2019/08/16 別記事と統合。
2019/10/03 税率10%の表示価格に訂正

かねてから企画が水面下で進行していた「メーカー別のまったり系ホールの3種比較」を行っていきます

もうすこし↓から記事は始まります

もくじ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    


ここから「まったり系最強を決める! ふわトロホール3選比較!!」の記述(2018/09/12の記述)




        代替テキスト

比較対象:左から「ふわトロめいき」「ふわあな1mmヴァージン」「天使のぷるまん」


簡易総評:一位は「天使のぷるまん」!!

※詳しい比較記事は追記文をお待ちください


 今の時点で所持している「まったり系」ホールの中で「1番気持ちいい」と思うのは「天使のぷるまん」でございます。

代替テキスト


 「ふわあな」「ふわトロ」よりもさらにトロトロな外部素材絶妙なコリコリ感、弾力のある内部の繊細な粘膜的素材。

それら2つの感触がモノ♂にじわ~っと浸透して徐々にかつ、ヨガれるほどの快感がこみ上げてくるそれはまさしく「ふわトロ」「ふわあな」を超えた「上位互換」ホールとして、末永く楽しめるタイトルとして申し分ないと思いました。


まぁ、3つとも所持するのが一番の正解なんですけどね(ダイマ)


まったり系最強を決める! ふわトロホール3選比較!!



「まったり系」を選ぶメリットは?



 基本的に「オナホ」というのは「男性のモノ♂を気持ちよくさせる」「抜いてもらう」というのが目的です。

それゆえに「リアルではありえない構造」、「高刺激」に徹して「さっさとイってもらう」のが正解の構造のような気もします。


ですが、オナホを数種類使っていくうちにそれが間違いだと気づくでしょう



 「イくだけ」を目的とした硬素材、高刺激のホールでプレイすれば「短時間での射精」という時間の節約が目的の効果は得られる物の、行為後の冷静な思考「オレ何やってるんだろう・・・」という虚脱感、通称「賢者タイム」と呼ばれる時間が襲い掛かります

※断っておきますが「硬素材・高刺激」のホールが悪いという意味ではありません
こちらはこちらでまた特集記事を組みます。


 そんな「短時間」でのプレイとは真逆の「ちゃんと時間を取れる人」や「一日一回のプレイに留める」事が出来る人にオススメなのがこちらの「まったり系」でのプレイ。


 ゆっくりと徐々に徐々にモノ♂に快感ダメージを積み重ねて散々焦らせたモノ♂が「暴発」する時・・・!!

あなたは「賢者タイム」を超えた「充実した射精感」を得られる!!


「一日がんばった自分へのご褒美」的にプレイする場合は「硬素材」よりも「まったり系」でのプレイがオススメです。



          代替テキスト 



 そしてこの「充実した射精感」がより高い物へと昇華すれば「幸せ射精感」になる!

「幸せ射精感」についての説明はこちらの記事から↓
 あなたもこれを機に「すぐにイクためのホール」とは別に「まったり系ホール」の枠を買いそろえてみませんか?


           

なぜこの3点を比較対象に挙げたか



 メーカーの意図は完全にはわかりませんが、元祖「ふわトロめいき」とそれを意識した他社の後発ホール。

他社が意識した、というのはあくまで管理人の想像でしかありませんが、そう思ったのでこの3点を比較対象に挙げています。

 尚、同じく「まったり系」であり「90点」という高得点を叩き出した「NR(エヌアール)ピンクソフト」というものもございますが、

 こちらは今回比較する3種とは構造やコンセプトが異なる事

一つの記事で比較に挙げるホールは3つまでが限度だという事それらを踏まえたうえで今回は比較対象に挙げませんが、近いうちに今回の「一番」である「天使のぷるまん」との「まったりホール最強決勝戦」的な記事を組みたいと思います。



