2020/03/13 微修正作業開始(元々は2019/01/27最終更新の記事です)

 今回は【オナホレビュー:比較対決編】です。
最近このブログからのジャンプで売れているトレンドホール「天下一穴」
それと類似コンセプトである「非実在系グロ系ホール」としてかなりのブログ内高評価を誇る「ぐちょぬれ名器MONSTER+」を比較・対決していきます

※もう少し↓から記事が始まります

それぞれの個別レビュー記事はこちら!

ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus:グロ系でNo1!? 【個別オナホレビュー2回目】


類似記事は以下のタグで検索!










代替テキスト





簡易比較結果:結局「どちらもよし」の相互互換

 詳細な比較は追記文で!

 この比較企画ではおなじみの「結果」ですが結局「どちらもそれぞれで良い所があるよね」という結論に至ります。

 同じ「非実在グロ系ホール」ではあるものの「天下一穴」は「芋虫型のイボ一つ一つが主張するゴリゴリ系」
「キメラプラス」は「細かなミミズヒダが絡みつくニュルニュル触手系」

 どちらがより良いという訳では無く違った挿入感なので「その時の気分に合わせて使い分けるのが良し」といういつもの結論に至りました






天下一穴VSキメラplus:イレた瞬間の悶絶グロ系頂上決戦!【オナホレビュー比較・対決編】【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラplus】【天下一穴】




もくじA


【天下一穴】とは?



 割と最近にRIDEから輩出された「イモムシ系のヒダ」がうごめく「超攻撃的」グロ系ホール

      代替テキスト


発売当時はちょくちょくと「品切れ、入荷待ち」を繰り返しており「あの品薄系ホール【温泉欲情】のような大ヒットホールとなり得るのか!?」と期待できるほどの「新快感ホール」であり「ヴァージンループ」以上のRIDEの新ブランドになり得るタイトルでございます


記事執筆当時も「これは絶対良い物ですよ」と推したにもかかわらず、最近になってやっとじわじわとこのブログからのジャンプで売れ始めた一品であり「今のトレンドホールは何?」と聞かれればこの「天下一穴」を推しますね






【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラplus】とは?



 「RIDE」と「マジックアイズ」が共同開発したコラボホール。緻密な「触手系ミミズヒダ」が蠢くこれまた「非実在グロ系ホール」

       代替テキスト


 「人間以外の異生物の膣にイれている」まさしく
「パッケージのエルフ娘としている」様な「非現実的触手系内部」を味わえるグロ系ホールです

こちらは発売されてから年月を重ねているので、オナホユーザーの中でも「有力的な非実在グロホール」として歴史を重ねていますね






外観、内観、触感比較



外観比較


       代替テキスト 拡大する


 「長さ」「厚さ」ともに「キメラプラス」と「天下一穴」は同一。
「天下一穴」は外観だけ見ると「普通のホール」ですが、「キメラプラス」はその「内部のグロ系」が外観にも表現されていますね。


触感比較





 「天下一穴」及び「ぐちょ濡れ名器」ともども内部のグロとは裏腹に、外部はかなり「柔い」素材を使っているため良く伸びるししなります。


内観比較


       天下一穴 代替テキスト拡大する 

                


      キメラプラス代替テキスト拡大する



 「イモムシ」でゴリゴリ 触手でニョロニョロ
どちらも気持ちよくて「勝者を決められない」程拮抗した良ホール同士です。


その挿入感比較


入口比較

 
       代替テキスト 拡大する


 奇しくも同じリアクション


「入口部分」からゴリッと「イモムシ」がはい回る「天下一穴」に対する「ねちょっ」と絡む「キメラプラス」


 かつて管理人は「理想とする刺激順」は「弱→強→弱」と記述しましたが、様々なホールを経験した今、その法則は必ずしも当てはまるわけでは無いので刺激:弱の「キメラプラス」が勝利するわけではなく「純粋な気持ちよさ」での対決に至ります


 故に「入口部分」での優劣は

天下一穴>キメラプラス


 「絡みつく心地よさ」があるキメラプラスと「入口のジャブ」からゴニュッとモノ♂を削りに来る「天下一穴」


四方八方から迫る「イモムシヒダ」にモニュッと押される感触が「絡みつく心地よさ」を抑えて勝利に至りました。


中央比較



      代替テキスト拡大する


 【中央部分】もイモムシがゴニュゴニュと責めてくる「天下一穴」に対してぐちょおっと絡みつく「キメラプラス」

 「天下一穴」はその一つ一つのイボが大きいためいまいち「密着感」「肉厚感」が出せずに微妙に「ホールとモノ♂との隙間」が出来てしまいます。

対して「キメラプラス」は「ミミズヒダ」が隙間無く密着している様な挿入感ホール自体の「肉厚度」も相まってかなりの幸福感を感じる、「柔らかい肉で密着して締め付けるナカ」を再現


 故に「中央部分」の快感度は

天下一穴<キメラプラス


最奥比較


       代替テキスト拡大する


 【最奥部分】「天下一穴」は「子宮口」を経て「お部屋」に到達する構造。
「キメラプラス」は徐々に内部構造が狭くなる「消失点」構造。

 「天下一穴」「くぽっくぽっ♪」とこの部分にモノ♂を出し入れしながら「お部屋」に顔を出して思いのままに射精するのが快感であり、「キメラプラス」は「徐々に穴が閉じていく」その最奥の壁にモノ♂を押し当て「じゅわっ」とにじませるように射精するのがたまらなく快感。

 どちらも相当に気持ちが良く故に「最奥部分」は優劣を着けられませんでした


天下一穴=キメラプラス



比較総評



 4つの項目において双方「1勝1敗2引き分け」の状態であり「勝者が決まらない」という結果になってしまいました


 しかしながら「今現在のトレンド」として「このブログからのジャンプで売れ始めている」という状況と「各種通販サイトのユーザーレビューでも高評価」という点で

「今」購入するのならば「天下一穴」の方をオススメいたしますね


ぐちょぐちょorイモヒダ!人間ではありえない「異界のホール」ともいうべき2種類を心行くまで!商品ページリンクはこちら!








 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


関連記事








その他カテゴリへのリンク

ユーザータグでオナホレビュー記事を検索!→オナホレビュー記事検索用ページ


ローションレビュー記事はこちら!


このオナホールを使ってシコれるオカズを探す場合

「リアルセックス」を錯覚させるほどの質量の大型オナホール記事


自動で抜いてくれる!「未来の性家電」!


オナホのプレイにもコンドームを使うべきかどうか検証


オナホの「洗い方」や「後処理」などの「メンテナンス」関連記事はこちら!






以下余白
関連記事