今回の記事は【オナホ固定腰振りオナニー方法特集】カテゴリ扱いです
【オナホコラム】にしようかと思いましたがこちらに致しました

さて、タイトルにある通りですがこの度「ウレタンヒップ」における「オナホ個体腰振りプレイ」において

ぬいドールと併用しないとイケない身体になってしまいました





                 代替テキスト

                         

【悲報】ぬいドールが無いとイケない体になってしまいました・・・【オナホ固定腰振りオナニー方法特集】



もくじA

「ぬいドールとの併用プレイ」とは?





 「ウレタンヒップ」での「オナホ固定腰振りプレイ」において「ウレタンヒップ」の上に「ぬいドール」を置いて「ダッチワイフ的快感」も付加するプレイスタイル

 更に私はこれに「反対側にもう一つウレタンヒップを置いて高さ調節」、「おっぱいグッズを胸部に置く」という手間もプラス

「ウレタンWおっぱいぬいドール」とも言うべきプレイスタイルで、毎日腰を振ってます



          代替テキスト             


  

その話をする前に「ウレタンヒップでの腰振りプレイ」について振り返ります


「オナホ固定腰振りプレイ」とは?



 本来ならば「手でストローク」するしかないオナホでのプレイスタイルですが、「オナホを一か所にとどめておく固定台」的な物にオナホを設置することで、「腰振り」という本能に則したプレイスタイルでオナニーすることが可能に

その快感力はざっと「手コキ」の30倍(当社比)


 まず初めは「手コキ」で様子見(この快感を「1」とする)

オナホでストローク(手コキの10倍「10」の快感を感じる)

「ウレタンヒップ」にオナホをねじ込んで腰振り!
(オナホだけの3倍「30」の快感力!)

このように「徐々に快感の度合いを上げていく」事で「手コキ」との違いを実感できるでしょう


何故「ぬいドールとの併用プレイ」にドハマりしてしまったか?


 つい最近までは「ウレタンヒップだけ」と「ぬいドールとの併用」をほぼ交互にプレイしていましたがある時、「併用のプレイスタイル」の回数が「ウレタンヒップのみ」を逆転

以後「ウレタンヒップのみ」のプレイではあまり快感を感じられずに「ぬいドールと一緒じゃなきゃイケない身体」になってしまいました


 「快感度」において圧倒的に上回る「併用プレイ」にモノ♂が贅沢を覚えてしまい、もう「ウレタンヒップのみ」のプレイには戻れない、それだけではイケないという事です


「ぬいドールとの併用プレイ」に数値をつけると?



 「ウレタンヒップ」での「オナホ固定腰振りプレイ」の快感が「30」だとすると

「ぬいドールとの併用プレイ」の快感度は「90」

「ぬいドール」におっぱいグッズが付いているとさらに2倍されて「180」!!


つまり「手コキ」までさかのぼって「快感度」を比較すると


「ウレタンWおっぱいぬいドール」でのプレイは、「手コキ」の180倍の快感が得られるプレイスタイル!!


という事になります

これでは今更「手コキ」に戻れないのも納得ですね



何故ここまで「極端な快感」が発生してしまったか



 第一に腰だけだった「ウレタンヒップ」に「身体」の要素が付加された事で

「視覚的により人に近くなる」事


そして「重さ」が加わったことで「抱きかかえている」という没入感と

「モノ♂を打ちつけるたび自分に返ってくる反発力」


これらが加わった事で「より強い快感」が生まれたのだと思います

次の項目では「快感エネルギー」を使ってその「エネルギーの流れ」を見ていきましょう



「快感エネルギー」とは?


 その名の通り「快感を促すエネルギーの流れ」です。このブログでは赤い矢印でその「流れる方向」を示しています


 
 
         代替テキスト      


 ウレタンヒップでの腰振りプレイを例に出します
黒い矢印はストロークする方向です。両の手ががっちり「ウレタンヒップ」を押さえて
「直線的」な動きのための万全の体勢です

 その集約エネルギーはこうなる!!
        代替テキスト

「腰を振る」という性質上「真ん中」に一直線のエネルギーが放出されるのはもちろん

がっちり握った両手からのエネルギーも真ん中に集約!!


ストローク方向と「エネルギー方向」が完全に一致しモノ♂全体に効率よく快感エネルギーが伝わる!

こうして解説すればいかに「腰振り」が快感を得るのに適したスタイルかが実感できるでしょう

 このように「赤い矢印」でその「エネルギー」の方向を示します


この「ぬいドールとの併用プレイ」の場合の「快感エネルギー」は?


          代替テキスト  

 体全体を使って「腰を振る」のでその快感エネルギーは

モノ♂から一直線の方向に集中されます


     代替テキスト  


 打ちつけるたび「ウレタンぬいドール」の質量がそれと同じかそれ以上の

「快感エネルギー」を反発力として押し返します




         代替テキスト

 「身体全体でモノ♂に一点集中する快感エネルギー」と「そこから放たれる快感エネルギーに反発するエネルギー」とでモノ♂に「高密度の快感エネルギー」が集約されます
 結論としては「オナホは重ければ重いほど腰を振った時の反発力が高い」という事ですね



「おっぱいグッズ」と併用した場合の「快感エネルギー」の流れは?



①「おっぱい」を揉むことで揉んだ方向に「エネルギー」が流れます


    代替テキスト

②より大きな「快感エネルギー」が反発力となって指に跳ね返ります



         代替テキスト

③「おっぱい」から伝わる快感エネルギーが手、腰を伝わりモノ♂に一極化
このまま「ウレタンぬいドール」に腰を振る事で、モノ♂から一気に「快感エネルギー」が放出されます


          代替テキスト  

④モノ♂からはなたれる「快感エネルギー」がより大きなエネルギーとなって、「ウレタンぬいドール」から反射!
反発された「快感エネルギー」はあなたのモノ♂に特大の快感ダメージを与える事でしょう




結局何が言いたいか



 「腰振り」スタイルのプレイにちょっとした付加

「質量」「抱き心地」「おっぱい」

などを加えることでその「快感」は飛躍的に上昇しますが

一度それを覚えてしまう事で「ウレタンヒップ単体」でのプレイには戻れなくなる事も

「強い快感」をモノ♂が覚えてしまうとそれ以下のプレイでは満足できない
そんな麻薬の様なプレイですが「ドハマりしてみたい!」という方には、管理人同様この「併用プレイ」をオススメします


 今後さらに「腰振りドールプレイ方法」が発展することで、ここに書いてあることが「過去」になる可能性もあります



商品ページリンク

※価格は税込みであり記事作成当時の物です



参考記事









以下余白

関連記事