外観、内観、触感比較



その外観比較



          代替テキスト


 初代まったり系王者「ふわトロ」が一番小さく、後発の2タイトルが技術が躍進したのか「肉厚」の向上に成功。

「まったり系」+「肉厚」である事でモノ♂がふんわり包み込まれ

より「幸せな抱かれ心地」が強調されます




その触感:しなり、伸び比較



 しなり

代替テキスト


 伸び

代替テキスト


 「しなり」においては初代まったり系「ふわトロ」が一番。「伸び」においては「ふわあな」が一番。

「天使のぷるまん」はその両方の要素の中間点を採ってるといった印象ですね


その内観比較


代替テキスト 


 「断面図」で見た場合、それぞれの構造の類似性がご理解いただけると思います。「天使のぷるまん」のみ外部構造と内部構図で素材を変えている「二重構造」

外部の「柔らかさ」と内部の「少し弾力のある素材」が合わさって他2種類にくらべると緻密かつ、「快感度が高い」挿入感ですが、その分「コスパ的に劣る」というデメリットもございます。
(ショップによって異なるが他2種と比べて500~1000円程高い)


その挿入感比較




入口比較

代替テキスト


 入口付近は「肉厚度」が高いと構造の詳細がボヤける感覚で、一番小さい「ふわトロ」が構造を一番モノ♂で感じられるという評価で続いて内部素材が外部より少し硬めの「天使のぷるまん」

最後に「肉厚」故にあまり構造が感じられない「ふわあな」が一番刺激弱め。

「刺激が欲しい!」と考えた場合は
天使のぷるまんふわトロふわあな といった順位で

「まったり系ホールだから構造が感じ取れなくても良い」場合は
ふわあなふわトロ天使のぷるまん

といった順位でしょうね


中央部分比較

代替テキスト


 「中央部分」も「肉厚度」は「ふわあな1mmヴァージン」が一番であり、構造を感じない程ツルツルとした挿入感に「まったりの極み」を感じます。

「ふわトロ」は薄さ故に構造を感じることが出来「ぷるまん」は粘膜素材がコリコリと攻める。

 まったり系においては「中央部分」は「肉厚の包み心地」が重要視される部分であり、そのまま「肉厚度」が「快感度」へと変わり

ふわあなぷるまんふわトロ という評価ですね。


最奥部分比較

代替テキスト

 「最奥」になると「ふわトロ」はその「肉厚さ」が裏目に出る模様。
徐々に「快感度」がこみ上げてきて、今まさに解放されんとしているモノ♂にとって求められているのは「解放感」であり「余裕をもって昇天できるスペース」が必要になってきます。
「ふわトロ」はその肉厚度や「素材自体の弾力」のおかげで若干モノ♂が圧迫されてしまいます。

 「最奥」のイレた時素材が良く伸び、モノ♂が余裕をもって包み込まれるのは、「天使のぷるまん」と「ふわトロめいき」の方。

故に「最奥」での「気持ちよさ」は


ふわトロめいき天使のぷるまんふわあな1mmヴァージン

という評価です


              


挿入感の「擬音」比較


ふわトロめいき:ふにょ・・・ぬちゅぬちゅぷちょり・・・ずぷぷ・・・

ふわあな1mmヴァージン:ふにゅる・・・しゅぽぽぽ・・・きゅっ♪

天使のぷるまん:ふわっぬちょっこりっにゅぷぷぷぷ・・・くちょっ



 前述した「挿入感」の比較通りに「ふわあな」のみ最奥で少し「締まり」が発生する挿入感となっています



その射精感、イキ顔比較

代替テキスト


 ※「ふわあな」のイキ顔はビデオがロストしたため描写不可


 3種とも「焦るに焦らされたモノ♂」が一気に解放する射精感。
それによる「賢者タイム」が発生しない(個人差はある)充実した射精感「幸せ射精感」に近い発射感覚でした。



まったり系ホール3選比較、まとめ、商品ページリンク



 先に記述した通りこの3選のホールの中で「管理人のベスト」は「天使のぷるまん」なのですが、
それは「硬さが多少ある内部素材」という刺激的アクセントが存在するからであり、「刺激が弱めのまったり系」というコンセプトから考えればむしろ「邪道」かもしれません。

