今回は【個別レビュー】です。
かつて3つの記事に分けて書いてきた「A10サイクロンSA」のレビュー記事内容をまとめるとともに、新規フォーマット&現在の感想を交えて改めて書き綴ります。


代替テキスト

簡易総評:90点(前回は88点)

詳しいレビューは追記文で!


 前回までは「80点台」でしたがここで「90点台」にランクアップ!

やはり、「AVとの連動」が素晴らしいことはもちろんですが、「様々なオナホールと互換できる」事で「所持ホールが増えるたびにまた新しい快感が見つかる」という「成長するコンテンツ」としての側面ももっている事がポイントアップの主な理由。

後発商品の「A10ピストンSA」と比べるとこちらは「既に完成されたコンテンツ」であるため「連動対応AVの多さ」や「専用ホールの多さ」が魅力的。

そしてその「専用ホール」の中にはフェラを意識した「オーラル」のような「回転」という構造に非常にマッチした優良かつ有用なホールも!



 「A10ピストンSA」の「ピストン」は縦刺激という「セックス本来の動き」であるため、そちらを超えるという事はありませんが、「回転式電動ホール」の中では他社類似製品を寄せ付けない程の高クオリティ商品!

ニョリニョリと専用ホールがモノ♂を撫でまわし、こちらが動かなくても相手がイカせてくれるその体験はまさしく王様気分!

「A10ピストンSA」よりは安く、手に取りやすい商品であるためあちらより障壁が低いのも高評価点ですね。

こちらより安い類似他社製品と迷ってる方には「多少高くてもこちらを選んだ方が結果的に損しなくて済む」と言わせていただきます。

クオリティの低い類似品を買った所でこちらのクオリティが余計に気になって結局購入する事になりますからね。




A10サイクロンSA+PLUS:回転ホールは亀頭を舐めながら…コンテンツ成長!【個別レビュー】【レビュー2回目】【電動オナホールレビュー】


もくじ


「A10サイクロンSA」とは?



 元々はRENDSが開発した「A10サイクロン」という回転式電動オナホールが高評価を得た事で新製品として売り出されたのが「A10サイクロンSA」です。

 前身であるこちらの「A10サイクロン」を「静音性」をアップさせ、「7種類の回転パターンを追加」さらに「アダルトビデオなどと連動して回転をコントロールしてくれる」という「未来的」なギミックを携えて何もかもパワーアップして帰ってきました

この「A10サイクロンSA」は瞬く間に売れ続け、2018年をもって一旦展開は終了。
その直後に「A10サイクロンSA+PLUS」として多少のマイナーチェンジをして発売されたのが現行タイトルでございます。


「A10サイクロンSA」最大の特徴、「AVとの連動」とは?


代替テキスト



 「アダルトフェスタ」というAV動画ダウンロードサイトにて一部の商品が「A10サイクロンSA」との連動に対応している。という物です。

これはどういう事かと言うと「ビデオ自体に信号が含まれておりそれを受信したサイクロンがその信号に合わせて動く」という物。

もっとわかりやすく言えば、「AV女優の動きに合わせてサイクロンが回転してくれる」という事。



これはかなりすごい体験でした。
AV女優がやさしく手コキなどで愛撫しているときはやさしく、膣内に入れて激しく腰を振っているときは激しく「A10サイクロンSA」がタイムラグ無しで回転する事によって「本当にセックスしている!?」だとか「横方向の回転なのに縦方向のピストンを感じる!」という錯覚を得られます。

なお、アダルトフェスタのビデオは「VR対応」なので「本当に目の前に女優がいるかのような臨場感」を感じるとともに、「サイクロンの回転」を連動させればこれはもはや「ヴァーチャルセックス」と言える世界です。


現実に帰ってこれなくなるくらいあなたのお気に入りの女優にいっぱい中田氏しましょう!

「アダルトフェスタ」の入り口はこちら!

専用ホールがたくさん!


代替テキスト


 「A10サイクロンSA」には専用ホールが多数存在いたします。
付属ホールである「メデューサ」の他、「回転」という性質に非常にマッチした「オーラル」というフェラホール。

その他「専用ホール」が多数存在し、あなたを飽きさせません。

管理人の特にお気に入りの専用ホールはやはり何度も紹介している「オーラル」。

普通に使うのならばたいしたホールではありませんが「小さい舌」と「大きい舌」が設置されたその内部構造は「回転」を行う事で「一本の長い舌に絡みつかれている様な挿入感」を演出。


また、管理人は専用ホールを購入し次第、レビュー記事を追記していくつもりです。

「A10サイクロンSA」の7つの回転パターン!きっとあなたにとってベストな物が見つかる!



代替テキスト


 「A10サイクロンSA」には「7種類の回転パターン」が存在いたします。
一方向に回り続ける単調な「パターン白」の他「一定時間回転したら逆方向に回転」してくれるパターンやパターン

管理人:神楽ちんずりのベストパターンは「桃」ですが、あなたにとってのベストパターンもきっと見つかるはず!是非とも色々試して「究極に気持ちいい回転パターン」を探求してください。


専用以外の一部のオナホールとも互換可能!気持ち良いホールは回転させても気持ち良い!



