今回は【オススメオナホランキング】です。
前回の「シーズン4」から半年経過しようとしているので最新ランキングとして「シーズン5」を展開していこうと思います。
前回のランキング「シーズン4」はこちら!

なお、先に終了した企画「第3回天伽(てんが)一抜刀会」のネタバレを含みますのでご注意ください。


もうすこし↓から記事は始まります
                                                                  
もくじ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

部門別オススメオナホランキングシーズン5 触手裏剣シリーズ襲来!


代替テキスト

ここで紹介しているホールは主に以下のサイトでそろえた物です。


第3回天伽(てんが)一抜刀会 優勝、準優勝ホール




 先に企画が終了した「第3回天伽(てんが)一抜刀会」の優勝、準優勝ホール。

今回はかなりの大混戦だったため、優勝、準優勝ホールはオナホ業界全体で見てもかなり上位種のホールである事が断言できます。



👑1位:温泉欲情


 こちらは言わずと知れた有名な品薄ホールですが、このブログでは「実力派ありながら無冠」という「M-1グランプリでいう笑い飯ポジション」にずっととどまっていました。(あちらも最後の最後で優勝したところを見るにこのホールとの共通点がありますね)

管理人のベスト1ホールを決める企画にて「まだ名前がありません」に敗北。

ここで仮に「温泉欲情」が勝ち上がっていたら「管理人のベストは彼女だったのではないか」と思える程重要な分岐点であり、以後「まだ名前がありません」関連記事はこのブログでぶっちぎりのアクセス数を稼ぐことに。

 その後「まだ名前がありません」を敢えて「参加不可」にした企画「第1回天伽一抜刀会」にて「名無しがいなければ温泉欲情が優勝するだろう」という前評判の「優勝候補NO1」のホールでしたが、「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」に敗北。

続く「第2回」でも「決勝トーナメント(ベスト8)」には進出できたものの、まさかの1回戦落ち。ここで「温泉欲情」を下した相手は「ドルフィン!」と優勝争いをする「天下一穴」ですので組み合わせに恵まれてさえいれば「ベスト3」には食い込めたはず?(いや、ちょっと苦しい言い訳か)


 と、言うように「実力はあるんだけどなかなかタイトルに恵まれない」という「永遠の2番手」的ホールでしたがこの度見事優勝!名実ともに「管理人のベスト候補」に恥じないホールとして王冠を飾りました。



 肝心の使用感はと言うと、「ストレート加工」「無次元加工」に次ぐ「オナホの第3の王道構造」と言える、「スパイラル構造」がニュルニュルと容赦なくモノ♂を撫でまわす!



代替テキスト

「柔らか」でありながら「極太」で肉の圧力を与えてくる「極太ミミズヒダ」が「台風の目」のように奥へ奥へと吸引してジョリジョリ、ニュルニュル、ちゅぱちゅぱとモノ♂を責めてきてあっという間に中毒状態!

まさしく「名湯にいつまでも浸かっていたい」と思えるほどの体験を味わえるホールです。



2位:ヴァージンループエイトロングハード


 「ヴァージンループシリーズ」の中でもオナホール全般で見ても「最上位」に迫る快感力を持つ「エイトロングハード」が今回、準優勝を飾りました。

「4本」だった縦ヒダの数が一気に「2倍」の「8本」へと強化。

ゾリゾリ感が強調され、「ハード素材」になったことで「鋭さ」を伴いながらモノ♂に高刺激快感を与える超攻撃型ホール!

「挿入時のゾリゾリ」はもちろん、「引き抜く時のゾリゾリ」も身体が悶えるほどの快感力で「初めて」このホールを使用した時は温めていたのも相まって1分も持たずに昇天してしまいました。


「初めて使う」または「久しぶりに使う」際の一瞬の爆発力は上位の「温泉欲情」よりも高いと感じました。



管理人のお気に入り部門




 管理人が個人的に「毎日使っていても飽きない!」と思えるほどの神ホールたち。
なお、上述の「第3回天伽一抜刀会」にてベスト3のホール「三種の神器」の一角、「温泉欲情」がランクインしているため、その他のホールが繰り上がる形でランクインしている。



 もはや「NLSオリジナル商品の代名詞」を通り越して「このブログの代名詞」とも言える程何度も何度もプッシュしている商品。

このブログのアクセス数でぶっちぎりで一位なのはこちらの「名無し」の関連記事です。

2019/08/20現在でブログ内最高得点の【96点】を保持しているホールであり、これからも「これを超えるホールが現れない」ゆえに「97点」に格上げされる予定の、まさしく「管理人:神楽ちんずりの永遠のマイベスト」と言えるホール。



 その挿入感を簡易的に説明すると、あまり派手な内部構造は使わず、それでいてねっとりとイボやヒダなどのスタンダードな構造が絡みついてくる「リアル志向ホール」

ニュルニュルと吸い込まれていくような挿入感がたまらなくクセになり、「高刺激ホール」の挿入感に比べると「なんだ、大したことないじゃないか」と思われがちですが、ストロークを長く続けていくうちに「離れられなくなる、この刺激感を永遠に続けていたい」となる魔性の挿入感。


まさに「ヒトが最終的に求める最も気持ちいい膣内はヒトの物」という検証結果が実証されたかのような体験でした。


 サイズも手ごろである事が「電動オナホール」との互換性、拡張性に優れていたり値段も3000円を切っているという良采配。

ありとあらゆる切り口から見ても「スキがない」と言える、まさしく「永遠の王者」と断言できるホールです。



第2位:ドルフィン!