本当に「ふわふわとした包まれ心地」をお求めでそれこそが真の「まったり系」だと思う方は「ふわあな1mmヴァージン」の方をオススメします。

 迷った時の中間択として「ふわトロめいき」元祖、「まったり系」の代名詞ホールとしてハズレのない買い物だと思います。



ふわトロめいき



元祖「まったり系の代名詞」的ホールであり、3種の中では万人にオススメできる「無難」な選択になり得るホールです。

後発の2種が「更なる改良」された品種なので至らない所もありますが、「ふわふわな感触なのにしっかりと射精まで至れる刺激」なのはこの頃から変わりません。

コスパも3品の中で一番良く、まったり系入門にはうってつけのホールです



  • 価格:表示不可: 
ふわとろめいき アマゾンで詳細を見る

※表示価格は税込みであり、記事作成当時の物です

ふわあな1mmヴァージン



 こちらは「肉厚」「弾力」的に3種の中で一番優れた商品。
「内部構造」のイボ感が感じない程「ツルツル」に感じるふわふわ感で、「まったり系だから構造刺激など無くても良し!」と割り切ってる人にはこちらが一番になり得ると思います。

より「大きな包まれ心地」をお求めの方はこちらの選択をしましょう

値段的には3種の中で中間。「ふわトロ」より高く、「ぷるまん」より安い。




天使のぷるまん



             代替テキスト
               


 こちらが管理人の中で現状「まったり系の王者」となるホールでございますが、一番安い「ふわトロ」と比べると800円近く高く「コスパ」では負けてますがなにより緻密な造り込みはさすがマジックアイズと言えるホールであり、「3種の中で一番ふわトロな外部素材の感触」と「弾力のある内部」との超融合ホール。

モノ♂に伝わる快感力はこのホールが三種の中で最大であり、さきに紹介した2種よりも「ちょっと贅沢なまったり系」を試したい人は是非こちらを。



 ※当ブログでは「通販サイトのNLS一本化」をオススメしております



関連記事


 それぞれの個別レビュー記事はこちら!






 その他関連記事は「まったり系」でタグ検索!
            

ここから「NRピンクソフト&天使のぷるまん:まったり系ホール頂上決戦!? 【対決、比較編】」の記述(2018/10/07の記述)



  【3回目】NR ピンクソフト 他のまったり系とは一線を画す独特の構造
アクセス不振により公開停止中

VS




NRピンクソフト&天使のぷるまん:まったり系ホール頂上決戦!? 【対決、比較編】



「NRピンクソフト」&「天使のぷるまん」の簡易紹介



NRピンクソフトとは?



               
NR(エヌアール)


 大手通販サイトNLSとこれまた大手ホールメーカー「RIDE」が共同開発した
「次世代のためのホール」
RIDEの代名詞ともいえるホール「ヴァージンループ」における
「四本縦ヒダ」のクローバー構造を「六本ヒダ」の六芒星(ヘキサグラム)に昇華させ
「より高刺激」になるかと思われたが「まったり寄り」に変化
「ヴァージンループ」と比べて無個性ではある物の「自然なイレ心地良さ」という点と
圧倒的肉厚からの「包み心地」という点で上回る
 要するに「NLS」の「N」と「RIDE」の「R」で「NR」と名が付いたホール
「超高刺激・非実在系ホール」の開発を進めていましたが
「新しいスタンダード」路線に変更
同じくNLSと他社開発ホール「まだ名前がありません」程のインパクトはありませんが
これからもNLSを支える「オリジナルブランド商品」として購入者様に応え続けるでしょう


※レビュー記事からのコピペ


  価格:  2570円:  NR(エヌアール)NLSで詳細を見る
※価格は税込みであり記事作成当時の物です

天使のぷるまんとは?



                天使のぷるまん


 レビュー記事が無かったにもかかわらずこのブログからのジャンプで売れた

その使用感も「流石レビュー記事が無くても売れるだけのことはある」
と思える程レベルが高く

「ふわトロめいき」以上の柔らか素材+「硬さ」弾力のある内部
が奇跡のドッキング!!

外側からモノ♂に伝わる「とろとろ感」が「硬さのある内部素材」と
お互いに引き立たせる!

