2019/08/12「選ぶ100の理由」「新品と中古の比較」記事と統合。

  今回は【疑似ペラサイト】です

 「ペラサイト」とは「何か一つの商品に特化したサイト」という意味で運営しているサイトです(枚数が少ないペラペラなサイトの略)



 この記事では「派生記事が多すぎて整理しきれなくなったコンテンツ」をペラサイトを見習い「1ページに今まで書いてきた記事の内容をまとめる」他、「関連記事全てのリンクページを整理する」といった試みやタイトルのオナホール関係の記事を「俯瞰(ふかん)」で見直す試みがあります


 今回は「歯があるフェラホール」というそれ以前では珍しかったフェラホールシリーズである「真実の口」

関連記事が増えてきたのでここでまとめに入りましょう

※スマホを横向きにする事でテキストの密度を変えられます!
「変なところで改行されてる」と感じる方
「横に長いテキスト表示」したい方はスマホを横にしてください





「真実の口」とは? 【オナホレビュー:疑似ペラサイト編(総まとめ)】



もくじ



参考、引用元記事


個別レビュー記事

















 比較・対決企画








「真実の口」とは?


 「経験を積み重ねた」「気持ちよさに徹底した」フェラを再現したホールとは
一線を画す「不慣れな女性」のフェラを再現?したホール
それゆえにベテランのフェラにおいて心がける「歯が当たらないようにする」というコンセプトは排除
樹脂性の「歯」がついており、モノ♂を挿入する際歯が若干触れることで「リアルさ」を追求
「単純に気持ちよい」に特化させるのではなく「本当に口に挿入している」という没入感を得られる作りとなっています

なんどコピペしたかわからない説明文

要するに「歯がつくことでフェラされてる感がアップしたホール」ということです


 今回は【総まとめ記事】という事でこのシリーズに対して勘違いしがちな点を説明


読み方は「しんじつのくち」ではありません

「まみのくち」と読みます

 要するにパッケージの女性「真実ちゃん」がフェラしているというシチュエーションのホールとメーカー側は伝えたかったようです


「真実の口シリーズ」簡易個別紹介



こちらが「フェラホールの偏見を変えた」と言われる(当社比)「真実の口シリーズ」の「初代タイトル」
「フェラホールにおいて歯は邪魔にならないの?」というオナホプレイヤー達の純粋な疑問に対して
「気持ちよさや快適さよりもリアルフェラ感を追求した」と言える本商品は「歯」がモノ♂を擦ってくるその感覚が男子の脳に「歯が当たらない快適なフェラ」よりも「リアル口内」を錯覚させ
より興奮、より「第三者とのオーラルセックス」を感じやすくなる仕様
「歯なんて邪魔なだけでしょ」と思って半立ちのまま試してみればわかりますが「歯」によるリアル口内錯覚によりモノ♂はみるみる「全勃起」状態へと変化します
 このホールを機に他メーカーも「歯があるフェラホール」にチャレンジしたりなどオナホ業界全域にわたり影響を与えた一品
「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」と派生タイトルが生まれましたが今でも「歯の主張感」や「ベタベタではあるがフェラ感は一番再現できている」という評価であり「純粋なリアルフェラ錯覚」を求めるならこちらです


「真実の口 アマガミ」:89点


真実の口アマガミ:歯の感触は残すコンセプト重視のフェラ! 現在でもNo1フェラホールなのか!? 【個別オナホレビュー3回目】



 こちらは「柔らかな歯」「柔らかな内部素材」を携えて帰ってきた「真実の口シリーズ第2弾タイトル」
 
「歯当たりの良さ」と「柔からな内部素材が提供するねっとり挿入感」は「上手くなったフェラ」と捉えるのなら「正解」かもしれませんが「真実の口シリーズ」として捉えるのなら「初代のベタベタなフェラ挿入感が良かった」と言う人も!?
 「快適な挿入感」=「歯がやさしく当たるだけの上手なフェラ」「ベタだけどしっかり口内を感じる挿入感」=「歯が当たってくるフェラ」のどちらを求めるかで評価が変わるので「初代」と同じ「89点」で濁しました