代替テキスト
※サンプル写真にハマってるホールは「まだ名前がありません」


 このような「電動式オナホール」が発売されるたびにあがるのは、「専用以外のホールをハメられないか」という要望。

結論から言えば「あまり大きくないホールなら互換可能」であり、最近の検証では「幅がギリギリのホールでも素材が極端に柔らかければ互換可能な物もある」とわかりました。
(ただしメーカー想定外の行動なので行う場合は自己責任で)


 ここで「電動オナホールにハメて気持ち良いホール」は「元々が気持ちいいホールなら問題なく電動ホールでも気持ち良い」というシンプルな検証結果を得ています。

強いてこちらの「A10サイクロンSA」と相性が良い互換ホールを挙げるなら「触手がひねって絡みつく」という実に「回転」という動きにマッチしそうなくノ一淫法触手裏剣 ねっとりソフト(ノーマル以上の硬さになると不可)専用ホール「オーラル」と同じフェラコンセプトである「真実の口おちょぼ口」

そして管理人のベストホールである「まだ名前がありません」はここでも高いパフォーマンスを発揮!


「互換できそうな所持ホールが増えるほど楽しみ方が増えていく」という「嬉しい意味でゴールが見えない楽しみ」を持てるのも「A10サイクロンSA」が高評価である理由ですね。

関連記事:

A10サイクロンSA+PLUS:実践レビュー!




代替テキスト

 いよいよ実戦形式でレビューしていきます。
今回使うホールは本体付属ホールである「メデューサ」。この無数の触手が「回転」することによりモノ♂をまんべんなく撫でてくれる、という構造ですね。


使用時の注意一点だけ!



 何回か使用してみて「ちょっとした危険性」を発見したので諸注意を
このデバイスちゃんと起たせた状態でモノ♂を挿入してください
至極当たり前な注意なのですが、「ストローク方式」のプレイの場合「半立ち」のまま挿入して「上下の刺激」でナカで硬くする事が可能ですがこちらは「回転式」、「横方向の刺激」なので「半立ち」のまま挿入してプレイすると
柔らかいままのモノ♂が回転でねじれてしまうまたは、勢いではじき出されてホールの「穴」以外の隙間にモノ♂が挟まってしまう危険性があります


代替テキスト 
 管理人は半立ちのままホールに押し当てたらうまく挿入できていなかったため何度か半立ちのモノ♂が回転ではじき出されて〇の部分に挟まりました。
 今はだいぶ慣れていくらか「半立ち」からスタートでも大丈夫になりましたが皆さまにはキッチリ硬くしてからの挿入をオススメします。

さらに詳しい諸注意を聞きたい方は引用元記事を参照に。

管理人もまだサイクロンに慣れていない時は何度も失敗しました。
皆さまは事故を起こさないように「しっかり勃起させて」挿入してください。

後はローションは多めに、ケチらずに使ってください。と言う事ですかね


回転速度:弱


代替テキスト

「触手がビラビラと規則的に撫でてくる!これが回転式の快感かッ!」


※声は出さずにプレイしましょう


 【回転速度:弱】のままでもかなりの快感度です。
「メデューサ」の無数の触手がソリソリソリ…とモノ♂に規則的に絡みつき、「あっあっあっ」とピクつくような快感を得られます。

さらにここから自分で腰を動かして「縦方向」の刺激も加えることで十分に射精可能な刺激感です。

回転速度:中


代替テキスト

「はあああああっ!触手がすごい勢いでソリソリ撫でてくるッ!実際よりも触手が増えたように感じる!」



 【回転速度:中】にすることで先ほどまで「あっあっあっ」という小刻みな喘ぎ方だったのが「はああああああん!」という継続的な喘ぎ声にチェンジ!!



触手が高速回転する事により「実際の数よりも触手が増えたような錯覚」を感じてニュルニュルニュルと「意識」をもって絡みついているかのような挿入快感!


回転速度:強


代替テキスト

「フォオオオオオオッ!こりぇ激しすぎ良いい!隙間なく絡みついて、モノ♂が撫でられてビクビクしちゃうのおおおお!」


 正直、「中速度」までで十分に「オナニーに使える回転速度」は達成できているのですが、【回転速度:強】にすることでより貪欲に触手たちが「生きて絡みつく」ような挿入感が倍増します。


イソギンチャクがあなたの精子を欲しがって、暴走をして絡みついて射精に導く。
「触手たちの大乱交」とも言うべき暴れっぷりで、あなたのモノ♂から精液を根こそぎ搾り取るような高刺激快感を与えてきます。


その射精感、イキ顔


ばびゅっ!ぼびゅっ!びゅっ!びゅっ!びゅーっ!!





 「幸せ射精感」には今一歩及ばない物の、かなりの「充実した射精感」を得られました!




