今回は【個別オナホレビュー】です
マジックアイズから発売されているRIDEとのコラボ商品、グロ系触手ホール最有力候補「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ」2種類のレビュー記事をまとめて紹介していきます




 もう少し↓から記事が始まります

2020/05/29 書き直し作業開始 2020/06/07「キメラハード」のレビュー記事と統合作業開始




このオナホールは「オナホランキングシーズン6」「グロ系高刺激部門」にてベスト3にランクインしました!

おおざっぱな目次

2:代替テキストここから「キメラハード」のレビュー記事の記述(2019/07/27の記述)






簡易総評:90点

詳しいレビューは追記文で!

 2020/05現在、管理人:神楽ちんずりの中で「グロ系」と大別される「非実在のグロイ触手やイボが蠢く内部構造」と呼ばれる二大巨頭「天下一穴」および「天下一穴挟まれ変化」の流れを作った最初のホール(あくまで管理人個人の見解です)
 
初めて経験した「グロ系」ホールがこれであり、その名の通り「ぐちょぐちょ」とモノ♂に絡みつく真っ赤なグロ系ヒダに悶絶!

代替テキスト


後にグロ系ランキングは「天下一穴シリーズ」2作に追い抜かれる形になりましたが、こちらもまだまだ現役の一品であり、大き目のイボでゴニュゴニュと刺激を与えるあちらと違って「ヒダでニュルニュルと絡みつくような触感が欲しい」という時は優先されます。


代替テキスト

スタンダードなオナホールのサイズより大きく、肉厚であるため包まれ心地も抜群。
「グロ系オナホール」の中でも高い実力を持った一品であると言えます。


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus:グロ系ヒダがぐちょぐちょに絡みつく!【個別オナホレビュー3回目】


もくじ





「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ」とは?


 マジックアイズ社のオナホール「ぐちょ濡れ名器MONSTERシリーズ」とRIDE社のコラボで制作された、まさしく「キメラ」と言える新しいシリーズタイトル。


「バンジータッチ単一素材のキメラ」

当記事の「バンジータッチ+粘膜素材内部の二重構造のキメラプラス」

「ハードタッチ単一素材のキメラハード」


と三種類を販売していますが、管理人:神楽ちんずりは「バンジータッチ単一のキメラ」のみ「キメラプラスが完全な上位互換」と判断しレビューはする予定はないという現状。

なので「キメラ」の詳細はこちらをご覧ください



 その名の通りモンスター娘の「人外の膣」に入れているような「ぐちょぐちょ感」や「キメラ感」が魅力的な本シリーズ。

RIDE側からは「素材」マジックアイズ社からは「グロ系構造」が融合して、双方の良い所が引き立たせる相乗効果があり、このコラボにてマジックアイズから技術を盗んで作られたのがRIDE社の「天下一穴シリーズ」だった可能性も!?



ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus:その外観、内観、触感


その外観


代替テキスト

左側が当記事「ぐちょ濡れ名器MONSTER+」


 いつも通り「17ボルドー」との外観比較。
長さは標準的ですが横幅は肉厚、といった印象です。

その触感


代替テキスト


RIDE社製「バンジータッチ」の柔らかさによりよくしなり、よく伸びる素材といった感想。


その内観


代替テキスト

 すさまじいまでの【非実在・高刺激】な挿入感が期待できそうな

真っ赤な真っ赤なグロイ触手です


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus:その挿入感


入口部分


代替テキスト

「触手ヒダが亀頭を剃ってくるッ!最初から強力なジャブでお出迎えッ!!」


※声は出さずにプレイしましょう

 【入口部分】から触手系のヒダがぐちょおっと亀頭を削ってくる【強めのジャブ】による高刺激快感に襲われます。

最初からクライマックスともいえるこの刺激感に「このホールは良い物だ」という確証を得られます。


中央部分

代替テキスト

「外部の肉厚がモノ♂に染みてくるッ!ヒダの立体感がより引き立つッ!」



 【中央部分】にまで深度を進める事によって外部素材の肉感がモノ♂に伝わります。

肉厚な包まれ心地に思わず「本物の非実在の膣」(矛盾)を錯覚してしまうかも!?


