低価格ホールの一つの「答え」として定着している
「ボクおな」シリーズ


以前レビューしたのは「ボク」(ぼく)ではなく「ポク」(ぽく)

NLSオリジナルの「ポクのおなぺっと」でございます 個別記事はこちら

(一応断っておくと類似品ではなくコラボ商品)


初代「ボクおな」を「1」と定めると主な物は
「1」「2」「3」「ZERO」に分かれますがそれぞれの違いは?

一本だけ買うならどれがオススメか?

検証していきます

↓その他のホールをお探しの場合はこちらに



ボクのおなぺっと




 初代「ボクのおなぺっと」



ブランドの第一号でありながらポテンシャルは十分
内部構造はオーソドックスはヒダ&ストレート構造


ゾリゾリとした刺激がたまらない一品
大きいホールはストロークするとき疲れるという方にもオススメ



 総評・・・80点


刺激・・・★★★☆☆:単調な構造、低価格ホールの中ではしっかりしている方
耐久・・・★★☆☆☆
肉厚・・・★☆☆☆☆:値段、素材相応
使いやすさ・・・★★★★☆
コスパ・・・★★★★★:NLSオリジナル版より安い!
締まり・・・★★☆☆☆:空気抜きの効果はほぼ無し
長さ・・・★☆☆☆☆:値段相応、14センチは私にとっては短い





 価格帯500~580     
                ・大魔王で詳細を見る
                ・NLSで詳細を見る
                ・DMMで詳細を見る
              (2017/08/30現在の安い順)




 「ボクのおなぺっと2」レビュー



ボクのおなぺっと2





 私がこの4種類の中から一つオススメを上げるとしたらこの「2」を
オススメします



それは何故か?


単純に他3種に比べて「長さ」で勝っているので突き破りにくい


以上です


いやいや、結構これって重要だと思いますがね


いくら低価格ホールとはいえ
もう一度買い直すとなるとまた他の物にも目移りして結局5000円程買っちゃうし



耐久度や自分のモノ♂の長さと相談すると「ボクおな」シリーズではこの「2」が
一番フィットします


 こんな人にオススメ

刺激的にはこちらが初代より強め
長さとの相談もしなければならないのでボクおな初代を突き破った方

または長さに自信ニキにオススメです




 総評・・・84点


刺激・・・★★★☆☆:初代より若干高刺激
耐久・・・★★★☆☆:長さの分初代より長持ち(当社比)
肉厚・・・★★☆☆☆:初代よりアップ。底も少しだけ突き破りにくい
使いやすさ・・・★★★☆☆:初代より長い分じゃっかんつかみにくいかも
コスパ・・・★★★★☆:初代より値段は若干高め
締まり・・・★★☆☆☆:物足りないが無いわけでは無い
長さ・・・★★★☆☆:低価格ホール帯では16センチは長い方



 価格帯660~1000     ・大魔王で詳細を見る
                 ・DMMで詳細を見る
                 ・NLSで詳細を見る
                 


 ボクのおなぺっと3




ボクのおなぺっと3




 こちらは他3種と比べて異質な存在です
「ボクのおなぺっと」と題していますがシリーズ共通の
V構造(ヒダ系)が若干コンセプトを変えてきているので「1」「2」
みたいな刺激を期待している人にとっては「ん?」となるでしょう

「ボクおな」を称してますが別のホールと考えた方が良いかも


長さがパワーアップした「2」とは逆に
初代とおなじほどの長さに戻りその代わりに横の肉厚を得たという形ですね



刺激も「1」より弱めであり
スパイラル構造と素材の相性の悪さが出ている感じもありました

逆に言えば「1」よりまったりとした刺激をお求めの方にとっては
こちらの「3」の方が適合できるかもしれません


 こんな人にオススメ

すでに「1」または「2」を経験していて「ボクおなシリーズってこういう物」
と知っている人が違った感触を楽しむための買い物には適しています
いきなり「3」から入るのは少しオススメできないかな



 総評・・・78点


刺激・・・★★☆☆☆:上述の通り「初代」より低刺激よりに変わってる
耐久・・・★★☆☆☆:初代より横的には肉厚。底も増やして欲しかったが
肉圧・・・★★☆☆☆;上に同じ
使いやすさ・・・★★★★☆:大きさが先祖帰りしたので使いやすさUP
コスパ・・・★★★★★:値段的にも先祖帰り、とにかく安い!
締まり・・・★★★☆☆:初代よりも若干バキューム効果アリ
長さ・・・★☆☆☆☆:長さも先祖帰り(14センチ)。「2」の長さで良かったのに



 価格帯:570~590       ・NLSで詳細を見る
                   ・アマゾンで詳細を見る
                   ・DMMで詳細を見る
                   ・大魔王で詳細を見る
                   (2017/08/30現在の安い順)




 ボクのおなぺっとZEROレビュー



ボクのおなぺっとZERO




 「3」で内部構造が変わったのが不評だったのか
「2」のように初代の内部構造をリスペクトした作りへと先祖返り


少し肉厚になり正式な上位互換?となったホール

「初代」のほうが気持ちいいという意見もあるので
気になれば両方を買うのもいいでしょう


筒の要所要所に「リングパール」という構造があり
ただの一本道だった「初代」とは違い
アクセント的に与えてくる刺激もたまらなく良い



 こんな人にオススメ

初めて「ボクおな」シリーズを手に取る方
「初代」の2本目として似た刺激のホールが欲しい

「3」が自分に合わなかったので「初代」の正当進化版が欲しい



刺激・・・★★★☆☆:初代よりまったり?
耐久・・・★★☆☆☆
肉厚・・・★★☆☆☆:初代より若干厚い程度
使いやすさ・・・★★★★☆:短く小さく使いやすい
コスパ・・・★★★★★:値段も先祖返り
締まり・・・★★☆☆☆:初代より締め付ける気がするが誤差かも
長さ・・・★☆☆☆☆:13.6センチは初代より短い



 価格帯:570~670       ・NLSで詳細を見る
                   ・アマゾンで詳細を見る
                   ・DMMで詳細を見る
                   (2017/09/02時点での安い順)


 総括まとめ

「ボクおな」を選ぶ基準は?



①:初めて「ボクおな」を求める方→「初代」または「ZERO」

②:自分のモノ♂が長いかもしれない疑惑→「2」

③:「初代」や「ZERO」で大体わかった、違う刺激も欲しい→「3」



低価格ホールの中では王道かつポテンシャル十分な
快感をもたらしてくれる「ボクおな」シリーズ

一品だけでも試しに手に取ってみてはいかがでしょか


私はもちろん全部突き破りましたが








関連記事