今回は【個別オナホレビュー記事】です
RIDEから発売されている「ヴァージンループシリーズ」のタイトルの一つ
「ヴァージンループダブルモーション」をレビューしていきます

 ↓「ヴァージンループシリーズ」の他タイトルをお探しの方はこちら!
         代替テキスト   ヴァージンループ ダブルモーション



簡易総評:90点

詳しいレビュー文は追記文で!


 「内部の壁」に刻まれた「アウターヒダ」
「内部に大胆に一本ソーセージのようにそびえ立つインナーヒダ
それらがモノを上と下からそれぞれゾリゾリとダメージを与えてくる新構造


 下手をすれば尿道に突っ込まれそうな構造ですが


この「上と下から挟むように擦れるヒダ」がヴァージル史上最高の「ゾリゾリ感」を生み出す!


「挿入れる時のゾリゾリ感」はもちろん私が「感激」したのは


 「一度挿入したモノ♂を引き抜く際のゾリゾリ感」



この「上下のヒダ」が「逆方向」にながれることで
「一定方向に偏ったヒダがゴムの反動の様に跳ね返り」逆流の際は
「入れる時」以上の「高刺激快感」を生み出して身体がピリピリと痺れるほどの「悶え」が発生


「ちょ、ま、これっ・・・気持ちよすぎっ・・・あぁっ!!」


とエロ漫画みたいなセリフが出そうになりあっという間にフィニッシュ!!
「圧倒的射精感」を促すヴァージル史上最も新しい「高刺激」快感!!

素材も従来の「バンジータッチ」ではなく少し硬めの弾力のある素材を使ってる所も良!


 このホール自体は他社ホールからのアイディアのパクリらしいですが
構造、素材、意図しない効果などがうまく科学的に融合した近年まれに見る
「大正解」ホールだと受け取りましたね

他の「ヴァージンループシリーズ」とは構造も大胆に変更しているので
「ヴァージンループに飽きた」という方にもオススメできる一品です


※価格は税込みであり記事作成当時の物です

ヴァージンループダブルモーション:引き抜く時の快感に痺れる!?【個別オナホレビュー】


もくじ

もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓

【ヴァージンループシリーズ】とは?



 久しぶりに「ヴァージンループシリーズ」をレビューするのでこちらの「概要」も書き直します

2013年に発売された「初代ヴァージンループ」
こちらのホールはオナホユーザーの中で高評価を得て当時新鋭メーカーだった「RIDE」の知名度を盤石の物にしました

 しかし2017年、さらなる「ショック」が勃発



タレントの千原ジュニア氏がTV番組で「アレはヤバイ!嫁を超えた!」と絶賛したところ

全国的に大ブームを起こして品切れを起こしました


(とは言っても、オナホユーザーの間ではすでに認知されているホールだったので

ここで衝動買いした層は「初めてオナホを買う」か「TENGAくらいしか知らない」人たちだとは思いますが)



 内部構造は「繊細な縦ヒダ」がゾリゾリとモノ♂を撫で上げる

「縦方向へのストローク」に特化した誰もが使いやすく、ヨガれる構造!


代替テキスト  元のサイズ(別窓)


本記事タイトルを含む多数の「派生作品」が生まれた事からもこの「縦ヒダ」構造が「一つの正解」であることがわかるでしょう



その外観、内観、触感



その外観


      代替テキスト    元のサイズ(別窓)


 「外観」はボルドーではなく「初代ヴァージンループ」との比較
「横」は肉厚ですがそこまで長くない外観だとわかるでしょうか


その触感:伸び、しなり


 「伸び、しなり」はともに「ボルドー」との比較
それぞれあまり伸びずしならずといった形で「弾力のある硬さのある素材」である事が見れます


その内観



 「外の縦ヒダ」と「内部の縦ヒダ」の二重奏
はたしていかなる挿入感をもたらすのか・・・


その挿入感


入口部分


代替テキスト 

 尿道に突っ込まれそうな構造ですが躊躇せずに挿入すれば割とすんなり
ニュルッと挿入できる仕組み

上と下の縦ヒダがジョリッと「強めのジャブ」を与えます


中央部分


代替テキスト代替テキスト 


 「中央部分」まで押し進めると「入口部分」からなぞった「ヒダ」が圧力となって
モノ♂に押しかかる!

