今回は【個別オナホレビュー】です
先日「1000台限定入荷」し一日で売り切れた電動オナホール
「A10ピストンSA」をレビューしていきます











          ピストンアイコン


簡易総評:93点

※詳しいレビュー文は追記文で!


 こちらの姉妹機である「A10サイクロンSA」や開発過程でボツになった仕様を使いまわした
下位互換である「NLSピストン」と比べるとなるほど

「一歩も二歩も先の技術が使われている」事を実感する造り


 特に「NLSピストン」との比較ではただただ驚くばかりの性能差

「単純な一通行の力強いピストン」が印象的な「NLSピストン」に比べて
こちらは2回3回と「寄り道」を経ての「ピストン」のため

「自然な、生物の腰振りに限りなく近いピストン」を実現

(しかし「NLSピストン」も強いピストンなら得意という長所がある)



 「NLSピストン」のほうの感想では
「オナホールの内部構造をしっかり味わうにはストロークか腰振りが優れている」
と書き出しましたがこちらの「A10ピストンSA」は
さらに高域の「滑らかなピストン」を実現したことにより

「しっかりとオナホ内部の構造を味わうことが出来るピストン」

に昇華

管理人が今現在「主流」のプレイスタイルとしている
「ウレタンヒップによる腰振り」と「NLSピストンによる自動ピストン」の
良い所取りを楽しめる電動オナホールとなりました


 「オナホ内部の構造を楽しみながら自動でイカせてもらえる」この体験は
まさしく「4万円コース」であり風俗と違って一度購入すれば何度でも楽しめる!
「風俗上位互換」!!

「値段以上の価値」は絶対にあるホールだと断言できますね
風俗に高額を毎月費やす人は何回か通うのを我慢してこちらを買ってみれば

一度買えば壊れるまで半永久的に無料で腰を振ってくれますよ




表示価格は税込みであり記事作成当時の物です


A10ピストンSA:より生物的な腰振り!最新技術力の結晶! 【電動オナホレビュー】



もくじ


もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓


【A10ピストンSA】とは?



 電動オナホールを多数輩出してきたRENDSから輩出された
【A10ピストン】こちらは(当時は)高価な電動オナホールであり
「一万円」という値段で売り出された「クランク式のピストンホール」



 この頃からすでに「レールポジション式」という未来を見据えた構想がありましたが
技術が足りなく、次の世代へと持ち越し

こちらの「A10ピストン」はクランク式を突き詰める形になり高評価を得ました


「A10サイクロン」が「A10サイクロンSA」へと進化したようにこちらの
「A10ピストン」も「A10ピストンSA」へと進化

 前作では開発過程で切り捨てた「レールポジション式」を昇華させて
滑らかなピストンを叶えた最先端の技術が詰まった電動オナホールであり
「A10サイクロンSA」(約2万円)よりも強気な値段設定「4万円」で勝負

「4万円はさすがに手が出ない人が多いだろう」と思ったのか

100台だけ出荷したものの一瞬で完売!



 つい最近それの「10倍」である「1000台」を再販しましたが

こちらも一日で瞬殺!(正確には朝10時から22時の半日で)


今なお再販が待ち望まれている「伝説の電動オナホール」でございます



「クランク式」と「レールポジション式」の違いは?




※画像はNLSから

 ものすごい端的に言うと
「モーターの駆動を直に伝えるのが旧式のクランク式」

「何重にも遠回りして滑らかな運動に昇華したのがレールポジション式」
というまとめ方ができますね


 「力強いピストン」はともすれば機械的な挿入感ですが
「レールポジション式」による「より有機的な腰振りを再現」できるようになった模様

尚、当初は「クランク式」でバージョンアップを計画しており
その過程でボツになった構造を再利用したのが「NLSピストン」でございます



 関連記事:

使用した専用ホールは?