「真実の口 ぺろりん」:88点





 こちらは「真実の口シリーズ」の中でもかなり特殊なタイトルであり「舌が外部に露出している」点と「バキュームを促す吸引ポイントが存在する」内部構造
 「のど輪締め」を再現したとされるその吸引ポイントにキュッと締めてもらいそのエリアを突き抜けた先には他のタイトルよりもミチミチに詰まった肉壁が総じて「高刺激快感」と言える使用感が魅力の派生作品であり、
「フェラ初心者だった真実ちゃんがテクを覚えて帰ってきた!」と形容できる一品
 こちらも「初心者らしい下手なフェラ」が「真実の口シリーズ」のだいご味とするか「テクを覚えた淫乱な真実ちゃんも好き!」という感情を抱けるかという事で「相互互換ホール」と結論付けさせていただきます



「真実の口 おちょぼ口」:85点





 こちらはタイトル通り「初代真実の口」の真実ちゃんがより幼く小さく「おちょぼ口」になって再登場したタイトル

「初代真実の口」よりも未熟なフェラ、口いっぱいに頬張る感じが愛おしく
「値段も1000円台にまで下降」した事で「ここから真実の口シリーズに手を出してみよう」と考える人にオススメできるタイトル

 そして管理人的には何より「コンパクトなサイズになった事で電動オナホールにハメられる」事が高評価点
「ピストン」なら「イマラチオ」や「ディープスロート」
「サイクロン」なら「舌を回転させて這わせるフェラ」を再現できます

代替テキスト

ゆえに「電動オナホール」の3種のうちいずれかを所持している方にもオススメできます




「真実の口シリーズ」その評価の遷移



初代「真実の口」



 レビュー1回目:87点




代替テキストレビューその8:真実の口 公開終了


 テキストだけで済ませていた簡潔な時代。樹脂製の歯なのに「プラスチック」とかなり痛そうな間違いをしているのが特徴


 レビュー2回目:89点



代替テキスト旧レビュー記事:再レビュー!「真実の口」 やはり「歯」はいいものだ 公開終了


 「89点」という大台へとランクアップした記事
テキストに色や画像を使うようになりましたがまだまだ地味な印象です


 レビュー3回目:89点



代替テキスト「真実の口」 比較記事に便乗して新しくしておく【オナホレビュー】3回目
公開終了

 一度目のシリーズ総まとめ比較記事の際にリニューアルした「レビュー3回目」の記事

「挿入部分ごとの実況」や「イキ顔」等現在のフォーマットにだいぶ近づいてきましたが
こちらの記事ももう1年近く前になってしまいました


 レビュー4回目:89点




 2019/05/20現在最新のフォーマットで書かれた記事

「挿入部分ごとの実況」に「喘ぎ声」が実装

現時点で「真実の口シリーズ」の中で一番コンセプトに合ってて「総合力」にて一番のタイトルと位置付けられました


「真実の口 アマガミ」



 レビュー1回目:89点





 初登場から「初代」と同じ89点をかっさらう「アマガミ」

その理由は「まったり素材」になった事による「射精感」の充実度であり、「幸せ射精感」についても述べています



 レビュー2回目:90点






 この頃はトレンド的に「射精感の充実度=オナホとしての実力」と考えて「現状NO1フェラホール」として扱っています

後々「真実の口シリーズなら歯の主張感は強い方が良い」と考えを改めるのですがこの時は「アマガミがフェラホールで一番良い」という評価でした


 レビュー3回目:89点





 このまとめ記事のために書き直したと言っても過言では無い「第3記事」

やはり「ねっとりとした柔らかい挿入感」による「射精感の充実度」よりも「真実の口シリーズ」である事で「歯の主張感が大事」と見直されて結局初代と同じ「89点」に落ち着きました


「真実の口 ぺろりん」



 レビュー1回目:89点





 こちらも初登場で「初代」と同じ「89点」を獲得した有力ホール

当時は「初代と同じ高刺激系フェラホール」という位置付でしたが後々このホールにしかない「真空のど輪締め」について差別化はできていると理解します


 レビュー2回目:88点





 「レビュー2回目」において「1点だけ下降」する「ぺろりん」

評価が下がったというよりは「総合力ではやはり初代が一位」という改定に基づいて初代(89点)より下げるべきだと判断して行った採点ですね


「真実の口 おちょぼ口」


 レビュー1回目:85点





 「単純な商品としてのスペック」では他3種の下位互換でしかない「おちょぼ口」ですがやはり「小さい事、安い事」それ自体に価値があるという印象

「レビュー1回目」でも「電動オナホール」との互換性をメリットとして説明します



真実の口シリーズを選ぶ「7個」の理由!歯があるフェラホール! 【このオナホを選ぶ100の理由】(現在は7個まで)



「真実の口シリーズ」を選ぶ100の理由1~5



その1:「歯」の感触を楽しもう!



