今回は【用語解説:オナホメーカー編】です

管理人が「トイズハート」「RIDE」とともに「信頼を寄せている」オナホメーカー「三大巨頭」の一角といえるメーカー「マジックアイズ」について個人的見解を述べていきます

トイズハートとRIDEについての個人的見解はこちら!






「マジックアイズ」とは?【用語解説:オナホメーカー編】


もくじ



「マジックアイズ」とは?



 設立された年はググっても出てきませんが「RIDE」同様かなり若いメーカー

公式ホームページで確認できる「すじまんくぱぁろあ」が最古の商品だとすれば2012年前後から参入した計算になります(認識が間違ってたらご指摘ください)



※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


 トイズハート、RIDEと比べるとより
「繊細」かつ「緻密」な内部構造のオナホールを多く世に送り出している
と言った印象でその技術力は光るものがあります


 また、歯が付いたフェラホールである「真実の口」や処女膜が付いたホール「すじまんくぱぁろりんこ」など「実用性よりもちょっとしたもどかしさ」を再現することで、よりリアルでえっちな錯覚を感じやすくしていると思いました


どんなホールを販売しているの?



 先ほども申し上げた通り「緻密な造り込みのホール」を中心に「コスパも良好なホール」達を送り出しています

つまりは「しっかり造り込んであるホールを安く手に入れられるメーカー」という事です


代名詞と言えるホールは?


 「これがマジックアイズのホールだ!」と個人的に自信を持って伝えられるのはやはり以下の二つのシリーズ

「真実の口シリーズ」「すじまんくぱぁろりんこシリーズ」!








 【真実の口シリーズ】は樹脂製の「歯」がついた「歯が当たるフェラ」を再現した商品
一見「歯が当たるギミックは邪魔なのでは?」と思いがちですが、「擦れることで本当の口内」を錯覚する事が可能

 「歯が全く当たらない上手いだけのフェラ」も良いですが、「歯が当たってしまうあまりうまくないフェラ」である事で「ああ、本当に口の中に入れているようだ」とした実感を得ることが出来ます

脳が騙され「より硬く、より高く興奮できる」という効果が発生
「快適なホールだけが本能を満たす手段では無い」という事を教えてくれました


 【すじまんくぱぁろりんこシリーズ】は「疑似処女膜」と呼ばれる「わずかに穴があいた何度でも擦れる処女膜ギミック」が挿入時に「モノ♂に突っかかって処女とのセックス」を疑似体験!

        代替テキスト


 こちらも「実用性」よりも「リアルシチュエーション」を追求し、より「脳をだましに来ている」ホールです


 実際に使って見ると「挿入のしやすさ」よりも「疑似処女膜が絡みつく快感」の方が勝っておりこちらもより硬く、モノ♂が興奮しているのを実感できました



「マジックアイズ」まとめ



 コスパ抜群の「RIDE」と老舗として強気な値段設定の「トイズハート」と比べると、「RIDE程コスパは良くないがRIDE以上に造り込んでいるホールが多くトイズハートよりも安い値段設定」と言った見解のメーカー

※そしてトイズハートより技術的に優良なホールが多い

 実際に手に取って使用してみればわかりますが、「え?こんなに緻密に造り込んでるのにこんなに安くていいの?」と思えるホールばかり

皆様も「オナホ業界一」と管理人が評価するその技術力が詰まったマジックアイズ製のホールを試して「マイベスト」を見つけ出してくださいね!


マジックアイズ製のホールのレビュー記事を探す場合は「マジックアイズ」タグで検索!




以下余白


関連記事