 先ほど説明したように「1000台限定出荷」された時に
何種類か専用ホールも新発売されました

が、わたくしが今回使用したのは「A10ピストンSA」に付属している「クローバー」
(A10ピストンSA本体だけで予算がいっぱいいっぱいだったため)

再販のめどが立たなかった「NLSピストン」時代にすでにレビューしたホールでございます


 「クローバー」レビュー記事はこちら



 こちらの「クローバー」は「ヴァージンループシリーズ」にもよく似た
「四方向からの縦ヒダ構造」→クローバー内観(別窓)

           

こちらが「縦方向」にピストンすることで
4方向からのヒダがゾリゾリとモノ♂を削るので非常に

「ピストン運動とマッチしたホール」だと断言できますね




その外観




 いつもの「ボルドー」とともに「A10サイクロンSA」とも比較
「サイクロン」よりも大きいことからこのホールがいかに大型かは理解できると思います


使用の際の諸注意



 「A10サイクロンSA」の時にも説明した通り
ハンドオナホールとは勝手が違ってくるのでいくつか「注意点」がございます



インナーケースの外し方




まずは超基本情報ですがインナーケースの前に上ふたを外しましょう




 「縦方向」に引き抜くのでは無く「左側」に回してください
「カコッ」と音が鳴って簡単に外せます






 中のインナーケースを引き抜いてパカッと開示したところです
黄色の丸で覆った突起に専用ホールのビスを引っかけていきます



専用ホールの取り付け方、インナーケースの取り付け方



 ※ローションは事前に注入しておきましょう

 突起をビスにつなげたところです
ここから逆順処理でホールを本体に取り付けるのですが
また色々と諸注意がございます






本体側の凸をインナーケース側の凹にしっかり一致させて挿入してください





 インナーケースを挿入したら右側に回してください
「きちんと」ハマっているのなら「カコッ」という音がするはずです

 ※ここの過程でしっかりハメこまないとピストンさせても
「気持ちよくない」事が多々あるのでしっかり「カコッ」音を確認してください







 専用ホールのリングを本体の溝にハメこみます。



 上ふたを取り付けたのならレッツプレイ!

「専用ホール」でプレイする場合はこちらの「上ふた」が存在しないと
起動させたときに接合部のリングが内部に巻き込まれるので絶対に無くさないでください



挿入の際の諸注意



 「電動オナホール」故に「挿入」の際も普通のホールとは勝手が違います
「A10サイクロンSA」のレビュー記事でも触れましたが

しっかり勃起させてから挿入させてください


「通常のハンドホール」ならば「半立ち」の状態からでもストロークさせる事で
「勃起状態」にさせる事が可能ですが「電動オナホール」の場合はご注意


 「半立ち」のまま挿入して起動すると
ノ♂が筒外にはじき出されるなどして怪我に繋がります


また、「硬さ」が足りないと「挿入している縦軸」がブレて
ホール内部の構造を楽しめなかったり

こういった弊害が起こりえます

くれぐれも「きちんと勃起させたうえで」挿入してください



プレイ後の諸注意



 事が終わった後にインナーケースを取り外すわけですが
「EJECT」ボタンを押さずに無理やり筒を引き抜かないでください

代替テキスト 


 赤い〇で覆った部分、こちらが「EJECT」要するに「排出」ボタンです
こちらを押すことでインナーケースが前面に押し出されて引き抜きやすくなります
プレイ後そのままではケースが奥に引っ込んでいる場合もあり得ますので
かならず「EJECTボタンを押して」インナーケースを外してください


特にこちらの機能はオミット版の「NLSピストン」には無い機能なので
「NLSピストン」からこちらに移行した人はいつもの癖で無理やり引き抜いたりしないように






実際の使用感



 付属ホールである「クローバー」を使っての感想です
こちらは先ほども記述した通り「ヴァージンループシリーズ」を彷彿させる
「四方向からの縦ヒダ」が実に「ピストン」とマッチした構造であり

