今回は【オナホレビュー:対決・比較編】です

先日「おちょぼ口」が加わり「全4種類」になった「真実の口シリーズ」を再び「他のタイトルと比較」しながらレビューしていきたいと思います


 「おちょぼ口」参戦前の「3種類」比較記事はこちら!

 その他「真実の口」関連記事はこちら!→「真実の口シリーズ」タグで検索!



代替テキスト



真実の口シリーズ 4種類比較!「歯」があるフェラ生活!? 「おちょぼ口」が加わり互換性も備えるラインナップ! 【オナホレビュー:比較編】


もくじ



真実の口シリーズとは?





「経験を積み重ねた」「気持ちよさに徹底した」フェラを再現したホールとは一線を画す「不慣れな女性」のフェラを再現?したホール

それゆえにベテランのフェラにおいて心がける「歯が当たらないようにする」というコンセプトは排除

樹脂性の「歯」がついておりモノ♂を挿入する際歯が若干触れることで「リアルさ」を追求

「単純に気持ちよい」に特化させるのではなく「本当に口に挿入している」という没入感を得られる作りとなっています
なんどコピペしたかわからない説明文

要するに「歯がつくことでフェラされてる感がアップしたホール」ということです




前回の比較記事はどんな結論で終わったの?



代替テキスト




 前回の比較記事では「柔らかく噛んでくる使い心地の良いホール」という事で一番気持ち良いのは「アマガミ」という結論になりました


 しかし今現在「フェラホール」というよりは「真実の口」というコンテンツに着目した場合で考え直して「歯が主張して擦れるベッタベタなフェラ感」こそがこのシリーズの本味なのではと思い「アマガミが一番という結果はいったん取り下げる」事に


 「小さい」「安い」故に「初めてでも手に取りやすい」「電動オナホールと互換できる」という長所をもった4種類目の「おちょ口」も参戦し、今一度「全4種類となったこのシリーズを見つめ直す」いい機会だと思ったので再度検証していきたいと思います


各種ホール簡易紹介



初代「真実の口」:89点




 こちらが「フェラホールの偏見を変えた」と言われる(当社比)「真実の口シリーズ」の「初代タイトル」

「フェラホールにおいて歯は邪魔にならないの?」というオナホプレイヤー達の純粋な疑問に対して
「気持ちよさや快適さよりもリアルフェラ感を追求した」と言える本商品は「歯」がモノ♂を擦ってくる
その感覚が男子の脳に「歯が当たらない快適なフェラ」よりも「リアル口内」を錯覚させより興奮より「第三者とのオーラルセックス」を感じやすくなる仕様


 「歯なんて邪魔なだけでしょ」と思って半立ちのまま試してみればわかりますが「歯」によるリアル口内錯覚によりモノ♂はみるみる「全勃起」状態へと変化します


 このホールを機に他メーカーも「歯があるフェラホール」にチャレンジしたりなどオナホ業界全域にわたり影響を与えた一品


「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」と派生タイトルが生まれましたが
今でも「歯の主張感」や「ベタベタではあるがフェラ感は一番再現できている」という評価であり「純粋なリアルフェラ錯覚」を求めるならこちらです


「真実の口 アマガミ」:89点





 こちらは「柔らかな歯」「柔らかな内部素材」を携えて帰ってきた「真実の口シリーズ第2弾タイトル」


 「歯当たりの良さ」と「柔からな内部素材が提供するねっとり挿入感」は「上手くなったフェラ」と捉えるのなら「正解」かもしれませんが
「真実の口シリーズ」として捉えるのなら初代のベタベタなフェラ挿入感が良かった」と言う人も!?


 「快適な挿入感」=「歯がやさしく当たるだけの上手なフェラ」
「ベタだけどしっかり口内を感じる挿入感」=「歯が当たってくるフェラ」
そのどちらを求めるかで評価が変わるので「初代」と同じ「89点」で濁しました


「真実の口 ぺろりん」:88点





 こちらは「真実の口シリーズ」の中でもかなり特殊なタイトルであり
「舌が外部に露出している」点とバキュームを促す吸引ポイントが存在する」内部構造


 「のど輪締め」を再現したとされるその吸引ポイントにキュッと締めてもらいそのエリアを突き抜けた先には他のタイトルよりもミチミチに詰まった肉壁が

総じて「高刺激快感」と言える使用感が魅力の派生作品であり「フェラ初心者だった真実ちゃんがテクを覚えて帰ってきた!」と形容できる一品


 こちらも「初心者らしい下手なフェラ」が「真実の口シリーズ」の味とするか「テクを覚えた淫乱な真実ちゃんも好き!」という感情を抱けるかという事で「相互互換ホール」と結論付けさせていただきます



