今回は【個別オナホレビュー】です。

「A10サイクロンSA」専用ホールをレビューしていきます。
今までは「専用ホールレビュー記事+サイクロン感想追記」という形式でしたが、もうすでに「サイクロンの感想は出し尽くした」と言えるのでここでは「購入していなかった残りの専用ホール全て」をレビューするページにしていきます。
※2019/08/23 「残り」では無く「所持している全ての」専用ホールの簡易レビューを記載する形式に変更


 「購入したら追記する」形式ですので全て埋まるには時間がかかります

関連記事:

 現行最新の「サイクロン」単体レビュー記事はこちら!

2019/10/10 専用ホール「クリスタル」レビュー記事執筆開始、税率10%の表示価格に変更

以下追記文

もうすこし↓から記事は始まります

もくじ



                                                                                                                                                                                                                                                                        
                                                                                                                                    









A10サイクロンSA個別オナホレビュー記事アイコン 



全ての「A10サイクロンSA」専用ホールをレビューするページ 【個別オナホレビュー】

関連記事:

 現行最新の「サイクロン」単体レビュー記事はこちら!
A10サイクロンSA+PLUS:回転ホールは亀頭を舐めながら…コンテンツ成長!【個別レビュー】【レビュー2回目】【電動オナホールレビュー】

「A10サイクロンSA」とは?


 史上初?回転式電動オナホールであり「初代A10サイクロン」は6000円という電動ホールとしてはお手頃な価格で発売されていました。
(現在でも在庫があります)
 こちらも既に「未来」を見据えたデバイスでありながら「音がうるさい」「操作は完全にリモコン任せ」「モーターが低速」という欠点がありました。
そして約5年後、それらの欠点を克服した完全上位機種「A10サイクロンSA」が登場。
「約1/2の静音性」「スマホをコントローラー代わりにすることが出来る」
「モーターがパワーアップ、低速も高速も両方こなす」
さらに目玉としてPC、スマホと連動して回転運動が調節されるという特徴も兼ね備え再び世に出る事になりました。
 そんなA10サイクロンSAから更に4年、一旦「A10サイクロンSA」は販売終了され、新しい規格として(といってもSAとSAプラスにはほとんど差が無い)現行販売されているシリーズが「A10サイクロンSA+PLUS」です。



 今回はその「サイクロン」専用ホールのうち既にレビュー記事が存在する「メデューサ」「マスター」「オーラル」以外をこちらの1本にまとめます。
※2019/08/23 「残り」では無く「所持している全ての」専用ホールの簡易レビューを記載する形式に変更

              A10サイクロンSA個別オナホレビュー記事アイコン

これから紹介する専用ホールは全てこちらのサイトでそろえた物です



専用ホール「メデューサ」:80点



A10サイクロンSA+PLUS専用ホールメデューサ


 こちらは現行タイトルである「A10サイクロンSA+PLUS」に同梱されている付属の専用ホール。「メデューサの髪型のような触手が内部に無数に設置」されており、これが回転する事によってモノ♂を触手がまんべんなく撫でていくという挿入感。


ホール単体で見ると大したモノではありませんが、やはり「回転」することによって本領を発揮する「専用ホール」であるところがポイント大。

「無数の触手にニョロニョロと撫でられていく快感」が心地よく、「専用ホール入門編として申し分なし」な挿入感だと判断したので「基準」として定めやすい「80点」を点けさせていただきました。「ここから」様々な専用ホールを見極めて「マイベスト」を見つけましょう!






専用ホール「マスター」:82点


A10サイクロンSA専用ホールマスター



A10サイクロンSA+PLUS専用ホールマスター断面図

 かつてはこちらの「マスター」が「プラス」以前の「A10サイクロンSA」に同梱されていました。

ヴァージンループシリーズを彷彿させる「縦ヒダ」構造は「縦方向のピストン機でやるべきだったのでは?」と思われがちですが、これがなかなか心地よい!

