今回は【個別オナホレビュー】カテゴリで執筆します

「A10サイクロンSA」でも全ての電動パターンをレビューしたようにこちらの「A10ピストンSA」もレビューしていこうと思います



「A10ピストンSA」のレビュー記事はこちら!




ピストンパターン解説


簡易検証結果:やはり基本パターンの「白」が一番!

詳しい検証は追記文で!


 姉妹商品の「A10サイクロンSA」の場合、管理人が一番だと思ったのは「基本パターンの白ではなく逆方向の回転をターンするピンク」でしたが
こちらの「A10ピストンSA」に関しては「基本パターン:白」である「単一のストローク:ストレート」の刺激が一番だと感じました


 同一方向に回転し続ける「横方向のサイクロン」の方の「白」と違い、「ピストン」は生物本来の動きである「縦方向」なので変にひねりを加えるより「シンプルな直線方向の往復ピストン」が一番という事ですね


 さらに「A10ピストンSA」は下位互換の「NLSピストン」に比べて「滑らかなピストン」を実演するため本当に「第三者に腰を振ってもらっている様な」かつ「オナホの構造がわかりやすい」動きだと言えます

「まだ名前がありません」で試したところその内部構造のなだらかなヒダ一本一本を感じ、さらにそれが自動で動いてくれるという感動


 下手に緩急をつけるよりもシンプルに「縦方向に往復」してくれた方が快感度も高いし「実用性」も高い

ゆえに私は「A10ピストンSA」の最高の電動パターンはシンプルな基本スタイル、「パターン白」である事を断言いたします!



「A10ピストンSA」の電動パターン全てをレビューするページ


もくじ


「A10ピストンSA」とは?




 電動オナホールを多数輩出してきたRENDSから輩出された
【A10ピストン】こちらは(当時は)高価な電動オナホールであり
「一万円」という値段で売り出された「クランク式のピストンホール」

 この頃からすでに「レールポジション式」という未来を見据えた構想がありましたが技術が足りなく、次の世代へと持ち越し
こちらの「A10ピストン」はクランク式を突き詰める形になり高評価を得ました

 「A10サイクロン」が「A10サイクロンSA」へと進化したようにこちらの「A10ピストン」も「A10ピストンSA」へと進化

 前作では開発過程で切り捨てた「レールポジション式」を昇華させて滑らかなピストンを叶えた最先端の技術が詰まった電動オナホールであり「A10サイクロンSA」(約2万円)よりも強気な値段設定「4万円」で勝負

「4万円はさすがに手が出ない人が多いだろう」と思ったのか
100台だけ出荷したものの一瞬で完売!

 つい最近それの「10倍」である「1000台」を再販しましたがこちらも一日で瞬殺!(正確には朝10時から22時の半日で)
今なお再販が待ち望まれている「伝説の電動オナホール」でございます
から引用


7種類の電動ピストンパターン



代替テキスト


 もはや動きを「細分化」して「横文字の名称」をつけたせいで
中二病漫画の必殺技みたいになってる感が凄い
(意味が分からなくなってくるという意味で)※後に全部性的な単語だと気づきました


辛うじて意味が読み取れるパターンは「ストレート」「ディープスロート」「イマラチオ」「ランダム」辺りでしょうか

「元々の言葉の意味」というよりは実際の使用感で電動パターンをレビューいたしましょうか


「A10ピストンSA」電動パターン個別レビュー



パターン白:ストレートモード:89点



 「簡易検証結果」で書いちゃってるのでネタバレにはなりますが、この「89点」を最高得点として他の電動パターンの採点基準とします

こちらの「パターン白」は先ほども言った通り「シンプルな一方向への往復」ですね


 「サイクロン」の方の「白」の横方向の単一方向の回転と違い「縦方向という生物本来の動き」であるがゆえ「シンプルな単一方向の電動」がこちらでは「一番自然な動き」として感じます


 下位の「NLSピストン」とは違い低速のストロークも非常になめらかで丁寧「余計な動きやひねりは要らないのでは無いか」と思える程すでにこの「ストレート」の時点で完成されています


 ピストンの動きを図に起こすとこんな感じ

代替テキスト

 上下ともに「均等な長めのストローク」で往復するパターンですね


パターン水色:ハンドジョブモード:82点



  こちらは「ハンドジョブモード」と呼ばれる「水色」の電動パターン

「手淫」の英訳が「ハンドジョブ」との事らしいですが

初動は手コキよりも緩い刺激が3回程往復して襲ってきます

正直この時点ではあまり気持ちよく無く、「刺激が弱いな」と思っているのですがその後訪れる「長めのストローク」がビクッと反応する程気持ち良い


 ですがこの「長めのストローク」が気持ちよいと感じるなら「最初からその長めのピストンを往復するパターン白で良いじゃないか」と思い「パターン白」よりも低めの点数。という結論ですね


