今回は【疑似ペラサイト】です

(※最近まとめ記事ばかりですがモノ♂を休ませる期間なのでご了承ください。新規レビュー記事用のオナホはもう購入してます)

 「ペラサイト」とは
「何か一つの商品に特化したサイト」という意味で運営しているサイトです
(枚数が少ないペラペラなサイトの略)


 この記事では「派生記事が多すぎて整理しきれなくなったコンテンツ」をペラサイトを見習い、「1ページに今まで書いてきた記事の内容をまとめる」他、「関連記事全てのリンクページを整理する」といった試みやタイトルのオナホール関係の記事を「俯瞰(ふかん)」で見直す試みがあります



 今回は「縦ヒダ」という独自の特徴および「RIDE社の代名詞」と言えるほど有名なシリーズ「ヴァージンループ」

「個別レビュー記事」や「特集記事」、「100の理由」など多数の派生記事がバラバラなためここで内容を「1つの記事」にまとめます




ヴァージンループ総まとめ 


 引用、参考記事はこちら!

 第一世代

ホールレビューその10:ヴァージンループ 「正解」の入り口と「不正解」の最奥

レビューその12:ヴァージンループ エイトロング∞ 完全上位互換と判断するか否かはあなた次第




 第二世代






 第三世代










 第4世代





 比較・対決系記事













代替テキスト




「ヴァージンループ」とは? 【オナホレビュー:疑似ペラサイト(総まとめ)】


もくじ



「ヴァージンループシリーズ」とは? 


2013年に発売された「初代ヴァージンループ」
こちらのホールはオナホユーザーの中で高評価を得て当時新鋭メーカーだった「RIDE」の知名度を盤石の物にしました。
 しかし2017年、さらなる「ショック」が勃発。

タレントの千原ジュニア氏がTV番組で「アレはヤバイ!嫁を超えた!」と絶賛したところ全国的に大ブームを起こして品切れを起こしました。
(とは言っても、オナホユーザーの間ではすでに認知されているホールだったので
ここで衝動買いした層は「初めてオナホを買う」か「TENGAくらいしか知らない」人たちだとは思いますが)


 内部構造は「繊細な縦ヒダ」がゾリゾリとモノ♂を撫で上げる、「縦方向へのストローク」に特化した誰もが使いやすく、ヨガれる構造!
代替テキスト   元のサイズ(別窓)
本記事タイトルを含む多数の「派生作品」が生まれた事からもこの「縦ヒダ」構造が「一つの正解」であることがわかるでしょう。

「縦ヒダ=正義」を世に知らしめたホール、とだけでも押さえてください。



「初代ヴァージンループ」簡易紹介・評価の遷移


初代ヴァージルアイコン

 こちらが「ヴァージンループ元祖」であり「RIDE社の代名詞」となったホール今でもなお売れ続け、愛され続けている一品です。

「縦ヒダ構造」という新世界は、当時リアル系(まだ名前がありませんセブンティーンシリーズ等)ばかり使用していた私に「新体験」を与えてくれました。


 ゾリゾリと亀頭、竿を撫でてくる「縦ヒダ」は尻がピクピクするほどゾワゾワとした快感を与え、「引き抜いた時」はさらなる「寄せては返す波」を演出。

 ※寄せては返す波

オナホからモノ♂を引き抜く際、挿入した方向に流れたミクロの構造が元の位置に戻ろうとする「反発力」により、挿入時とはまた違った快感が発生する現象。

「ヴァージンループシリーズ」ではミクロ単位での「横方向のヒダ」を指す。


 かつては「小ささ」だけが減点基準でしたが今ではこのコンパクトさが功を奏し「電動オナホールにハメられる」という新たなメリットを手に入れました。



 これからも活躍が期待されるホールであり「全てのヴァージンループシリーズの採点基準」となりえるホールでございます。


レビュー1回目:85点


代替テキスト 


公開終了

 この時期はオナホに「耐久値」を求めており「簡単に突き破ったら困る」と考えて、「突き破った後」は70点、「突き破る前」は85点と分けて採点しています。


 現在では「テンガエッグを底に被せればあっさり解決する問題」なので、「簡単に突き破るホール」に対して減点する事は無くなりましたね。


 関連記事:


レビュー2回目:86点



代替テキスト 



 「レビュー2回目」においては「突き破ったから減点」という考えを改めて「86点」と改めています。
色を使うようになりましたがまだまだ見づらいレビュー記事フォーマットですね。


レビュー3回目:87点



代替テキスト 



 「レビュー3回目」という大台に突入した「初代ヴァージンループ」。
この頃になると「電動オナホール」を手に入れたので「互換できるかどうか」も評価ポイントに。

そしてこちらの「初代ヴァージンループ」は「電動オナホール」に互換できるので、+1点され「87点」。こちらが今現在最新の「評価」ですね。




「ヴァージンループハード」簡易紹介・評価の遷移



代替テキスト

 こちらの「ヴァージンループハード」は「アマゾンのオナホ部門で2年連続1位」の売り上げを誇るタイトル。(使い捨てのTENGAよりも売れたのか?)

・・・ですが

 他の「ヴァージンループハード版」に比べると素材が柔らかい!?


アマゾンのカスタマーレビューでも「以前購入した時よりも柔らかくなって面白みが無くなった」と書いており、何が原因で「仕様変更」されたのかは分からないけど、現在では「本物のヴァージンループハード」の挿入感を味わうことが出来ないという残念な仕様に。


 しかもそれなりの「硬さ」があるせいで「電動オナホール」にもハメられずに「ヴァージンループシリーズの中で一番中途半端なタイトル」として管理人は認識してしまいました。


レビュー1回目:86点


代替テキスト 



 この記事では「RIDEお得意のバンジー/ハード商法」について触れてます。
つまり「とりあえず何でもバンジー版とハード版出せば何らかの反応があるだろう」ともとれる商法ですね。




レビュー2回目:86点


代替テキスト 



 この記事で「他のヴァージンループシリーズハード版」に比べて「柔い」と言及。
「電動オナホールにも互換できない微妙な立ち位置のタイトル」として「初代ヴァージンループよりも1点劣る」と判定を下しました。


「ヴァージンループエイトロング」簡易紹介・評価の遷移



代替テキスト

 「初代ヴァージンループ」が管理人にとって「気持ちいけど短いホール」だったので、当時唯一のロング版の「エイトロング」の存在はかなりありがたい物でした。

(現在でも長さの黄金比はヴァージルの中で一番)

 内部構造での違いは「エイト」とタイトルに含まれてるだけあって「初代」で「4本」だった縦ヒダ構造が「8本」へとパワーアップ。

挿入感が「高刺激」へと変化するものと思いましたが、「ヒダが増えた事でより繊細な構造が調和して大きな〇を描く」という作用によりかえって「まったり寄り」へと変化。


 「初代」の完全上位互換というわけではなく、「刺激感で使い分けできる」差別化されたホールとして評価されました。

しかしながら管理人にとってはやはり、「短いホールは突き破ってしまう」ので「長さ」があるこちらは完全上位互換として扱っております。


レビュー1回目:93点



代替テキスト  


 レビューその12:ヴァージンループ エイトロング∞ 完全上位互換と判断するか否かはあなた次第
公開終了

 当時はオナホールの所持数が少なかった事もありかなりの高評価判定。
ここでは「エイトロングならではの縦ヒダ倍加」にはあまり触れずに「全長が伸びたから突き破りにくくなったぞ!ラッキー!」という内容しかありませんでした。


レビュー2回目:91点


代替テキスト  

 旧レビュー記事:【ヴァージンループエイトロング】やはり「縦ヒダ」は正義
公開終了

レビュー2回目でようやく「8本になった縦ヒダ」について見解を述べています。


レビュー3回目:90点


代替テキスト  



 「長くなったことで突き破りにくくなった」エイトロングですが、この記事を書いたきっかけは「1年半ほど使い続けてからの破損」でした。

ここでは「ヒダが増えるとかえってまろやかになる現象」について言及。

この現象については後にダリンセブンなどでも説明をしています。
現時点では「ヴァージンループエイトロングのレビュー記事」の中で最新の物ですが、今からだいぶ前の古いフォーマットでの記事なので新品を買い直し次第書き直したいですね。