「縦ヒダ」がソリソリとモノ♂をねじる様にして撫でてくるのが気持ちよく、さらに「回転式オナホールでも挿入時は本能のままわずかに縦方向に腰を振る」という性質を逆算して作られたのか、「縦」にわずかに動くと、もうイキそう!


ニュルッゾリッと亀頭を撫でられる挿入感に思わず…

個人的に現行付属ホールの「メデューサ」は「旧世代で売れ残った物を同梱しているのでは?」という疑惑があるため、そちらより丁寧なホールとみなして高得点です。





専用ホール「オーラル」:87点(今までは86点)


A10サイクロンSA専用ホール オーラルアイコン


 こちらは2019/08/23現在、管理人が「専用ホールで一番気持ちよく、一番回転という性質にマッチしている」と評価する「最高評価」である「87点」の専用ホール。

その名称通り「口内」すなわち「フェラ」を意識した造りのこちらのホールは内部に「短い舌」と「長い舌」を配置しており、これが「回転」することにより一本の「長い舌」がねっとりとモノ♂を舐めつくすような挿入感を演出!



 本来「回転」はセックスとして考えた場合は「横刺激」なのでリアルさに欠けますが、「フェラ」として考えた場合は自然な動き。

なので現状「サイクロン専用ホールで最高」という評価は変わらないですね。


その内部構造




         A10サイクロンSA専用ホール オーラル内観

 先ほど言った通り「短い舌」、「長い舌」がそれぞれ独立した単純な形状。
他の専用ホール同様これ単体では「2700円」は高いと断言できますが、なかなかどうして、この「二つの舌を配置しただけ」の構造が「回転」することによって「ねっとりと絡みつく長い舌」を再現!

 単純でショボい構造なのに「回転」させると化けるやられた!と思える構造ですね。意図的にせよ意図的じゃなかったにせよ。

簡易実践レビュー



「回転速度:弱」の段階ではまだ「二つの舌」がチロチロ・・・と撫でるだけでまだ「それぞれ別個」の舌に撫でられてる感覚


この時点でもかなり心地よい挿入感ですがね


「回転速度:中」に強めることで「二つの舌」の回転が「一つの長い舌」が絡みつくような錯覚になります

べろりんべろりんと嘗め回す舌を疑似体験しましょう



「回転速度:強」になることで「舌」の淫乱さがアップ!

男のモノ♂をイカせるためのラストスパート!

徹底的に舌を絡ませる高速フェラが味わえます


その射精感、イキ顔


 ばひゅっ!ビュッ!ぴゅっ!ぼぴゅっ!!ビクンビクンッ!








 「射程が長く、勢いが強く」かつ「イった後」もビクンビクンと暴れる
「サイクロン専用ホール」としては珍しく「幸せ射精感」に至れました。






専用ホール「グランス」:84点



          A10サイクロンSA専用ホール グランスアイコン



 先に紹介した「メデューサ」「マスター」「オーラル」と比べると「網目状のヒダが内壁に刻まれている」という「大人しい構造」ですが「地味」というわけではなく丁寧な造りといった印象。


 「モノ♂を挿入する深度」によって刺激が異なり他の専用ホールに比べるとこれといった特徴は無いですが「まったり」かつ確実に徐々に快感を高めていく構造。

 「メデューサ」より点数は高いとみて「84点」を点けました。







その内部構造


       A10サイクロンSA専用ホール グランス内観  


 「グランス」の内観。この網目状のヒダ壁が「回転」をともなってあなたのモノ♂をじっくり嘗め回します。今までレビューした専用ホールと比べて「自然な挿入感」であり「様々な刺激が味わえる」専用ホールと言えます。

簡易実践レビュー



【回転速度:弱】の時点でも「網目状に刻まれたヒダ」が刺激は弱いながらも、的確に亀頭を攻めてきて「モノ♂を徐々に高ぶらせている」のを感じます。


【回転速度:中】ではきっちりと「細いヒダ」ながら、モノ♂にしっかり絡まる【快感刺激プレイ】。「まだまだイかずに楽しみたい」場合はここで留めておきましょう


【回転速度:強】にすると「網目状のヒダ」が「刻印」の勢いで絡んできます。
痕が残りそうな勢いで「回転」させながら「縦方向のストローク」の補助を行うと「蜘蛛の巣状のヒダ」がランダムに絡んでくるような乱雑感!

