今回は「TENGA一抜刀会」の決勝トーナメントを試合形式でお伝えいたします

ハゲしい予選を勝つ抜いて決勝進出したホールはこの8名!


管理人用:編集ボタン










          代替テキスト   拡大する


TENGA一抜刀会(決勝トーナメント)


もくじA


「TENGA一抜刀会」とは?



【TENGA一抜刀会】・・・それはオナホの天下一を決める大会
管理人が今現在【100回のサイクル】の中で使用しているホールの中から
「2つのホールを一対一で対決させ決着をつける」
尚、「100回のサイクル」とはこの記事を初投稿した2018/05/04現在の
オナホレビュー出撃率順」における最新シーズン「シーズン2」における
「100回中一度でも利用したホール」として名前が挙がったホールが
出場者として参加している
主なルールは
「絶対的王者、まだ名前がありませんは優勝してしまうので参加させない」
対決方式は
「目の前にオカズを広げてモノ♂を興奮させたのち2本のホールを
交互に挿入して具合を確かめる」
「その時の気分などで最終的にどちらのホールを選び、どちらの内部で射精したか」
で勝敗が決まる
故に「総評が下回るホールも上位のホールに勝つ可能性も十分にありえる」


それでは闘っていただきましょう!
尚、記事題名に「TENGA」と書いてあるが
「管理人にとってTENGAはいまいちのホール」という裁定が下っているため
彼(彼女?)がこの大会に参戦することは永遠に無いでしょう

 ※予選パートからの引用


今回のこちらは「決勝トーナメント」
予選を勝ち抜いた厳選されたホール8種類による頂上決戦が始まります!



決勝トーナメント第一回戦:ふわトロめいきVS温泉欲情



VS

代替テキスト温泉欲情:極太ヒダによる絡み この快感に浸かっていたい




戦闘力(総評)比較



代替テキスト 

 ふわトロめいき(87点)


 VS


 温泉欲情(94点)







 ランク2:85~89点とランク3:90~94点のランク差対決

「温泉欲情」は管理人の現時点No1ホールである「まだ名前がありません」に迫る「94点」
(かつては同点である「95点」だった)

普通に考えれば「ふわトロめいき」が勝てる可能性は低いですが
果たしてどういった結果になるのでしょうか・・・


選手紹介:ふわトロめいき



 今回は「決勝トーナメント」なので時間をかけてじっくり試合模様をお伝えします

 選手紹介:「ふわトロめいき」側


         

  ◎得意分野(必殺技)


 まったり系、スローオナニー、パイズリ系刺激、ふわトロ素材





  ✖不得意分野(弱点)


 高刺激系、即ヌキオナニー、硬素材系刺激、耐久力




 その名の通り「ふわトロ系まったりホール」としての最有力候補となるホール

RIDEがこのホールを意識してか「ふわあな1mmヴァージン」という
類似ホールを発売しましたがまだ総合力はこちらが上

次回作の「もっとふわトロめいき」が
イマイチ(※他レビュアーの評価)なホールであったためか「このホールに残留」するオナホプレイヤーも多数

「まったり系最有力ホール」として続投する事となったホールですが
それに見合うだけの「実力」は備えています


 まるで女性の乳房に包まれている様なトッロトロの柔らか素材
それでいながらしっかりと「刺激」を与えてくれる内部構造


ゆっくりまったり、「自分へのご褒美」を与えるのに適したホールです


 「不得意」な分野(弱点)はもちろん特徴とは対極的な「高刺激」と「即ヌキ」
それと「耐久力」に関しては他のホールにも言える事ですがこのブログで
「標準的な耐久力」と定める「三か月」を超えずに突き破ってしまいました

「長さ」は足りているんですが底の造りが甘いようで二個目の個体なのですが
どうにもならずに突き破ってしまいました

「快感力」に差異はありませんがやはりオナホでのプレイは
「亀頭もしっかりと包み込んで欲しい」というのが本音ですね


 より詳しくこのホールを知りたい方はこちらのレビュー記事で!


選手紹介:温泉欲情





  ◎得意分野(必殺技)


 極太ミミズヒダによるジョリジョリ攻め、柔らか素材に依る容赦ない絡みつき

柔らか素材+高刺激内部の絶妙な融合に依るメドローア、即ヌキ、品薄商法?





  ✖不得意分野(弱点)


 まったり系刺激、スローオナニー、耐久力




 最有力優勝候補


かつては管理人のNo1ホールである「まだ名前がありません」と同点の「95点」を保持していたホール(一点減点の理由は「耐久力」のみ)



 四方から攻める「極太ミミズヒダ」と「モノ♂にねっとり絡みつく柔らか素材」

「モノ♂にねじるように絡みつくスパイラル構造」が見事にベストマッチ!


