今回は【オナホレビュー:選ぶ100の理由編】です
今まで「100の理由」を執筆してなかったのが不思議なくらい
レビュー記事を書き続けたホール【ヴァージンループシリーズ】の「選ぶ理由」を可能な限り書き出していこうと思います
(100個全て埋まるとは言っていない)


 「ヴァージンループシリーズ」総まとめ記事はこちら!







ヴァージンループ100の理由 

「ヴァージンループシリーズ」を選ぶ4個の理由 【オナホレビュー:選ぶ100の理由編】(現在は4個)


もくじ



「ヴァージンループシリーズ」とは


2013年に発売された「初代ヴァージンループ」
こちらのホールはオナホユーザーの中で高評価を得て当時新鋭メーカーだった「RIDE」の知名度を盤石の物にしました
 しかし2017年、さらなる「ショック」が勃発

タレントの千原ジュニア氏がTV番組で「アレはヤバイ!嫁を超えた!」と絶賛したところ全国的に大ブームを起こして品切れを起こしました
(とは言っても、オナホユーザーの間ではすでに認知されているホールだったので
ここで衝動買いした層は「初めてオナホを買う」か「TENGAくらいしか知らない」人たちだとは思いますが)

 内部構造は「繊細な縦ヒダ」がゾリゾリとモノ♂を撫で上げる「縦方向へのストローク」に特化した誰もが使いやすく、ヨガれる構造!
代替テキスト   元のサイズ(別窓)
本記事タイトルを含む多数の「派生作品」が生まれた事からもこの「縦ヒダ」構造が「一つの正解」であることがわかるでしょう

「縦ヒダ=正義」を世に知らしめたホール、とだけでも押さえてください




「選ぶ理由」1~10



理由その1:当時は斬新だった緻密な「縦ヒダ」構造を楽しもう!



 「ヴァージンループシリーズ」の最大の特徴といえばその繊細な「縦ヒダ構造」です
今でこそ後追いホールがこの構造を参考にしたりしてますが当時は「新しい」刺激でした

代替テキスト


 このクセになりそうなゾリゾリ感は瞬く間にオナホプレイヤーの間で浸透し、当時それほど有名でなかったRIDE社を一躍オナホ業界のスターダムの押し上げました


 「管理人が最も信頼している3大メーカー」として社名を紹介するなら、トイズハートマジックアイズそしてこちらの「RIDE」社を挙げますね




 さらにこちらのホールは、お笑い芸人の千原ジュニア氏が深夜番組で店からオススメされ自分でも購入したところ「アレはヤバイ!嫁を超えた!」と言って慌てて捨てたというエピソードも存在する程「初めて使う人」を虜にしてきた一作品

※俗にいう全国からこのホールが消えたヴァージンループショックはこの発言が発端


 今は「オナホの構造の一つの正解」として定着した「縦ヒダ」ではありますが、「まだ縦ヒダ系ホールを試したことが無い」「オナホ自体初めて購入する」と言う方はこの「ゾリゾリとした挿入感と言う新体験」に感動すること間違いなし!

なので


 「ヴァージンループシリーズ」を選ぶ理由その1は数多の男を虜にした「縦ヒダ構造」という新世界へと飛び込めるから!



理由その2:豊富すぎるシリーズタイトル!


代替テキスト 代替テキスト


 2019/04/24現在、全8種類というラインナップを誇る「ヴァージンループシリーズ」

ここまで種類があると「どれを選べばいいか分からない」と思うかもしれませんが、基本的に初代」→「ハード」の後は興味を持てそうなタイトルを選べば間違いないです


というわけで「悩む幸せ」を持てるのが「ヴァージンループシリーズを選ぶ理由その2」ですね






理由その3:もちろん「ウレタンヒップ」とのオナホ固定腰振りオナニー方法にも対応!



 「100の理由」を書き出す際に様式美的に述べているのですが、管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる腰振り」
もちろんこちらの「ヴァージンループシリーズ」も対応可能!