分かりやすく?絵に起こすと


 これで伝わるかどうか微妙ですがともかく

「奥に行けば行くほど手前からのヒダの圧力がモノ♂にのしかかる」
と考えて下さい

「奥に行くほどヒダ感を感じられる」とも


 

最奥部分


代替テキスト 代替テキスト


 先ほど申し上げた通り「奥に行くほど手前からのヒダ圧がのしかかる」
という仕様ゆえここまで押し進めるとそのヒダ感は圧巻

さらに、

短いオナホでありながら底は分厚い仕様なので割とガンガン突ける

というのも個人的にはポイントが高いですね


その射精感、イキ顔



   ばびゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅぴゅーっ!!





 関連記事:セクシーグラビア集


「硬素材、高刺激系」で抜いた時と同じ、「かなり勢いがあり射程が短い」
という射精感ですね


「引き抜いた時が一番気持ちいい」とは?



 「簡易総評」で記述いたしました「引き抜いた時が一番気持ちいい」
とはどういう状態か?

それを説明、解説していこうと思います


図解


 「かえってわかりにくくなる」事で有名な管理人のイラストで説明
「奥に挿入すれば挿入するほどヒダの圧力がモノ♂にのしかかる」事は先ほど説明いたしました


こちらはいわば「ゴムヒモを引っ張った状態」であり「元に戻ろうとする」
弾力エネルギーが蓄積された状態です

図解②(別窓)

  
これが引き抜く際に「挿入時には→に流れていたエネルギー」
「今度は←の方向に戻ろうとする」事で一気に解放

要するに「引っ張ったゴムヒモを放した時」と同じように「元に戻ろうとする力」が一気にモノ♂にのしかかります


 つまりはこのホールは「引き抜いた時が一番高刺激で一番気持ちいい」
構造のホールという事です



このホールを一言で表すと?



  上ヒダと下ヒダのサンドイッチはモノ♂が気持ちよくなる「理想構造」に一致!


初めは尿道に突っ込まれそうなその「大きな一本構造」に戸惑いましたが
「モノ♂を上下で絡みつかせる」のに実に適した構造であると挿入後に分かります



総評:90点



刺激・・・★★★★☆  上下のヒダが迫りくる「高刺激」判定
耐久・・・不明 購入後3か月未満
肉厚・・・★★★★☆ 長さは短いがかなりの肉厚
使いやすさ・・・★★★☆☆「肉厚さ」が「使いにくさ」になってしまうことも?
コスパ・・・★★★★☆相変わらず安価で良い仕事をするRIDE
締まり・・・★★★★☆内部構造が詰まっている
長さ・・・★★★☆☆ 標準的(15cm)
硬さ・・・★★★★☆ 「硬素材」判定一歩手前
快感性能・・・★★★★★ 文句なしの最高快感ホール!
速射性能・・・★★★★★「即ヌキ」にも適した高刺激・硬素材ホール
空気抜き対応度・・・★★★☆☆「空気抜き」の効果を得られやすい「ストレート加工」


初心者オススメ度・・・★★★☆☆


 「初めてのオナホ」として考えた場合はリアル系でもスタンダード系でもない
文字通り「尖った、一本筋が通った」ホールなのでいくつかオナホを経験してからこちらに手を出す方が良いと思います


彼氏へのオススメ度・・・★★★★☆


 このオナホが「彼氏へのプレゼント」として適しているかどうか

その判定は「オススメ」の★4!


「かなり高い快感性能」ではあるものの「非実在系」の構造なので

このホールが貴女とのセックスに取って代わる事は無いでしょう



「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンC:補助不要、長さが余る系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル
「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」

その対応パターンは「C」の「補助不要、長さが余る系」!


        代替テキスト
      

 「横幅」の大きさがウレタンヒップの「穴」にピッタリマッチしているので
補助無しでも(多少裂きながら)ウレタンヒップにハメこめるパターン

その性質上、どうしても「奥まできっちり入らない」ため
「補助が不要かつピッタリハマる」パターンは存在しない

「パターンB」と同じく、モノ♂をしっかり硬くして
直線的な力を加えることで「腰振り」が可能になる





「電動オナホール」での専用ホール以外の互換プレイ・・・プレイ不可:幅が広すぎる系



 「自動で抜いてくれる」ことが魅力的な「電動オナホール」にて
「専用ホールとこのホールとの互換性」

その判定は「大きすぎてハマらない」ので不可!


 「横幅」が大きいのでそもそもが電動オナホールのインナーケースにハマらないパターン

「A10サイクロンSA」及び「NLSピストン」双方こちらの「不可」判定です






商品ページリンク



※弊ブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しております




関連記事