 一般的に「上手いフェラ」というのは「歯が当たらないようにする」と言われています

しかしこちらの「真実の口」シリーズは敢えて「歯」を残した構造私も最初は「どうなんだろうな」と思っていましたが使ってみると「なるほど」と

歯が擦れるたびに「本当にフェラされている」という没入感を得られる!!



「単純に気持ちいだけのホール」なら普通の膣型ホールを当たればいいだけですし

フェラホール」としては「歯が当たる方が」本当にされていると錯覚しやすい!


なので「真実の口」シリーズを選ぶ理由その1は


 本来「下手なフェラ」において感じやすい「歯」の感触を「リアルフェラ」の追求のため敢えて探しに行くため!


「歯」は邪魔なものではなく「要る」要素なのです


代替テキスト 使い込むほどここの「歯」が擦れるのが「良い」と思えるのです



その2:内容の充実度の割に安価



あくまでも各種ホールが「ちょい高」設定の「トイズハート」等の商品との比較ですが

この緻密な造りの割に値段設定が安い!!


※NLSの場合:3種とも2354円


「二重構造」(外側と内側に違う素材を使っている)と「歯」のギミック

ここまで緻密なホールの場合3000円以上でもおかしくないのですが

2500円を下回る価格設定!!


管理人の「マイベストホール」である「まだ名前がありません」も緻密な「二重構造」ゆえ「2808円」と3000円寄りな価格設定でありながらこちらはさらに「歯」のギミックが付いているのに400円近く安い!!


故に「真実の口」シリーズを選ぶ理由「その2」は


 精密、緻密な造りながら値段設定が安くお得感があるため!



評価点数が似ている「初々しい妹」との値段比較(別窓)同じ点数のホールを得るのなら「真実の口」シリーズが値段的にもお得


その3:「腰振り」しやすい大きさ


管理人のライフワークと化したプレイスタイルウレタンヒップによる「腰振り」プレイ

こちらの「真実の口」シリーズはいずれも、「パターンA:要補助:すっぽりハマる系」の「非常にウレタンヒップに適した大きさ」のホール。

故に「真実の口」シリーズを選ぶ理由「その3」は

「腰振りプレイのやりやすさ!」

(まあこれはこのホールに限った「選ぶ理由」ではないけど)





パターンA:補助あり:スッポリハマる系


       代替テキスト 


 スタンダードなホールをはめ込む場合補助が必要ですが奥までスッポリハマるパターン

気兼ねなく「腰振り」できる大きさのホールたちであり写真の「ボルドー」より小さいホールもこのカテゴリ「A」に属する


オナホ別「ウレタンヒップ」はめ込みパターン解説は以下の記事から!




その4:シリーズ後発ごとに「少しうまくなるフェラ」を味わおう!




初代「真実の口」はゴリゴリの「初心者フェラ」が味わえるホールですが「甘噛み」、「ぺろりん」と後発ホールになることでそれぞれ


「歯の触りが少しまろやかになる」

「キュウッとモノ♂を締め上げるのど輪締めが楽しめる」



という「ちょっと慣れてきた彼女がモノ♂を喜ばせようとしている」
疑似交際〇年目体験?もできる?

という事で「真実の口シリーズ」を選ぶ理由その4は


 少しずつ上手くなる淫乱な彼女を疑似体験できる!



それゆえに「発売順に購入」するとさらに感動できること間違いなし!


代替テキスト   
  素材の違いから「アマガミ」の まったりとした咬み心地を挿入前から予想できます



その5:温めることで快感力アップ!(2019/04/19追記)



 これも他のホールにも言える「選ぶ理由」ですが

「温める」事で段違いに快感がアップします



 こちらは「フェラホール」であるがゆえにより「本物のフェラかも!?」と錯覚できること間違いないです。「温め」にオススメなのは断然こちらの商品


代替テキスト

 ゆえに

 「温める」事で人の体温を感じてよりリアルな口内を演出できる!?これが「選ぶ理由」その5!!




