちょとした挿入感が予測できそうな内観。
「初代」や「ゾリゾリ版」とはまた違った快感が楽しめそうです。

その触感


代替テキスト

伸び、しなりともにかなりの物、やわらかさに自信ありと言っています。

くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁:その挿入感


入口部分


代替テキスト

「にゅるにゅると飲み込まれていく亀頭ッ!これはこれでまた違った気持ちよさッ!!」


※声は出さずにプレイしましょう

 【入口部分】は初代やゾリゾリ版と違い「にゅちゅうっ」といやらしい音を立てて亀頭を飲み込みます。ふにゅふにゅとした素材の触感が非常に心地よいです。

中央部分


代替テキスト

「ニョリニョリ感のなかにもたしかな立体感!ヒダの輪郭が浮かび上がるッ!」



 ニョリニョリとしたヒダに剃られながら【中央部分】へと進入!
やわらかかつくちょくちょとしたヒダながらも「立体感」を感じる事が出来て非常に心地よいです。

最奥部分


代替テキスト

「ねっとりとひろがる最奥部分ッニュルッと亀頭に絡みつくッ!!」



 初代や「ゾリゾリ版」のキュッと締まる【最奥構造】とは違い、ねっとりとひろがるように絡みつく挿入感。

亀頭にニュルニュルとした縦ヒダが触手のように撫でてきて体を快感でピクつかせます。

引き抜いた時


代替テキスト
「やららかなヒダがソリソリと亀頭を押してくるッ!まったりながらたしかな立体感ッ!」


 【引き抜いた時】ふわふわのヒダがソリソリと亀頭からカリにかけてなでまわす「いやらし触手的快感」

まったり触感ながら確実に立体感とヒダの感触を与えてきます。

「イクために必要な快感刺激」を損なわずに的確にあなたのモノ♂にヒダ感を与えてきます。


まとめ


  • ニュルニュル、ふわふわ感強化でいやらしく絡みつく!

  • やわらか素材ながらヒダの立体感も健在ッ!



  • 素材も柔らかくしたため突き破りやすい

総評:87点


刺激・・・★★☆☆☆
「まったり系」判定
耐久・・・★☆☆☆☆
検証中に底を突き破りました
肉厚・・・★★★☆☆
標準的な肉厚感
使いやすさ・・・★★★★★
非常に使いやすい大きさ
コスパ・・・★★★★★この快感力で2000円前後の最高コスパ
締まり・・・★★★☆☆
素材が柔らかくなった事で締まり性能は標準的に
長さ・・・★★★☆☆
「15㎝」の「標準」判定
硬さ・・・★☆☆☆☆
やわらか素材判定
快感性能・・・★★★★☆
高ランクの快感性能
速射性能・・・★☆☆☆☆
「即ヌキ」には向いてない
空気抜き対応度・・・★★★☆☆
「空気抜き」に依存する構造ではない
素材の質感・・・★★★★☆良好な素材を使っていると判定(当社比)
余白余白

空気抜き:オナホを最奥から押しつぶして、または途中まで挿入して最奥を握って内部の「空気」を抜いて「オナホとの密着感」を高める行為

商品ページリンク


代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です
ポイント還元の恩恵があるので「NLS」での購入が断然オススメです

上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表

「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」その他情報


初心者オススメ度・・・★★★★☆


 「初めてのオナホール」として考えた場合は「オススメできる」判定の★4!

「まったり系」に変化したことで非実在・グロ系構造ながら「初心者にもオススメ」判定に変化。


彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆


 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合は「その人次第」★3判定。

刺激が強すぎるタイプでは無いのでゾリゾリ版よりはオススメできますが、この非実在グロ構造に「人間以上」を感じてしまい貴女とはセックスレスになる可能性も!?


「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマル系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りオナニー方法」の対応パターンは「パターンA:要補助、スッポリハマる系」!!

       代替テキスト


 「スポンジシート」で補助が必要な物の「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン
非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます





電動オナホールとの互換パターン:互換不可


代替テキスト


 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定



専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)



マイベストホール「まだ名前がありません」との対比:優れてる部分、劣っている部分



 管理人のベストホールである「まだ名前がありません」と当記事でレビューしているホールとの対比で「名無しより優れている部分」「名無しより劣っている部分」をハッキリさせます。

どんなホールも「ベストホール」には総合力ではかないませんが、「勝っている尖った部分」もあるのでそれを浮き彫りにすることでさらに「どのホールを選ぶべきか」という指針となるでしょう。

くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁勝っている点



コスパの良さ

「まだ名前がありません」は2800円
こちらは2000円前後で購入できるので「2500円以上のホールは高い」と捉える場合は値段的なアドバンテージでこちらを選ぶ理由にはなります。

柔らかさ・ねっとり感

「まだ名前がありません」も使いやすいねっとり感はあるものの、あくまで「中刺激」レベル。「まったり特化系」ホール特有の素材の柔らかさやねっとり感を求めるならこちらが優先されます。


くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁劣っている点



万人受けしそうな快感

「まだ名前がありません」は万人受けしそうな「リアルマ〇コホール」ですが、こちらの「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」は非実在系・グロ系ぐちょぐちょ挿入感。

「より万人にオススメできるかどうか」で言えば「名無し」に劣るでしょう。

「電動オナホール」との互換性

「まだ名前がありません」はそのスタンダードを極めた扱いやすいサイズがゆえに「A10サイクロンSA」などの「電動オナホール」などにも使用できます(ただし自己責任で)

こちらの「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」は「素材の柔らかさ」は申し分ないのですが、幅が微妙に大きいため「電動オナホール」にはハマらず。

「電動オナホール」との互換プレイを考えている方は「まだ名前がありません」の方が優先されますね


「くぱぁトリップ まったり生体柔軟壁」関連記事


前作の「初代くぱぁトリップ」のレビュー記事はこちら!
代替テキスト
くぱぁトリップ:硬素材ながらナマモノっぽい触感で即イキ!【個別オナホレビュー】

「くぱぁトリップゾリゾリ版」のレビュー記事はこちら!