最奥部分

代替テキスト
「ヒダ快感の荒波を抜けた亀頭がさらに撫でられて容赦ないとどめが来るッ!ホール全体の肉が厚くのしかかるッ!!」


 【最奥部分】触手ヒダがびっちり張られたグロ構造。
「入口」「中央」と触手に撫でられた亀頭に「追い打ち」としてまたヒダがぐちょおっと撫でつくして「とどめ」を促す!

さらにここまで達するとホール全体の「肉」が亀頭にズンッとのしかかるので肉厚さと質量を最高に感じる地点です。


引き抜いた時

代替テキスト
「あああっ!ヒダが逆方向に撫でてくるッ!一番ヒダの立体感と長さの触感を得られるッ!!」


 【引き抜いた時】に襲って来るのは「挿入時以上のヒダの立体感」「ヒダ一本一本の長さと形がクッキリと分かる触感」

いわゆる「寄せては返す波」です。

※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」分かりやすく言えば「反発力」です

「最奥構造」まで達した亀頭にホール全体の肉厚がかかり、それが一気に引き抜かれて触手ヒダたちがニョリッと亀頭を撫でる瞬間、もうっ…


ウッ!!




まとめ


  • グロ系触手ヒダがニョリニョリ責める!

  • 外部素材の「バンジータッチ」が内部のグロ構造の立体感を引き立たせる!

  • 値段の割に質量・肉厚感も抜群でお得感もスゴイ!





ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラPlus:90点



刺激・・・★★★★☆
柔らかいが触手うごめく挿入感にて「高刺激」判定
耐久・・・★★★☆☆
2回買い直しましたが2回底を突き破りました
肉厚・・・★★★★☆
値段のわりに肉厚感たっぷり
使いやすさ・・・★★★☆☆
肉厚とともに犠牲になる使いやすさ
コスパ・・・★★★★★この快感力と質量で2500円前後の最高コスパ
締まり・・・★★★☆☆
標準的
長さ・・・★★☆☆☆
「17cm」の「ちょい長い」判定
硬さ・・・★★★☆☆
外はもっちり、中身は硬めの中間点をとって★3
快感性能・・・★★★★★
最高ランクの快感性能
速射性能・・・★★★★☆
「即ヌキ」性能も良好!
空気抜き対応度・・・★★★☆☆
空気抜きに依存する構造ではない!
素材の質感・・・★★★★☆良好な素材を使っていると判定(当社比)
余白余白

空気抜き:オナホを最奥から押しつぶして、または途中まで挿入して最奥を握って内部の「空気」を抜いて「オナホとの密着感」を高める行為

商品ページリンク

※2020/06/15 現在、このオナホールは「販売終了」となってしまったため「キメラ」の方を代替ホールとしてご案内します

代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

幣サイトではポイント還元の恩恵があるので「NLS」での購入を薦めております

上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表



ここから「キメラハード」のレビュー記事の記述(2019/07/27の記述)



 今回は【個別オナホレビュー】です。

前回のレビューから1年以上超過してしまったレビュー記事、「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard」を再レビューしていきます。




代替テキスト



簡易総評:86点(前回は89点)

詳しいレビューは追記文で!


 最近再びレビューしたオナホたちは管理人:神楽ちんずりの所持ホールが増えたうえで「それでも評価を落とさなかったホール」が多かった中、大幅に下方修正される事になった本作。

「バンジータッチ」と「異なる内部素材」の「二重構造版」である「プラス版」が名称通りの「ぐちょ濡れ感」、「モンスター感」、「キメラ感」を演出しているのに対してこちらは「凡百のハード素材ホール」になってしまった。といった印象。

せっかくの「ナマモノっぽさ」「触手感」がハード素材になった事で「生物らしさ」が薄れたようにも思えます。

 関連記事:

しかしながら、「硬素材ヒダ構造」によるゴリゴリ感伴う快感力は健在!