「A10サイクロンSA+PLUS」総評:90点



 このように現在もなお管理人のモノ♂と心をつかんで離さない、魅惑の電動オナホール「A10サイクロンSA+PLUS」

「連動できるAVが続々とリリースされ」かつ「互換できるオナホールも続々と発見されていく」という「完成されたコンテンツ」「成長するコンテンツ」の二面性を持つタイトルです。

「2万円」という価格は「電動オナホールという物に興味がある」人で「安物でトンデモな劣化品を掴まされたらイヤだ」と考える人が「ちょっと頑張れば出せそう」な「ちょうど良い価格」であり、「高価」ながらも「値段以上の価値があった」と納得できるラインの絶妙な価格だと捉えています。


 後発商品の「A10ピストンSA」よりも半分ほど安く、連動対応ビデオも豊富。専用ホールも多数。
さらに「ピストン」よりもコンパクトなボディで扱いも楽。

「初めての電動オナホール」として買うなら断然オススメできる商品であり、これから先「A10ピストンSA」や「NLSピストン」を購入するかどうかの指標として所持しても損はしないホールです。



その他「A10サイクロンSA+PLUS」を楽しむための工夫



 基本的にこのような「電動オナホール」は「手で抱える」事でしか使用できませんが、これでは「ヴァーチャルセックス」という課題において大きく「没入感」を損ねてしまいます。

「自分で支えている」ことで「あくまでセックスでなくオナニー」と感じてしまうからですね。

「ハンズフリー」でモノ♂を挿入する事が出来ればそのもどかしさは解消されます。
「完全な王様気分の電動セックス」を楽しむために必要な「2つの工夫」を紹介していきましょう。


工夫1:「ウレタンヒップ」を使う場合




      代替テキスト


 「オナホ固定腰振りオナニー」に必要なグッズ「ウレタンヒップ」での固定パターン。
ただし、「壊れたウレタンヒップ個体を転用する」という方法なので使い古した「ウレタンヒップ」を持っていないと成立しない。


上記の様に上部が裂けたウレタンヒップ、または「真っ二つに割ったウレタンヒップ」と「100均ベルト」を使ってムリヤリ「ウレタンヒップ」に固定させて「ハンズフリーの電動セックス」を楽しむという物。

このためだけに新品の「ウレタンヒップ」を購入してビリビリに裂くのはもったいないので、あくまで「破損したウレタンヒップを抱えている」方が採るべき方法ですね。

工夫2:「専用スタンド」を使う場合



代替テキスト


 こちらはなんでもない、ただ単に「正規サポートグッズ」を使って「机に固定」するだけですね。こちらの方が万人共通して「ハンズフリーの電動プレイ」を楽しめる方法だと思います。

「NLSピストン」「A10ピストンSA」にも対応していますので将来の投資として保持しておいてもいいでしょう。

ただし旧作の「A10サイクロンSA」には対応しておらず、現行タイトルである「A10サイクロンSA+PLUS」のみが対応できる点には注意です。

代替テキスト


価格は税込みであり記事作成当時の物です


その他「A10サイクロンSA+PLUS」関連商品紹介



U.F.O. SA代替テキスト


 こちらは「A10サイクロンSA」同様「AVとの連動」に対応している「乳首を舐めまわす電動機」
代替テキスト こちらの絵で胸に装着しているデバイスですね


 こちらと「サイクロン」両機を対応AVと連動させることで「AV女優の動きに合わせてオナホも動くし乳首も自動で舐めてくれる」という効果が得られます

 現実世界から見てると「単なる変態」にしか見えませんが、あなたの体感では「現実を超えた仮想」が広がっていること間違い無いでしょう。


代替テキスト





価格は税込みであり記事作成当時の物です



VR BOX代替テキスト



 こちらはスマートフォンにダウンロードしたVR対応アダルトビデオを「VRで見るため」に必要なVRゴーグル

 古すぎないスマホならまず対応できると思いますが、念のため上記の「A10サイクロンSA」の販売ページから対応スペックをご確認ください
 「サイクロン連動AV」をスマホでVR視点で見るために必要な物です



価格は税込みであり記事作成当時の物です


SAシリーズ専用無線アダプタ



           代替テキスト


 こちらは「スマホとの連動」ではなく「PCで対応ビデオを見る」場合に「サイクロン本体と連動させる」ために必要なデバイス
PCでのVRヘッドディスプレイである「オキュラスリフト」または「HTCVIVE」を所持している方はさらに対応ビデオをVR視点で楽しめるでしょう


価格は税込みであり記事作成当時の物です



A10サイクロンSA+PLUS:商品ページリンク


 「回転」が執拗にあなたの亀頭を攻める!安定の電動ホール「A10サイクロンSA+PLUS」は下記リンクから!


             代替テキスト




価格は税込みであり記事作成当時の物です

 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として
「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております


上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


A10サイクロンSA+PLUS:関連記事リンク



トップへ戻る

以下余白


関連記事