          代替テキスト

これが「縦方向」へと動くことでモノ♂がゾリゾリと削られていきます


「NLSピストン」との差


 オミット版ホールである「NLSピストン」との使用感の差です
なるべく平等に審査するため「基本ピストンパターンである白」で検証 

 「NLSピストン」が「力強く上下に動く」ことで「縦ヒダ感」が薄れるのに対して
当記事「A10ピストンSA」は「滑らかに動く」事できっちりと
「生物的な腰振り」そして「内部構造の縦ヒダ感」を味わえる


より「女性の方から腰を振ってくれている」という感覚はやはり
ハイコストな「A10ピストンSA」が上ですね

 ですが「パターン白」を「最高速度」まで進めたときにおける「力強さ」
こちらに関しては「滑らかさ」故に上位互換である「A10ピストンSA」よりも
下位互換の「NLSピストン」の方が上と言った感想


「単純な力強いピストン運動」なら旧式のクランク式の方が適している
自宅でカレーを作る際、天然水よりも水道水の方が適しているのに近いかも?



「滑らかな腰振り」を求めるなら「A10ピストンSA」
「強い腰振り」を求めるなら「NLSピストン」



と言う風に使い分けていけばいいでしょう(両機持ち推奨のダイマ)


特にオススメのピストンパターンは?



 「A10サイクロンSA」の時は基本パターンである「白」では無く
「一定時間回転した後逆方向に回転するパターン」である「緑」「桃」がお気に入りでした

しかし「A10ピストンSA」に関しては基本パターンである
「一方向の単一ピストンの往復」である「白」が一番気持ち良かったです

 続いて完全ランダムモードである「赤」がオススメです


「専用ホール」と「それ以外のホール」どちらがより気持ち良いの?



「まだ名前がありません」のような「そこまで幅が広くないホール」と互換できます

そして「専用ホールとそれ以外」どちらのホールが気もちいいかと問われれば

断然「専用以外のホール」と言い切れます


理由は「NLSピストン」の記事でも書いた通り

「使いやすさのための固定リング」が「ピストン」というよりは

「ホールの伸び縮み」を演出してしまい、思ったより「ピストン感」が出ないから!



代替テキスト 代替テキスト


※画像は「NLSピストン」レビュー記事から使いまわし



 特にリアル系最高ホールである「まだ名前がありません」を使用した時

「NLSピストン」以上のハイテクな「腰振り」ゆえ

「本当に女性の方から腰を振ってくれている様な挿入感」を

専用ホール以上に演出してくれました



 モーターのクールダウンも考慮して連続してプレイはしませんが

何時間でも連続して射精したいくらいの快感でしたよ


ですが「専用ホール」は「使いやすさ」や「挿入時のブレる心配の無さ」においては

「専用外ホール」よりも優れているので一長一短



交互に使い分けるのが上手いサイクルだと言えます



総評:93点



 下位互換の「NLSピストン」と比べると3.5倍近く値段がお高い商品ですが
消費したお金以上の「快感」をもたらしてくれるのは間違いなし

値段面で見た場合は「4万円」という高値ですが
これが「一度手に入れれば壊れるまで腰振り可能」と考えた場合

断然風俗より安いッ!


 オナホとして見た場合も

「壊れるか次世代機が発売される」までのプレイ回数を「4万円」で割れば

「TENGAより断然コスパが良い」と断言できるでしょう



 そして基本的に「本番不可能」「生不可能」である風俗に対して

「ナマで腰振り、中出しし放題」なこちらはまさしくセクサロイド!


※セクサロイド=セックスのためだけのロボット

 あなたも「誰もが理想の相手と本番に近いセックスを体験できる近未来」
を手に入れて見ませんか?

さらに滑らかになった「人間的腰振りピストン」を体験しましょう!


動画連動の検証は?



          代替テキスト


 「アダルトビデオとシンクロしてピストンしてくれる」
いわゆる「動画連動機能」の検証は別記事にまとめます

その際にまた別の専用ホールのレビュー記事と抱き合わせるのでそちらもよろしくお願いいたします


商品ページリンク






表示価格は税込みであり記事作成当時の物です



関連記事

提供





その他関連記事は「電動オナホール」で検索!



関連記事