「相手の子宮内部にまでモノ♂を挿入する」という危険な?プレイスタイル
「ウテルスセックス」を再現したと言われるホール「極彩ウテルス」をもう一度レビューしていきます

 前回のレビュー記事はこちら!

前後どちらからでもイれられる!「極彩ウテルスDuo」のレビューはこちら!

このホールのメーカー「マジックアイズ」についての個人的見解

お知らせ:スマホで横表示に対応しました!
「変なところで改行されてる」と感じる方、「横に長いテキスト表示」したい方はスマホを横にしてください




簡易総評:88点(前回と同じ)

※詳しいレビューは追記文で!


 「子宮姦」を再現できているかどうかに関わらずかなりの快感力をもったホールです

ただしこれは「良い意味で」マジックアイズの技術力が高いおかげで「ごく自然に子宮構造へと亀頭が飲み込まれていく」ので意識して集中しないと、「膣構造と子宮構造の境目が分からない」というジレンマも


 ですが今回は【引き抜いた時】にこの「子宮構造」から亀頭がチュポン♪と抜ける瞬間、確かに「子宮姦」を感じる事に成功

その点を踏まえたうえでもう一度より詳しく、より新しいフォーマットで再レビューしていきます

採点は前回と変わらず「88点」
管理人の所持しているオナホールが増え「1年ぶりの再レビュー」であるにも関わらず「減点されていない」というのは結構凄くこのホールが変わらず「実力派」である事を意味していますね




極彩ウテルス:子宮姦という危険な境地!これが本当の「ナカ出し」!? 【個別オナホレビュー2回目】


もくじ


ウテルスセックスとは?


その名の通り「子宮口」に挿入するセックス
「子宮口に口づけする」ポルチオセックスを「子宮内に入れてる」と勘違いしただけとか
「本当に挿入する方法も存在する」だとか色々な説が流れていますが基本危険な行為(ざっくりしすぎている解説ですが)
男性側の「征服欲」を満たしたいがための性行為であり二次元のエロ漫画なのでは一部で展開がされているジャンルとの事





「極彩ウテルス」の外観、内観、触感


その外観




 いつも通り「ボルドー」と比較。「長さ」は劣りますが横の肉厚は勝ってます


その内観




 先ほども申し上げた通り、「子宮構造」がモノ♂を包み込むように待ち受ける構造
「じゅぽっ」とこの内部に亀頭を挿しこみましょう


その触感

代替テキスト


 程よく伸びますが「しなり」はひかえめですね


「極彩ウテルス」の挿入感



入口部分


代替テキスト 代替テキスト

 「あうふっ!Gスポット構造がいきなりモノ♂をぶちゅっと押さえてくる!」

※声は出さずにプレイしましょう

 【入口部分】はモコッと上から突き出た「Gスポット」がモノ♂にくちょっと押し当ててくる「粘着型アクセント構造」

「内壁とこの構造にモノ♂サンドイッチされる圧迫感」と「くちゅくちゅして気持ちがいい!」という挿入快感を得られます


中央部分


代替テキスト 代替テキスト

 「じゅるじゅると吸い込まれていく通路的構造!奥へ奥へと進みたい!」


 【中央部分】は若干「スパイラル」気味にぎゅるぎゅるとモノ♂を奥へと誘うヒダ構造

ここまでの挿入感では「ねっとりと絡みつく粘膜系ホール」であり「中刺激」判定ですが
後述の「最奥構造」における最大の特徴「子宮部分」の挿入感が「高刺激」へと判定を覆します


最奥部分


代替テキスト 代替テキスト

 「子宮構造ににゅるん♪と突入してぷちゅっと噛まれる!ふおおっ締め付けが良い!」



 【最奥部分】はおまちかね、このホール最大の特徴の【子宮姦構造】であり子宮口のナカににゅるん♪と亀頭が挿入されぷちゅっと包まれます

ただしこれは「にゅるん♪」という擬音を使う程にマジックアイズの技術力が高いゆえに
「ごく自然に子宮内部に挿入されてしまう」ので亀頭に意識して構造を噛みしめないと「境目」が分かりづらいです

 しかし集中して構造をさぐると確かに「子宮内部に包まれてる感覚」と「構造の境目」を実感
キュウキュウ亀頭を締め付ける感じが通常のセックスよりも「欲しがってる、搾り取ろうとしている!」と錯覚できる

「ウテルスセックス」をしたこと無いので無責任な発言になりますが「ウテルスセックス疑似体験」できていると言えるのでは無いでしょうか


引き抜いた時



代替テキスト 代替テキスト

 「ちゅぽん!と跳ね返る反発感!勢いよく子宮構造から引き抜くと心地よいッ!」



 【引き抜いた時】に生じるのは「ちゅぽん!」と音をたてながらモノ♂がピクンと跳ねるほどの「解放的快感」!!


