こちらより新しい2019/11/30時点での「オナニースタイル全容」はこちら!


  新規カテゴリ記事です
これを記述している2018/11時点での管理人の「オナニープレイスタイル」

すなわち

「ローションは何を使うのか」

「このブログでは腰振り、サイクロン、ピストン等を紹介してきたが
気分によってどのプレイスタイルを選択するのか」

「その他よりオナホを楽しむために温めたり、なにか工夫するのか」


等などそれらを赤裸々?に全部公開いたします












プレイスタイル射精君_convert_20181227084756 


管理人の現在のオナニースタイル、メンテナンス方法を全公開!【2018/11月時点】



もくじ

もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓

ステップ1:ローションの選定


 「ローション」とはオナホとモノ♂の摩擦を減らす潤滑油の様な物であり
これを注入することで「濡れた」状態を再現できスムーズにモノ♂を挿入する事が出来ます


風俗店などにも置いてある最も知名度が高いローションはオレンジ色のふたの「ペペローション」ですが

      代替テキスト ペペローション 360ml


こと「オナホでのプレイ」に関して言えば「ペペローションラバラバ」の方が優れております


       代替テキスト ペペ・ラバラバ360ml


 「通常ペペ」以上に粘度が高く、オナホとモノ♂が密着してねっとり絡みつく使用感


「このサイトからのジャンプで売れている別ローション」等をたまに実践して「使用感」を比較するのですが結局はこちらの「ペペラバラバ」に戻ってきます

「オナホールとの相性を考えて作られた」だけあって感度は抜群

今現在では他のローションは選択肢に入らない。と断言できますね





ステップ2:温めますか?


 「オナホを温める」事で「本当に人肌に挿入している!」という没入感を得られるプレイスタイル。「オナニーと言うのは手軽さがウリだから温め不要!」という場合は「ステップ3」に飛びましょう

 その体感は素晴らしくじゅわっとオナホの温度がモノ♂に伝わる事で
「温かさ・気持ちよさ」が融合した「本物に入れてるかのような幸福感」に包まれます



代替テキスト         



 「ホールウォーマ決定版」という商品にオナホを突き刺して放置
10分も経てば「至高の温もり」があなたのモノ♂を襲います
※冬場は20分ほど温めた方が良いです








 なお「10分(冬場は20分)も待つのがしんどい」
「オカズ選定などをして時間を過ごせるけどモノ♂への刺激が欲しい」

と言う方に紹介しているのがこちらの電動オナホール「チュパリズム」


代替テキスト 




「吸引」「振動」「発熱」の3つの機能を一つにまとめた「男用電マ」であり
非常に心地の良い振動がモノ♂を細かく刻むのが特徴

「これ単体で絶頂に至れるかどうか」は人を選びますが「前戯」として捉えた場合は
万人にオススメできる気持ちよさです





ステップ3:オカズ選定(VR無し)


 オナホを選んだら次は「オカズ選定」のステップです
現在展開がショボい「管理人の抜き所」というカテゴリがございますが将来的に充実させるのでお待ち下さい

ここでは「VR機器を使わない」「平面(PCモニタ、書籍)でのオカズ」を選ぶ場合です

PCフォルダ内の保存した画像


 鉄板中の鉄板かつ「最強にお手軽」なオカズ

個人でPCを所有している人なら誰でもエロ画像を保存するでしょう


エロゲーム、電子書籍(平面)


           


 一部にはVRに適応したゲームなどがございますがここでは基本的に「平面で楽しむ」
ゲームをプレイする場合やPC内にデータとして残っている書籍を選ぶ場合です

「抜き」に特化した所謂「抜きゲー」をチョイスするのがいいでしょう



ステップ3.5:オカズ選定(VR有り)



 視覚効果「ヴァーチャルリアリティ」すなわち「VR」対応コンテンツを用いて
「目の前に本当にアニメキャラ、またはAV女優がいる!」という錯覚を起こして
モノ♂をいつもよりも興奮させてから抜くスタイル

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)とよばれるゴーグルを被ることで
目の前に仮想空間が広がり、「あちら側」の世界へと没入できます