「真実の口 おちょぼ口」:85点





 こちらはタイトル通り「初代真実の口」の真実ちゃんがより幼く小さく「おちょぼ口」になって再登場したタイトル


「初代真実の口」よりも未熟なフェラ、口いっぱいに頬張る感じが愛おしく
「値段も1000円台にまで下降」した事で
「ここから真実の口シリーズに手を出してみよう」と考える人にオススメできるタイトル


 そして管理人的には何より、「コンパクトなサイズになった事で電動オナホールにハメられる」事が高評価点

「ピストン」なら「イマラチオ」や「ディープスロート」
「サイクロン」なら「舌を回転させて這わせるフェラ」を再現できます

代替テキスト


ゆえに「電動オナホール」のいずれか3種を所持している方にもオススメできます


【真実の口シリーズ】外観・内観・触感比較




その外観比較







 左から発売順に並べました

【初代】はスタンダードな外観。【アマガミ】はすこし全長が長く、【ぺろりん】は寸胴かつ「舌が外部に露出しているデザイン」

そして最後に一回り小さい【おちょぼ口】


その触感比較




代替テキスト


 【アマガミ】以外の3種類はあまりしならず伸びない、といった印象ですね


その内観比較



【初代真実の口】



【真実の口 アマガミ】



【真実の口 ぺろりん】




【真実の口 おちょぼ口】





 各種「オナホール」としての側面よりも「リアル口内フィギュア」としての側面が強いと言える内観図
「ぺろりん」のみ中央部に「のど輪締め」を促す「吸引構造」があるのが特徴的


「真実の口シリーズ」挿入感比較


入口部分挿入感比較



※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 そのリアクション


※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 その喘ぎ声

【初代】
 「カリッ」と噛みつく樹脂製の「歯」!ちょっと心配だけど舌先が気もちいいッ!
【アマガミ】
「わずかに擦れる歯とねっとりとした舌!これは良いホールッ!」
【ぺろりん】
 初代よりも長い舌が絡みつく!反面「歯」の主張は弱めかッ!?
【おちょぼ口】
 「おちょぼ口ながら歯の主張感は健在!これが真実の口や!」

※声は出さずにプレイする事が推奨されます


 しっかりと「歯」の感触を与えてくるのは【初代】【おちょぼ口】。対して「あまり歯が触れない上手なフェラ感」は【アマガミ】【ぺろりん】

「真実の口シリーズ」最大の特徴「歯」のエリアですが、そもそもこのギミックが「がっつり触れる方がシリーズらしい」「ちょっと触れる程度で良い」という意見両方があるので優劣はつけられないです

「相互互換」という答えで濁させていただきます


中央部分挿入感比較


※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 そのリアクション


※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 その喘ぎ声

【初代】
「舌が這うように絡みついて実用性エリアへと突入!歯が竿に擦れる!」
【アマガミ】
「これより実用性重視エリアに入る!自分もうイってもいいっすか?」
【ぺろりん】
「キュッ」と締まる「のど輪締めエリア」!吸い取られる快感がたまらない!
【おちょぼ口】
「小さいながらなめらかな舌部分!ねっとり絡みついて良い感じ!」



 各種とも舌に絡められながら「実用性エリア」へと入る仕様
やはり「刺激感」においては「のど輪締め構造」が存在する「ぺろりん」が一番。続いて安定の「初代」、それに次ぐ「おちょぼ口」

「アマガミ」はその名の通り「柔らかい素材」による低刺激ねっとり感と言った所


 「中央部分」の刺激感

※刺激が高い=気持ち良いというわけではありません

ぺろりん初代おちょぼ口アマガミ



個人的な好みは中央部分は「ぺろりん」が良いかな?



最奥部分挿入感比較



※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」

 そのリアクション


※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 その喘ぎ声

【初代】
「最奥には肉がミチミチに詰まってる!喉で締められている様な感覚!」
【アマガミ】
「最奥が徐々に細くなっていく!ふんわりだけどわずかに締まる快感!」
【ぺろりん】
うっほおおおお!さらに締まる最奥!肉の密着感が良いッ!
【おちょぼ口】
「幼くて柔い最奥ッ!ガンガン腰を振りたいけど我慢ッ!」


 【最奥部分】は共通して肉が密集し徐々に穴が閉じる「消失点構造」

やはり「高刺激感」でいえば「ぺろりん」が一番であり、それに次ぐ安定力の「初代」最奥もねっとりとくちゅくちゅ絡みつくのは「アマガミ」
そして「喉奥が壊れないように気を使ってしまう」幼い「おちょぼ口」


 「最奥部分」の刺激感

※刺激が高い=気持ち良いというわけではありません

ぺろりん初代おちょぼ口アマガミ



個人的な好みで言えば最奥部分は「初代」が一番!



