今回は【レビュー:対決・比較編】です。
先日発売されたばかりの「ヴァージンループシリーズ」最新タイトルの「ストロングピッチ」を「初代ヴァージンループ」と徹底対決・比較をします。

果たして「ストロングピッチ」は新しく「ヴァージンループシリーズ」を率先する「新構造」となり得るのか否か!?

 関連記事:

初代VSストロングピッチ! ヴァージンループに新しい風が来る!? 【オナホレビュー:対決・比較企画】


もくじ




「ヴァージンループシリーズ」とは? 


2013年に発売された「初代ヴァージンループ」
こちらのホールはオナホユーザーの中で高評価を得て当時新鋭メーカーだった「RIDE」の知名度を盤石の物にしました
 しかし2017年、さらなる「ショック」が勃発

タレントの千原ジュニア氏がTV番組で「アレはヤバイ!嫁を超えた!」と絶賛したところ全国的に大ブームを起こして品切れを起こしました
(とは言っても、オナホユーザーの間ではすでに認知されているホールだったので
ここで衝動買いした層は「初めてオナホを買う」か「TENGAくらいしか知らない」人たちだとは思いますが)

 内部構造は「繊細な縦ヒダ」がゾリゾリとモノ♂を撫で上げる、「縦方向へのストローク」に特化した誰もが使いやすく、ヨガれる構造!
代替テキスト   元のサイズ(別窓)
本記事タイトルを含む多数の「派生作品」が生まれた事からもこの「縦ヒダ」構造が「一つの正解」であることがわかるでしょう

「縦ヒダ=正義」を世に知らしめたホール、とだけでも押さえてください


「初代ヴァージンループ」とは?



 初代「ヴァージンループ」は「RIDE」社の業界知名度を一気に押し上げた「起点となったホール」と言っても過言では無いタイトル。

お笑い芸人の千原ジュニア氏が「嫁を超えた!」と感じて「こっちにハマってしまいそう」と急いで破棄したという有名な話もあり、一時的に品薄状態を引き起こしたレジェンドホール。



「繊細な縦ヒダ」がゾリゾリとモノ♂をなでまわす感触が気持ちよく、この刺激に慣れていない人は思わず尻がピクピク痙攣する程の「高刺激快感」を感じてしまう一品。

「RIDE」の代名詞的ホールでもあり、今後も売れ続ける、「生きた伝説」ともいえる一品ですね。


「ヴァージンループストロングピッチ」とは?


 関連記事:


 最近発売されたばかりの「ヴァージンループシリーズ」2019/07/29時点での最新タイトル。


「初代ヴァージンループ」と比べると「4方向からの縦ヒダが太くなった」事で弾力感や肉厚感は勝るが、「内壁とモノ♂との密着感」においては劣るという「相互互換」ホールと結論付けられた一品。


とはいっても、「通常ヴァージンループでも高刺激過ぎる」と感じる人や「肉厚さが欲しかった」という人にとっては「初代超え」もあり得るタイトルであり、「初代を塗り替える新しいフォーマット」となる事も十分可能。


こちらも早期のハード版の発売が待ち望まれています。



初代ヴァージンループ&ストロングピッチ 外観、内観、触感比較


外観比較


代替テキスト


 「初代」よりもかなり「大き目」の「ストロングピッチ」。
ヒダの数を4つに戻して「原点回帰」を図っているようですが、「初代」とはまったくもって別物といえますね。

内観比較


代替テキスト

代替テキスト

 順番に「初代」「ストロングピッチ」の内観です。

「ストロングピッチ」の方がより分厚い「縦ヒダ」になっているのが分かります。

触感比較



代替テキスト

代替テキスト

代替テキスト

代替テキスト


一番最後だけ比率のせいで初代がストロングピッチより大きく見えますが実際は違います。
同じ「バンジータッチ」製ホールなので、大きさの差だけ伸びる、といった感想でしょうか。

初代ヴァージンループ&ストロングピッチ 挿入感比較


入口部分


代替テキスト代替テキスト


 【入口部分】は何度も説明した通り、「ヒダの一つ一つが細かく、密着感で攻める初代」と「ヒダが太く、肉厚さや弾力感で攻めるストロングピッチ」と言った対比。

亀頭だけが挿入されている状態なので、ここで重要視されるのはやはり「亀頭をきちんといじめてくれるかどうか」

そう考えた場合、「ジョリジョリ」と密着して削ってくれる「初代」の方が「刺激感」や「快感度」においても上。

ゾワゾワと身体が震えるように快感がこみ上げてくるのはたまらなく良かったです。

ゆえに

 【入口部分】の快感度


初代ヴァージンループストロングピッチ



中央部分


代替テキスト代替テキスト


 【中央部分】にまで挿入しても、やはり「内壁との密着感」や「ゾリゾリ感」が重要なポイントとなってきます。

ゾリゾリとモノ♂を削る「初代」が心地よいですね。

 【中央部分】の快感度


初代ヴァージンループストロングピッチ



最奥部分


代替テキスト代替テキスト


 【最奥部分】にまで挿入すると、いままでイマイチだった「ストロングピッチ」に光が差し込みます。

そう、「初代よりも大きく、肉厚である」事で「包まれ心地」において最高快感を演出するのです!