 RIDE社製【ハードタッチ素材】ホールのゴリゴリ感、弾力感が好きな人、柔らかいタイプである上記の「プラス」が好きな人が「同じ構造のハードを試してみたい」とするならば十分に「購入候補」となる実力のホールです。

優先順位的には「プラス」の方を先に購入して欲しいですが。


代替テキスト

ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:ゴニュッとしてズルッとしてキュッとしめる硬素材ホール!【個別オナホレビュー2回目】


もくじ




【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ】とは?



 発売当時すでに良質なオナホメーカーとして知名度を盤石の物にしていた、「マジックアイズ」と「ヴァージンループ」ブーム以降業界一位に王手をかける「RIDE」という「勢い溢れる2社」がコラボ商品をリリース。
 マジックアイズの「ぐちょ濡れ名器」シリーズの派生タイトルとして「2社のコラボ」まさしく「キメラ」(合成獣)と呼ぶのにふさわしい
新シリーズとして「バンジータッチ」「二重構造」「ハードタッチ」の三種類のホールが世に出ました
(この記事で取り扱っているのは「二重構造」の「Plus」ですバンジータッチ版はこちらの下位互換だと判定したのでレビューしません)
 
 「非実在・グロ系」の極みを追求したその内部構造は写真で見るだけでもインパクト抜群!
まさしく「オナホの歴史」としてこのコラボ商品はユーザー間で語り続けられる一品となるでしょう

から引用


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:その外観、内観、触感


その外観


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事比較
※左がキメラプラス、右が当記事「キメラハード」



 今所持している「キメラハード」は経年劣化で変色してしまったため、過去の写真を使いまわし、間に「キメラプラス」を挟む事での間接的比較です。

ご覧の通り「17ボルドー」とくらべると「長さ」も「幅」も若干大きい、といった外観でしょうか。


その内観


代替テキスト
 すがすがしいくらいの「ゴリゴリ硬素材系ホール」といった内観。
柔らか素材の「プラス」ではミミズ構想やイボ構造がねっちょりと絡みつく挿入感でしたが果たして…

その触感



代替テキスト
 先ほども言った通り、現物が変色しているので過去記事から使いまわしです。
しかしこんな画像しか残っていませんでした。

「あまり伸びない硬素材」という印象ですね。


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:その挿入感


入口部分

※プラス版の断面図で説明していますが、実際使用しているのはハードです。

代替テキスト
 「ごにゅっと弾力のあるイボが噛みつく!最初から狭さと硬さと気持ちよさと!」

※声は出さずにプレイしましょう


 【入口部分】に挿入すると、「硬素材」なイボたちがかぷっとくちょっと噛みつき、初手から亀頭をキュッと締めに来る「攻撃型」の刺激感!


硬素材系・高刺激系ホールが好きな人はこの時点で「このホールは良い奴だ!」と実感できます。

中央部分


代替テキスト
 「太めの縦ヒダがゾリッと撫でる!高弾力ながら吸引力もすごい挿入感ッ!」


 【中央部分】にまで挿入するとイボ構造から「触手系縦ヒダ」ゾーンへと突入!

ゾリッと強めに亀頭を剃るのがたまらなくよく、それでいて「ズルズルと奥へと誘われる吸引力」もそなえた挿入感です。



最奥部分





 「亀頭をキュッと締める狭い構造!これは即イキ必至!」



 【最奥部分】にまで挿入することでモノ♂全体、亀頭を中心にキュッと締まります。

ホール自体の「ゴリゴリとした触手構造」に撫でられる快感も相まって、「引き抜く前」から誤射しそうになります。



引き抜いた時


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事引き抜きぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事射精君

 「ズリズリっと反発する弾力!入れた時以上の高刺激ッ!」




 【引き抜いた時】に生じる刺激は「挿入時以上」の高刺激快感と反発する弾力。
通称「寄せては返す波」が発生!


※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」
分かりやすく言えば「反発力」です



「オナホ全体の構造の輪郭」を捉えるにはこの「引き抜いた時」に集中するのが良いですね。


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:まとめ



  • 硬い素材と高刺激触手構造でゴリゴリ削る攻撃型ホール!