 こちらは「第1位」の「まだ名前がありません」の「ヒトが一番気持ちいと感じる膣はヒトの物」という説を覆す?「イルカの膣」というインパクト抜群のモチーフで造られた大魔王オリジナルオナホール。


「海中で♂の精子を漏らさず受精するために吸着力が進化した」と言われるイルカの♀の膣を分析し、それを再現。


人間のそれ以上にヌメヌメしてチュプチュプとモノ♂に絡みつくそれはまさしく「異種間セックス」と言える新体感!


オナホールという手段でそれを疑似体験できる時代になったことは素晴らしき事かなと思いました。


ドルフィン!パッケージ



 こちらのホールは「レビュー1回目」の段階では「80点台」という控えめな点数でしたが、使用回数を重ねるごとに、「アレ?これってどのホールよりも気持ち良いんじゃない?」とクセになっていきついには「管理人のベスト3」である「94点」という点数にまで食い込むことに!



まさしくパッケージ通り「ふれあうたび、おぼれる」という結果になった魔性のホール。現実にもイルカとズルズルと性的な関係に「おぼれてしまう」関係者はいるみたいですね。



第3位:すじまんくぱぁろりんこ処女宮(バルゴ)





 こちらは前回のランキングでも「ベスト3のうち欠けた穴」を埋める形で「管理人のマイベスト部門」に食い込んだホール。

なので今回は「別のホールを3番目に持ってこようか」と思って「90~94点」のラインのホールを見直したのですが、やはり「今回も繰り上がるとしたらこのホールしかありえない」結論に。


疑似処女膜解説写真




 「すじまんくぱぁろりんこシリーズ」とは、「わずかに穴が通った疑似処女膜構造」を持ち、「何度も処女膜を擦りつける挿入感が味わえる、永遠の処女」とも言うべき挿入感のホールたち。


その中でもこちらの「処女宮」は「初代ろりんこの2倍の質量」を誇る「圧倒的肉厚ホール」であり、その包まれ心地や挿入感も圧巻。


大きな肉に、そして疑似処女膜にモノ♂が包まれることで男としての本能は満たされ、むさぼるように腰を振ってしまいあっけなくフィニッシュ!


その快感力はかなりの高評価判定であり、「第一回天伽一抜刀会」にて上記の「温泉欲情」を破り、「初代チャンピオン」に輝いたホールでもございます


皆様も是非、「半永久的に処女でいてくれる理想のマ〇コ」を味わってみてください。





中刺激部門



 オナホールとして「高刺激」にも「まったり系」にもなりすぎない、「ちょうどいい塩梅」の刺激のホールを示す言葉が「中刺激」。
ハッキリと違いの分かる「高刺激」「まったり系」でない限りタグ分けは行わないため、このブログでは過半数のホールがこの「中刺激」の属する。

殆どの人が「高刺激系」や「まったり系」に走った後、「やっぱり一番良い刺激感は中刺激」として戻ってくると言われている(当社比)




👑第1位:くノ一淫法 ダブル触手裏剣



 こちらは「限りなく高刺激に近い中刺激ホール」という枠なので、ランクインさせるのはどうかと思いましたが、久しぶりの「オススメオナホランキング」なので「新規ホールを参入させよう」という試みでいきなり1位にランクイン。

こちらはサブタイトルにもあるように管理人:神楽ちんずりが「このシリーズを攻めていく」と決めた「触手裏剣シリーズ」からの刺客。


 「六方向からのミミズ触手構造」に若干「ひねり」を加えて「絡みつき」を強化したシリーズ。

その中でも「ダブル」は「外部の柔らか素材」と「内部の硬めの素材」が奇跡的な調和をしており、「内部のヒダの立体感が強調される」挿入感へと昇華。


そのゾリゾリ感に思わずあっという間に昇天してしまい。初登場ながら「中刺激」部門で堂々のNo1を飾る事となりました。


第2位:R20




 前回は「中刺激部門1位」だったこちらは「2位」に落ち着くことに。
といっても、いつも「中刺激ベスト3」には食い込んでいますがね。

全長が長く、大口径ホールのこちらは「空気抜き」の具合を変えることで「ガバ穴系」にも「キツ穴系」にも変化する「まん〇鏡」と比喩できるオナホール!



「奥へ奥へ」と突き進むほどに「気持ち良い構造」が待ち受け、無理やりにでも最奥に突っ込みたくなるほどの魅惑のホールです。


 さらにこちらは「使い込むほどに馴染む」=覚醒する素材なので、「新品を買い直してから1年後の今」が「一番馴染んで気持ちいいピーク」だと感じています。

ロングランな商品であり、これからも安定して「ランキング」に食い込むホールであるので万人にオススメできるものと断言できます。



第3位:ヴァージンループエイトロング




 「ヴァージンループシリーズ」からの第二の刺客として「エイトロング」が参戦!
こちらも「エイトロングハード」と同じく、「初代で4本だった縦ヒダが8本になり、長さの欠点も克服」された一品。

そのゾワゾワとヒダが撫でる挿入感「ヴァージンループシリーズ」の中ではもちろん、オナホ業界全体で見ても他の追随を許さない程の昂揚的な快感!