「オナホが肉厚」である事は「握っている手の感触が伝わりにくい」=「肉厚であればあるほどオナニーではなく、本当に肉に包まれていると錯覚できる」というメリットを生み出します。

デメリットとしては「握りにくくなる」だとか「ストロークしづらくなる」事が挙げられますが、こちらの「ストロングピッチ」はそこまで大きくせずに「使いやすい大きさ」

「初代ヴァージンループ」にはない「オナホ構造全体の肉厚感」が「最奥」にまで挿入することでモノ♂全体に気持ちよくのしかかります。

 【最奥部分】の快感度


初代ヴァージンループストロングピッチ



引き抜いた時


代替テキスト



 【引き抜いた時】に生じる刺激感でやはり重要視されるのは「寄せては返す波」


※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」
分かりやすく言えば「反発力」です

関連記事

 すなわち、「引き抜いた時」にいかにモノ♂に快感の負荷をかける事ができるかどうか、「挿入時よりも強いジョリジョリ感を得られるかどうか」


幸いこちらの「ヴァージンループシリーズ」はこの「寄せては返す波」が発生しやすいシリーズなので、「初代」も「ストロングピッチ」も一定以上の「快感の反発力」「挿入時以上のゾリゾリ感」は発生いたします。

ですがやはり「より強く」ジョリジョリ感を発生させるには「内壁との密着感」が大事。


「反対方向に引っ張った時」により削れるのは「縦ヒダが細かい初代ヴァージンループ」

ゆえに

 【引き抜いた時】の快感度


初代ヴァージンループストロングピッチ



初代ヴァージンループ&ストロングピッチ 射精感、イキ顔比較


初代ヴァージンループ


 ばびゅっ!!ビュッ!びゅっ!ぴゅーっ!!




ヴァージンループストロングピッチ


 ぼびゅうっ!どびゅっ!ばぴゅっ! 



 「イキ顔」ではわかりづらいですが、「勢いがあり充実感があり幸せ射精感に近い」と感じるのは「初代」の方。

一方「ストロングピッチ」の射精感も一定の水準を超えてはいますが、「並み」と言った充実感ですね。

なので

 【射精した時】の快感度


初代ヴァージンループストロングピッチ




その他比較項目



 ここまでの成績は【初代ヴァージンループ:4ポイント】VS【ストロングピッチ:1ポイント】と「圧倒的に」初代が勝ち越していますが、初代がこのリードを広げたまま勝利するのか?
「ストロングピッチ」に逆転の目はあるのか?他の比較項目で検証していきたいと思います。


突き破りにくさ


 「平均よりも少しだけ大き目のち〇ぽ」を持っている管理人:神楽ちんずりにとって「底が破けにくいオナホ」というのはそれだけで高評価対象です。

この「突き破りにくさ」に関しては断然「ストロングピッチ」の方が上。


「初代ヴァージンループ」はそのコンパクトな大きさゆえ使いやすさ、親しみやすさなどがあるというのも事実ですが、管理人は買い直すたびに突き破ってしまうのも事実。

この点はやはり「初代」よりも縦も横も肉厚な「ストロングピッチ」の方が丈夫で突き破りにくいという利点がありますね。

なので

 【長期間のプレイに耐えられる突き破りにくさ】


初代ヴァージンループストロングピッチ



まあ、「TENGAエッグ」を被せれば底を突き破ったオナホも復活するので、これは「初代」にとってあって無いようなデメリットですけどね。


肉厚感



 先の「突き破りにくさ」と似たような項目ですが、「肉厚感」においても触れておきます。

「オナホールは肉厚である事に越したことは無い」という持論があり、これは「ストロークの際、オナホ部分以外の触感がモノ♂に伝わってきてしまう」事で「肉薄なホールほどおもちゃ感が強く、実勢のセックスではなくオナニー感が出て冷めてしまう」
逆に「肉厚」なホールであればあるほど「質量がモノ♂に伝わってきてリアルセックスを錯覚しやすい」「実際のま〇こと錯覚しやすい」という作用をもたらします。


もちろん、「大き目」に作れば作るほど「使いにくさ」という物も生まれてきてしまいますが「初代」は今からみてもかなり小さいホールであり「ストロングピッチ」は「ほどよく大きく使いやすい」という事でその点を克服。


「初代」よりも「質量をともなった幸せな包まれ心地」が発生するという点で「ストロングピッチ」に1ポイント加算されます


 【肉厚感】


初代ヴァージンループストロングピッチ



「電動オナホール」との互換性


代替テキスト


 「自動で抜いてくれる」事が魅力的な「電動オナホール」において特に管理人が評価している三機種「A10サイクロンSA」「NLSピストン」「A10ピストンSA」との互換パターン。


こちらは「初代ヴァージンループのみ互換可能」という検証結果に。


ストロングピッチは「肉厚」である事が裏目に出たパターンですが「初代」も「底はギリギリ」ですが「素材が柔らかいため互換起動できる」というパターンなので「ハード版」では不可能。

「バンジータッチ版ヴァージンループ」のうち、「初代」と底の厚さが同じ「エイトロング」「ダリンセブン」もこの「互換可能」な強みが存在いたします。


 【電動オナホールとの互換性】


初代ヴァージンループストロングピッチ



総合比較結果


 と、水増し的に「ストロングピッチ」にもポイントがもう少し入る様に比較項目を増やしたのですが、最終的に初代:5点VSストロングピッチ:3点という検証結果に落ち着きました。

単純な総合力では初代ヴァージンループが勝っている。



という事は確かですが、「初代とは違う肉厚感」で奪い返した「3点」に着目してこれを「最優先事項」とするか否かで「初代よりも良い物と捉えるか否か」が決まります。

とりあえずはまだまだ「初代ヴァージンループ」は健在。
「ストロングピッチ」への世代交代?は無しになった感じですかね。


「初代ヴァージンループ」&「ストロングピッチ」商品ページリンク&関連記事



※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です




以下余白



関連記事