  • 弾力あるイボや触手がぶにゅっと絡みつく!

  • 即ヌキに適した、忙しい人向けのホール!


  • 「プラス版」に比べると「ナマモノっぽさ」は薄れる?



ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:総評:86点



刺激・・・★★★★★
「高刺激」判定。
耐久・・・★★★★★変色はしましたが、1年ほど使って型崩れ無し。
肉厚・・・★★★★☆「分厚いホール」判定。
使いやすさ・・・★★★☆☆「大きさ」とともに犠牲になる使いやすさ。
コスパ・・・★★★★★この大きさで2500円以下はさすが「マジックアイズ」と「RIDE」のコラボホールと言った感想。
締まり・・・★★★★☆ミチミチに構造が詰まって「ちょいキツ」判定。
長さ・・・★★★★☆17cmの「ちょい長」判定。
硬さ・・・★★★★★「硬素材」判定。
快感性能・・・★★★★☆良好な快感性能。
即射性能・・・★★★★★「即ヌキ」特化の攻撃型ホール!
空気抜き対応度・・・★★★☆☆「空気抜き」に依存する構造では無いが行えばそれなりに良し。


代替テキスト

初心者オススメ度・・・★★☆☆☆


 「初めてのオナホール」として考えた場合の「オススメできない」判定の★2!

コスパ的には質量の割にかなり安くて「良ホール」なのですが、やはり「ゴリゴリの硬素材系ホール」という点が「初めてのオナホールとしてはオススメできない」理由になってしまいますね


彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆


 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合はその人次第の★3!

「ゴリゴリ系のホール」なのでどれだけハマろうが「リアルマ〇コは別腹」と割り切ってくれるでしょう。
しかしモノ♂が鍛えられて貴女では「ゆるい」と感じてしまうかもしれない。
〇〇かもしれないという不確定な書き方しかできないので「その人次第」という事で濁させていただきます。



「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンB:要補助、長さが余る系




          代替テキスト

 「横幅」が足りなく補助を必要とするが「長さ」は余り気味のため
写真のように若干ハミでるタイプ
「しっかりとモノ♂を勃起させて挿入する」直線的な力を加えることで
「腰振り」が可能になるパターン




「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



代替テキスト

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定


専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)




【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard】商品ページリンク



 ゴニュゴニュ?ゴリゴリ?固めの触手が容赦なく撫でる!「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard」は下記リンクから!

代替テキスト


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です。

幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております



上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard】関連記事











ここから「キメラプラス」旧レビュー記事(2018/11/10の記述)




 




簡易総評:90点

 詳しいレビュー文は追記文章で!


 前回レビューした時は「所持しているホールが少なかった」と言うのもあり
かなりの高得点を点けましたが、冷静に採点すればこの点数が妥当だと思います

ミミズヒダ、ぐちょぐちょかつコリッと弾力のあるイボ
触手が蠢くグロ系内部

 「グロ系」と呼ぶのにふさわしい構造が詰まっていながら
それらが高水準でまとまっており入れるたびに
「人間以外の異生物の膣」を屠ってる「イケナイ快感」がモノ♂を襲います

 「非実在・グロ系」内部を持つホールの中では頭一つ抜けた挿入感であり
同じ構造の「ハード版(89点)」よりも「生物的な挿入感」が味わえるこちらを
「1点だけ」追加させていただきました

 「現実の女性器」では味わえない触手がモノ♂に絡みつく
異世界挿入感を是非お試しください


※価格は税込みであり記事作成当時の物です

【オナホ レビュー】ぐちょ濡れ名器MONSTER  Plus 非実在グロ系ホールの中ではNo1の気持ちよさ!?





「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラシリーズ」とは?



