今回は第3回【天伽一抜刀会】です。
この度、「TENGA」社からの追求を逃れるために名称変更をいたしました。(ともすればTENGA社がスポンサーをしていると勘違いされそうな企画でしたし)


読み方はそのまま「てんがいちばっとうかい」ですが、「天伽」とは「昇天」や「夜伽」と言った意味を含む造語です。

過去の大会もTENGA社からのご指摘が入り次第、名称を変えさせていただきますがとりあえずはそのまま掲載継続という事で。


前回大会、「第2回」の記事はこちら!


第3回 天伽一抜刀会 【最強オナホ決定トーナメント】


もくじ


「天伽一抜刀会」とは?


 「オナホの天下一を決める大会」です。
管理人が現役で使っているオナホール達の中から「一対一のトーナメント形式」で直接対決させて、「その日の気分などでどちらかを勝ち残らせる」
そしてそれを繰り返して「最後の一つ、天下一のオナホオブオナホを決める」という大会です。

※ここでいう「直接対決」とは、「オカズを広げる」→「二本のオナホを交互に挿入してどちらで抜くかその場で決める」という行動です

「点数が劣るホール」である場合でも「その日の気分で勝ち残るホールが決まる」というルールなので「どちらのホールが勝ち上がるか最後まで分からない」というのが最大の特徴ですね。


「第3回」のルール


 かつては「トーナメント参加オナホールはレビュー記事一覧出撃回数順から選出する」という条件でしたが、該当記事は現在「更新凍結中」ですので、ここでは「レビュー記事一覧:初心者オススメ度順」から「現在定期的に使用している」ホールをピックアップ。

※ゆえにこの一覧の対象外の「電動オナホール」やその専用ホール、「据え置きオナホール」などは参加不可です。


脳内でパッパッと「予選」を済ませて「決勝トーナメントに進む8個の精鋭たち」が絞れてから「試合内容を詳しく実況」いたします。


 さらに従来通り「過去大会で優勝してしまったホール」は「参加不可」です。
「まだ名前がありません」「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」「ドルフィン!」の3つですね。

この大会が「7回」を超えるほど長期企画になった場合、「真・天伽一抜刀会」と称して「過去優勝経験のある8つのホール達」による頂上決戦を繰り広げたいですね。


過去大会優勝ホール紹介


「第0回」優勝ホール「まだ名前がありません」




 「第0回」という概念に疑問をいだくかたもいらっしゃるでしょう。

「第0回ってなんなんだ?」と。


元々この企画を思いついた時から「参加させたらアッサリ優勝してしまうのでは無いか」と思えるほどの「マイベストホール」だった「まだ名前がありません」。


「最初から優勝することが決まっている」程のパワーを持つこちらを除名して「No2以降のホール達でしのぎを削ってもらう」方が「勝敗が見えない」面白さがあるので、参加を控えてもらった彼女。


すなわち「第1回大会」に参加する前から「優勝している」「参加させたら分かり切ってしまう」事で除名せざるを得なくなった=「第0回優勝ホール」という訳です。



 「まだ名前がありません」自体を簡単に説明させていただきますと、管理人が「これ以上のホールは現状体験したことが無い」と思えるほどの「揺るぎないマイベストホール」。

「非実在系」や「高刺激系」や「極端なまったり系」や「イルカの膣」等のホールも良いですが、やはり「ヒトが最終的に一番気持ち良いと思える物」は「ヒトのリアルマ〇コ」である事を理解させられる一品。


 計算されつくした「なだらかなカーブ」と「主張しすぎないイボとヒダ構造」がねっとりとモノ♂に絡みついてきて「ごく自然かつリアルな挿入感」かつ「マ〇コに似ていながらマ〇コより気持ち良い挿入感」を再現!



代替テキスト



 「1ズリ目」はまだこのホールの良さが分かりにくいですが、「ストロークを重ねるごとに」だんだんとニュルニュルと絡みつく挿入感に「離れなくなって」フィニッシュしてしまう事必至!

