私がオススメするローション「ペペローションラバラバ」と「ペペローション 360ml
の違いを私の感覚で比較していきます






 通常ペペローションの方は有名すぎるローションで風営店などに
置いてあるのはこちらでしょうね


ペペローション 360ml


こちらの通常版は用途の汎用性やコストなどを考えたうえで
「無難な」作りですがオナホ用に使うとしたら断然「ラバラバ」のほうが気持ちいいです

ちなみに「ラバラバ」とはゴムのラバーと恋人のラバーという意味
ゴム製品(オナホ)とラバーになるという意味か
ホールにも恋人にも使えるからという意味か



さて比較していきましょう




 値段は?


通常のペペローションは550円~ラバラバは820円~
300円ほど差額があるのでメリットを見極めたうえで購入を検討しましょう


私は300円高くてもこちらの方が断然いいと思い使い続けてますが



なによりこちらのローションは後述する性質上
普通のペペよりも少ない量で一回のプレイを楽しめたりしますので
結果的に長持ちするかと思います


多い時は一日5回ほどプレイする管理人(最低2回)ですが
体感でラバラバ一本で一か月半は持ちこせる気がします

通常は一か月で使用しきった記憶がありますが



つまり30日500円と45日800円を比較した場合
一日当たりの消費は16円と17円

差ほど費用が変わらないのならよりホール系に馴染む方を選んだほうが良い
と感じて以降ラバラバラ一択です



 粘度は?


「ラバラバ」のほうが上です。
指に垂らしたら床に落ちるのが早いのが通常
指先にしばらく残るのがラバラバと言えばわかりやすいでしょうか


水っぽいのが通常、より水あめっぽいのがラバラバ


これがモノ♂にねっとり絡みついていくので
そういう感触が好きな人にはたまらないでしょう



 乾きは?

「ラバラバ」のほうが遅いです


つまりどういう事かというと長時間のプレイにも耐えうるという事

急かされずにホールとの一体感を楽しみたいとき
急な来客(こういうグッズを通販で買ってると意識して無かったときにやってくる)
への対応後のプレイ

これらに対応できるのはありがたいですね



 ホールとの相性は?


はい。本命の比較対象ですが断然「ラバラバ」の方が上です
こちらを選ぶ最大のメリットはやはりこの「ホールとの相性」だとおもいます


つまり単純に「ホール使用で使った場合どちらが気持ちいいか」


「ラバラバ」のほうがモノ♂にもオナホにも馴染みやすく
快感度にて断然通常ペペより上

一度コスパ重視で通常とラバラバを一本ずつ購入して
一回おきに使い分けていたけど

「300円高いだけならラバラバだけを使い続けた方が気持ちいいな」
と思い今はこれ一択です



 使用量は?

上記にあげた特徴から、少量でもねっとりホールに染みわたって
絡みついてきますので通常ペペよりも使用量を少なくすることが出来
結果的にこちらのほうが長持ち

一日当たりの消費を考えた場合コスパが上回る場合もあります

つまり何の気兼ねすることなくホール目的ならこちらが有利



 あえてデメリットをあげるとしたら?


通常のペペローションのほうが水っぽい分
洗う時にホールにまとわりついて残りやすいという所でしょうか


洗うのは通常版よりも一苦労することはあると思います




まあこの辺に関しては


本物の彼女をケアしているつもりで根気よく洗ってあげましょう


私にはいませんが




 総評・・・ラバラバ:94点 通常:82点


他にも何回か「もっと相性のいいローションがあるのでは」と
他社製品も試してみましたがやはり総合力において
ペペローション「ラバラバ」の方が上でした


価格帯・・・800~1000     ・NLSで詳細を見る
                   ・DMMで詳細を見る
                   ・大魔王で詳細を見る
                   ・アマゾンで詳細を見る
                   



    



このブログをさらに楽しむメニュー↓      トップへ戻る

関連記事