レビュー4回目:90点


エイトロング第4講


 そして宣言通りにリメイクされるエイトロングのレビュー記事。
「多種多様なオナホールを所持した今でも通用するその高水準な快感力」について熱く説明しています。


「ヴァージンループエイトロングハード」簡易紹介・評価の遷移



代替テキスト



 「ヴァージンループエイトロング」の方も「ハード版」になって新登場!
当時のオナホプレイヤー界隈の盛り上がりを今でも忘れません。


 「8本に増えたヒダ」の恩恵は「ハード版」になる事で発揮され、8本それぞれのヒダが突き刺さる様にゾリゾリとあなたのモノ♂を削る様に撫でる!

他に「ヴァージンループシリーズ」かつ「ハードタッチ版」が発売された今でも有力な「硬素材・高刺激ホール」の代表格です。


レビュー1回目:92点


代替テキスト  

 


 「レビュー1回目」では「挿入後2分ももたなかった」事と「ファンが待ち望んだエイトロングのハード版」という事を熱弁しています。

やはり当時も所持ホールが少ないのも相まってかなり高めの評価ですね。


レビュー2回目:90点


代替テキスト  



 この「第二稿」では評価を改めて「90点」に下降。
この時期に同じRIDE社製で、管理人の股間に大ヒットした「天下一穴」(91点)より高いのはおかしいと考えて相対的に下がった感じですかね。

関連記事:



「ハードタッチ版は飽きるのも早い」という点に触れていたりネガティブな面もありますが、「良い所」はきちんと良いとレビューしたと自負しています。


「ヴァージンループダリンセブン」簡易紹介・評価の遷移


代替テキスト



 こちらは「エイトロング」にて8本に増えたヒダをさらに1.5倍の「12本」にした作品
正確には「二又の縦ヒダ」が6本なので2×6=12本という裏技的発想ですが。

「より繊細になった内部と挿入感」は本物。


 「ヒダの一つ一つ」はさすがに細くなってしまいましたが、「より緻密な構造になった縦ヒダ」を取るか「ヒダ一本当たりの太さ」を取るかで初代やエイトロングとの使い分けが必要になってくるタイトルです。

「繊細な構造を味わいつくす違いが判るチ〇ポの持ち主」を自負するプレイヤーにオススメです。



レビュー1回目:89点


代替テキスト  



 この記事では「ヴァージンループシリーズはしばらくお休み」と言ったにも関わらず「結局レビューするんかい!」とセルフツッコミを入れてます。

そして「繊細な構造がわかる(オナホ)経験豊富なモノ♂の持ち主にオススメ」という事も触れています。


「ヴァージンループダリンセブンハード」簡易紹介・評価の遷移



代替テキスト



 「エイトロングハード」と比べると「長さ」が足りず「ヒダ一本当たりの鋭さは上がった」という挿入感の「ダリンセブンハード」。

やはり「縦ヒダが8本」に増えたエイトロングも「ハード版」でより引き立ったのでこちらの「ダリンセブン」も「ハード版」にてその強さを改めて発揮。
「鋭いヒダでゴリゴリと削られる新快感」を味わいつくしましょう!


レビュー1回目:90点


代替テキスト  



 このレビュー記事では従来の「ヒダが増えれば高刺激になるわけでは無い」という現象を「正多角形になればばるほど綺麗な円に近づく」という理論の他に、「カレーにおける玉ねぎが溶ける前と溶けた後」の喩えも提示。


 つまり「玉ねぎが溶け切ってトロミがある」カレーが通常「ダリンセブン」として、こちらの「ハード版」を「玉ねぎが溶けていないカレー」、「シャキシャキとした食感を楽しむカレー」として喩えています。


 「縦ヒダ一本一本の鋭さ」を味わいたい時は断然「ハード版」という事ですね。




「ヴァージンループダブルモーション」簡易紹介・評価の遷移


代替テキスト


 こちらのホールの最大の特徴は何と言っても、「インナーループ」と呼ばれるソーセージ状のヒダを大胆に内部構造に据えたその発想。

       代替テキスト


 「下手をすれば尿道に突っ込まれるんじゃないか!?」という心配もありますが、この構造がもたらしたのは「内壁とソーセージヒダによるモノ♂を狭く締め付けるサンドイッチ的刺激感」!