 発売当時すでに良質なオナホメーカーとして知名度を盤石の物にしていた
「マジックアイズ」と「ヴァージンループ」ブーム以降業界一位に王手をかける
「RIDE」という「勢い溢れる2社」がコラボ商品をリリース

 マジックアイズの「ぐちょ濡れ名器」シリーズの派生タイトルとして
「2社のコラボ」まさしく「キメラ」(合成獣)と呼ぶのにふさわしい
新シリーズとして「バンジータッチ」「二重構造」「ハードタッチ」の
三種類のホールが世に出ました

(この記事で取り扱っているのは「二重構造」の「Plus」です
バンジータッチ版はこちらの下位互換だと判定したのでレビューしません)

 
 「非実在・グロ系」の極みを追求したその内部構造は
写真で見るだけでもインパクト抜群

まさしく「オナホの歴史」としてこのコラボ商品は
ユーザー間で語り続けられる一品となるでしょう


 ちなみに後年タイトル通り「小さく、さりげなく」デビューした
コラボ商品「第二弾」として「ちびまん」というタイトルがございます

 

 こちらは良ホールではあるものの先に世に出た当記事「キメラ」シリーズと比べると
「小さく」まとまっておりオナホレビュアーの中でも印象は薄く終わってしまったホールだと思います

こちらも気になる方は是非手を取ってほしい商品ではありますが


その外観、内観、触感

その外観


 代替テキスト   

 【外観】はいつも通り「ボルドー」との比較
「ボルドー」よりも若干長いという判定ですね

その触感:伸び、しなり



 伸び、しなりだけで見れば「ボルドー」よりもだいぶ柔らかそうな素材ですが
中身が違いすぎるので「高刺激」判定です

その内観



 すさまじいまでの【非実在・高刺激】な挿入感が期待できそうな

真っ赤な真っ赤なグロイ触手です



その挿入感

入口部分



 「入口」から「弾力」のあるイボがぬちょおっ!と絡みついてきて
非常に強力な「ジャブ」を与えます

この時点でこのホールが「グロ系最高峰」としての実力を備えていることがモノ♂で感じ取れます

中央部分



 「中央」部分には「大きなミミズヒダ」が一本ゾリッとモノ♂を
撫で上げ、耐えきれない程の「高刺激快感」「異生物間」に
モノ♂だけでなく体全体が悶えるでしょう

一番の高快感、高刺激ゾーンとなっており

奥へ奥へとモノ♂が飲み込まれていきます



最奥部分




 最奥は快感エネルギーに耐えかねたモノ♂が「息継ぎ」として顔を出す
「お部屋構造」ではあるもののこの「お部屋」にもミミズヒダがみっちり
詰まっているので「やっと休める」と油断してると・・・

 亀頭をニョリッと撫でられてアッと言う間にイッてしまう事必至!



全体的に振り返ると徹頭徹尾「亀頭」を触手が責める非実在でありながら
「生物っぽさ」も備える未知の挿入感です


その射精感、イキ顔



   ぼびゅ!びゅっ!びゅっ!びゅーっ!!




代替テキスト 代替テキスト


            





 「高刺激ホール」でイッたとき特有の「射程が短く、勢いがある射精」
粘膜的、生物的構造でイった時の「何度もモノ♂がけいれんする射精感」

ハイブリッド射精感!!


 「根元から」ぐきゅうう・・・と吸われる射精感でした


「ハード版」との簡易比較、優劣


 ハード版のレビュー記事はこちら!






 後に発売された「ハード版」と比較してみますと
あちらは「ハードタッチ」特有のゴリゴリとする弾力でまさしく
「グッズ」でシゴいているのに対して当記事「プラス」は「非実在」ではあるものの
「生物的粘膜感、絡みつくようなぐちょぐちょ感」によってモノ♂が
「非常にいやらしい快感」に包まれるので個人的に

プラス>ハード


という優劣ですね


 まぁ「構造は同じ」ですが「差別化された挿入感」でもあるので

「両刀持ち」がオススメですけどね(ダイマ)




このホールを一言で表すと?



  触手うごめく非実在内部!!あなたのモノ♂は異生物に侵される!!


