今回は【オナホレビュー:比較、対決編】です
双方「究極のスタンダードホール」として管理人の高評価を得ながら
その「快感性」は「リアル女性器」と「おもちゃ系」と二極化しているホール

「セブンティーンボルドー」と「Ju-C」との比較、対決記事を展開していきます



                               Ju-c1外観 



【オナホレビュー対決編】セブンティーンボルドーVSJu-C リアル系とおもちゃ系 どちらのスタンダードが好み?


もくじ


それぞれのホールの簡易紹介



「セブンティーンボルドー」とは?



 トイズハート社から発売されている「リアルな快感」を突き詰めた
スタンダードホール

なだらかな、それでいて計算されつくしたカーブ
「申し訳程度のイボで高刺激になりすぎず、しかし的確に快感を抑える」
「おもちゃ的刺激」ではなく「リアル女性器」に酷似した挿入感であり
未だにアマゾンランキングなどに顔を出す万人受けタイトル

 このブログではほぼ全てのオナホレビュー記事にて
「スタンダード」を現す「基準的ホール」として外観や伸び、しなりの比較対象として挙げられています

ボルドーアイコン 




「Ju-C」とは?


 G-PROJECTから発売されている「初心者にもヘビーユーザーにもオススメしたい」
「きっちり気持ちがいいホール」を目指して造られたスタンダードホール

ヒダ、イボがきっちり構造として浮かび上がっておりリアルと言うよりは
「おもちゃ的快感」を突き詰めた構造であり断面図で見た場合
あの日本一有名な使い捨てホール「TENGA」とも類似性が見られます

         Ju-C_20181024135558222.jpgTENGA内観


Ju-Cワン 







「リアル系」と「おもちゃ系」それぞれのメリット、デメリット



リアル系メリット


 ①「本物にイれている!」という没入感が得られる

 ②「オナホの温め」を行えばもうそれは本物を超える本物!

関連記事:
ホールウォーマアイコン 






 ③いざ本物の女性とのセックス・チャンスで刺激が弱すぎてイケないという事も無くなる


リアル系デメリット


 ①「即ヌキ」には向かない

 ②慣れると刺激が弱いと感じる(非実在系と交互に使う事で解消できる)

 ③セックスの機会に困らない人ならリアルで済ませればいいと結論に至る



おもちゃ系メリット


  ①「即ヌキ」に対応している

 ②「気持ちよくさせる」意図なのでリアル女性器よりも
モノ♂に伝わる快感だけで言えば上

 ③合わなくても「おもちゃだったから」で割り切れる


おもちゃ系デメリット


 ①「本当に女性器に挿れている!」という没入感は得られない

 ②ヒトの女性器どころか「おもちゃ」的快感であり
異種生物の「生体や粘膜に挿入してる」という感覚すら得られない

 ③こちらの刺激に慣れてしまうと本物の女性器でイケなくなる事もある
(リアル系も使用することで解消可能)


「挿入感」対決


「入口部分」対決


 ボルドー
ボルドー入口   ボクおな3射精君アイコン

 Ju-C

Ju-C入口R20射精君アイコン


 「ボルドー」は「入口」が一番狭く、徐々に内部が広くなる構造
なだらかなカーブと細かなイボの「やさしいジャブ」で「心地よさ」を重視した刺激です

 対する「Ju-C」は「三連横ヒダ」によるビラビラがゾリゾリッ
強めにモノ♂を撫でる「重いジャブ」的構造

心地よさで言えば「ボルドー」弾力、強刺激加減でいえば「Ju-C」の勝利ですね

 結論:「入口部分」の優劣は同点



「中央部分」対決


 ボルドー
ボルドー中央射精君12アイコン

 「ボルドー中央部」は「計算されたカーブ」によりすんなりモノ♂が入っていく構造
「吸い込まれるような心地よさ」が魅力です

 Ju-C
Ju-C中央    ボルドー射精君アイコン

 「JuーC中央部」は「ボルドー」とは逆に徐々に狭く、構造による刺激が強くなります
イボと横ヒダがゴリゴリと責める部分

 こちらの「中央部」に限れば「心地よさ」重視で

「ボルドー」の勝利という結果でしょうね



「最奥部分」対決



 ボルドー
ボルドー最奥  射精君リメイクアイコン

 「ボルドー最奥」は「入口」「中央」を経て快感ダメージが積み重なったモノ♂が
「息継ぎ」として顔を出す「お部屋構造」

「空気抜き」をして密着させると実に心地よくかつ自然に締め付けが発生します

 Ju-C

ju-C最奥  射精君17アイコン

 「Ju-C最奥」も「空気抜き」によって抜群の吸引力を生み出す構造
ですが、ここに配置された大き目のイボが秀逸で

「入口」「中央」と快感ダメージを積み重ねたモノ♂に

亀頭への0距離からのイボ押し当てフィニッシュ!!


このイボがぷちゅうう・・・と押しつぶされる瞬間がたまらなく「高刺激かつ好刺激」
であり「JuーC」が単なるスタンダードの集大成というだけでなく
「絶対的特徴」をもった一品だと言い切れる部位でございます


 結論:「最奥部分」の優劣は「Ju-C」!

2つのホールの共通的な気持ちよさとは?


 このようにそれぞれ全く異なる挿入感の2つのホールですが
「2つに共通する気持ちよさ」を挙げるとしたら

「空気抜き」による絶対的なバキューム

でしょうね


「空気を排出しやすいストレート加工」「大き目に造られた最奥のお部屋」が
「空気抜きによるホールとモノ♂との密着感」を最大限に高めて
「吸引するオナホ」を演出します


 「欲しがり屋さんのマ〇コ」という没入感を得たい人

そんな人にオススメの2つのホールですね


結局どちらがオススメなの?


 このようにそれぞれの「良さ」があり「万人受けしそう」な要素がある
2つのホールですが「どちらがオススメか?」と言われれば

知名度がある

「セブンティーンボルドー」のほうだと思います


「JuーC」の方は私的には大満足ですが一部「合わなかった」という人もいるため
ほぼ満場一致で「良いホールだった」という声が多い「ボルドー」の方が
購入者サンプル、レビューの声も多いので「良い、悪い」の齟齬が小さく済ませられるかもしれません

 ただしあくまで「先に購入するならば」ボルドーの方と言う意味で
余裕があれば「Ju-C」の方も手に取ってみるのも良いかもしれません



商品ページリンク






その他関連記事は「セブンティーンシリーズ」タグで検索!

関連記事