ここから「初代くぱぁトリップ」のレビュー記事の記述(2019/12/14の記述)


 今回は【個別オナホレビュー】です

「マジックアイズ」から発売されている「くぱぁトリップ」をレビューしていきましょう

2019/12/08 書き直し作業開始



くぱぁトリップ:その外観、内観、触感



その外観




 歯車の装飾が散りばめられたメカニックな外観

よもやオナホールとは思われませんね





 そしていつも通り「ボルドー」との比較。「横」は分厚いですが、長さは負けています


その内観


くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

 赤黒い内部構造がグロくもエロい!



その触感

くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

「伸び」、「しなり」双方控えめの「硬素材」判定です

くぱぁトリップ:その挿入感


入口部分


くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

 「四方からニョリッと迫るミミズヒダ!亀頭が圧迫されりゅう!」


※声は出さずにプレイしましょう


 【入口部分】から「高刺激・硬素材系」特有の「キツキツ」な感じで亀頭をキュッと責めてきます。

「●●ちゃんのおマ〇コキツいよお!もっと力を抜いてくれなきゃ入らないよお!」というキモい台詞と妄想がはかどる挿入感まちがいなし!


中央部分


くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像
 「ゾリゾリと締め付ける中央部!ミミズヒダの立体感がモノスゴイッ!」


 【中央部分】にまで掘り進める事でかなりのゾリゾリ感が亀頭、竿にかけてのしかかります。その立体感に思わず「あっあっ」と小刻みに震える高刺激快感に身が悶えました。



最奥部分


くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

 「キ、キツスギィ!アアアッ!もうイ、イグッ!」




 【最奥部分】にまで挿入するとホール全体をつかってキツーく締め付けてきます。
根元から吸い取られるような吸引力に

「こんなにキツく締め付けるなんてよっぽど俺のが欲しかったんだね!」とキモい妄想に浸れます。



引き抜いた時


くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

 「くあああああっ!ゾリゾリが反対方向に返ってくる!史上最強の返す波かもしれん!」


 【引き抜いた時】に生じるゾリゾリ感は「挿入時とは逆方向に流れる」ことで「挿入時以上の高刺激快感」が生まれるいわゆる「寄せては返す波」を発生!


※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」分かりやすく言えば「反発力」です


容赦なくモノ♂を削っていくそのゾリゾリ感に

「離す気が無いよね!よっぽどこのままでいたいんだね!」というキモイ妄想がはかどります。


くぱぁトリップ:その射精感、イキ顔



 どぴゅるっ!びゅっ!ぼびゅっ!びゅっ!








 「高刺激・硬素材ホールでイった時」の典型例、「射程が短く、勢いがものすごい」射精感でした


くぱぁトリップ:まとめ



  • キツキツでありながら生体っぽさを失わない!

  • ゾリゾリ感は史上最強!?


  • ユル系ホールではイケなくなるかも!?


くぱぁトリップ:総評:87点



刺激・・・★★★★★
「高刺激」判定
耐久・・・★★☆☆☆
3カ月以内に底を突き破ってしまいました
肉厚・・・★★★☆☆
標準的な肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆
そこそこの使いやすさ
コスパ・・・★★★★☆2000円前後で買える良コスパ
締まり・・・★★★★★
構造がミチミチに詰まっている
長さ・・・★★★☆☆
「15cm」の「標準」判定
硬さ・・・★★★★☆
外部は硬素材、内部はニュルニュル
快感性能・・・★★★★☆
高ランクの快感性能
速射性能・・・★★★★★
「即ヌキ」性能は最高
空気抜き対応度・・・★★★★★
☆「空気抜き」しやすいゆるやかなスパイラル構造
素材の質感・・・★★★★☆良好な素材を使っていると判定(当社比)
余白余白

空気抜き:オナホを最奥から押しつぶして、または途中まで挿入して最奥を握って内部の「空気」を抜いて「オナホとの密着感」を高める行為


 このホールを突き破ったら「TENGAエッグ」で補修しよう!


商品ページリンク


代替テキスト
※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

ポイント還元の恩恵があるので「NLS」での購入が断然オススメです

上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表

初心者オススメ度・・・★★★☆☆


 「簡易総評」で申し上げた通り「初めてのオナホ」として考えた場合は「あまりオススメできない」判定の★3

かなりキツく、非実在な挿入感なので「初めて」に使った場合他のオナホがゆるく感じてしまうかも?



彼氏へのオススメ度・・・★☆☆☆☆


 「彼氏へのプレゼント」としてこのホールが適しているかどうか
こちらの項目においては「オススメしかねる」判定の★1ですね

「このキツさ」に慣れてしまったら貴女ではゆるく感じるかも!?



「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマル系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りオナニー方法」の対応パターンは「パターンA:要補助、スッポリハマる系」!!

       くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像


 「スポンジシート」で補助が必要な物の「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン
非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます






「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



くぱぁトリップ個別オナホレビュー記事画像

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定
専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)




以下余白

関連記事