 「単一のストロークではなく緩め→不意打ちとして強め」という動きが好きなら、この「水色」もハマれるでしょうけど


 動きを図に起こすとこんな感じ

代替テキスト

パターン桃:ブロージョブモード:81点



 この「ブロージョブ」というのも管理人:神楽ちんずりが意味を知らなかっただけで「きちんと性的な単語」らしいです

ずばり【フェラチオ】の意という事



 実際にこのパターンで使用しても「フェラっぽいか」と問われれば「ん?」といった感想です

電動パターンは上記の水色と似た感じで「中くらいの間隔のピストン」を数回繰り返した後「長めのピストン」1回

この「長めのピストン1回」のみ「フェラチオ感」を感じることが出来ました
一気に「ズゾオッ」と吸い込む感じで気持ち良いですね


 使用ホールを「真実に口 おちょぼ口」にすると尚それっぽい

関連記事:


 しかしながらこちらの「パターンピンク」もこの「長めのストローク一回が一番気持ち良い」という評価なら「それを繰り返してくれるパターン白でええやん」という結論


こちらもパターンを図に起こすと…

代替テキスト

こんな感じですね


パターン緑:ディープスロートモード:88点



 「ディープスロート」とはざっくり言うと「喉奥で吸引するフェラ」(間違ってたらすいません)

こちらの「パターン緑」「ずぞぞっ」と吸い上げるような動きでそれを再現

先に紹介した「ブロージョブモード」に比べると「長い間隔のピストン」が多く「より気持ちよく、絶頂に至れそうな動き」だと感じました


 さらにこちらの「ディープスロートモード」は「ストレート」以上に「丁寧に吸引する」動きですので「オナホールの内部構造をじっくり味わいたい」場合はストレートの上位互換と言えます

ストレート(89点)の次はこちらの「ディープスロート」を多く使用しているので「第2位」として88点という高得点を点けました


 パターンは「長い間隔の丁寧なピストンが3回」後に「少しずつ後退」

図に起こすと以下の通り


代替テキスト



パターン黄色:イラマチオモード:81点




 「イラマチオ」は簡潔に述べると「相手を省みないフェラ」

フェラしている側の喉奥を突くことで「征服欲」などを満たすプレイスタイル

相手の頭を掴んでガンガン腰を振るスタイルですね
※現実世界では台本ありきのAVでもない限り推奨される行為ではありません


 実際の動きは「徐々に加速していく」「奥へ奥へ」と吸引される感じはありますが
(経験が無いので空想上の)イラマチオ程の強引さがあるかどうか」で言えば否
こちらも「相手の事を考えない強引な喉突き」として考えても
「一番速度があるパターン白でええやん」と結論付けられますね


 図に起こすと以下の通り


代替テキスト


パターン青:インサートモード:84点



 「インサート」とは「挿入」の直訳
つまりは「本番」を指す隠語との事

風俗やデリヘルなどで良い雰囲気になったら「自分、インサート良いっすか?」と本番を提案してみる、などで使うのでしょうか

「本番は強要してないよ、インサートしただけ」と後で言い訳するために


 さて、肝心の挿入感ですが「本番の腰使い」っぽく?と言うよりはぎこちない腰使いのそれっぽく「ゆっくりピストン」×3後に「慣れたかのような腰使いのピストン」が挟まる仕様

間隔も長く、使いやすいパターンだとは思いますがもうすこし「速度」が欲しかったところ


 図に起こすとこんな感じ

代替テキスト


パターン赤:ランダムモード:80点



 その名の通り「ランダムに暴れるモード」…
と思いきやその実態は「間隔の短いピストン」を乱暴に擦るだけの動き

過去記事で「白の次に良いのは赤」と書いた記憶があるんですが申し訳ありません、それは完全に間違いでした


 「もう少し感覚の長いピストン」じゃないとイケないのでこれも「白」の完全劣化と言う結果になりますね

図に起こすと以下の通り

代替テキスト




まとめ&商品ページリンク



 やはり「一番気持ち良いピストンパターン」はシンプルな「ストレート」である「白」!

「サイクロン」の横回転とは違い生物本来の「縦方向の抽送」はひねりを加えなくても十分に通用するという事でしょうか

しかしながら最先端技術をもつ「A10ピストンSA」ですからまだまだ検証の余地はありそうです

※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です



関連記事はこちら!





以下余白

関連記事