「ハード版」との違いを挙げるとすれば「密着感」に優れており、モノ♂と内壁がねっとりと絡みつく感触はこちらの方が上という印象。

「ここから」ヴァージンループシリーズに手を出す人、「初代では物足りなかった」人の双方にオススメできる高水準のホールですね。


スタンダード部門



 上記の「中刺激部門」とは似て異なる部門。
「万人がまんべんなく高得点を点けそうな」クセが少なく、使いやすいホール達。
「自分にとってのベストな構造のホールは何か」を思い返す際の「箸休め」としても機能する。(当社比)



👑第1位:セブンティーンボルドー



 やはりこの部門の「1位」にはいつもこの娘が食い込みますね
上記の「管理人のお気に入り部門」の第1位である「まだ名前がありません」ともども、元は「セブンティーン」という「余計な構造にこだわらないリアル志向ホール」から派生進化しており、「ねっとりさ」を重視した「名無し」と違い、こちらは「比較的弾力的な挿入感」を獲得。


 管理人にとっても、皆様にとっても「主力」となりうる「好き嫌いの齟齬が少ないホール」だと自信をもってオススメできる一品であり、このブログで個別レビュー記事を書く際の「比較基準」となっているホール。


「計算されつくしたカーブ」にニュルニュルと吸い込まれて子宮口のくぱくぱと口づけする挿入感はまさにリアル膣内!?



「初めてのオナホール」としても断然オススメできる、「究極のスタンダードホール」と断言できます。


第2位:ボクのおなぺっと2ぐれいと




 前回はこの順位には本家である「低価格おなぺっとシリーズ」が入ってきたのですが、「低価格版おなぺっとは一度壊してから買い替えていない、再レビューはまだ先になりそう」という理由から「ボクのおなぺっと2ぐれいと」が代打?としてランクイン



 「ボクのおなぺっと」特有の「柔らかなわらび餅素材」でありながら弾力もそこそこにあり、ニュルニュルと糸状のヒダが絡みついてくるその挿入感は「スタンダード」でありながら従来のおなぺっとファンにも飽きさせない」作りのホールとなっています。


従来よりも全長が長く、低価格帯よりも長期間使い続けられるのもポイント大。

「ここから」おなぺっとシリーズを買い始めてみるもよし、低価格版おなぺっとでは物足りなかった人たちが買うのも良しの実力派ホールですね。


第3位:プレミアムTENGA



 かつて厨二レビュワーだった管理人:神楽ちんずりが「ボロクソ」に評価した「TENGA」シリーズからランクインする「プレミアム」
※「TENGA」はあまりよくない、コスパが悪い、カップが硬いなど言ってました


個人的に微妙な評価だった「TENGAディープスロート」ですが、こちらの「プレミアム」に限っては「通常版より柔らかく、良い内部素材を使っている」=「悪くない、60~70点くらいの挿入感ならあるかも」という感想を持ちました。

まあ、挿入感は良くても通常TENGA以上の「コスパの悪さ」は付いて回るんですけどね。

「スタンダード部門」なので管理人の好みだけでなくこういった「万人がそこそこの点数を点けそう」な物も入れておこうかな。と


「これからTENGAを使って見る人」「赤のTENGAが微妙だったから他を試したい人」や「赤TENGAが好きな人で更なる気持ちよさを求める人」その全ての方にオススメできますね。


高刺激部門


 オナホールを「リアル膣内」ではなく、「イカせるためのおもちゃ」として見た場合「正解」と言える選択肢。「時間が無いサラリーマン」の方等が「寝る前にサッと抜く」場合にも適した「即ヌキ」特化構造であり、後述の「硬素材系ホール」と特徴を兼ねている物も多い


👑第1位:くノ一淫法触手裏剣ブラックハード



 そしてまたもやランクインする「触手裏剣シリーズ」


こちらの「ブラックハード」は硬めの素材になった事により、「ヒダの立体感」が強調されてその容赦ないゾリゾリ感に思わず体を震わせてあっという間に射精!


「攻撃性」が魅力的なホールですがその素材の質も「硬くなりすぎない」物を使う事によりシリーズの強みである「ニョリニョリ感」を残しつつさらに高刺激へと特化した良いとこどりホールへと昇華いたしました。

「ノーマル」「ソフト」とこちらを合わせて「基本3種類」と呼んでおり、その中でこのホールは「基本3種類の中で一番気持ち良い」という判定になりました。



第2位:天下一穴




 こちらは「ヴァージンループシリーズ」でお馴染み「RIDE」から久しぶりに「単発タイトルですげえ奴が来たな」と思える主力タイトル。


真っ赤な真っ赤な「イモムシ系の大きいイボ」がゴニョゴニュと所せましと攻めてきてモノ♂に徹底的にイカせようとする「超攻撃型」のグロ系ホール。


天下一穴図解


「非実在系」でありながら「生物感」はちゃんと表現されており、まさしく「イモムシの巣にモノ♂を突っ込んでいるかのような挿入感」という「気持ち良いのか悪いのか良くわからない表現」が一番しっくりくるホールです。