             


具体的な「ヴァーチャルリアリティ」への世界への入り方は以下の記事を参考に





VR対応アダルトビデオ



 VRに対応させるための特別な撮影方法で撮った動画であり
これをVRゴーグルを被る事によって

「目の前に本当にAV女優が現れた!?」という錯覚を起こす物


こちらは後述する「VR対応3Dエロゲ」とは違いPC用ゴーグルだけでなく
スマホ用VRゴーグル」と「古すぎないスマホ」があれば簡単にVR化できるので
「比較的ハードルが低いVR」という事になります

 
 なおこちらの「VR対応アダルトビデオ」には「A10サイクロンSA」
A10ピストンSA」等の「電動オナホール」との連動に対応したビデオも存在しますので
そちらをお探しの方は「アダルトフェスタ」からお探しください

 要約するとVRの女優の映像に合わせて電動オナホールが動くという素晴らしい仕様のビデオという事です



FANZA(元DMM)新規会員登録からVR対応ビデオを探す場合はこちら!


FANZA(元DMM)すでに会員の方でVR対応ビデオを探す場合はこちら!

「A10サイクロンSA」との連動版VRアダルトビデオを探す場合はこちら!

  •  
VR対応アダルトビデオ アダルトフェスタで詳細を見る






VR対応3Dエロゲーム



              


 ディスプレイ上で平面で楽しむ事はもちろん、PCVR用ゴーグルである
「オキュラスリフト」または「HTCVIVE」を用いることで
「ヴァーチャル空間で実際に目のまえでキャラクターを見ることが出来る」3Dエロゲー


 上述の「カスタムメイド3Dシリーズ」や競合会社であるイリュージョン社製品である
コイカツ!」(管理人未入手)などが知名度・人気ともに高く
             

「使いやすく、めちゃくちゃシコれる」タイトルとなっています



 前述の「VR対応アダルトビデオ」との違いは3DCGか実写かの違いの他

「平面」をそれっぽく見せているアダルトビデオVRと違いこちらは
「実際に描写された箱型の仮想空間」に視点を投影することで自由に動き回れる
(またはその場に留まりながらの視点移動も可)

といった点


 分かりやすく喩えると

「スカートの中」まで入り込めるのが3DエロゲVR
スカートにそれ以上近づけないのがアダルトビデオVR


動物を檻越しに眺めているのがアダルトビデオVR


動物の「檻の中」を動き回れるのが3DエロゲVR



 単純に言えば「アダルトVR」よりも感動できる要素しかありませんが

こちらの「PCVR」の問題点は「ハードルが高い」と言った点


安くて10万円の構成のPCと10万円するHMDが必須環境であり

「スマホとゴーグルさえあれば出来る」アダルトビデオVRよりもそれに対する費用や情熱が必要になってきます



 ですがその感動は圧巻
「目の前に本当にエロゲのキャラクターがいる!」という感覚は文字に起こしがたく

とにかく一度でも体験してみる事をオススメいたします



ステップ4:プレイスタイル選定


 さぁ抜こう、という段階です


このブログは「オナホレビュー」が主なテーマなので
単純に「手コキ」するパターンは無視します

というか、オナホの気持ちよさにハマったらまず「手コキ」には戻れないので
管理人は一生「手コキ」に戻ることは無い、と断言できます


 「オナホを使う」事が前提ですが管理人は更にここから
「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」を採り
その上にさらに「おっぱいグッズ」を仕込んだ「ぬいドール」を置いて
「ウレタンおっぱいぬいドール」とも言うべきプレイスタイルで抜いております


 関連記事:








 「オナホ固定腰振りオナニー」と同じくらいかそれ以上に気持ちよく
相互互換的な選択肢となっているプレイスタイル
「A10サイクロンSA」及び「NLSピストン」でのプレイの場合でも
「ウレタンヒップに固定して上からおっぱいを付けたぬいドールを置く」という方法は変わりません



また、極まれですが「コンドームを着ける理由」がある場合はそれを装着してからプレイに移ります





プレイスタイルその1「ウレタンヒップ」による腰振り


               代替テキスト

 「ウレタンヒップ」という商品の穴にこのブログで主に紹介している
「中型サイズハンドホール」をねじ込んで固定させてそこに向けて「腰振り」
することで「リアルセックス」に近い快感を得られるプレイスタイル

その快感度はざっと普通にオナホを使う場合の3倍以上!(当社比)

「ぬいドール」「おっぱいグッズ」を併用するとさらに6倍!(当社比)




単調な「手でのストローク」では得られない「本能を満たすオナニースタイル」を思う存分に楽しみましょう!



