今回は【用語解説】です
ネタが無くなったとか言われそうですが「用語」の範囲を「オナホメーカー」にまで伸ばします


「第一弾」は私がオナホ童貞を捧げたホール「初々しい妹」の開発会社であり
マイベストホール「まだ名前がありません」をNLSと共同開発したメーカー
(「管理人の個人オナホランキング2位」に食い込み続ける「温泉欲情」もこちら)
「トイズハート」


 こちらについて個人的見解を述べていきます




「トイズハート」とは?【オナホ用語解説:メーカー編】


もくじA


メーカー簡易説明



 1999年に世界で初めてオナホールをブランド化した企業であり
その歴史は「TENGA」が進出した2005年と比べて6年も長く

「オナホメーカーの老舗」であり今現在巷にあふれる
「オナホメーカーとしての在り方」の「元祖」ともいえるメーカー

「RIDE」や「マジックアイズ」などの後追いメーカーが
追い抜かんとしている現状も「トイズハートありき」とも言えます



どういうホールを世に出しているの?



 「オナホメーカーとして最老舗」のメーカーが出すホールですから
多種多様、「スタンダードなホール」から「緻密なホール」まで揃えています

 「ヤンデレ」などの挑戦的なホールも多数
「弾」が多すぎて時々「ハズレ」も世に出してしまいますが
基本的に「初心者でも安心」して購入できるホール達が揃っています

 「温泉欲情」のような爆発的ヒットホールを生み出したかと思えば
しばらくは小さいヒットを打ち続け勢いが引いたり
(当の本人たちはそういう状況でも焦っていない)


 「他のどのオナホメーカーよりも長い」という事で
良くも悪くも「悟ってる」とか「マイペース」だとか「独自路線」だとか
そういう言葉がしっくりくるメーカーですね



代名詞的なホールや起点、大ヒットホールなどは?



 このメーカーの代名詞的ホールと問われれば「セブンティーンボルドー」

このブログでも個別オナホレビューにて比較すべき「スタンダードの基準」
として別のホールのレビュー記事にもひっぱりだこのホールです

「計算されつくしたなだらかなカーブ」と「申し訳程度のイボ」が
「主張しすぎない自然な挿入快感のリアルホール」を演出し
今現在も売れ続けている有力なホールです




 企業が有名になった「起点」となったホールはこちらの前身である「セブンティーン」

内部のツルツルが人によっては「ボルドー」以上の「自然な内部」を演出するでしょう
奇しくも「TENGA」と同じ2005年のデビューです




 「使い込めば込むほど素材が変化して気持ちよくなる」という
都市伝説か事実か、現在でも検証され続けている「覚醒」という現象を起こすホールとしてユーザー内で有名なのが「初々しい妹」や「R20」







 社会現象を起こしたホールとして有名なのは記憶に新しい「温泉欲情」

2017年4月発売以降クチコミで人気が爆発し
今現在も定期的に「品切れ」を起こす大人気ホールでございます

「極太ミミズヒダ」がジョリジョリかつねっとりと責める!
あなたのモノ♂は耐えられるか!?






価格設定は?



 割と強め(高価格設定)です



後追いメーカーの「RIDE」や「マジックアイズ」と比べると
彼らが「2000円前後」で出している様なホールも「2500~3000前後」
で販売しています


 「オナホメーカーの老舗としての」プライドや自信があるからなのか
「後発組よりも高い価格設定でも売り抜ける!」という意志を感じます

「RIDE」などが「安い」だけでこの基準を「普通」と捉えるのが良いですかね


「トイズハート」まとめ



 「オナホメーカー最大手であり老舗である」という事で
様々なホールをハイペースで多数送り出している企業

「温泉欲情」以降は静かな展開で「安定性」抜群ですが
「弾」が多いのでたまには「ハズレ」もありますが基本的には
「安心してホールが買える」という判定の企業


 上記の「セブンティーンシリーズ」や「温泉欲情」から始めて
「トイズハート」のホールを追いかけてみてはいかがでしょうか?



レビュー記事を探すのならば「トイズハート」タグで記事検索!



関連記事






関連記事
カテゴリ