今回は【疑似ペラサイト】です

 「ペラサイト」とは
「何か一つの商品に特化したサイト」という意味で運営しているサイトです(枚数が少ないペラペラなサイトの略)



 この記事では
「派生記事が多すぎて整理しきれなくなったコンテンツ」をペラサイトを見習い「1ページに今まで書いてきた記事の内容をまとめる」他
「関連記事全てのリンクページを整理する」といった試みや
タイトルのオナホール関係の記事を「俯瞰(ふかん)」で見直す試みがあります





 今回は「A10ピストンSA」のオミット版電動オナホールである

「NLSピストン」


「個別レビュー記事」や「専用ホールレビュー記事」、「100の理由」など多数の派生記事がバラバラなためここで内容を「1つの記事」にまとめます



 参考、引用記事はこちら!









       代替テキストNLSピストン


NLSピストンとは?【オナホレビュー:疑似ペラサイト(総まとめ)】


もくじA




「NLSピストン」とは?


 今現在【入荷未定】で販売再開が待ち望まれている
ピストン系高級電動オナホ「A10ピストンSA」
その開発過程で「ボツ」になった「クランク式」によるピストン試作機を
NLS側で引き取り商品化

「パターン別ピストン」「バッテリー式」「動画連動」などが省略され
「ピストン専用機」としてシンプルな造りかつ低価格(A10ピストンSAとの相対では)を実現させ皆様が手に取りやすいように、かつ「A10ピストンSA」が「入荷未定」の現在では「唯一?のピストン機」としてこの世に排出されました


 要するに「現在再販のめどがたっていないA10ピストンSAという商品のために
需要を埋めるために開発されたオミット版電動機器」という事


機能制限版でありながらパワフルなピストンは挿入したモノ♂に「腰振り」とも「回転」とも違う新しい快感を与えてくれます





表示されている価格は税込みであり記事作成当時の物です



「電動ピストン」はどのような快感をもたらすの?



        代替テキスト


 単純に言ってしまえば「強制的にイカされる縦方向のオナホコキ」

「自分の手によるストローク」や「腰振り」の場合、「オナホの内部構造をじっくり味わうことは出来るが自分で動いている分味気ない」といった感想ですがこちらの「電動ピストン」は真逆


 「相手が勝手に縦方向へ動いてくれる」という事で
「オナホの内部構造を味わうことは難しいがそこに第三者を錯覚できる」


もっと簡単に言えば

「自分以外の誰かと本当にしている」と錯覚しやすいのが「電動ピストン」ですね




 そして同じ電動オナホールである「A10サイクロンSA」との挿入感の違いで言えば「サイクロン」は横方向の刺激なので新鮮だけど不自然さもある(ただしフェラとして考えた場合は自然)

「ピストン」は縦方向の刺激なので自然だけど「新感覚」に薄れる
という総括


 どちらかと言うと「初めての電動オナホール」の場合「きちんとイケる」のは「ピストン」の方と断言できます





オミットされた機能は?



 「オミット」とは
省略されたものという意味

ここでは上位機種である「A10ピストンSA」にありこちらには無い物と言う意味で説明していきます


【7種類の電動パターン】


        代替テキスト

 
 「A10ピストンSA」の方は「7種類の電動パターン」が存在しますが、こちらの「NLSピストン」は「直線の往復ピストン」の1パターンのみ


 実にシンプルで潔いと言えるホールです




 【AVとの連動】



       代替テキスト 



 「A10サイクロンSA」ではお馴染みの「AVの内容に合わせてホールが動く」という連動機能

「A10ピストンSA」にもこの機能を使う領域はございますが、今現在は限定的状況かつ「シンクロ率も低い」という状況なので
アップデートが待ち望まれているといった環境


 この機能の有無は現時点では「NLSピストン」のデメリットにはならないと言えます


 【静音性】



代替テキスト※画像は【A10サイクロンSA】



 「SA」シリーズの「静音性」は素晴らしく、最新鋭のモーターを使っているのに音はかすかであり間違えても「オナニーしている音」には聞こえません

一方「NLSピストン」は割とガッコンガッコンという音が鳴ります


 ですがこちらは
「ごまかせない程ではない」と断言でき、管理人も毛布を被せてプレイしたところかなりの音を抑えるのに成功できました

念のため集合住宅に住んでいる人は
使用する時間帯と相談した方がよさそうですがね






 つまり「A10ピストンSAの完全劣化」ではあるものの「そこまでオミットされた機能については気にならない」と断言できます




本家「A10ピストンSA」の再販を待つべきでは?