その6:「電動オナホール」にもハメ込める「おちょぼ口」参戦!(2019/05/21追記)



 「初代真実の口」よりも幼い設定の真実ちゃんのお口の「おちょぼ口」が参戦。「よりコンパクトに、安価に」なった事で

「より使いやすく」

「初めての人が参入しやすく」

そして「電動オナホールにハメ込めるという感動」を得られる一品



 こちらが参戦したことで唯一のネックであった「電動オナホールとの互換プレイに未対応」と言う点も克服

特に回転ホールである「A10サイクロンSA」との相性は抜群で、同じくフェラコンセプトである専用ホール「オーラル」同様、「舌が舐めまわす快感」に「素人っぽい歯の感触」が追加される新感覚を味わえます

 関連記事:



 ゆえに

 「おちょぼ口」が参戦したことで今まで無理だった電動オナホールでも楽しめる!これが「選ぶ理由その6」!!




その7:弊サイト「神楽ちんずりのずりずりとーく」では関連記事、特集記事がたくさん!(2019/05/21追記)





 上記の比較・対決記事の様にこのブログでは「真実の口シリーズ」の特集記事が数多くに存在します


 「これから買おうと思ってる人」はもちろん
「買った後他のタイトルも買おうと思ってる人」もその両方の人が安心して「真実の口シリーズ」の詳細についてこのブログで知ることが出来る!

ゆえに

 「真実の口シリーズ」のレビューはこのブログに任せておけば安心!

どこよりも特集記事及びレビュー回数が多いと自負しています!


これが「選ぶ理由その7」!!





ここから別記事【「初代真実の口」新品&3年前比較!使い込んだホールは馴染む!?】との統合内容です。



 今回は【オナホレビュー:対決・比較編】です
先日3年ぶりに「初代真実の口」を買い直したのでその外観や使用感を新品と中古で比較していこうと思います

尚オナホールには嘘か真実か「長年使いこむとより気持ちよくなる」という通称「覚醒」という現象が存在しているのでその点も踏まえてお話していこうと思います

 「覚醒」に関する考察はこちら!
この記事より前に実際に「新品と中古」を比べた記事はこちら!



代替テキスト


簡易比較結果:3年前の中古の方が気もちいい!?

詳しい比較結果は追記文で!


 「新品と中古を比較する企画」第3弾
かつて比較した「中古と新品」は「まだ名前がありません」と「R20」でした



 こちらは結局「新品が一番バランスがいい」という結論で終了しましたが、今回の「真実の口」に関して言えば「3年前の方が馴染むし気持ち良いと思える」という結果に!

 「真実の口」は「歯が当たるベタベタなフェラ感」が魅力のシリーズですが、「3年前の個体」は「単純にフェラが上手くなっている」という挿入感をもたらしました

 「歯の当たる部分が少なくなり」(それでも元がベタベタなフェラホールなので当たり具合は感じますが)内部構造は年月を重ねると硬くなるはずなのに、ねっとりとフィットして絡みついてくる


 もちろん「真実の口シリーズ」である以上「歯がガッツリ触れないと寂しい」という感想ももちますが、「単純な快感力」で「新品よりも気持ちよく感じる」という検証結果に

これが「3年前」かつ「まだ名前がありません」程使用回数が多くないから、なのかは分かりませんが「4年目、5年目」と放置すればさすがに「馴染む」というよりは「劣化」になるかもしれません


 なので結論としては

「真実の口は“覚醒”する。新品よりも3年間使い込んだ個体の方が気もちいい」

という検証結果に至りました





「初代真実の口」新品&3年前比較!使い込んだホールは馴染む!? 【オナホレビュー:対決・比較編】




新品のホールより使い込んだホールの方が気持ちよくなる「覚醒」とは?



 端的に言えば「経年劣化」です


「洗浄→乾燥」を繰り返したことにより長年着ている衣服のように「縮んで、若干硬くなる」
この「劣化後」の使用感の方が「モノ♂に馴染む」と感じる人達が「オナホは古い方が気もちいい」とする説、「素材がより気持ちよく覚醒する」から「覚醒」と呼ばれています


ただしこの「覚醒」という現象は人によって感じ方が様々で「覚醒した」と言う人もいれば「素材が劣化しただけやん」という人も

なのでモノ♂が人それぞれ異なるのですから「長年使い込んでも自分に馴染むホール馴染まないホールは当然出てくる」という事をご理解ください


「初代真実の口」新品&3年前、外観、触感比較




代替テキスト

 左が新品、真ん中が「3年前」です

ものすごい縮んでいるのが分かりますね


代替テキスト


 「しなり」はそこまでではありませんが「3年前」は「伸び」において劣化してます


「初代真実の口」新品&3年前:挿入感比較



入口部分比較


代替テキスト 代替テキスト

 「カリッ」と噛みつく樹脂製の「歯」!ちょっと心配だけど舌先が気もちいいッ!