 「狭さ」や「キツさ」を伴いながら「ヴァージンループシリーズ」特有の「縦ヒダのジョリジョリ感」でモノ♂を削りに来る「超攻撃型オナホ」。

さらに「寄せては返す波」という現象により、「モノ♂を引き抜いた時に内部構造が元に戻ろうとする反発力」にて「引き抜いた時に一番の高刺激快感をもたらす」という特徴のホールも存在する事を
初めて気づかせてくれたタイトルです。


 こちらのホール以降個別レビュー記事フォーマットには「引き抜いた時の刺激感」という項目が追記。

このホール以前と以降で歴史が動くきっかけとなったホールですね。


レビュー1回目:90点


代替テキスト  



 先述した通り個別レビュー記事フォーマットに「引き抜いた時」を追記。
現在のレビュー記事フォーマットに至る「分岐点」的な記事ですね。


「ヴァージンループダブルモーションロングハード」簡易紹介・評価の遷移


ダブルモーションハード_convert_20181226100214


 そして上記「ダブルモーション」もハード化して再登場!
「ダブルモーション」がそもそも高刺激ホールだったので「硬素材」へと変化したこちらもさらに「ヒダが尖って攻めてくる」構造へと変化。


 「内壁ヒダ」と「インナーループ」とのサンドイッチ刺激も「引き抜く時」の刺激感もアップ!

純粋な「高刺激感」では「エイトロングハード」や「ダリンセブンハード」よりも上。
「物足りないあなた」へとオススメしたいホールですね。


レビュー1回目:91点


代替テキスト  



 「篠原涼子の4thシングル」のようなタイトルを付けたレビュー記事。
「このホールでシゴけば君も立派なストリップファイターだ!」という奴ですね。


「ヴァージンループストロングピッチ」簡易紹介・評価の遷移(2019/07/24追記文)






 これを執筆している2019/07/24現在で「ヴァージンループシリーズ最新作」のタイトル。
「ヒダの数を増やすことでバリエーションを増やしていた」今までとは違い、こちらはヒダ数を「4本」という「初代」と同じ基準に戻し「原点回帰」を図ったと思える一品!

「同じヒダ本数」でありながらこちらは「太めの縦ヒダ」を使用しており、「ヒダ一本当たりの弾力や肉厚感は初代より上」ではありますが「内壁との密着感」が薄くなったという点もあり総じて「初代ヴァージンループとは相互互換」ともいえる商品となりました。



 この形状が「新しいヴァージンループ体系」として定着するのかどうか、それは個人個人の評価に委ねるしかありません。



レビュー1回目:87点





 久しぶりの「ヴァージンループ」最新タイトルのレビューですが、冷静に、かつ客観的に記事を執筆。

結果「ヒダが太くなった事で得られる物と失う物の相互互換」という判定になり「初代」と同じく、「87点」に落ち着きました。



「ふわひだヴァージンループストロングピッチ」簡易紹介(2019/10/01追記文)





 上記のイマイチインパクトに欠けていた「ストロングピッチ」をまったり方向へブラッシュアップ!

この試みは成功し、まったり系へ突き抜けた事で「尖った個性」が出るとともに「ヴァージンループシリーズ全体で見た場合のアクセント」としても機能するように!


「比較・対決記事」でも大活躍!



 ここまで種類があるホールですから、もちろん同シリーズ内での「比較・対決記事」も充実!