          代替テキスト



以下にそれぞれの対応パターンを書き出していきます


 パターンA:要補助、スッポリハマる系:初代、ハード、ダブルモーションハード





       
 代替テキスト+他2種類


 「スポンジシート」で補助が必要な物の、「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます



 パターンB:要補助、長さが余る系:エイトロング、エイトロングハード、ダリンセブン、ダリンセブンハード







          
代替テキスト+他3種類

 「横幅」が足りなく補助を必要とするが「長さ」は余り気味のため写真のように若干ハミでるタイプ
「しっかりとモノ♂を勃起させて挿入する」直線的な力を加えることで「腰振り」が可能になるパターン


 パターンC:補助不要、長さが余る系:ダブルモーション





         代替テキスト
      
代替テキスト
 「横幅」の大きさがウレタンヒップの「穴」にピッタリマッチしているので補助無しでも(多少裂きながら)ウレタンヒップにハメこめるパターン

その性質上、どうしても「奥まできっちり入らない」ため「補助が不要かつピッタリハマる」パターンは存在しない。
「パターンB」と同じく、モノ♂をしっかり硬くして直線的な力を加えることで「腰振り」が可能になる




なので


「ヴァージンループシリーズ」を選ぶ理由その3は「ウレタンヒップ」でのオナホ固定腰振りプレイにも対応!ただでさえ気持ち良いホールがさらに気持ちよく!





理由その4:一部のタイトルは「電動オナホール」に互換可能!



代替テキスト
         

 「自動で抜いてくれる」事が魅力の「電動オナホール」での使用ホールを専用外のこちら「ヴァージンループシリーズ」に互換するプレイスタイル

全種類が互換できるわけではありませんが一部のタイトルは「互換可能」です


 わかりやすく紹介すれば柔らかい素材の「バンジータッチ版」は互換可能

※大きさ、素材が違うダブルモーションは最初から対象外

「底」がサイクロン、ピストンのケースにハマるギリギリの大きさなので「ハードタッチ版」も起動前は互換可能かと思いましたが「硬素材」ゆえに起動途中で詰まりが発生するという結果に


 逆に「バンジータッチ版」はその「素材の柔軟性」ゆえにモノ♂を挿入してからいざ起動してもほどよく横伸びて「詰まらずに」起動できます

特に「縦方向」の電動ホールである「NLSピストン」と「A10ピストンSA」での互換プレイはすさまじい快感力であり

繊細な「縦ヒダ」がゾリゾリと自動で動いてくれる感動、「ピストン」という刺激に得にマッチしたシリーズだと実感しました


 もちろん「サイクロン」においても相当の快感力を誇る「互換プレイ」
3種の電動オナホールのうちいずれかでも所持している人は試してみてはいかがでしょうか?


「ヴァージンループシリーズ」を選ぶ理由その4は「電動オナホール」に互換できるタイトルも数点あるから!「自動で抜いてくれるヴァージンループ」という夢のプレイを味わえる!




 対応できるシリーズ内タイトルと対応パターンは以下の通り!


 パターンA:互換可能、そのまま使える系:初代





代替テキスト  
代替テキスト
 写真のホールは「まだ名前がありません」
「厚さ」「長さ」ともに適当でそのまま交換してプレイが楽しめるパターン
写真の「まだ名前がありません」のような大きすぎず小さすぎないスタンダードなホールがこれに該当する


 パターンB:互換可能、長さが少し余る系

エイトロング、ダリンセブン



代替テキスト

代替テキスト+他1種

「長さ」が余るが「厚さ」が丁度いいのですこしハミでる形になるけど「回転可能」になるパターン
「しっかりモノ♂を硬くして直線的な力を加える」事でプレイ可能
上蓋(写真右下)を外した方が快適にプレイできる場合もあります




「ヴァージンループシリーズ」個別レビュー記事リンク


代替テキスト【初代】




代替テキスト【ハード】




代替テキスト【エイトロング】





代替テキスト【エイトロングハード】




代替テキスト【ダブルモーション】




代替テキスト【ダブルモーションロングハード】


代替テキスト【ダリンセブン】





代替テキスト【ダリンセブンハード】


 「ヴァージンループシリーズ」総まとめ記事はこちら!


以下余白
関連記事