「ずっと入れていたい」と思えるほどの中毒性のあるホールであり、「管理人の永遠のベストホール」であり、その評価は現時点で最高得点である「96点」!!


しかもこの「96点」は「このホールを超えるホールに出会いたい」という一心で「100点から少しだけ余裕を持たせる」意図で点けた点数。

すなわち「名無し超えホール」が輩出されていない現状、「実質100点」と言い換えられるホールなのです!

このブログではもう何回も何回も特集記事を組んできたオナホールですので、興味がある方は「まだ名前がありません」タグをクリックして該当記事を検索!

代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


「第1回」優勝ホール「すじまんくぱぁろりんこ処女宮(バルゴ)」




 あの品薄系超人気ホール「温泉欲情」と直接対決し、見事「第1回大会」の優勝を飾った「疑似処女膜ホール」


「疑似処女膜」というのは「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズ共通の「永遠の純潔」ともいえる素晴らしいギミックで、「内部構造に処女膜を設置」そしてその処女膜に「わずかな隙間」を通すことで構造を壊すことなく、半永久的に「処女膜」を擦りながらモノ♂を出し入れできる。といった素晴らしい発明の事です。

代替テキスト


 さらにこちらの「処女宮(バルゴ)」はシリーズの中でも「初代の2倍」の「圧倒的質量」を伴ったタイトル。


代替テキスト

 この「質量」と「肉厚さ」がモノ♂に幸せな「包まれ心地」を演出し、「疑似処女膜」のギミックも相まってリアルに女体をむさぼっているような挿入感!


しかも「処女としている」となれば男の脳みそは騙されて、モノはギンギン!

まさしく「第1回優勝ホール」として相応しい一品としてオススメできますね。

代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


「第2回」優勝ホール「Dolphin!(ドルフィン)」




 こちらは通販サイト「大魔王」の自社工場で生産されている「大魔王オリジナル」ホール。

「海の男たちを虜にしたイルカの膣を再現」というインパクト抜群な一品。



「イルカの膣」が「人間のそれより優秀」な理由としては「水中での交尾で♂の精子を逃さないためにヒダが上下に運動する構造へと進化せざるを得なかった」事。
これが「複数の舌で舐められている様な挿入感」を演出し、種族間の壁を超えて人間のモノ♂を虜にしただとか言われております。

イルカに実際に挿入した男たちがいるという事実の方がビックリですがね。



 実際に挿入してみると「3つの子宮口」を作る事でこの「複数の舌」を疑似的に再現、そして「海洋生物らしいヌメっとした内壁」によるニュルニュルとした挿入感がたまらない一品。


代替テキスト


最終的に私が「マイベスト」として選んだのは「人間の膣」である「まだ名前がありません」でしたが、こちらの「ドルフィン!」も「ベスト3」にまで上昇。

パッケージの文句通り、今では「ふれあうたびにおぼれる」状態になってしまった魅惑のホールです。

代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


 以上3つのホールは今大会では「参加不可」。
残りのホールたちで優勝の座を争っていただきます!


参加ホール抜擢



 「レビュー記事一覧:初心者オススメ度順」に名前が出ているホールから参加可能な物を抜擢しますが「すべて参加可能」という訳では無く、ここからさらに「定期的にきちんと使用しているホール」だけが参加者となります。(これを第一次審査とする)

「第一次審査」を勝ち残ったのは以下のホール達はこちら!

※かなり縦長なリストです。
























 
 そしてトーナメント表作成。
ここから「脳内だけで」対戦させて「ベスト8」本戦へと進むホールを選別します。(これを第二次審査とする)



第二次審査終了、ベスト8のホールたちはこちら!&簡易紹介





Aブロック代表:すじまんくぱぁろりんこもっちりソフト



「第一回優勝ホール」である、「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」と同じ、「わずかに貫通口が空いた疑似処女膜」を擦る事で「半永久的に疑似処女ま〇こ」を味わうことが出来る「すじまんくぱぁろりんこシリーズ」から「柔らか素材」版の「もっちりソフト」が本戦出場!


