今回は【代替ホール検証】です
先日1000台限定入荷したあの伝説の電動オナホール「A10ピストンSA
(管理人も確保だけは出来ましたが在庫の無い今レビューするかどうかは不明)

1週間は在庫が持つかと思われましたが

なんと一日で1000個の在庫が瞬殺!!


 というわけで再びスポットが当たる「オミット版A10ピストンSA」とも言うべきホール

「NLSピストン」



 「A10ピストンSA」の相方的ホールである「A10サイクロンSA」も在庫なしである現状

※入荷しました

唯一の電動オナホールと言っても過言では無い本作

(ある程度商品としての基準値をクリアした電動オナホという意味で)



管理人が購入した時は19000円台だった本作も今はお求めやすく?

「14000円台」にまで価格が訂正されている現在


「A10ピストンSAが再版されるまでのつなぎ」


「再販されてからは壊れたときの保険」


「電動オナホールという物への入門編」



として優秀な代替ホールとなり得るのか?もう一度「NLSピストン」を検証していきます





          NLSピストン代替 NLSピストン


 関連記事:

【オナホレビュー】NLSピストン オミット版電動ホール、シンプルだがそれだけで良い
【オナホレビュー】NLSピストンその2 他社ホールとの互換一覧+専用ホール「クローバー」

緊急企画!「NLSピストン」は「A10ピストンSA」の代替ホールとなり得るのか!? 値下げした今が手に入れるチャンス!?


もくじ



「NLSピストン」とは?



 回転式電動オナホール「A10サイクロンSA」の姉妹機?として発売された
ピストン式次世代型電動オナホール「A10ピストンSA」

こちらは当初100台きりの流通で市場に出回りましたが当然の事ながら

「即、瞬殺」


おそらくメーカーとしては電動オナホールとしても強気な値段設定(4万円)故

「100台ほどプレテストして様子を見る」つもりだったんでしょうけど

既に前任である「A10サイクロンSA」の高評価ぶりからこちらの「ピストン」もオナホプレイヤーの目に付けられていたので即購入されて「入荷待ち」の状態に



 以後「A10ピストンSA」は一部のオナホレビュアーでしか詳細が分からない

「伝説の電動オナホール」になってしまいました



 そして先日、今度は「1000台」という10倍の在庫を用意して

ついに「本流」が放たれましたが


一日で「在庫なしの入荷待ち」状態に!


管理人も「今度は余裕を持って手に入れられる」と思いましたがちょっと嫌な予感がしたので

即購入、その直後に「入荷未定」に切り替わったのでギリギリのタイミングだったと思います



 そしてこちらの「NLSピストン」はそんな伝説のホール「A10ピストンSA」

の開発過程にて切り捨てられた「試作品」を商品に起こしたタイトル



              NLSピストン検証


 いくつもの機能を省略して「ピストンする」事のみに特化させた

シンプルでありながら最先端の技術の「ちょっと手前」的なクオリティは保った

「オミット版電動オナホール」


発売時は「19000円台」という値段でしたが

この度「14000円台」というよりお求めやすいお値段に改定



本体である「A10ピストンSA」の再販と同時にリリースされた

数々の「新専用ホール」にももちろん対応しているので

下位互換でありながら「購入の選択肢となり得るホール」です




「A10ピストンSAが再版されるまでのつなぎ」


「再販されてからは壊れたときの保険」


「電動オナホールという物への入門編」



といった利点があるのでこちらはこちらで検討してみては





「ピストン」とはどういう刺激感か?



 「自分でコントロールが出来、オナホールの内部の詳細を味わいつくす」
のが「腰振り」及び「ストローク」

 「亀頭を重点的に責める」のが「回転」の「A10サイクロンSA」

 そしてこちらの「ピストン」は
「自分でコントロールが効かず、相手が腰を振ってくれている」という感覚

こちらが「腰を振ってコントロールする」訳では無いので
「自分以外の第三者とセックスしている感覚」が味わえます

「あっ・・ちょっと待って・・イキソッ!」

と機械を止める暇も無く一方的にイカされるので実に淫乱な
「欲しがり屋さんの腰振り」を疑似的に体感できる

「A10サイクロンSA」の「回転」よりも自然な「現実的な縦方向の刺激」
なのでより「本当にセックスしている!?」という錯覚をもたらします


 「ウレタンヒップ」を改造して「固定」状態にするやり方か
「A10サイクロンSA」「A10ピストンSA」「NLSピストン」共通
「専用固定スタンド」を使って机などに固定してハンズフリーでピストンさせたのなら
まさしく「こちらが動かずとも相手がイカせてくれる」という
「王様プレイ」をわずらわしさ無く楽しめるでしょう


           専用スタンドピストン・サイクロン専用スタンド





検証点その1:省略された機能



 「A10ピストンSA」には「実装されている」けど「NLSピストン」の方では存在しない機能のご紹介です




「ピストンパターン数種類」

「動画との連動」

「静音性」

「クランク式かレールポジション式かの違い」

「充電可能か否か」




ピストンパターン数種類



 「A10ピストンSA」の方では「7種類」存在する「ピストンパターン」
も「NLSピストン」では「単純なストロークこれ一本」という仕様です

           ピストンパターン

確かに親機に比べると残念な仕様かとも思われますが
「自ら腰を振ってくれるピストン機とはどういう物かを経験したい!」
と考えたとき現状ではこちら一品なので「いつかピストンSAを買う時の入門編」と考えれば悪くは無いと思います

