今回は【個別オナホレビュー】です。
絶賛したグロ系イボホール「天下一穴」からマイナーチェンジバージョンである新タイトル

「天下一穴 挟まれ変化」をレビューしていきましょう。



前作のノーマル版「天下一穴」のレビュー記事はこちら!




天下一穴 挟まれ変化個別オナホレビュー記事アイコン大

簡易総評:92点(前作は91点)

詳しいレビューは追記文で!


 「挟まれ変化」という名称通り前作から「挟まれ具合」が強化された一作。
上下二か所に「圧迫ポイント」が設置されており、これにより上下両方からキュッと締め付けられる快感が「天下一穴」に加わりました。

天下一穴 挟まれ変化圧迫ポイント


これにより「ゴニュゴニュとした弾力のあるイボを楽しむ」構造であった前作とはちがい、「ニュルニュルと密着感を楽しめるホール」という差別化に成功。

「イボの弾力を楽しむ」前作の「天下一穴」「イボの吸着感を楽しむ」今作の「挟まれ変化」と言った総評。

そして管理人の個人的な好みは「弾力のある挿入感」よりも「隙間なく絡みつく感じ」の方が好き

と言う事でこちらの「天下一穴 挟まれ変化」の方が「総評は上」と判断し1点多い「92点」という判定。



 とはいえ完全に弾力を失ったわけでは無く、前作からの「ゴニュゴニュとしたイボの感触」はある程度残しつつ「ニュルニュルとした密着感」をバランスよく取り込んでいるところがまた高評価ポイント!

前作をプレイしたかたはもちろん、前作を買いそびれた方も「ここから」天下一穴に触れてみるのも良いと思いましたね。




以下追記文

天下一穴 挟まれ変化:ゴニュゴニュとしたイボが狭く締め付ける!密着感が強化されたグロ系ホール!! 【個別オナホレビュー】


もくじ



前作の「天下一穴」とは?




 「ヴァージンループ」でお馴染みRIDE社から発売された「久しぶりに大きなヒットになりそうなタイトル」(そして予想通りヒットしました)

「イモムシ」と形容できるグロ系のイボがひしめく内部構造にゴニュゴニュと擦りつける挿入感が「ヴァージンループシリーズ」とは方向性の違う快感を生み出し、一気に「即ヌキ」することもイボの感触を楽しみながらフィニッシュする「スロープレイ」も両方可能な優良タイトル。

天下一穴内部構造


外部のやわらかな素材が「肉厚さ」を演出し包まれ心地は抜群。

硬めの内部素材との調和的挿入感があなたのモノ♂を襲います。


 今回マイナーチェンジ版「挟まれ変化」が登場したという事はさらに「別素材」だったり「内部構造の変化版」を登場させる可能性も有るという事。

同社商品で息の長い「ヴァージンループシリーズ」のように「新しいシリーズタイトル」として末永く愛され続けて欲しい一品ですね。

天下一穴 挟まれ変化:その外観、内観、触感


その外観


天下一穴 挟まれ変化その外観


 いつも通り「17ボルドー」との対比。
「長さ」もあり、底も厚いホールという印象ですね。

その触感


天下一穴 挟まれ変化触感


 「しなり」はそこまでではありませんが外部素材が柔らかいため「伸び」がかなり良いですね


その内観


天下一穴 挟まれ変化内観


 先ほども言った通り「上下からせりあがる肉壁」によりモノ♂に密着し、締め付ける挿入感が味わえる一品。前作からの変化に期待です。

前作「天下一穴」との共通の構造としてはやはり「グロ系のイボがひしめく非実在構造」
オナホを数々経験してきた今なら「気持ち良いとわかる断面図」ですが、初心者の頃なら裂けるタイプの内観ですね。


天下一穴 挟まれ変化:その挿入感


入口部分


天下一穴 挟まれ変化入口部分

「上下のイボからの圧迫っ!初代天下一穴以上の密着感を感じるっ!!」


※声は出さずにプレイしましょう


 【入口部分】から最大の特徴である「上下からのイモムシイボの圧迫構造」が待ち受けます。
前作同様ぶにゅっとしたイボに押されて亀頭が快感ダメージを受けたのもつかの間、上と下から「強襲」する大き目のイボたち。