 「ソフト素材」になった事で、「よりねっとりと密着してモノ♂に絡みつく」また「より優しい包まれ心地になる」という差別化も実現

一時期はこの「柔らかな挿入感」が管理人の中で「初代より高評価」判定を下した、実力派ホールです。



Bブロック代表:温泉欲情





 すっかりお馴染みになった「決勝トーナメント常連」ホール。

「スパイラル構造」と呼ばれる「台風の目」のようなギュルギュルと奥へ奥へと誘う構造が素敵なホールであり、「定期的に品切れを繰り返す」超人気ホール。


「柔らか素材」による「極太ミミズヒダ」がジョリジョリとモノ♂を容赦なく撫でつくす感触は現実のま〇こを超えた「まさに理想のミミズヒダ」であり、「現実の女性に戻れなくなるほどの危険な快感」と言えます。


 このホール自体はベスト1である「まだ名前がありません」(96点)より1点だけ低い「95点」というとんでもなく高得点なホールで「現状2位」をキープし続けているホールではあります。

が、「第一回大会」では惜しくも決勝戦で敗れ、「第2回大会」では「総評第3位」である「ドルフィン!」に優勝をさらわれる等、「無冠の帝王」とも言うべきタイトル。


M-1でいうところの「笑い飯」ポジションのホールであります。


ブッダも笑う仏教のはなし 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/7 笑い飯 哲夫 (著)


本命の「優勝候補」であるとともに、だからこそ「今回も優勝は無しかも?」という懸念も。



 「天伽一抜刀会初参加」でありながら「決勝進出」という偉業を成し遂げた一品。

「ミミズ千匹」をモチーフに、さらに「ひねり」を加えて「ただただ、男性器を喜ばせるだけの究極の触手構造」ともいえる「くノ一淫法触手裏剣シリーズ」から最もスタンダードな「もっちりノーマル」が決勝に残りました。


代替テキスト


 このように「うねり、ひねり」を加えた触手たちが六方向からモノ♂をニュルニュルと容赦なく絡みつく挿入快感は圧巻!


男なら一度は試してみたい、「ミミズ千匹」の発展形と言えるホールです。


 現実のマ〇コではありえない、いわゆる「非実在系」のホールが氾濫する中、唯一残った「リアル志向ホール」

前身である「セブンティーンボルドー」がこのブログで「ありとあらゆるオナホをレビューする際の比較基準」となっている「究極のスタンダード」であり、「ソフト版」のこちらも高いポテンシャルを発揮。



「ソフト版」になった事で「弾力」は通常ボルドーに劣る物の、「なめらかな挿入感」「吸着力」という点は快感上昇。

「やわらかなリアルマ〇コがやさしく締め付けてくる」という挿入感は桃源郷!

「射精の充実度」はノーマル版以上かも!?

上記の「触手裏剣もっちりノーマル」とはまた別のベクトルで「男なら一度は味わってみたい名器」である事は間違いないですね。


Eブロック代表:ヴァージンループエイトロングハード





 「ヴァージンループシリーズ」の中でも特に評価の高い「エイトロング」のハード版である「ヴァージンループエイトロングハード」が本戦出場!


シリーズ特有の「繊細な縦ヒダ」がハード版になった事でより鋭く、ジョリジョリとあなたのモノ♂を削り取る!


かつて管理人のモノ♂を30秒と経たずにイカせた「超ハイブリッド高刺激ホール」であり、現在でも「ヴァージンループシリーズ最強」との呼び声も高い一品です。



Fブロック代表:触手裏剣 すじズリ




 管理人がここ最近ハマりだして「シリーズを攻める」と決めた「触手裏剣シリーズ」から、「内部構造の下半分が固めの別素材」である「すじズリ」がノーマルと共に決勝進出!