※声は出さずにプレイしましょう

 【入口部分】は「新品」「中古」ともに最大の特徴である「歯」と「舌」のエリア

「新品」はそのまま「新人」らしいベタベタなフェラで「歯」を強く当てに来る挿入感です
対する「中古」は長年の使用でホールがモノ♂の形を覚えたのか「歯があまりあたらない上手なフェラ」へと変化

 「舌」の感触は「若さ」がある「新品」の方がなめらかですが「不慣れ」感というか「舌とモノ♂との一体感」という点では欠けます
一方「中古」は新品より素材が硬くなってはいるのですが、なぜか意思を持ったかのように「舌が物にねっとりと絡みついてくる」という仕様に変化

 本物の女性の口では無いのですが、オナホールもある程度「生きている」「何回も使うと持ち主のモノ♂に馴染むようになる」事があるみたいですね


新品:素材は「若く」しなやかさがあるがフィット感に欠ける。歯の主張度はこちらの方が上

中古:素材は若干硬質化しているが「密着度」において新品以上。上手くなったフェラを良しとするか否とするか

中央部分比較


代替テキスト代替テキスト

 「舌が這うように絡みついて実用性エリアへと突入!歯が竿に擦れる!」


 【中央部分】はそれぞれ肉がひしめく「実用性エリア」

先ほど「外観比較」で述べた通り、「中古」の方が全長が縮んでいるのでやはり「密着感」においては「新品」より勝る

「新品」の方はいまいちモノ♂と肉の間の「隙間」が気になる挿入感でしたね

 この「中央部分」に関しては完全に「中古」の方が快感が上です


最奥部分比較


代替テキスト代替テキスト

 「最奥には肉がミチミチに詰まってる!喉で締められている様な感覚!」


 【最奥部分】も「中央部分」と全く同じ感想

「新品」は肉壁とモノ♂との隙間が気になる挿入感

「中古」は全長が縮んでいるので、モノ♂に「密着して」搾り取ろうとするたまらない挿入快感

「最奥部分」に関しては完全に「中古」の方が快感が上です


引き抜いた時比較


代替テキスト  代替テキスト 


 「引き抜いた時」は再び「歯」に当たりに行くわけですが、モノ♂に馴染んで「上手くなったフェラ」をする「中古」ではやはり「歯」の当たり具合は「新品」程ではありません

 「歯があたるフェラ」を真実の口の持ち味とするかどうかで評価が分かれるエリアでしょう


結論:3年前の物が一番気持ち良い


 ここまで述べてきた通り「初代真実の口」に関して言えば、「使い込んだ個体」の方が「フェラが上手くより馴染む」、と言った挿入感へと変貌いたしました

しかしながらこれが「真実の口シリーズ」として考えた場合は「余計な変化」かもしれません

「素人らしいベタベタなフェラ」が「真実の口」のだいご味であると捉える人もいるのでこの変化を良しとするか否とするか
「覚醒」し始めたら新しい個体を迎え入れて、「下手だったころの真実ちゃん」と「上手くなった真実ちゃん」を使い分けるのも良いかもしれません


結論:「単純な快感力」で言えば「3年前」の個体の方が上!




「真実の口シリーズ」総まとめ



 という訳で「歯が付いたフェラホール」である「真実の口シリーズ」

簡潔にもう一度まとめると
「歯がついてることは悪いことでは無く錯覚を得るために必要な物」

「これからも新タイトルに期待できるシリーズ」です

「これから真実の口シリーズを購入していこうと思う人」
「同シリーズの別のタイトルも購入してみようと思う人」

その両方にとって有益な情報を書き続けていきたいと私は思いました





参考、引用元記事


個別レビュー記事









真実の口アマガミ:歯の感触は残すコンセプト重視のフェラ! 現在でもNo1フェラホールなのか!? 【個別オナホレビュー3回目】






 比較・対決企画







以下余白



関連記事