今回は【管理人の抜き所】内カテゴリから【同人エロゲレビュー】です。

「KENZsoft」から発売されている「超★痴女メイド」シリーズ「1」「2」をレビューしていきましょう。






痴女メイド2イラスト


もくじ



超★痴女メイドシリーズとは?


 同人サークル「KENZsoft」から発売されている同人エロゲーム。
綺麗かつ滑らかな3DCGで描かれたメイドとひたすらHを繰り返すゲームです。

「紳士としての作法」を身に着けるためにあなたのお屋敷へと派遣されたメイドの「りおな」
その作法とはセックスの手ほどきの事であり、毎日りおなとのエッチ漬けにおぼれていくプレイヤーは…

…と「メイド」というシチュエーションなら誰もが考え付きそうなストーリーでひたすらHシーンを鑑賞できる本作。

痴女メイドイラスト

綺麗な3DCGで描かれたおっぱいがぶるんぶるん震える!という長所の他に「淫語機能」というのがON/OFF切り替えが可能であり、これは「りおなの心の声」を音声化する物。

表面上は「メイドとしての立場」でセックスをてほどく「りおな」の「ご主人様のち〇ぽに早くまたがりたい!」という「メスとしての本性」が露になる機能です。

これがかなり強烈に管理人:神楽ちんずりの嗜好に突き刺さり、「メイドとしての立場とちんぽを求めるメスとしての本能とで葛藤するりおな」という演出と捉えてフル勃起!

「俺のち〇こを健気に欲しがっているりおなちゃん」に愛おしさも覚えました。



 華奢でありながらグラマラス!幼さの残るルックスに糸を引く鮮やかな液体表現!

おっぱいはぶるんぶるん震えて好きなシチュエーションでヤりたい放題!!

そして「心の声」では激しくちん〇を求める「欲しがりなりおなちゃん」モード!

ストーリーはあって無いような物でここから状況が一変したりしない所も高評価ポイント。

寝取りに来る男のキャラクターや「りおな」が突然姿を消すと言ったこともなく最初から最後まで安心して「使え」ます。

最初から股を開いてるデレデレメイドとひたすらラブラブ生ハメHを繰り返すだけのゲームですね。

値段も手ごろですが、ゲームとしてのボリュームが足りないと感じるかもしれません
ですが「Hシーン一点特化のビューワー」として割り切れば値段以上の感動はあるはず。




※FANZAでは不定期に割引が発生するので正確な値段は表示できません

「同人エロゲーム」とは?及び「同人エロゲーム」を選ぶ理由


 いわゆる「同人サークル」によるエロゲームです。


「同人」を簡単に説明すると「一般エロゲ市場では流通されていない作品」を販売しているサークルや会社の事。

それだけで食っている人もいれば会社員の副業として営んでいる人もいる多種多様な世界です。

一般市場に商品が出回らないため知名度などでは劣る物の「あままみ」などの「版権モノが元ネタの作品」を著作元に内緒で作れたり(実際は著作元が黙認)ソフ倫ほど縛りがキツくないので表現の幅が自由だったり(ただしモザイクは必須)

規制の緩さにアドバンテージを感じてあえて同人界隈でずっとやっていくという決心をしたメーカーもある程です。


 誰もが参入できる市場であるため有象無象ではあるものの、中にはプロ顔負けの作品が埋もれていたり「あのアニメのあのキャラがそんないやらしい事を!?」みたいなそのキャラが好きな人にとっての「お宝」が発掘出来たりなど一般エロゲ市場と同等に無視できない存在だったりします。

なにより価格が安いゲームが多いことが魅力。


高くても3000円ほどで手に入るゲームが多く、「自分のベストオカズ」を吟味するにはかなり手ごろな価格です。

市場に出回っているエロゲーほどのボリュームは無いとしても「抜き所」「Hシーンまでの時間の短さ」などの「一点特化型」の作品が多いので「お気に入りのあのキャラの二次創作エロゲー」や「お気に入りのシチュエーション」などで検索してポチッてみるのも悪く無いと断言できます。


超★痴女メイド(第1作):88点


痴女メイドイラスト2


 一作目からCGのクオリティは十分!

揺れるおっぱいに糸を引く体液!

そしてち〇こを求めるりおなちゃんの心の声!


強いて「残念な点」を挙げるとすれば「パイズリ」が存在しない事。

複雑なモーションを要求されるせいで技術を求められるのかこれは「2」までお預けになります。


※FANZAでは不定期に割引が発生するので正確な値段は表示できません

超★痴女メイド2:89点


痴女メイド2イラスト2

あいうえお
関連記事
タグ