触手裏剣シリーズ特有の「にゅるにゅるとモノ♂をなぶるミミズヒダ構造」はそのままに、その名前通り「裏スジをコリコリと削る」アクセント的刺激感がたまらないホール!

「触手裏剣シリーズ」の中ではもちろん、「所持オナホ全体」で見てもかなりの高評価ホールです。

ニョリニョリとした絡みつきとコリコリとした弾力の調和的挿入感に身が悶えること間違いなし!

Gブロック代表:R20




 レビュー記事のタイトルにもあるように、こちらは「空気抜き」の具合を変える事によって「まったり系」にも「高刺激」にもなりえる「まん〇鏡ホール」!


標準的なホールより「縦長」であるこちらのオナホは「奥へ行けば行くほど快感構造が詰まっている」という「魅惑のツボ」でありコリコリとモノ♂を責めていくイボがみちみちに詰まった「でこぼこ」な内部構造。



「空気抜き」を弱めにすれば「ぐちょぐちょと音をたてながらガバガバ具合を楽しむホール」になり、強めに空気を抜けば「容赦なく締め付ける高刺激吸引ホール」を楽しめるという二面性。


管理人が長らく愛用しているホールであり、この先も活躍が見込まれるホールでございます。





Hブロック代表:初々しい妹キツ穴edition





 こちらは管理人がオナホ童貞を捧げたホール「初々しい妹」の現行最新作。

「キツ穴」という名称通りかなりキツく、「膣がどんな形をしているか分かるほど」クッキリ浮かび上がる一品。


キュウッと締まってズルズル擦る快感のこちらは他のホールと比べてキツ穴という個性はある物の「スタンダードな刺激感」と言えますね


「初々しい」とは名前ばかりで「ちん〇に美味しそうにむしゃぶりつく淫乱な妹」を味わえる一品です






本戦出場ホールを見た感想


 ほとんど前回の決勝出場者が敗退しているのが大きな変更点。

唯一残った毎大会決勝進出者の「温泉欲情」ですが、周りは新顔ばかり。


中でも管理人の使用ラインナップに最近新規参戦した「触手裏剣」シリーズから「2種類」も参戦しているのが「新しい時代」を感じさせますね。


「昔から使っているホール」からは「R20」「初々しい妹」という実力派が参戦し、「古参」VS「新参」という図式となった今大会と言っても良いでしょう。



本戦開始!果たして優勝を飾るホールは!?





 本戦トーナメント表です。



決勝トーナメント第一回戦



Aブロック代表:すじまんくぱぁろりんこもっちりソフト

VS


Bブロック代表:温泉欲情

戦闘力(総評)比較





 「天伽一抜刀会決勝進出ホールの中では」控えめな点数の「87点」である「すじまんくぱぁろりんこもっちりソフト」と「決勝進出ホールの中で最高得点」の「95点」である「本命優勝候補」の「温泉欲情」。


「もっちりソフト」が上位である「温泉欲情」を追いかける形になりますが、「その日の気分でシコるホールを決める」ので下克上もあり得ます。


決勝トーナメント第一回戦 その試合結果



 今回管理人が選んだホールは「温泉欲情」!!


代替テキスト


 「第一回戦」という事で波乱は無し。
順当に「総評が高いホールが勝ち上がった」と言える試合でした。

と、言いたい所ですが「すじまんくぱぁろりんこもっちりソフト」におけるシリーズ共通の「疑似処女膜を擦る」という挿入感はやはり「脳が騙されてヤバイ!」という感想。


一瞬「非処女の欲情」「処女のろりんこ」で揺れ動いて「ろりんこ」に傾きかけました。

「ろりんこシリーズ」の「処女膜を擦る」快感は何にも代えがたい物がありますので、相手が「温泉欲情」でなければ決勝進出していてもおかしくないタイトルと言えます。

しかしやはり「極太ミミズヒダ」による「文句なしの名器」である温泉欲情が勝ち上がりましたがね。


WIN!