シリーズ内一番の「ヴァージンループ」はどれかを解明するために日々検証は続いております。



「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第1弾:基本4種類比較





 「初代」「ハード」「エイトロング」「エイトロングハード」で比較・対決させました。

ここでは「縦ヒダの個性がハッキリと強調された」「高刺激」かつ、「管理人のモノ♂に適した長さ」の「エイトロングハード」が勝ち上がりました。


「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第2弾:初代+派生3作品比較




 こちらは「初代」と「ダリンセブン」と「ダブルモーション」とそのハード版の比較。
この対決では「硬素材・高刺激」でありながらそこそこの柔軟性を兼ねる素材の「ダブルモーション」が勝ち上がりました。


「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第3弾:シリーズ最強決定戦!?


代替テキスト


 そして上記の2つの記事から勝ち上がりホール2つを対決させた記事はこちら。
はたしてその勝者は・・・?レビュー記事をクリックして確かめて欲しい!(ファミ通)


「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第4弾:場外乱闘:ヴァージンループダリンセブン:通常&ハード比較



代替テキスト


 ヴァージンループダリンセブン:通常&ハード比較!12方向のヒダ! 【オナホレビュー:比較・対決編】
公開終了

 この記事では「ダリンセブン」のバンジータッチ版とハードタッチ版を徹底比較。
「総合力では通常ダリンセブンが上だけがハード版は爆発力がある」という結論を得ました。



「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第5弾:真の決勝戦!?:ダリンセブンハードVS初代ヴァージル王者ホール


代替テキスト

ダリンセブンハードVS初代ヴァージル王者ホール 【今度こそ正真正銘?ヴァージンループシリーズ最強決定戦】【オナホレビュー:比較・対決編】
公開終了

 先ほどの「最強決定戦」を執筆途中に発売された「ダリンセブンハード」

こちらを含めて改めて対決させなければ「本当の一番」とは言えないので、「ダリンセブンハード」を「シード選手」扱いにして改めて初代王者ホールと対決。

果たしてその結末は・・・!?



「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第6弾:場外乱闘:ダリンセブンハードVSエイトロングハード




代替テキスト

 縦ヒダの場外乱闘!エイトロングハードVSダリンセブンハード!  【オナホレビュー:比較、対決編】【ヴァージンループシリーズ比較・対決企画】
公開終了


 一度は「同じようなコンセプト」としてアッサリレビュー記事をまとめてしまった「ダリンセブンハード」と「エイトロングハード」との違いを徹底検証いたしました。

結果、両者のきちんとした「違い」を発見することが出来ました。


「ヴァージンループシリーズ」比較・対決企画第7弾:場外乱闘:初代ヴァージンループVSストロングピッチ(2019/08/03追記文)


ストロングピッチ比較mini



 2019/08/03時点でのシリーズ最新作「ストロングピッチ」と「初代」との徹底的比較レビュー記事。

「初代」とおなじく「ヒダを4本」にして原点回帰を図った?ストロングピッチ。

はたして「ヴァージンループのスタンダード」となるのは初代か後発かその検証結果が明らかに!?



「ヴァージンループシリーズ」総まとめ



 「縦ヒダ構造」を「オナホールとしての一つの正解」として提示し、RIDE社およびその商品名を定着させたほどのホール「ヴァージンループシリーズ」。


 今なお新タイトルが輩出される同シリーズは、その豊富な種類ゆえに、「無限の組み合わせ」で対決記事が作れる(水増し?) 可能性を秘めており、今後もこのブログに貢献してくれること間違いなし!


 これからも新タイトルがリリースされ次第すぐにでもレビューや企画を打ち出すことを約束いたします!







個別レビュー記事リンク


 商品ページリンクも記事に含まれています


代替テキスト【初代】

初代ヴァージルアイコン


代替テキスト【ハード】




代替テキスト【エイトロング】



代替テキスト【エイトロングハード】




代替テキスト【ダブルモーション】




代替テキスト【ダブルモーションロングハード】


代替テキスト【ダリンセブン】





代替テキスト【ダリンセブンハード】



【ストロングピッチ】




【ふわひだストロングピッチ】



その他引用記事リンク

以下余白

関連記事