 最近レビューしたホールでこの「非実在性」に類似するホールとして
「天下一穴」がありますが













あちらの挿入感は「芋虫の巣穴のモノ♂を突っ込んだ」と比喩できるのに対して
こちらは「非実在」ではあるものの「人間以外の異生物の内部」としてはアリな構造

触手蠢くニャルラトホテプのナカに犯される!
というような妄想にマッチしたホールだと思います


             

挿入感の擬音



     ぶにゅっずちょちょちょ・・・くちゅうっ!!


 イボ、触手系ミミズヒダ、「最奥」に血走る粘膜
ありとあらゆる「グロ系」のスタンダードな刺激を詰めたホールだと思います


総評:90点



刺激・・・★★★★★「高刺激」判定
耐久・・・★★☆☆☆以前のレビューの個体は3カ月経たずに壊しました
肉厚・・・★★★★☆横も縦もそれなりに肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆多少大きいが使いやすい
コスパ・・・★★★★☆この値段でこの作り込みのホールは良コスパ
締まり・・・★★★★☆構造が詰まっているが締まりは標準的で
モノ♂を挿入しやすい
長さ・・・★★★★☆17cmの「ちょい長」判定
硬さ・・・★★★☆☆
標準判定
快感性能・・・★★★★★イれた瞬間からヨガれる高い快感性能
即射性能・・・★★★★★「即ヌキ」にも対応できる
空気抜き対応度・・・★★★★☆効果が得られやすい「ストレート加工」


このホールが壊れたら「TENGAエッグ」を被せて補修しましょう!
    

初心者オススメ度・・・★★★☆☆


 何度も書きますが「非実在、グロ系ホール」でありますので
「初めてのオナホ」としてはもう少しスタンダードなホールをオススメします


彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆


 このホールが「男性の知人へのプレゼント」に適しているかどうか

それは「その人次第」判定の★3!!


「異種姦」的なホールであるためこのホールに
「現実の女性以上」を見出してもう帰ってこないか

「やっぱり人間の方が良い」と別腹として割り切るかは
その人次第ということで★3判定です


「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振り」対応パターン・・・パターンB:要補助、長さが余る系


 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップに固定しての腰振り」

その対応パターンは「B」の要補助、長さが余る系!!




          代替テキスト

 「横幅」が足りなく補助を必要とするが「長さ」は余り気味のため
写真のように若干ハミでるタイプ

「しっかりとモノ♂を勃起させて挿入する」直線的な力を加えることで
「腰振り」が可能になるパターン



「電動オナホール」との互換プレイ対応パターン・・・パターンC:出来そうで出来ない(A10サイクロンSA)



   ※専用ホール以外でのプレイは自己責任でお願いします




 こちらが動かなくても「自動でイカせてくれる」事が魅力の
「電動オナホール」でのプレイで専用外ホールであるこちらとの互換プレイ

「A10サイクロンSA」の場合はパターンC:出来そうで出来ない!



モノ♂の挿入前に回転のテストプレイをして「動作可能」であるにも関わらず
「モノ♂を挿入すると厚さが加わって回転不可」になるパターン

無理やり回転させると故障の原因となる得るのでおやめください

細いモノ♂の持ち主ならもしかしたら回転可能かも



「NLSピストン」の場合は?


 「NLSピストン」のインナーケースはほぼ「A10サイクロンSA」と同じ幅なので
「対応パターンは同じく不可」かと思われていましたが
最近「インナーケースを外せば対応ホールが増える」というやり方を発見しました
※いずれも自己責任でお願いします

いずれは「NLSピストン」の方も「対応パターン一覧表」を作りたいですが
まだ完成していないのでお待ちください

こちらのホールは対応パターン:
インナーケースを外せば対応可能!!


 本来の使用方法とは異なるのであまり強く推せませんが

「A10サイクロンSA」では互換できないホールも互換できるのが

「NLSピストン」のメリットだと思います


のちにこの方法は「危険」と判断したので廃止しました





 「A10サイクロンSA」でのオナホ別互換対応パターンはこちらの記事から!


※価格は税込みであり記事作成当時の物です



※弊ブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しております





関連記事



もくじ

以下余白


関連記事