 「ペットボトルにつっこんだ亀頭を引き抜いた時」的な「反発力」がモノ♂に伝わってきます(少し極端な例ですが)


 「挿入時」には気づきにくかった「子宮構造」ですが「引き抜くこと」でしっかりクッキリと浮かび上がりこのホールが「高刺激判定」へと変わりました

 この心地よさと「入口に戻るとき」にまた発生する「Gスポットからの亀頭を内壁とサンドイッチする快感」がぷちゅっと襲って来るのも高評価点
「引き抜いた時」もこの構造全体で高刺激快感を楽しませてもらいました


「極彩ウテルス」使用時の射精感、イキ顔



 ぼぴゅっ!びゅっ!びゅーっ!






 「子宮内部」にまでモノ♂を挿入する「ウテルスセックス」を疑似的に再現したことにより根元から吸われるような「勢いのある長い射程の射精感」が発生!


 関連記事:セクシーグラビア集


「極彩ウテルス」を一言で表すと?



 「子宮姦」という危険思想を亀頭ごと丸飲み!本当の意味の「ナカ出し」を疑似体験しよう!


 「本当にウテルスセックスしているわけでは無い」事は確かです
しかし「少しでも興味のある人」からガチの「子宮内部に挿入してしまいたい」と考えている危険思想の人、そういった人たちに「疑似体験」を与える「本当の意味の中田氏ホール」と言えますね


「極彩ウテルス」総評:88点



刺激・・・★★★★☆「高刺激」判定
耐久・・・★★★☆☆管理人は突き破ってしまいました
肉厚・・・★★★★☆「横幅」はかなり肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆そこそこの「使いやすさ」
コスパ・・・★★★★☆この造り込みで2500円前後!
締まり・・・★★★★☆そこそこ強く、ねっとりした締まり
長さ・・・★★★☆☆15cmで「普通の長さ」判定
硬さ・・・★★★☆☆「標準的な素材」判定
快感性能・・・★★★★☆かなりの快感性能
即射性能・・・★★★★☆「即ヌキ」にもある程度対応!
空気抜き対応度・・・★★★☆☆そこそこ

このホールを突き破ったら「TENGAエッグ」で補修しよう!


初心者オススメ度・・・★★☆☆☆(前回★3)


 「初めてのオナホール」としてオススメできるかどうかの判定で言えば「オススメとは言えない」★2判定!
やはり「子宮姦」という日常ではありえないプレイの再現ホールのため、このホールに「初めて」を捧げてしまった場合「変な嗜好が目覚めてしまうのでは」という心配があります



彼氏へのオススメ度・・・★☆☆☆☆(前回★4)


 「彼氏へのプレゼント」としてこのホールが適しているかどうか

何を血迷ったのか前回のレビューでは「オススメできる」判定の★4になってますね

 これは流石に「判定が間違っていた」と訂正いたします。申し訳ありません
そして★1と大幅に下方修正したのはやはり「ウテルスセックス」を疑似体験できるホールという性質上「現実世界でのウテルスセックスにも興味を持ってしまうのでは無いか」という危険性

これをちょっと心配して「オススメできない」判定の★1を点けさせていただきます
彼氏さんが「きちんと割り切れる芯の強い人」ならば大丈夫でしょうけど



「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンC:補助不要、長さが余る系




 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「オナホ固定腰振りプレイ」
その対応パターンは「パターンC:補助不要、長さが余る系」!!



         代替テキスト
      

 「横幅」の大きさがウレタンヒップの「穴」にピッタリマッチしているので補助無しでも(多少裂きながら)ウレタンヒップにハメこめるパターン

その性質上、どうしても「奥まできっちり入らない」ため「補助が不要かつピッタリハマる」パターンは存在しない
「パターンB」と同じく、モノ♂をしっかり硬くして直線的な力を加えることで「腰振り」が可能になる




「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



代替テキスト

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定
専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)



「極彩ウテルス」商品ページリンク




 子宮姦という世界に至急COMEN!「極彩ウテルス」は下記リンクから!

※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております


上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


「極彩ウテルス」関連記事はこちら!


 前回のレビュー記事はこちら!

前後どちらからでもイれられる!「極彩ウテルスDuo」のレビューはこちら!

このホールのメーカー「マジックアイズ」についての個人的見解




以下余白


関連記事