 終始飽きることなく「刺激感」が変わって貴方のモノ♂をイかせにきます





総評:84点



 何度か使用して気付いた標準付属ホール「メデューサ」との違い構造が「突出した物」ではなく「壁側に刻まれたモノ」であるので「縦方向のストロークしやすい」事


 基本「回転」ホールなので「縦方向の刺激の補助」を加える事は邪道ですがこのホールに限っては「入口」「中央」「最奥」で感覚が変わるので推奨したい。


 「入口」はモノ♂と構造の隙間が大きいので本当に「徐々に」快感を高めていく程度の刺激

 「中央」は「国境」というべき「入口」と「最奥」を繋ぐ通路がありここに「キュッ」と亀頭を挟むのが至高の快感

 「最奥」は先ほども申し上げた通り「網目状のヒダ」が亀頭に跡をつける勢いで絡みつく「蜘蛛の巣」エリア

 どのエリアで射精するかは人それぞれの好みですが私はやはり王道を行く「最奥」エリアが至高だと断言できます




専用ホール「ツイスト」:86点



A10サイクロンSA専用ホール ツイストアイコン 


 先に紹介した「グランス」に比べると「壁側に構造がある」ものではなく、それなりに肉が詰まった「無次元加工」構造。


 「ピストン式」ならともかく、「回転式」で「肉が詰まったホール」を使うとなると「モノ♂がねじれるのでは無いか?」という心配もありましたがこれが相当気持ちいい!


「モノ♂とホールとの密着感」においてはここまでレビューしてきた「専用ホール」の中でも群を抜いており、「ぷちゅぷちゅ」とイボに押されながらソリソリと回転していき「密着的摩擦」でモノ♂をイカせにくる。


 自分から多少動いて「縦方向の刺激」を加えるとさらに「奥へ奥へと掘り進み、吸い込まれていく」という挿入感もくわわり快感は絶頂へと!

 「グランス」よりも良い専用ホールだと判定したので少しだけ高い「86点」です。
とはいえ多少「ねじり」が発生するのでローションは多めに使いましょうね。

その内部構造

       A10サイクロンSA専用ホール ツイスト内観


 本来なら「縦方向」で楽しむべき「無次元加工」ともいうべき構造ですが果たしてその実力は…


簡易実践レビュー


【回転速度:弱】の時点では「キツさ」は控えめ構造の詳細を感じるならこの速度が良いですね。イボがぷちゅぷちゅと回転しながら少しだけモノ♂をねじるので心地よさではこの速度が一番です。



【回転速度:中】になると「ねじり」が露になるので、この時点で「痛い」と感じるならローションが足りていない証拠なので継ぎ足してください。

 この速度になると肉壁が密着して「狭さ」や「キツさ」を伴いながらゴリゴリとモノ♂を削ります
「イボの触感」は弱速度よりも薄れますが刺激感がアップします。


【回転速度:強】になることでモノ♂とホールが完全密着!
ぎゅるぎゅると回りながらイボ、ヒダの摩擦で「イカせにきている」事を感じます。


腰を動かして「縦方向の刺激」を加えるのならこの速度がオススメ。
「狭さ」「イボ、ヒダの回転刺激」「奥を掘り進む挿入感」が相まってあなたに極上の射精をもたらします。



総評:86点



 ローションを多めに使用することで「回転によるねじれ」を緩和させ「密着するイボ」でゴリゴリ削られる挿入感が魅力の専用ホール。


「縦方向のストローク」による快感も魅力的であり、「専用ホール」として申し分ない気持ちよさという事で大絶賛した「オーラル」と同じ「86点」を点けさせていただきました。