          代替テキスト


 価格差はあれど本元である「A10ピストンSA」が完全上位互換である以上
「A10ピストンSA」の再販を待つべきでは?と思う方もいるでしょう


 しかし私は「ピストンSAが再販されたらされたでその時購入すればいい」

「仮に再販されたとしても両機持ちでも問題ない」と思える根拠があり以下にそれをいくつか記述いたします




「両機持ち」推奨理由その1:どちらかが壊れたときの保険



 まず思いつく理由がこちら
「どちらかが壊れてしまった時」でもどちらかが生き残っていれば「すぐにでもピストンという刺激を味わうことが出来る」という物


 「壊れたときに買い直せばいい」と思いの人もいるでしょうが
意外と「今すぐ起動できないもどかしさ」というのはねっとりと感じます

そういう意味で「両機持ち」しておけば片方が壊れても安心して「電動ピストンオナニー」を味わえます



「両機持ち」推奨理由その2:本命機「A10ピストンSA」の延命



 形あるものはいつか壊れます
「性家電」であるピストン機二機も同じく使用していくことで寿命、または他の原因で「壊れる日」は必ず訪れます


 ですがこちらの「NLSピストン」と併せて交互に使えば
本命「A10ピストンSA」のバッテリーやモーターの負担を単純計算で「1/2」に減らせます


「NLSピストン」がある事で不必要な時は起動を控えることで
本元「A10ピストンSA」のクールダウンを図るという考えですね

 

「両機持ち」推奨理由その3:パワーだけなら下位機の方が上



 「完全上位互換」である「A10ピストンSA」ですが
「単純なパワー」という点だけで言えば「NLSピストン」の方が優れています(完全ちゃうやん!ってツッコミは無しで)

これは何故かというと「クランク式とレールポジション式」という「モーターの駆動の伝え方」に違いがあり




 簡単に説明しますと「A10ピストンSA」の「レールポジション」式は
「モーターの運動を何重にも遠回りして伝え、生物に近い腰振りが可能」

一方「NLSピストン」の「クランク式」は
「モーターの力を直に伝える構造、強いピストンは得意だが弱いのは苦手」
という特徴があります


 つまり「A10ピストンSA」の使用感は「滑らかだが旧来の方法より力強さは薄れる」という点もあり
「単純なパワーが物足りないと感じる時はNLSピストンの方が適している」という場面もございます


後述する「専用ホールでのプレイの場合はむしろNLSピストンの方が良い」とする理由も含めて「両機持ち」する事で
「滑らかなピストンのA10ピストンSA」と「パワーだけは上のNLSピストン」
という「選択肢」を得ることが出来ます






その他「NLSピストンを選ぶべき理由」



お得感あふれる値段設定とポイント還元!!


 こちらの「NLSピストン」ですが標準的なハンドホールと比べると「高価」であり
「12744円」というライトユーザーが手が出なさそうな価格設定ですが
「上位種」である「A10ピストンSA」(42984円)と比べると良価格
 しかもこちら、販売当初は18000円前後と言う高価格でしたが
この値段にまで落ちついた経緯があり
発売後すぐに購入した管理人からすれば「マジか!?」と言う感想ですが
さらに「NLS」ならばではの「お得なポイント還元」があるので
実質「12744円」よりもさらに安いと断言できます



「A10ピストンSA」の専用ホールがそのまま使用できる!




 
             代替テキスト
 先ほど説明した通りこちらの「NLSピストン」は
「A10ピストンSA」のオミット版ゆえに「ケースが同型」という共通点があります
なので「A10ピストンSA専用ホール」達をインナーケースに装着し
プレイを楽しむことが可能

 ここで購入した「専用ホール」は「A10ピストンSA」が販売再開された後
「ピストンSA本体」にハメることが出来るので無駄にはなりません

 専用ホールの中で管理人のオススメは「クローバー」か「フォービドゥン」



「まだ名前がありません」や「初代ヴァージンループ」などメジャーなホールと互換できる!




こちらの「NLSピストン」、「専用以外のホール」も条件が揃えば互換できます

  代替テキスト

 具体的な条件は「まだ名前がありません」と同じくらいの大きさのホール
 (底が分厚いと小さいホールでも失敗するので注意)
または底がギリギリ収まり、ホールの素材が柔らかい「初代ヴァージンループ」など



 「専用外ホール」でプレイするメリットは「単純に専用ホールよりも気持ちいい事」
デメリットは「専用ホールに比べて固定が安定しない事」
※専用以外のホールでのプレイは自己責任でお願いいたします


 