グロ系の挿入感が好きな人にとっては「新しい主戦力」となり得るホールですね。


第3位:ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus



 前述の「天下一穴」がごにゅごにゅと「弾力」で攻めてくるグロ系高刺激ホールだとすればこちらは文字通り「ぐちょぐちょ」とモノ♂に絡みつくいやらしい触手系の高刺激ホール。

ぐちょ濡れ名器モンスターキメラプラス内部写真

ニュルニュルとした触手がところ狭しとギュウギュウに詰まった構造に絡みつかれながら、上下から圧迫されながらフィニッシュする射精感は、まさしく「異種生物」や「キメラ」とセックスしているかのような別体験でした。


「天下一穴」の様なホールよりも「ぐちょぐちょ感」が好きな人はこちらがオススメですね。


硬素材部門



 上記の「高刺激部門」と似て異なる部門。
「硬い素材」でゴリゴリとモノ♂を責める事により「即イキ」や「弾力的な挿入感」を求める人にオススメできる構造。上述の「高刺激」は「柔らかい素材」と両立できる物であるのでこちらは完全に「硬素材」だけを紹介していく。



👑第1位:くぱぁトリップ



 この部門も初登場の新ホールがいきなり1位にランクイン!


こちらは硬素材系ホールでありながら「生物的な挿入感」も味わえる良采配ホール!

キツキツな内部にジョリジョリと絡みつく構造がなんとも高刺激かつ硬い弾力的な挿入感であり、少し擦るだけで即イキ!


「マジックアイズ」社特有の「技術力の高いホール」でありながら「非常に安価」というところも高評価ポイントですね。



第2位:ヴァージンループダブルモーションハード




 こちらは「ヴァージンループシリーズ」の中でも異彩を放つ、「壁側だけでなく内部にソーセージ状のヒダをもう一つ内蔵した」「ヴァージンループダブルモーション」のハード版。

ヴァージンループダブルモーション図解写真

「下手すれば尿道に突っ込まれそうな」この大胆なソーセージ構造が挿入時に「内壁とソーセージでサンドイッチされる」ことで「狭さ」と「締まり」を伴ったゾリゾリとした快感に気分はHOTドッグ!!



 そしてそれが「ハード版」になったことで「一つ一つの縦ヒダ」が鋭く、さらに切り裂くようにゾリゾリとあなたのモノ♂を削り取る!!


さらに「通常ダブルモーション」よりもサイズダウンしたことで使いやすく、安価になった事で「こちらから」購入するも良しの一作品となりました。


ヴァージンループシリーズ史上最「硬」の「狭さ」と「キツさ」と「ヒダ感」を是非お楽しみください。


第3位:ナースのギチギチ挿入感ハード




 「硬素材系部門」お馴染みのホールである「ナースのギチギチ挿入感ハード」がランクイン!
「若女将のおもてなし」とどちらが良いか迷ったのですが、今回はこちらが生き残りました。

元々地味な挿入感だった「ナースのギチギチ挿入感」がハードタッチ版へと変わったことでタイトル通りの「ギチギチ挿入感」な高刺激ホールへと化学変化。


「太めのミミズヒダ」がジョリジョリとかつ「ギチギチ」と狭く締め付けるその挿入感はまさに「硬素材系ホールの王道」と言える挿入感です。


「硬素材ホール」を初めて購入するならここからがオススメ!と言えるホールですね


まったり系部門


 「かなり柔らかな素材」を使う事で「徐々に高ぶる」焦らされるような挿入快感が味わえるホール。「高刺激」だけに慣れてしまった人のリハビリとしても機能するほか、「焦らしに焦らされたモノ♂が一気に解放する」事で「幸せ射精感」を誘発しやすい。



👑第1位:天使のぷるまん



 「まったり系ホール永遠の1位」と言えるホール「天使のぷるまん」

その挿入感は「外部の柔らかな素材」と「内部のちょっと硬めの粘膜的構造」が調和され、「やわらかな挿入感でありながら精液を搾り取るように絡みつく粘膜」という圧倒的快感の挿入感に。

「まったり系」に割り切っていながらきちんと不自然なく「生物っぽいナニカに挿入している」感覚になれました。

「まったり系」でしかも「天使」という商品名なのに「男のモノ♂を絞りつくそうとする構造と挿入感」であるギャップがNO1に選ばれた理由。ですかね



第2位:半熟サキュバスホワイト


 こちらは「半熟サキュバスピンク改」のソフト版のようなタイトルですが、実際には内部構造も使用感も全く別物ですので「別のタイトルのホール」と考えた方がよさそうです。

「まったり系でありながらサキュバス系特有のイボ構造がしっかり刺激を与えてくれる!」

とおもったらまた「早くイケると思ったのに焦らされている!」という「二転三転」と挿入感が入れ替わる、まさしく「サキュバスに振り回されているかのような」斬新な挿入感が味わえる「新時代のまったり系」ですね。



 こちらは満を持して発売されたヴァージンループ新タイトル「ストロングピッチ」がイマイチ地味だったため?か「3カ月ほどですぐにマイナーチェンジされて世に出た」まったり特化のヴァージンループシリーズタイトル。


いつもは「新しいタイトルが出たら後の展開はハード化」されるこのヴァージンループシリーズですが、今回は「柔らか素材によるまったりホール化」という新しい方向に舵を取りました。

この試みは大成功であり、「初代ヴァージンループより肉厚な本体」が「まったり系の焦らし挿入感」を見事に演出!