専用ホール「ダブル」:85点


A10サイクロンSA専用ホール ダブル




その内部構造



A10サイクロンSA専用ホール ダブル内観


 なんと上下で二つの穴があるまさしく「ダブル」な仕様
どちらかに狙って挿入するのは根気が要りますが「一粒で二度おいしい」という奴ですね


 今回実践するのは「イボ側」です


簡易実践レビュー


【回転速度:弱】の時はイボ構造がぷちゅぷちゅとモノ♂を押し当ててきっちりと「構造による刺激」を与えてくれます


【回転速度:中】になるとイボの一つ一つがモノ♂を削り取る様な「高刺激快感」へと変化
特に問題なければ次の「回転速度:強」にせずとも十分射精できる快感力ですね


【回転速度:強】にするともはやイボ感がわからなくなるほど過剰に「擦って擦って」な刺激感になり「絶頂」しやすくなります

「回転速度:中」でもなかなかイケない人はこちらがオススメです

 同じイボ構造の上記の「ツイスト」と比べた場合は「ねじれ」が発生しない分使いやすいといった印象


 もう一つの穴「ヒダ構造」の方は「摩擦感」が強く、イボ構造と比べると「内部構造がわかりにくい」という点もありますが刺激感は上
 総じてどちらの構造もそこそこ楽しめ、絶頂に至れる高レベルホールなため「85点」を点けさせていただきました





専用ホール「スパイラル」:85点


A10サイクロンSA専用ホール スパイラル


 「スパイラル構造」というと「温泉欲情」のような「複雑に絡み合った多方向からの肉壁」というのを思い浮かべますが、こちらは「容量も限られているサイクロン専用ホール」という事で「非常にシンプルな渦巻き構造」



 かといって「性能が劣る」という訳では無く、やはり「回転」という構造に非常に相性がいい「渦巻き」「スパイラル構造」がギュルギュルと電動してまとわりつくたびにニュルニュルとモノ♂を削る様に快感刺激を与える!

こちらもかつての大絶賛専用ホール「オーラル」(86点)とともに「サイクロンでプレイする事に意義がある」有力専用ホール候補の一つとしてこの高得点を点けさせていただきました


専用ホール「スパイラル」:その内部構造


A10サイクロンSA専用ホール スパイラル内観

 先述した通り「コンパクトかつシンプルなスパイラル構造」
これが「A10サイクロンSA」の電動によって回転されねじれることで「渦巻き方向の絡みつき」および「逆回転のひねり」どちらも気持ちよくプレイできるようになっています


簡易実践レビュー


【回転速度:弱】の時点ではクッキリと内部構造のヒダ感を感じる事ができるといった印象
「渦巻き」のようにニュルニュルとモノ♂が飲み込まれていき、「根元から吸われている」かのような心地よさを感じます


【回転速度:中】になることでさらに「ひねり」「ねじり」が加わり、「欲しがりさんの淫乱マ〇コ」を演出!?

「構造をじっくり噛みしめる快感」と「自動でイカされる快感」がバランスよく取り入れられた回転速度であり大半の人は「強」にするまでもなく、この速度で満足してフィニッシュするでしょう



【回転速度:強】になることで「ホールの構造」わ分かりにくくなりますが、「竿がねじれるほどの回転力」が加わり元々の「台風の目の様なスパイラル構造」も相まってギュルギュルと根元から一滴残らず吸い取られるような搾取感が味わえます

 ほとんどの人が「中速度」までで十分射精できるほどの快感力を得れますが、それでも物足りない人にこちらの「速度:強」をオススメしたいですね



専用ホール「シェイプ」:84点


サイクロン専用ホール「シェイプ」個別オナホレビュー記事アイコン


 波打つように緩急差がある内部が「立体感」を演出してポコポコと刺激を与えながらねじれる一品。かなりの良作ですが一番評価している「オーラル」程のインパクトはないと考えてこの採点ですね。


その内部構造



サイクロン専用ホールシェイプ断面図


簡易実践レビュー


【回転速度:弱】では他のホールでの弱速度体験と同じく、「ホール全体の構造」を味わえる挿入感です。

波打つ構造が「立体感」を演出し、ポコポコとモノ♂に押し付けて刺激感を与えます。


【回転速度:中】にすることで「立体感」による「モノ♂の削り」は威力を増します。
緩急付けてコリコリと撫でられる事で普通のプレイでは味わえない快感が襲います


【回転速度:強】にすることで「高刺激快感の荒波」へと変化する【シェイプ】
最奥になるにつれ「徐々に狭くなる構造」も相まって亀頭がゴリゴリいじめられ、あっけなくフィニッシュします。