専用ホール簡易評価



専用ホール「スティール」:80点



代替テキスト


 「NLSピストン」発売時にリリースされた
「A10ピストンSA共通専用ホール」

「ボクのおなぺっとシリーズ」の断面図を彷彿させるシンプルな構造

「V字溝」ともいえる横ヒダ群が「ピストン」で縦方向に動くことで
ジョリジョリと撫でる快感が良し


 目立った快感ではありませんが大きく外すことも無いと言った挿入感
まずはここを「80点」と定めて他の専用ホールを採点する「基準値」にしました





専用ホール「クローバー」:82点



代替テキスト



 こちらは本元である「A10ピストンSA」に付属しているホール
ゆえに単体で買うのが少しはばかられる商品です

「単品で購入した後ピストンSAが再販されたらクローバーだけダブるやん」
と思う方もいらっしゃるでしょうが

上記の「ピストン機2台両機持ちでも問題ない」という理論に則り

「壊れたときの保険としてもう一つもってても損はない」

と言わせていただきます
(実際管理人もこちらがダブってます)


 肝心の「使用感」は「ヴァージンループシリーズ」を思わせる
「縦ヒダが四方から迫るゾリゾリ構造」

「縦方向のピストン」と非常に相性が良く電動するたびジョリジョリッとモノ♂を削りに行きます


 本家「ヴァージンループ」のように縦ヒダに撫でられて
ぞわぞわと高めながら勢いよく、気持ちよく射精できる事は間違い無いでしょう


 「スティールよりも良ホール」とみなして2点上の「82点」です






専用ホール「フォービドゥン」:86点



代替テキスト


 これ以降総評を書く「専用ホール」は「第2期」とよばれる「A10ピストンSAが1000台限定出荷されたとき」に新発売として追加された3種類のホールです


 2019/03/28現在、パッケージの不備のお詫びとして
ポイント+500というありがたいサービスを実施しているので
実質「2700円」のホールが
「2200円」で購入できると同義です



 こちら「フォービドゥン」は前者2つの単調な構造とは違い
「奥に行く度に快感が変化する」という「まん〇鏡仕様」の専用ホール


 「電動ピストン機」が自動的に「縦方向」へ動いてくれることで、この「多彩な構造」を何もしなくても相手から味わせてくれる王様快感


 故に大胆に加点して「86点」を点けさせていただきました






専用ホール「バンプ」:79点



代替テキスト  


 こちらは「専用ホール」の中でも「ちょいハズレかな」と思ってしまった一品

「イボ構造」+「無次元加工」は普通のホールであるならば歓迎する構造ですが「ピストン」することでこのイボ構造があまり感じられずにかすんでしまう模様


 「ピストン専用ホール」ゆえ外壁が薄く「あまりモノ♂と密着できていない」事がこの挿入感の原因でしょうか




専用ホール「プレーン」:82点



プレーン断面図


 やはり先述した通り「パワフルな動き」と「純粋な肉厚」でイカせにくるのが
「徐々にこみ上げてくる」無難な快感を演出
「NLSピストン」は遅いピストンが苦手で「勢いがあるので内部構造を味わうには不向き」ですがこの「プレーン」にかんしてはそもそも内部構造が「無い」状態なので気兼ねなく使えます
そう言った意味でもやはり「専用ホール」を使う場合はNLSピストンA10ピストンSA という持論は間違ってないですね



「専用ホール」以外との互換プレイは出来るの?



代替テキスト 

 このような「電動オナホール」が発売されるたびにオナホユーザーの中で
疑問にあがるのが「既存の他社ホールと互換できない物か」という提案

 結論から言えば「互換可能」でございます
もちろん条件がいくつかあり
上記の写真にもハメこまれている「まだ名前がありません」のような
「スタンダードな大きさ」のホールなら互換してプレイ可能です
 ※専用ホール以外でのプレイは自己責任でお願いします

①大きすぎないホール(写真の「名無し」が基準になります)
②底が分厚くないホール(ギリギリ互換できるのはヴァージンループのハード版以外)
③長いホールでも底や横が分厚く無ければ可能
(ボクおな2ぐれいと、ヴァージンループエイトロングのハード版以外)
これらが主な「条件」ですね

から丸々引用


 オナホ別「電動オナホール互換パターン」は以下の記事から!


 より気持ちいい「互換ホール」検証は以下の記事から!


専用とそれ以外のホールどちらでプレイするのが気もち良いの?



 「A10サイクロンSA」と同様、新しい電動機が発売される度出る疑問点

結論から言えば「単純な気持ちよさ」で言えば専用外ホール一択です


 「専用ホール」には機械に固定させるための「リング」が付いているのですが
こちらがピストン機の入口に咬んで固定されることで

「ピストンというよりはホールが伸びているだけ」という挿入感になってしまいます

代替テキスト


 一方「専用外ホール」かつ「きちんと互換できるホール」を使っている場合は
こちらの「振れ幅」が大きくなることで「本当に相手から腰を振ってもらっている」という実感を得られます

代替テキスト



 ですがそれゆえの「挿入のしにくさ」や「軸がブレる事もある」ので
コツをつかむまではちょっと手間取る事がデメリットであり

その点での比較で言えば

「挿入しやすさ、ブレにくさにおいては専用ホールが大安定」

と断言できます


 また後述する理由により
「専用ホールでプレイするなら下位互換のNLSピストン」
「それ以外でプレイするなら上位種のA10ピストンSA」

という逆転現象も発生しているので

「専用とそれ以外、どちらを選んでも一長一短」

と結論が出ます





※「固定リング」を切断することで専用ホールでも気持ちよくプレイすることが出来ます
↓二つ下の項目で記載


「専用ホール」でのプレイなら下位互換の「NLSピストン」の方が適している疑惑!?