「引き抜いた時」比較



※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」

 そのリアクション




※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」


 「引き抜いた時」に生じる「再び亀頭が歯に触れる」という刺激が「強いか弱いか」「歯の刺激感を良しとするか悪しとするか」で評価が分かれます

やはりここでは「歯」本来の刺激感がそのまま「刺激順位」になります


 「引き抜いた時」の刺激感

※刺激が高い=気持ち良いというわけではありません

初代おちょぼ口ぺろりんアマガミ


個人的な好みで言えば「引き抜いた時」は「初代」が一番!



「真実の口シリーズ」射精感、イキ顔比較



※左から順番に「初代」「アマガミ」「ぺろりん」「おちょぼ口」

 その射精音

【初代】
「どぷぷっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅぴゅっ!!」
【アマガミ】
「ぴゅーっ!ばびゅっ!びゅっ!ぼぴゅーっ!!」
【ぺろりん】
「ばびゅっ!ぼびゅっ!びゅっ!びゅううっ!」
【おちょぼ口】
「ぼぴゅっ!ぶっ!ばぴゅっ!ぽぴゅっ!」


 「刺激がまったりならば射程の長い充実した射精感」であり、「刺激が高ければ射程が短い乱雑な射精感」であるという検証結果は今まで散々証明してきました

この「真実の口シリーズ」においてもそれは同様で「まったりなタイプで抜いた時の方が焦らされて充実度の高い射精感に至れる」という事で「刺激の強さ」と「射精感の幸福度」がそのまま反比例する形に

すなわち

 「射精した時」の気持ちよさ


アマガミ>初代おちょぼ口ぺろりん



「おちょぼ口」にいい所は無いの?



 ここまでの「比較項目」での「管理人の個人的好み」ポイントでは「初代2ポイント」「ぺろりん1ポイント」「アマガミ1ポイント」そして「おちょぼ口0ポイント」という結果になっていますが

「おちょぼ口」に良い所は無いのか?という疑問に対しては

「あくまでここまでの比較項目は挿入中の事である」という返答です


 つまり「小さい」事で「安い」という長所を得られるし「ストロークしやすい」という長所

そして「電動オナホールに互換できる」という長所も得られる(現4種類の中で互換可能なのはこちらのみ)という事



「純粋な挿入感」では大きいサイズ3種の下位互換でしかありませんが「小さい」事それ自体が武器・メリットとなります



関連記事:オナホレビュー記事一覧:「電動オナホール」との互換可能な物リスト


 特に「電動オナホール」で使う場合は「歯が付いたリアルフェラホール」が「自ら動いてくれる」という感動があるので同じく「フェラコンセプト」であり「電動オナホール専用ホール」である「オーラル」と比べても遜色なく、また違った快感が得られます



代替テキストサイクロン専用「オーラル」:「長い舌」が巻き付く仕様に思わず・・・ +A10サイクロンSA本体感想追記その3 【電動オナホレビュー】【本体再販!】



 故に「小型版だから」「廉価版だから」と言って「完全下位互換である」とは言い切れず、「おちょぼ口」は小型故のメリットもある。という事を断言いたします



総まとめ:やはり「初代」が総合的に一位か!?



 「歯の付いたフェラホール」という「真実の口シリーズ」の強みを一番発揮できているのはやはり「初代」であり「挿入感」においても総合的に一番バランスが取れているのは「初代」

何も考えずにとにかく
「真実の口シリーズに手を出してみたい!」と言う方にオススメできるのはやはり「初代」もしくは「低価格」と「小型」ゆえ手に取りやすい「おちょぼ口」

「フェラにだんだんと慣れてきた真実ちゃん」シチュエーションで妄想するなら「タイトル通り歯があまり当たらないアマガミ」「バキュームっぽい事を覚えたぺろりん」という選択をとっていけばいいでしょう





関連記事はこちら!



 「おちょぼ口」参戦前の「3種類」比較記事はこちら!
 その他「真実の口」関連記事はこちら!→「真実の口シリーズ」タグで検索!



以下余白


関連記事