今回はカテゴリ選択に迷ったのですが「オナホコラム」として展開していきます。
先日から書き直しを始めていますこちらの記事


に並行する形で「管理人の現在のオナニースタイル」から3つの主要プレイスタイル
「ウレタンヒップによる腰振り」「据え置きオナホール」「電動オナホール」
におけるそれぞれの「メリットとデメリット」を解説していこうと思います。





デメリット込みで振り返る「管理人のオナニースタイル主要3種」解説【ウレタンヒップによる腰振り】【据え置きオナホール】【電動オナホール】【オナホコラム】


もくじ


スタイルその1:「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」





 こちらが管理人の鉄板スタイルで「一番使用回数が多い」プレイスタイルです。
「オナホールを1か所に固定できるグッズ」にハメてからモノ♂を挿入。「身体全体で腰を振ってストローク」することで「本能に基づいた実に興奮できるオナニー」(もはや疑似セックス!?)が楽しめます。

その快感度は「オナホールだけのストローク」のざっと6倍!?(当社比)


この快感を覚えてしまうと「ただの手コキ」や「オナホールでの手コキ」では満足を得られなくなります。

ゆえに管理人はまず「手コキ」「オナホコキ」は除外して最低でもこの「腰振りオナニー」かそれ以外かでその日のスタイルを決めます。


 「おっぱいを揉みながら腰振りしたい!」という場合もあるので「ウレタンヒップ」の上に「おっぱいグッズを着けたぬいドール」を乗せてプレイする場合も。

関連記事:

最近ではこの「ぬいドールとウレタンヒップとの併用」が「より質量やおっぱいも同時に感じられて良い!」と感じてしまうので単なる「ウレタンヒップとオナホールだけ」も卒業しつつあります。


オナホール部分と固定グッズ部分が別々なので洗浄も面倒では無い所も高評価ポイントですね。

このスタイルのメリット


 手軽さ

後述する「電動オナホール」や「据え置きオナホール」での手間が挟まるプレイと違い、「ウレタンヒップにオナホールをぶち込むだけで準備完了」という手軽さが魅力的。

「オナホでの手コキ」の快感度を10と捉えると「60」くらいの快感度のオナニーがすぐに楽しめます。



 価格の安さ


「電動オナホール」「据え置きオナホール」でのプレイに比べると「価格面」でも優位に立てるのが「ウレタンヒップでの腰振り」の強み。

すでにお気に入りのハンドホールを所持している人なら「快感増幅ウレタンヒップ」(4000円程)を購入するだけで「あのお気に入りのホールが腰振り大型ホールに早変わり!」というアドバンテージを得られます。

そして上述と同じく「オナホだけの6倍の快感(当社比)を得られるという「費用対効果」の上昇率も魅力的です。



関連記事