 そして「ヴァージンループシリーズ」特有の「縦ヒダの立体感」も健在であり、「ヴァージンループの良さ」と「まったり系の良さ」がうまく調和した一作品。



「ヴァージンループシリーズ」にまったり特化型のタイトルが一品加わった事で「良いアクセント」になった事も高評価ポイントですね。

さらに「通常ストロングピッチ」と違い「素材が極端に柔らかいため、電動オナホールとも互換できる」という新たな強みも獲得しました。


フェラホール部門



 「シーズン3」で一度お休みしていた部門ですがこの度復活その間に色々なフェラホールを試してきましたがやはり「真実の口」シリーズが完成されすぎているといった感想
これからも「フェラホール」の開拓はしていくつもりではありますが


👑第1位:「真実の口」シリーズ



 今回も「シリーズ単位で」1位にランクインする「真実の口シリーズ」

「歯が付いたフェラホール」というともすれば「邪魔」と思えるギミックのフェラホールのシリーズですが、むしろ「歯がモノ♂に擦られる事でよりリアルなフェラを脳が錯覚しやすい」という発見をいたしました!



「口内の弾力」と「歯」でガシガシ「下手フェラ」を味わえる「初代真実の口」

「歯が当たる感触」を柔らかくして「ちょっと上手くなったフェラ」を再現した「アマガミ」

「のど元でキュッとモノ♂を吸い取るのど輪締め」を覚えた「ぺろりん」

「小さい」がゆえに「安価」と「電動オナホールとの互換性」という長所を手に入れた「おちょぼ口」

などバリエーションも豊か!



 これからも「フェラホール部門」を走り続ける「永遠のスタンダードフェラホールシリーズ」と断言できます。


第2位:サイクロン専用ホール「オーラル」





 そして前回「シーズン4」同様、「電動オナホール専用ホール」としては唯一のランクインを果たす「サイクロン専用ホール」のオーラル。

その内部構造は「短い舌と長い舌が別々に存在する」というシンプルなもの。


サイクロン専用ホールオーラル断面図

しかしこれが「A10サイクロンSA」によって「高速回転」することで「一本の長い舌に絡めとられているかのようなフェラ」を再現!!


「やられた!」と思う構造であり「回転」という特徴に一番マッチした専用ホールだと言えます
今後も「サイクロン専用ホールNO1」の座は揺るがないですね。


「ヴァージンループシリーズ」部門



 今でこそ珍しくない「縦ヒダでゾリゾリとモノ♂を高ぶらせる構造」をいち早く取り入れ、「縦ヒダホールの代名詞」であるとともに「RIDE社の代名詞」ともすれば「良いオナホールの代名詞」とも言えるようになった「ヴァージンループシリーズ」の部門。

すでに他の部門でランクインした「ヴァージンループ」たちは除外しているので、それ以外のタイトルで残りにベスト3を競っていただきます。



👑1位:ヴァージンループダブルモーション



 こちらは先ほど「ダブルモーションハード」でも触れた「中身にソーセージ型のヒダ」を大胆に配置した「新しい形のヴァージンループ」

「通常版」のこちらは「バンジータッチ」ではなく「ハード版一歩手前の硬素材」を使用しており、質量も大きく、それに伴って値段も高い等「ヴァージンループシリーズ」の中では異質のタイトル。

しかし、「硬くなりすぎずある程度柔軟性のある素材」が「ヒダの密着感」と「立体感、鋭さ」を両立させる挿入感を演出

構造自体は他ホールのパクリでこれを「ヴァージンループシリーズ」と呼ぶのは邪道かもしれませんが「純粋な快感力」で管理人の個人的ベストに輝きました。




 次にランクインするのは「ヴァージンループダリンセブン」

こちらは「六方向からの二又に分かれる縦ヒダ」=6×2=12本のヒダという「エイトロングの縦ヒダの1.5倍の増加」に成功した一品。


 ヒダが増えた事でゾリゾリ感が強くなり、「高刺激」に偏る物と思われましたが「12本のヒダが綺麗な円を描く」「正多角形になるほど〇に近づく」理論により「まったり寄り」の刺激へと変化。

初代ヴァージンループ、エイトロング以上の「ねっとり感」「ゾワゾワ感」を味わえる一品です。



 意地を見せるかのように「第3位」にすべりこむ「初代ヴァージンループ」

後発のシリーズタイトルになるたびに「縦ヒダが増えていく」ため「初代は現在から考えると出力不足では?」と疑う人もいるでしょうが、「むしろ一つ一つのヒダのジョリジョリ感」は「シリーズの中でも高いレベル」と言えます。