専用ホール「クリスタル」:85点






 こちらは「クリスタル」というタイトルですが、どちらかというと「タイル張り」と言える内面のイボ構造。

よくよく目を凝らすとこららの構造が三角形に突出して「クリスタル」だとわかります。
「回転」することでこれらの内壁に張られた「クリスタル」がぷちゅぷちゅと擦れて良い感じに気持ちよくなれますが、「オーラル」や「メデューサ」などの専用ホールと比べると「生物っぽさ」よりも「無機物っぽさ」が目立つ挿入感。

他の「有機的な挿入感」の専用ホールとは相互互換なので他のホールとどちらが良いかはきちんと自分の息子と相談しましょう。

採点的には「オーラルより少し低め」と考えて「85点」が妥当だと判断しました。

クリスタル:その内部構造


A10サイクロンSA+PLUS専用ホールクリスタル内観

 先ほども述べた通り、「タイル状」に敷き詰められた突起構造がぷちゅぷちゅと回転しながらあなたのモノ♂を撫でまわす挿入感。

整列された裏切りの無い快感ですが、「構造の数で勝負」と言った所でしょうか。


クリスタル:簡易レビュー



【回転速度:弱】の時点では「タイル状」のピラミッドたちがチクチクプチュプチュとモノ♂に刺激を与えてくる挿入感。一番「立体感」が分かるのがこの速度ですね。


【回転速度:中】ではこの「ぷちゅぷちゅ感」が少しずつ絶頂まで高めてきます。
身体がピクピクと飛び跳ね気味にけいれんするように快感がだんだんと積み重なります。


【回転速度:強】でこのピラミッドの先端が容赦なくあなたのモノ♂を削り取るがごとく高刺激快感を与えます。自らも「縦」方向に少しストロークして動くことで、最奥の大き目のピラミッドが鈴口にぷちゅっと触れてさらなる「射精感」を引き出します。


専用ホール「ボルテックス」:86点




 「サイクロン専用ホール」内でのマイベストである「オーラル(87点)」に迫る勢いのこちらの「ボルテックス」

上記の「クリスタル」が無機物系の刺激だっただけにこちらの「イボやヒダがひしめく有機的な構造」がより引き立って感じられました。

構造も狭い感じで詰まっており、ぷちゅぷちゅとイボが押し当てられミチミチと高刺激快感を与えてくれるこちらは「サイクロン専用ホール」の中でも上位組に入ると判断します。


ボルテックス:その内部構造

A10サイクロンSA専用ホールボルテックス内観


 先ほども言った通り「クリスタル」と比べると非常に「生物感」がある内観。
個人的には挿入時にカリ部分にぷちゅっと突き刺さる地点がかなり良いアクセントと言えます。


ボルテックス:簡易レビュー



【回転速度:弱】の時点でも構造が詰まっているので密着感は抜群!
さらに上述の通り「カリに刺さっている部分」のぷちゅ感がたまらなく良く、亀頭を中心にギュルギュルぷちゅぷちゅと回転する事で削られていきます。

他の専用ホール同様、この「速度弱」の時点が一番「ホールの立体感」を感じられますね。


【回転速度:中】になることで「ねじれ」を伴った高刺激快感へと変化。
カリの部分を中心にギュルギュルと撫でられて思わず腰が浮きそうになります。

【回転速度:強】になることでカリへの摩擦とモノ♂のねじり、ぷちゅぷちゅと密着するイボ達が容赦なくモノ♂を削り、あなたを絶頂へと導きます。

肉が詰まった構造なので「縦方向」の刺激もたまらなく良く、自ら動くことであっけなく暴発してしまう程の高刺激快感に身がヨガる事間違いなし!



「サイクロン専用ホール」販売サイトリンク







関連記事





関連記事