が「まったり系」最強候補でしたがこちらのホールの丁寧な造りに感動

「まったり系」のランキングを一気にぶち抜いた奇跡の一品でございます


  価格:  2948円:天使のぷるまん NLSで詳細を見る
※価格は税込みであり記事作成当時の物です

その外観、触感、内観比較


 外観



      代替テキスト  



 【天使のぷるまん】は標準的なホール17.4cmですが
【NR】は18cmの「大台」サイズ

その差が見た目でハッキリわかりますね

 触感比較:伸び、しなり






 「NRピンクソフト」「天使のぷるまん」ともに「よくしなり」「よくのびる」
まったり系ホールとして申し分ない良素材だと思います



 内観比較





   代替テキスト   拡大する






 【NRピンクソフト】は6方向からのヒダがモノ♂をショリショリと撫で上げるタイプ
に対して【天使のぷるまん】は粘膜的構造でねっとりと絡みつくタイプ

【NRピンクソフト】が「新しい構造」を模索したのに対して【天使のぷるまん】は
「昔ながらのまったりホールの構造」とも言えます


その挿入感比較


入口部分比較



代替テキスト   代替テキスト

 ※左がNRピンクソフト 右が天使のぷるまん

 「入口」はそれぞれ「やわらかな噛み心地」のNRピンクソフトと
「弾力」と「硬さ」でかぷっと咥える「天使のぷるまん」

「入口の快感度」で言えば「NR」は「やや緩く」
「ぷるまん」の「ちょっと硬い内部」がほどよく刺激的で気もちいいですね


 結論:入口付近の快感度

NRピンクソフト天使のぷるまん



中央部分比較



代替テキスト   代替テキスト  


 「中央部分」にまで進めると優劣は逆転します

「天使のぷるまん」はその「二層目の構造の硬さや弾力」ゆえに
まったり系ホールとしては若干「高刺激」な挿入感ですが
「NRピンクソフト」は「単なるストレートでは無く少しずつスパイラル(螺旋状)にヒダがモノ♂を撫でる」

「心地よさ」に関しては「NRピンクソフト」の中央部が上ですね



 結論:中央部分の快感度

NRピンクソフト天使のぷるまん


最奥部分比較


 
代替テキスト   代替テキスト



 「最奥部分」はお互いに「お部屋」構造ですが
余裕がある「NRピンクソフト」にくらべ
「キュッ」と締め付けてくる「天使のぷるまん」

「まったり系」でありながら弾力と硬さのアクセントもある「ぷるまん」
のだいご味が現れた最奥ですが「ピンクソフト」側の最奥は少しガバ気味

故に「最奥の心地よさ」に関しては「天使のぷるまん」が上ですね



 結論:最奥部分の快感度

NRピンクソフト天使のぷるまん



その射精感、イキ顔比較



 NRピンクソフト


          代替テキスト
   どぴゅーっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅおっ!!




 天使のぷるまん


          代替テキスト

    びゅーっ♪びゅっ♪びゅっ!びゅびゅっ!



 二つとも「やわらか素材」でじっくりと責めたモノ♂が暴発する
「幸せ射精感」に近い射精感を得られました

「射精感の充実度」については「互角」といった結論ですね


最終比較結論



 純粋に「包まれ心地」や「まったり系としての用途」なら
「肉厚」かつ「徐々に快感が高ぶる」構造の「NRピンクソフト」の方が上ですが

「やわらかい外部素材」と「コリコリとする内部」の超融合
二重構造の緻密な造りで贅沢な挿入感」を得たいなら「天使のぷるまん」が上

 どちらが「まったり系」としてふさわしいかどうかは人それぞれですね


「総合力」においては「天使のぷるまん」が上ですが

基本両刀持ちで良いと思います(ダイマ)




商品ページリンク

※価格は税込みであり記事作成当時の物です

NRピンクソフト



  価格:  2618円: NR(エヌアール) NLSで詳細を見る


天使のぷるまん



  価格:  2948円:  天使のぷるまん NLSで詳細を見る

※幣サイトでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しています


 価格:  表示不可:  アマゾンで詳細を見る

関連記事:オナホ通販サイト比較表


関連記事



 3回目】NR ピンクソフト 他のまったり系とは一線を画す独特の構造



その他関連記事は↓

「まったり系」タグで記事検索!

          
関連記事