「ヒダが増えるほど綺麗な〇に近づき、かえってまったり寄りになる」理論ですね。

こちらの「初代」の方が他タイトルよりも「ゾリゾリ感」を感じやすい場合もあります。

 さらにサイズも手ごろで「ウレタンヒップの腰振り」「電動オナホールの互換」などの発展プレイにも対応している所も高評価点。

「初代」でありながら「この時点で完成している」と言っても過言では無いほどの「ゾリゾリ特化」ホールです。



「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズ部門

※順位が入れ替わらなかったので前回の使いまわし
           代替テキスト
 「わずかに穴が開いた何度でも使える疑似処女膜」を擦る事で「本当にこのオナホの初めてを奪っている!?」かのような錯覚を起こす
独特の挿入感をもたらす「すじまんくぱぁろりんこシリーズ」のランク付け

 タイトルの一つ「処女宮(バルゴ)」が別部門でランクインしているので「初代」「もっちりソフト」「クリスタル」の3種類をランク付けします




👑第1位:すじまんくぱぁろりんこ(初代)


代替テキスト 



 このシリーズで「第一位」に輝くのは「初代」
「弾力」もそこそこある「粘膜的構造」かつ「疑似処女膜」があなたのモノ♂を「初めての体験」を錯覚させる!

 「多少キツめ」である所も高評価で「きちんと勃起してないと弾かれる」
というデメリットもあるものの「処女の初めて」「ちょっとキツイから力を抜いてよ」というシチュを妄想できる!

 「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズを攻めるならまずはこちらがよろしいかと



第2位:すじまんくぱぁろりんこ もっちりソフト


代替テキスト 



 上記のレビュー記事を書いた時は「初代より上」という判定を下した「ソフト」ですが
ちょっと「レビュー記事が古い」=「情報が古い」と判断し今比較するとどちらが上になるかわからないので無難に「2位」にランクインさせました

 「ソフト素材」になった事で「挿入時の心地よさ」はアップしましたが
「すんなり挿入るようになっちゃった処女ま〇こ」という矛盾点も抱えてしまう事になってしまった本作

 「キツさ」を伴う初代を「処女まん」として「良し」とするか「オナホールなんだから挿入のしやすさは必要」と考えるかはその人次第ですね

 柔らかくても「疑似膜」の感触は健在です!



第3位:すじまんくぱぁろりんこ クリスタルハード


代替テキスト 



 「処女膜ホール」というリアルな錯覚が大事なホールに「ハード版」を求めるのはいかがと思う人もいるかもしれませんがこれがなかなか心地よい

「弾力性のある疑似処女膜」を擦る事、多少の「硬さ」を感じながら抽送でもきちんと「処女膜」を感じることが出来るのはさすがのマジックアイズの技術力

 しかしながら「硬い」ことで「疑似処女」よりも「おもちゃとして」の強みが出てしまった事が
同シリーズ内、同コンセプト内では低評価になってしまった要因ですね

 「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズは全てレベルの高いホールなのであくまで"高いレベル内での最下位"と言う事を付け加えておきます


「大魔王オリジナルホール」部門




 「通販の大魔王」から発売されているオリジナルブランド。
市販のホールに比べて「なめらかな質感の素材」「コンテストを定期的に開いて新しい構造を模索する」「素材の柔らかさを選べる」という「ブランドのこだわり」を感じるシリーズ。

管理人:神楽ちんずりの「ベスト3」であるイルカの膣「ドルフィン!」もこの「大魔王オリジナル」ブランドのホールである。


👑第1位:ドルフィン!(ソフト版)



 「レビュラー版」の「ドルフィン!」が「管理人のお気に入り部門」にランクインしているので、こちらの「大魔王オリジナル部門」での1位にこちらの「ソフト版」が繰り上がります。

 「レギュラー」に比べると「弾力」は劣っていますが「粘着力」「包まれ心地」は上と言う印象。レギュラー版と共通の「海洋生物っぽいニュルニュル、ヌメヌメとした挿入感」もソフト版の方が上なのでこの点を重視する方にとってはレギュラーよりも高評価のホールですね。

総合力では「レギュラー」には劣りますが、ソフト素材故に「電動オナホールに互換可能」というこちらだけの長所もございます。



第2位:リリススパイラルウェーブ



 「温泉欲情」を思わせる「スパイラル構造」かつ「大魔王オリジナルホール」の「なめらかな質感」が融合したホール。

総合力では「温泉欲情」に劣りますが「密着感」「吸着力」「素材のしなやかさ」と言う点であちらより上と言えます。


本家「温泉欲情」や類似構造が好きな人にオススメできる一品ですね。


第3位:【淫魔(サキュバス)2.0(Bumpy Road)】


 「ロマネスコ」とどちらをランクインさせるか迷いましたが今回はこちらです。

「Bumpy Road」をカタカナ英語で訳すと「バンピーロード」=「でこぼこ道」と言う意味です。

その名称通り「大き目のイボのみ」が無数に配置された清々しい構造はまさに「イボ好きによるイボ好きのためのホール」!


ぷちゅぷちゅと根元から鈴口までイボに覆いつくされてあえなく昇天!