Cブロック代表:くノ一淫法 触手構造 もっちりノーマル



VS


Dブロック代表:セブンティーンボルドーソフト



戦闘力(総評)比較


代替テキスト拡大する



 「90点以上のランク3」「85点以上のランク2」という「ランク差」はあるものの、「点数差」として考えた場合この差は無いに等しい。


ほぼ同じポテンシャルを持った2つ、「ミミズ千匹」か「リアル志向」か、全く違う挿入感のどちらを当日選ぶかで勝敗が分かれるでしょう。



決勝トーナメント第二回戦 その試合結果



 今回管理人が選んだホールは「セブンティーンボルドーソフト」!!

代替テキスト



 純粋な「快感力」だけで言えば「ミミズヒダ」である「触手裏剣ノーマル」が勝るのですが、この日管理人が求めたのは「リアル志向」のホール。

かつ「触手裏剣」には無い「セブンティーンシリーズ」特有の「空気抜き」による「圧倒的吸引力」。

やわらかなマン壁がキュウッと締め付けるその挿入感に思わずフィニッシュいたしました。



WIN!


決勝トーナメント第三回戦


Eブロック代表:ヴァージンループエイトロングハード


VS

Fブロック代表:触手裏剣 すじズリ


戦闘力(総評)比較




 ほとんど誤差の範囲の実力差しかない二人。

どちらが勝ちあがっても不思議ではありませんね。


決勝トーナメント第三回戦 その試合結果



 今回管理人が選んだホールは「ヴァージンループエイトロングハード」!!

代替テキスト


まさかの2回目の「触手裏剣シリーズ」の敗北!
どちらかは決勝戦に残るくらいのポテンシャルはあったのですが、ここで敗退。

この日、前回は「セブンティーンボルドーソフト」という柔らかめのオナホを選んだからか、「ゾリゾリと削るような挿入感のオナホが欲しい!」という思考に。

「すじズリ」の硬素材部分も良かったのですが、「ホール全体でジョリジョリ削る」エイトロングハードの「爆発力」がこの日の管理人の気分にマッチ!!


新顔である「触手裏剣シリーズ」は2種類とも敗退。
この時点で優勝争いは全て古参のホールが争う形になってしまいました。


決勝トーナメント第四回戦



Gブロック代表:R20


VS

Hブロック代表:初々しい妹キツ穴edition



戦闘力(総評)比較




奇しくも同じ「トイズハート社」製ホールでありながら、潰し合わなくてはならなくなった両ホール。
これもガチで競い合う企画である「天伽一抜刀会」ならではの展開ですね。




決勝トーナメント第四回戦 その試合結果



 今回管理人が選んだホールは「R20」!


代替テキスト


 ここでは「R20」の「構造が詰まってる」挿入感が勝利。
「奥へ奥へ」と気持ちよさが詰まっていてガンガン突けるのが「妹」よりも良い点だと判断しました。






準決勝戦開始!





 なんと4つの準決勝進出ホールのうち3つがトイズハート製ホール!!


オナホール業界最古参の「トイズハート社」の歴史、地力がしっかり示された大会になってしまいましたね。

唯一のRIDE社からの刺客「ヴァージンループエイトロングハード」はトイズハートの強豪たちをなぎ倒して優勝を奪い取れるのか!?

1~4回戦以上の激闘になる事間違いなしッ!



決勝トーナメント 準決勝第一試合


Bブロック代表:温泉欲情


VS


Dブロック代表:セブンティーンボルドーソフト

戦闘力(総評)比較


代替テキスト拡大する



 この試合も「トイズハート」製ホール同士のつぶし合いとなってしまいました。

「まだ名前がありません」を除くと「暫定一位」の総評の「95点」を誇る「温泉欲情」と「通常版ボルドー」とともに「スタンダード」を走り続ける「ボルドーソフト」(88点)


点数だけで見れば「温泉欲情」の圧勝ですが、「ボルドーソフト」には「安定感」があります。

「温泉欲情」はその攻撃型の高刺激快感構造ゆえに第一回、第二回大会でともに「温泉欲情のような責めてくるホールで抜きたい気分じゃない」と管理人の気まぐれで敗退しています。


つまり試合当日になって管理人が「安定感」を求めれば十分に「ボルドーソフト」が勝ち上がる事もあり得るという事です。




決勝トーナメント 準決勝第一試合 結果発表





 この日管理人が選んだホールは「温泉欲情」!!