亀頭が上と下のイボに圧迫されて開始早々「即イキ」しそうなほどの高刺激快感が襲います。


中央部分


天下一穴 挟まれ変化中央部分
「ニュルニュルと吸い込まれていく中央部分っ!それでいてイボ達が果敢に攻めてくるッ!!」


 【中央部分】は抽送しやすい「ストレート加工」
真っすぐに近い構造でありながらこの「イモムシ状のイボ」がぶにゅぶにゅと攻めてくるので飽きない心地よさです。

最奥部分

天下一穴 挟まれ変化最奥部分
「亀頭に突き刺さるイボがとどめを刺しに来る!根元を捉える入口構造もまた良いッ!!」


 【最奥構造】は亀頭にイボがぷちゅぷちゅと突き刺さる「とどめ」と言わんばかりの構造。
さらに根元部分に「入口部分」の構造が「噛みついて」来るので「根元、竿、亀頭全てから一気に搾り取られる」かのようか快感がこみ上げてきます。


引き抜いた時


天下一穴 挟まれ変化引き抜いた時

「ゴニュゴニュ感が反発!イれるときよりも物凄いっ!!」



 【引き抜いた時】に生じる刺激感はいわゆる「寄せては返す波」と言われる「挿入時よりも強い刺激の快感」が発生!

※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」分かりやすく言えば「反発力」です

さらに「入口部分」の上下からの段差がカリにプチュッと絡んできてあなたを「尻ピクけいれん」からの根元から吸われる無様なフィニッシュへと導きます。


天下一穴 挟まれ変化:その射精感、イキ顔


ぼびゅーっ!びゅっ!びゅっ!びゅーっ!!





 高刺激系では珍しい「勢いがあり、遠くの的を射るような射精感」でした。

関連記事:「幸せ射精君」セクシーグラビアページ



天下一穴 挟まれ変化:まとめ



  • 初代天下一穴以上の密着感!管理人の好みはこっち!

  • グロ系イボの弾力も健在!

  • 単純な高刺激快感は前作の方が上?


14日間無料!エロVRを定額で見放題!PICMO

天下一穴 挟まれ変化:総評:92点



刺激・・・★★★★★
「高刺激」判定
耐久・・・不明
不明。購入後3カ月未満
肉厚・・・★★★★☆
標準より上の肉厚さ
使いやすさ・・・★★★☆☆
大きさもあるので使いやすさは少々落ちる
コスパ・・・★★★★☆2500円代と高コスパ
締まり・・・★★★★☆
前作より内部が詰まってる!
長さ・・・★★★★☆
「18cm」の「ちょい長」判定
硬さ・・・★★★☆☆
外部は柔らかく、内部は硬い素材
快感性能・・・★★★★★
「90点台」の文句のない快感力!
速射性能・・・★★★★☆
「即ヌキ」にも対応可能!
空気抜き対応度・・・★★★★★
「空気抜き」しやすいストレート構造!
余白余白


空気抜き:オナホを最奥から押しつぶして、または途中まで挿入して最奥を握って内部の「空気」を抜いて「オナホとの密着感」を高める行為


天下一穴 挟まれ変化:商品ページリンク


天下一穴 挟まれ変化個別オナホレビュー記事アイコン


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております



上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


天下一穴 挟まれ変化:その他検証項目


初心者オススメ度・・・★★☆☆☆(前作は★3)


 「初めてのオナホール」として考えた場合は「オススメできない」判定の★2!

初心者が敬遠しがちな「グロ系」の内部であり、値段も前作よりも上。
高刺激で実際のマ〇コとは全く異なる挿入感なので「初めて」のホールとしては選び難いというのが本音。

しばらく「オナホール」という物に触れていけばこの「天下一穴シリーズ」の断面図を改めてみた時、「これは気持ち良くするために理にかなった構造だったんだ」と実感するでしょう。




彼氏へのオススメ度・・・★☆☆☆☆


 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合も「オススメできそうにない」★1判定。

「初心者オススメ度」と同じく、あなたの彼氏さんがオナホールに疎かった場合このホールの内観を見て「グロくない?」とちょっと引いてしまうかも。

内容も高刺激系なので下手にハマったら貴女では満足できなくなる!?


「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンB:要補助、長さが余る系




          代替テキスト

 「横幅」が足りなく補助を必要とするが「長さ」は余り気味のため
写真のように若干ハミでるタイプ
「しっかりとモノ♂を勃起させて挿入する」直線的な力を加えることで
「腰振り」が可能になるパターン




「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



代替テキスト

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定



専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)



天下一穴 挟まれ変化:関連記事




関連外オススメ記事はこちら!

「まだ名前がありません」を選ぶ「6個」の理由!1位は譲らず! 【オナホレビュー:このオナホを選ぶ10の理由編】(現在は6個)


A10サイクロンSA+PLUS 回転電動ホールで自動射精!!【電動オナホレビュー】+最新レビュー記事


以下余白

関連記事