「イボ好き」にオススメできるのはもちろんですが、他の大魔王ホールと違い、3000円を切るコスパの高さも見逃せないので、「大魔王で送料無料の5000円ラインまでに到達させるためのちょっとした買い物」としてもオススメできます。

「ドルフィン!」ラインの3000円のオリジナルホールを2個買うより「ドルフィン!+このホール」の方が財布に優しい組み合わせですね


通好みのちんちんに突き刺さる!?珍ギミック部門



 部門の煽り文ですでにオチてる気がしますが、そんな感じのホール。
オナホールを「おもちゃ」として割り切り、様々な非実在構造かつギミックを取り込み、あなたのちんちんを飽きさせない珍ホールたちです。


👑第1位:極彩ウテルス





 いつも「珍ギミック部門」にランクインする「極彩ウテルス」

こちらは子宮口内部にまで亀頭が潜り込む「ウテルスセックス」を疑似体験できるホール。

現実では危険なプレイスタイルでありながらも、それに一部の人が幻想を抱いてやまない「ウテルスセックス」ですがこのホールを使えば安全に「そんなかんじなんやね」と体感する事が出来ます

「子宮口」にかぷっと噛みつかれてびゅっびゅっと本当の意味での「中田氏」を楽しみませんか?


第2位:ヤンデレ




 こちらも「珍ギミック」部門常連のホール。

「タコの吸盤」のようにチュバチュバと竿に口づけを交わすギミックと最奥の「キュッ」と亀頭を締める「永遠に離さない」を体現したヤンデレ構造。


このキツさと「吸盤の心地よさ」はハマる人にとっては「本当に他のオナホに戻れない」程の中毒性を生み出すかも!?




 こちらは前回「シーズン4」に存在した「スパイラル構造部門」の入選ホールでしたが、その部門が廃止されたためこちらの「珍ギミック部門」へ入選する事に。

「温泉欲情」とよく似た断面図からまさに「勝利が約束された構造」であり、「小さく、無数に配置されたイボ」がぷちゅぷちゅとモノ♂を包み込んであなたを射精に導かせる!

「高刺激ホール」として見た場合も使える、この部門の中では比較的「スタンダード」な挿入感のホールです。



「触手裏剣シリーズ」部門



 「サキュ手裏剣」「ブラックハード」「W触手裏剣」が他部門に侵「触」している中、「シリーズ単体のランキング部門」も新たに設立させるほどのパワーを持つ「触手裏剣シリーズ」

「ひねりを加えたミミズヒダの触手」がニョリニョリとモノ♂に絡みつく快感に思わず即、射精!

すでに他の部門で登場するとどのようなランキングになるのか、発表していきましょう。




第1位:くノ一淫法触手裏剣もっちりノーマル



 他の部門に出張しているタイトルもあるという事でシリーズ内で一番スタンダードな「もっちりノーマル」がこの部門の1位に!

「触手の立体感」「素材の柔らかさ」「触手のニョリニョリ感」のバランスが高く、長く愛されるに足る「初めての触手裏剣」として申し分ないタイトルです。


第2位:触手裏剣 すじズリ




触手裏剣すじズリ個別オナホレビュー記事アイコン触手裏剣 すじズリ:裏筋をコリコリ責める新たな「触手裏剣」!【個別オナホレビュー】


 こちらは「内部素材」と「外部素材」に違う硬さの物を使用しており、その「すじズリ」という名称通り、「硬めの内部素材」がウラスジをコリコリと削りに来るのが特徴的な「触手裏剣」


上部と下部との異なる硬さの触手でゾワゾワと責められて思わず体がぷるぷる震えながらフィニッシュに導かれます。




 「触手裏剣シリーズ」からともすれば「液体状に蕩けそうなほどの柔らかさ」「ねっとりソフト」が登場!

触手の「立体感」は失われたものの、空中に浮かびそうになるほどのふわふわ感、にゅちょにゅちょ感は他の「触手裏剣」では味わえない固有の挿入感!


また、「極端に柔らかい素材」を使っていることで「電動オナホールに互換できる」という長所も備えております。この点を重要視する人はこちらの方がオススメかと。


電動オナホール部門

以下2部門は前回と顔触れが変わらないのでコピペでの使いまわしです

より詳しく「電動オナホール部門」のみを掘り下げた記事はこちら!




 「こちらが動かなくても相手が動いてイカせてくれる」という「王様気分」を味わえる「未来の家電」
その性能差はピンキリでおもちゃのようなモーターを使用している製品もあれば「工業用モーター」を使用して「真剣に」電動機に取り組んでいるメーカーも

 かなりの高額のコンテンツですが出した金額以上の「感動」は帰ってくること間違いなし

私がオススメしているのはいずれも「一定の水準を満たした」電動オナホールですのでご安心を



👑第1位:A10ピストンSA


代替テキスト 

 レビュー記事:A10ピストンSA:より生物的な腰振り!最新技術力の結晶! 【電動オナホレビュー】
A10ピストンSA:ヒトに近い腰振り!メリットとデメリット振り返り 【電動オナホレビュー】

 現状「一番高価」であり「一番気持ちいい」電動オナホールそれが「A10ピストンSA」
 流通されたのが2100台とかなり希少なホールであり早期の在庫生産が待ち望まれる伝説の電動オナホール