 上述した「パワーだけならNLSピストンの方が上」という事実から
「専用ホールでプレイするならNLSピストンの方が適当」という説

その理由は先に言った「伸び縮みするだけ」という使用感がNLSピストンの方ではパワフルな分きちんと上下に動いて緩和され
「ちゃんとピストンされている」という使用感を得られるからです


 逆に「A10ピストンSA」は専用外のホールのピストンの方が気持ちよく、「自分で用意したお気に入りのオナホール」の構造をじっくり味わえる
「極上かつ丁寧な滑らかなピストン」を提供してくれます

その丁寧さゆえに専用ホールでのプレイの場合「伸び縮みするだけ」
「粗くても良いからもう少し強く上下に動いてほしい」と感じてしまいます



 専用ホールなら「NLSピストン」
互換できる専用外ホールなら「A10ピストンSA」という逆転現象ともいうべき結果が出てしまっていますね



参考記事:
ピストン専用ホール「フォービドゥン」:ピストン機両方で使用して検証 +NLSピストン本体感想その3【個別オナホレビュー】



「固定リング」を切断することで専用ホールの「伸びているだけ」という使用感を解消!(2019/05/09追記文)



代替テキスト


 「専用ホール」の場合「固定リング」が入口でがっつりハマってしまうため
ピストンを起動しても「伸びているだけ」という使用感がぬぐえません

ですが、思い切って「リングを切断」することでこの残念な使用感を解消

「ふり幅が大きく、きちんとしたピストン」になる事で
ピストン機及び専用ホール本来の「気持ちよさ」を発揮できます


 しかしメーカー側が想定していない使用方法なのでやはり「自己責任で」という一言を添えねばなりません

そしてリングが外れることで少しだけ「挿入のしにくさ」も発生いたしますのでやる方は事前にリスクを何度も確認して頂けると幸いです



「NLSピストン」総評:86点(過去記事では85点)



 「単純に縦方向にピストンするだけ」に特化した当商品
ゆえに徹底的にコストを削減して(A10ピストンSAとの相対で)安価を実現


管理人が購入した時は18000円前後だったこちらも今は13000円
そして「パワーだけならピストンSAよりも上」という「特化性」も発見されて「専用ホールならこっちを使った方が良い」という「長所」も発見されたこのタイトル


 「安さ」や「パワー」と言った最初にレビューした時とは違う利点が見つかったので

「過去記事より1点上乗せの86点」という総評に変わりました





商品ページリンク、関連商品ページリンク



 「パワー」と「専用ホールでのプレイ時の適応度」と言う点で
上位の「A10ピストンSA」との差別化は十分!「両機持ち」でも問題ないタイトル「NLSピストン」は下記リンクから!



 ピストン機本体



            代替テキスト





表示されている価格は税込みであり記事作成当時の物です




 サイクロン、ピストン専用スタンド




          代替テキスト



 こちらは「A10サイクロンSA+PLUS」、「NLSピストン」
「A10ピストンSA」の3種に対応した「専用スタンド」


こちらに各種機器をセットした後デスクなどに固定することで
「電動オナホールが机に固定されてハンズフリーで楽しめる」という一品

「手で抱えていないといけない」という電動ホールのもどかしさも
こちらで解決できるでしょう


※「プラス」ではない旧規格の「A10サイクロンSA」には対応していないのでご注意!






価格は税込みであり記事作成当時の物です


参考、引用記事及び関連記事







「NLSピストン」は「SA」の代替となる!?コスパでは圧勝! 【緊急企画!】【代替ホール検証】【ピストンSAとの比較】
ピストン専用ホール「フォービドゥン」:ピストン機両方で使用して検証 +NLSピストン本体感想その3【個別オナホレビュー】


オナホレビュー記事一覧:「電動オナホール」との互換可能な物リスト
「A10サイクロンSA」とは? 【オナホレビュー:疑似ペラサイト(総まとめ)】
A10ピストンSA:より生物的な腰振り!最新技術力の結晶! 【電動オナホレビュー】

その他関連記事は「NLSピストン」または「電動オナホール」タグで検索!



以下余白


関連記事