代替テキスト

「もしかしたらセブンティーンボルドーソフトが勝つかも!?」というわかりやすいフラグで「結局点数が高い温泉欲情の勝利かい!」という展開になってしまいましたが、実際のところどちらを勝たせるか結構迷っていました。

ニョリニョリとミミズヒダが容赦なく撫でてくる「温泉欲情」は間違いなく名器ですが、「セブンティーンボルドソフト」の方も「空気抜き」に適した構造ゆえ、密着感がものすごい!

キュウウッと締まってくる「柔らかく、心地よいリアル膣内」という快感が一瞬「温泉欲情よりこっちか!?」と迷わせるほどでした。

相手が「温泉欲情」でなければ勝利していたかもしれませんね。



WIN!


決勝トーナメント 準決勝第二試合


VS


戦闘力(総評)比較





 点数差はないに等しい両者。
うごめく「トイズハート」社の強豪ホールがひしめくなか、単騎で準決勝に臨むRIDE社製の「ヴァージンループエイトロングハード」

果たしてRIDE社の意地を見せられるのか!?その勝敗は…!?



決勝トーナメント 準決勝第二試合 試合結果



この日管理人が選んだのは・・・




「ヴァージンループエイトロングハード」!!




代替テキスト


 最近レビューでもプライベートでもまったり~中刺激のホールを使っていたからか、「エイトロングハード」の高弾力、硬素材のゴリゴリ感に抗えずに「初めて使用した時」のように2分も持たずに速攻射精!!


やはり「ハード素材のホールは久しぶりに使うと爆発力がヤバイ!」という持論は間違ってなかったと断言できますね。



第3回 天伽一抜刀会 決勝戦開始!





Eブロック代表:ヴァージンループエイトロングハード

戦闘力(総評)比較





 決勝戦は「このブログを始めたばかりの頃の管理人のベスト3以内のホール」同士の対決となりました。

新作のホール達が蠢く中、「旧時代の強豪」の意地を見せた2作品。

「決勝戦進出2回目」の「温泉欲情」は今度こそ優勝できるのか!?


「温泉欲情」と同じトイズハートの強豪「R20」を打ち倒した「ヴァージンループエイトロングハード」が勢いに乗って優勝をかっさらうのか?


見逃すことのできない大決戦になる事は間違いなし!!


決勝戦は2本先取制!



 せっかくの決勝戦なのですから、少しだけルールを変更します。

なんのことはない「最大3回直接対決し、2本先取した方が勝利する」というマッチ制ですね。これで決勝戦はもっと盛り上がると思います。



 直接対決1回目(2019/08/12)




 今回管理人が選んだホールは…




「エイトロングハード」!!



やはり「久しぶりにハード素材のホールを使うと爆発力が強い」という補正はいまだ健在!
ベスト2である「温泉欲情」を一瞬の爆発力で上回り勝利!

しかし「ハード素材のホール」は「短期的な爆発力はすごい」ですが「使用者の熱が冷めるのも早い」という特徴もございますので、2本目以降はどのような結果になるか分かりません。

「温泉欲情」が後から2本取り返すのか、「エイトロングハード」が逃げ切るのか、ますます目が離せない!


 直接対決2回目(2019/08/15)




 今回管理人が選んだホールは…




「温泉欲情」!!