一応「ピストンの強弱」は調整できるのですぐに飽きるという事は無いかと


動画との連動



 先日親機であるA10ピストンSAの再販を機に「暫定的」に対応した「動画連動機能」
先発機である「A10サイクロンSA」ほど環境が整っている訳ではありませんが
「スマホと専用アプリがあればアダルトフェスタ内の動画と連動できる」模様


 こちらの関しても「NLSピストン」の方は「単純にピストンするだけ」なので
「動画連動は出来ない」との事ですがこれは大きなデメリットにはなりません

 対応動画以外のオカズを使えばいいだけですから


この点に関しても

「連動を使わないとしてもA10ピストンSAの再販を待てば良いだけでは?」

と疑問を頂きそうですが単純に

「対応動画以外のオカズで抜く場合はA10じゃなく

単純なピストンだけのNLSピストンでいい」



 「両機持ち」が前提となっていますが「単純なピストンだけ」を求める場合は
「A10ピストン」を起動せず「NLSピストン」で済ませば本命である「A10」の故障率はグッと下がるでしょう



静音性



 管理人の手元にはまだ「A10ピストンSA」が届いていないので
姉妹機である「A10サイクロンSA」との比較でお話させていただくと

結構うるさいです


ただ、ごまかせない程ではないかなと

「ガッコンガッコン」とピストン機内部が上下に電動するわけですが
こちらは「毛布を上からかける」等の工夫をすることである程度音を遮断する事が可能


 念のため生活騒音が許容されている午後9時までの使用にとどめておくのが吉ですが


クランク式かレールポジション式かの違い



 「より人体に近い自然なピストン」という意味ではもちろん親機である
「A10ピストンSA」のほうが上ですがこちらの「NLSピストン」は
「現状唯一ピストンが楽しめる電動オナホール」である事に意味があると思います

「電動オナホールでピストンを試したいけどA10ピストンSA再販まで待てない!」
という人は購入してみてもよろしいかと


充電可能か否か



 「あらかじめ充電」することで「コンセント無し」でも動作するのが
「A10ピストンSA」ですがこちらの「NLSピストン」は
「コンセント挿しっぱなし」でしか動作しません


ですがこれは大きなデメリットにはならないです



 そもそも「充電可能」な家電と充電不可な家電、どっちの割合が多いですか?
という話

「充電可能」な電化製品が「便利すぎる」だけで「コンセント挿したまま」
というのが「家電としてあるべき姿」なのです


 つまり「電動オナホール」として考えても
「要コンセント」は「不便」ではなく「普通」なのです

あなたがこのページをデスクトップPCで見ているのならなおさらです



上記のオミットされた機能が「価格の安さ」と釣り合っているか



 本家「A10ピストンSA」が「42,984円」
こちらの「NLSピストン」が「14,904円」(双方税込み)

その差は「約28,000円」と無視できる数値では無く

「差額で最近再販したA10サイクロンSAが買えてしまう」と考えれば
「現状4万円出すならNLSピストンと
A10サイクロンSAという組み合わせで購入した方がお得」
と言い切れるのでは無いでしょうか


 「上下方向のピストン」という意味ではこちらの「NLSピストン」も
十分すぎるほどパワーを備えており

機能数は負けている物の「挿入したモノ♂が強制的にイカされる新体験」
をこの値段で楽しめるとしたら上出来だと思います

故に差額で「A10サイクロンSA」が買えると考えた場合

この「安さ」はお得だと断言できます



まとめ



 現在再販が待ち望まれている「A10ピストンSA」
そのオミット版として専用ホールが使いまわせる「NLSピストン」

こちらと「A10サイクロンSA」を購入してお釣りがくると思うと
「納得の安価」であり「値段以上の性能」であると断言できます

皆様も本家「A10ピストンSA」の再販までこちらで「新感覚ピストン」を楽しみましょう!


追記:本家「A10ピストンSA」が届いたので比較した結果



 12/10現在、本家である「A10ピストンSA」が到着いたしました
なのでこちらの「NLSピストン」と比べた結果ですが

確かに本家である「A10ピストンSA」の方が「滑らか」かつ「繊細な」
ピストン運動をしてくれるのですが

事「強めのピストンを楽しむ」という点では「NLSピストン」の方が優れている
と感じました


 相手の方から「激しい腰振り」をしてもらって「強制的にイカされる」
というシチュエーションを妄想するなら旧式である「NLSピストン」の方が良いかと

旧式の「クランク式」は「弱いピストン」は苦手ですが「強めのピストン」に関しては
構造が単純な分パワフルな動きが期待できる、という事でしょうか



 また、本家「A10ピストンSA」の注意書きに
「モーターに多大な負担がかかるので60分以上連続で起動させないでください」
と書かれており

「上位互換電動ホール」であるがゆえにモーターもより精密な物となり
「単純な動作をする場合より負担が大きくなる」というデメリットも発生するので

本家「A10ピストンSA」が再販された後でも
「本元であるA10ピストンSAの方のクールダウン」という意味で
「NLSピストンと2台持ち」でも問題ないと思います


 「A10ピストンSA」が再版されるまでのつなぎであると同時に
「片方が壊れたときの保険」
「より強いピストン力が欲しい時」
「交互に使う事によりクールダウンを図る」


という意味でも確保しておいても損は無いと思いました



商品ページリンク





関連記事





以下余白
関連記事