 コストと機能性が高いモーターと「レールポジション式」を採用することで「生物に近い実に滑らかな腰振り」を再現した本作
一度でも体感すれば「電動オナホールに挿入している」事を忘れてそこに「自分のために腰を振っている第三者」を錯覚して没頭できるでしょう

 後述の「A10サイクロンSA」と違いまだ「動画連動」などが調整中ですがこれからに期待できる「出発したてのコンテンツ」でございます



第2位:A10サイクロンSA


代替テキスト 



 先に紹介した「A10ピストンSA」は「縦方向のピストン」のホールですがこちらは「回転」してくれる電動オナホール

 亀頭を何往復も執拗に舐められる「フェラ的快感」が味わえるタイトルです

「A10ピストンSA」と比べるとコンパクトであり価格も半分ほどであり、「AVとの連動」もタイムラグ無しで行えるという「既に完成されたコンテンツ」だからこその「圧倒的安心感」があるホールです


第3位:NLSピストン


代替テキスト 

 関連記事全てをまとめるタグ:「NLSピストン」タグで検索!



 こちらは先に紹介した「A10ピストンSA」のオミット版とも言えるホール
「ピストンSA」の開発過程で生まれた「旧式のモーター伝導方法クランク式」をNLS側で引き取り商品として昇華させたもの

 「ピストンSA」と一部規格が同一であるため「専用ホール」を互換できます

 本家「A10ピストンSA」と比べて価格が四分の一近くに抑えられており、「AV連動」や「数種類のピストンパターン」「充電式」などが削除されています
しかし「ピストンするだけ」に割り切ったそのパワフルな駆動は本家以上

「単純なパワー」だけで言うのなら「本家より上」と断言でき、「専用ホールでのプレイ」の場合はパワーあふれるこちらの方が「適当」だとする説もございます(専用外ホールでのプレイの場合はなめらかな「A10ピストンSA」が適しているという逆転現象が起こっている)


据え置きオナホール部門


 このブログでは「オナホールをより楽しむための方法」として「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りオナニー方法」というのを提案し続けました

 関連記事:ウレタンヒップ総評:2018/10版「腰振り」で快感が数倍に 【オナホ固定腰振りオナニー方法】腰振りプレイ特集 記事まとめ

 なぜこのような「固定器具」が必要かと言うと「ある程度の重さが無いと腰振りするとホールがブレてしまう」からです
「ウレタンヒップ」は「固定具」であると同時に「質量」を伴い「ブレずに重さを感じながら腰を振れるツール」となるわけです
 一方で「据え置きオナホール」はそれ自体が「大きさ」と「質量」を伴っているため固定具が無くても「腰振り」できるホール達
「腰を振りながら、質量を感じながらの抽送」はまさにリアルセックス!?
 「腰」だけのものもあれば「下半身のほとんど」だったりこのホールのようにほとんどの人体パーツが揃った「トルソー型」も存在します



👑第1位:ぷにあなミラクルDX


代替テキスト 




 こちらは管理人が所持している「据え置きオナホール」の中で「最高の一作」と断言できるタイトル

 後述する「ガールフレンド第3章」より5000~10000円ほど高いですが
それに見合う「高コストが生み出したより心地よい肌触り」と「造り込まれた穴」

 「腰と腰」「肉と肉」をぶつけ合えばそれをより実感でき10キログラムという超大型オナホールからの「反発力」はもはや「リアルセックス」を錯覚するほど!

 「オナホールに3万~4万出せる」という人なら所持すべき「いつでも生本番できる愛人」と言えるホールですね
「オナホールを使う」という感覚よりもまさに「抱いている」という快感を得られます



第2位:ガールフレンド第3章


代替テキスト 


 レビュー記事:ガールフレンド第3章:肉と肉がぶつかる圧倒的本番感をあなたに 欠点も少しだけ【据え置きオナホレビュー】


 NLSオリジナル「据え置きオナホール」ブランドである「ガールフレンド」から最新作である「第3章」が登場!

 「第3章」となる今作は「身体がへたらないように骨格フレームを内蔵」
「サイズを少しだけ小さくして持ち運びしやすく」
「お求めやすい価格に」をコンセプトに改良した結果著しく上記「ぷにあなミラクルDX」と色々被ってしまった一品

 唯一違うのは「値段」が26000円と「ぷにあな」よりも安価である事ですが
値段分の「品質」は「ぷにあな」の方が上なので余裕がある方は「ぷにあな」コスパ重視なら「ガールフレンド第3章」という選択をすれば良いです

 すでにぷにあなミラクルDXを所持している方が「2個目のぷにあな」としての候補
「ここから据え置きオナホールとはどういう物かを測る」「これが良ければぷにあなも購入予定リストに加える」といった「様子見」としても機能します



第3位:妄想美足♀ガール


代替テキスト 


 レビュー記事:妄想美足♀ガール:

写真のようにスカートを履かせたり
「おっぱいグッズ」を着けた上半身のドールと併用したり

管理人の【腰振り】のプレイに新たに「股を広げる感覚」が追加されて色々とさらに高い領域へとイケそうな商品です

前回のランキング「シーズン4」はこちら!



関連記事
タグ