なんてことはない、ただの1-1で振出しに戻っただけでしたね。
先ほども言った通り「ハード系ホールは久しぶりに使った時の爆発力は凄い」けど、「なれるのも早い」という性質があり、ここでは刺激に慣れたためか「柔らかくいやらしい絡みつきの温泉欲情のニョリニョリ感」が勝利。

ここで「温泉欲情」を1回挟んだことによりまた「エイトロングハード」の爆発力は復活するのか、それとも「温泉欲情」が逆ストレート勝ちを決めるのか、ますます目が離せません。



完全決着!勝利したホールはこちら!



 「エイトロングハード」のジョリジョリ感と「温泉欲情」のニョリニョリ感が攻める!
両者一歩も譲らない攻防だがここで勝敗を分けたのは「寄せては返す波」と呼ばれる「最奥から一気に引き抜いた時の快感」だ!


※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」
分かりやすく言えば「反発力」です

関連記事

ここで「エイトロングハード」のジョリジョリ感に異変が…!?

なんと管理人:神楽ちんずりのモノ♂は「もうこの感覚には慣れてしまったよ」と言っている!?
ハード素材特有の「爆発力も凄いが慣れてしまうのも早い」という欠点が出てしまった…!?

逆に安定しているのは「温泉欲情」のニョリニョリ感!
これは「いつ使用しても楽しめる」究極の快感!



と言う事はやはり…


決まったーっ!!この日管理人が選んだホールは「温泉欲情」!!

よって優勝は「温泉欲情」!!




  代替テキスト


長い時を経て、「優勝候補」でありながら、「決勝トーナメントに2回も進出」していながら、いつも優勝を逃してきた「温泉欲情」がついに…ついに優勝!!



おめでとう!「第3回天伽一抜刀会」の王者は君だ!





第3回 天伽一抜刀会 総評



 長年「王冠」を手に入れる事がかなわなかった「万年2位」とも言うべきホール「温泉欲情」ですが、今回見事「第3回王者」に輝きました。

触手裏剣シリーズ、トイズハートの強豪、すじまんくぱぁシリーズ、エイトロングハードという「決勝戦」という舞台にふさわしい豪華ホール達。

この中で勝ち残った「温泉欲情」は「真の強者」と言えるでしょう。
「管理人の所持ホールが増えた」事で確実に第一回、第二回大会よりもレベルが高くなってますからね。

つまりは「優勝経験ホール」たちで繰り広げられる「真・天伽一抜刀会」にてかつて優勝をさらわれた「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」と「ドルフィン!」、直接対決企画にて負けた「まだ名前がありません」とのリベンジマッチが期待されるという事です。

今の勢いに乗った「温泉欲情」ならこれらのホールをなぎ倒すほどの熱量がありますからね。

しかしながら、「短期決戦」であるならば「一瞬の爆発力で勝る」エイトロングハードも優勝していたと思うと、「三本勝負」という方式に助けられた形にも見えますかね。



優勝ホール商品ページリンク&決勝進出ホールレビュー記事リンク




WIN!


すじまんくぱぁろりんこもっちりソフト:やわらか処女膜にモノ♂を擦れ! 最近のロットは耐久値もアップ!?【個別オナホレビュー2回目】


温泉欲情:気持ちよすぎる「快感の大浴場」!浸かりすぎ注意!!【個別オナホレビュー4回目】


くノ一淫法触手裏剣 もっちりノーマル:回転させると即イキ! 「ミミズ千匹」が「生きて」絡みつく!?【個別オナホレビュー】


セブンティーンボルドーソフト:やわ肌のリアマンが締め付ける!【個別評価2回目】


ヴァージンループエイトロングハード:8本の硬い縦ヒダが亀頭を攻める! ライバルはダリンセブンハード!?【個別オナホレビュー2回目】


触手裏剣 すじズリ:裏筋をコリコリ責める新たな「触手裏剣」!【個別オナホレビュー】


R20:4年ぶりに新規を買って再検証!魅惑のまん〇鏡! 【個別オナホレビュー3回目】


初々しい妹キツ穴edition:どの方向に穴が進むか分かる!究極の密着度!! 【個別レビュー】


前回大会、「第2回」の記事はこちら!

トップに戻る


以下余白



関連記事