プレイスタイルその2「A10サイクロンSA」による回転刺激



               代替テキスト

 「腰振り」の時と同じく「ウレタンヒップに固定する」というスタイルは変わりませんが
こちらの「A10サイクロンSA」を使う場合のプレイスタイル

主に亀頭を中心に「回転」で攻めてくれる「ストローク」「腰振り」の「縦」とは違う
「横方向」への快感があなたの身をヨガらせます


 自ら腰を振るのでは無く「相手にイカせてもらう」という王様気分を味わいたい時はこちらの
「A10サイクロンSA」を使用しております


  関連記事:
 





プレイスタイルその3「NLSピストン」によるピストン刺激



              代替テキスト

 こちらは「A10サイクロンSA」の姉妹機、「ピストン式電動ホール」である
「A10ピストンSA」の下位互換であり廉価版

「ピストンするだけ」に割り切ったそのシンプルな機能故
手に取りやすい「比較的安価」を実現(親機:A10ピストンSAとの比較ですが)


 単純に「オナホの構造を楽しむ」目的ならば「ストローク」か「腰振り」が安定ですが
こちらは「相手から動いてくれる」「自分でコントロールが効かない」故に
「第三者とセックスしているかのような快感」に限りなく近づくのが「ピストン」

 「自ら腰を動かすいやらしい欲しがりさん」的な快感を得たい時
「サイクロン」同様「相手に動いてもらう王様気分」を味わいたい時

私はこちらの「NLSピストン」を使用いたします





ステップ5:メンテナンス



 気持ちよくイった後は「洗浄」の番です
ここでメンテナンスを怠るか怠らないかでオナホの新品時代のあの
「プリプリとした弾力」を維持できるか出来ないかが決まります



 






メンテナンス作業1:「液体オナクリーン」による洗浄



             代替テキスト液体オナクリーン

 オナホの中にぶちまけてしまった後は念入りにお掃除
(コンドーム使う人は水洗いだけでも良し)

「オナホにぶちまけた体液の分解・除菌効果」を期待できる洗浄液それが
「液体オナクリーン」

「中に注入」「指で擦り洗い」「水で洗い流す」

           代替テキスト 

念のためここからさらに「市販のボディソープ」で「洗浄液自体がもたらすヌメり」も洗い流すと完璧でしょうね







メンテナンス作業2:ベビーパウダーを塗布


            代替テキストボトルベビーパウダー

 しっかり洗浄した後は中身をタオル等で拭いて「ベビーパウダー」を塗布しましょう
「新品時代のサラサラな肌触り」が維持でき、さらにほんのり甘い香り

こちらを使うか使わないかで「劣化が早くなるか遅くなるか」が分かれます





メンテナンス作業3:オナホタンポンで内部水分を吸収



             タンポンアイコン




 ここまで終わったら最終仕上げ
「オナホタンポン」という商品をホールに突っ込んで内部の水分を吸い取らせます

こちらは「乾かすことで何回も使いまわせる」商品で価格も安いので実に使いやすい商品ですね



最後に



 いかがでしたか?

これが「2018年11月現在」の管理人のオナニー方法の全容です
このプレイスタイルが訪問者の方々にも「気もちいい」と言えるプレイスタイルになれば嬉しいと思いまとめさせていただきました

同じ空の下、同じプレイスタイルで管理人と同じオナニー感を共有しませんか?


こちらより新しい2019/11/30時点での「オナニースタイル全容」はこちら!


以下余白


関連記事