「柔らかい素材」+「高刺激内部」という一見相反する属性が見事に融合した

「メドローア」的オナホでございます



 ※「メドローア」:真逆の属性を一つに合わせることで
より強力な快感を発生させるオナホに得られる称号。詳しい解説記事はこちら


 口コミで人気が爆発し、2017年8月辺りからちょくちょく品切れを起こし
今なお結構な周期で「品切れ」を起こす品薄系ホール

あまりにも長く売れ続け品切れを起こすので品薄商法なのでは?と疑ってしまうくらい


 その人気の通りの凄まじい快感性能で
「モノ♂が極太ミミズヒダでジョリジョリ削られ悲鳴を上げるほどの快感」
それでいて「この高刺激にいつまでも浸かっていたい」と思える

まさしく「温泉的ホール」と言える一品



 「柔らか素材」でありながら「高刺激」を促す内部構造のため
「スローオナニー」には適していない事及び対戦相手「ふわトロめいき」同様
「何度買い直しても三か月未満で突き破る」事を除けば
まさしく「最強ホールの一角」であり今大会での「最有力優勝候補」です

 さらに詳しくレビューを見るにはこちらの記事から!


決勝トーナメント第一試合、勝者決定!



 この日管理人が選んだホールは「温泉欲情」!!


散々前振りしておいて「もしかしてふわトロにもワンチャンあるかも!?」
と思わせぶりだったのですが結局勝者に輝いたのはベストに近い位置にある「温泉欲情」


 一応「温泉欲情」が有利になりすぎないように「ふわトロ」を使う際心がけている
「巨乳系の抜きシーンで疑似パイズリ」的なシチュで交互に挿入して検証していたんですが


「徐々に快感がこみ上げてくるふわトロ」と違い
やはり「イレた瞬間のヨガリ」が「温泉欲情」が強すぎて

「こっちの温泉にずっと浸かっていたーい!!」

という感じでアッサリ「温泉欲情」の勝利が決まってしまいました


           代替テキスト



決勝トーナメント第二回戦:ヤンデレVS真実の口アマガミ


代替テキストヤンデレ 吸盤による全方位からのキス!?               

 VS



戦闘力(総評)比較



代替テキスト  
 

  ヤンデレ(87点)

  VS

  真実の口アマガミ(90点)







 「ヤンデレ」は「アマガミ」より劣る「87点」ですが
最近「あれ、これめっちゃ良いホールじゃない?」と思えてきて

「再検証」の余地があるので実際の数字以上に高い戦闘力である可能性があります

つまりこの点差は「無いに等しい」戦力差なので
どちらが勝つかは全く分かりません


選手紹介:ヤンデレ






  ◎得意分野(必殺技)


 ちょい硬素材による弾力攻撃、吸盤構造による吸い付き、最奥構造の締め付け





  ✖不得意分野(弱点)


 まったり系刺激、スローオナニー、スタンダード刺激、リアル系刺激




 まさしく「ヤンデレ」ともいうべき吸着系ホール



「こんな内部の女性はいない」という意味で「もしも存在したらそれこそ病気」
ともいうべき「非実在系吸盤構造」の独特の挿入感が楽しめるホール

色合い的にも数年後「タコの〇〇」的な名前で再版されそうなホールであり
周囲から一斉に「吸盤的構造」がキスをするようにチュパチュパとモノ♂に吸い付き、
「最奥」の「キュッ♪」とした締まり具合がまさしく

「ずっと離れないからね・・・」というヤンデレ的性格を再現していると思います


 「弱点」といたしましてはここまで個性的だとスタンダードやリアル系な刺激とは
かなりかけ離れてしまうので使う人を選ぶホールとも言えますが、逆に言えば
「好きな人はドハマリできそうな構造」と言った感じのホール

管理人はこのホールの刺激を「好き」と感じたので
今大会のダークホース的なホールだと思われます


 さらに詳しくレビューを見るにはこちらの記事から!





選手紹介:真実の口 アマガミ






  ◎得意分野(必殺技)


 初代真実の口より「甘噛み」になった歯の感触、ねっとり粘膜的口内絡みつき





  ✖不得意分野(弱点)


 初代真実の口の「ガッチリとした歯の感触」、真実の口ぺろりんが出来る「のど輪締め」




 「歯の付いたフェラホール」シリーズである「真実の口シリーズ」の第2弾

こちらは「初代真実の口」の特徴でもあり短所となり得た「歯の自己主張」が緩和
「甘噛み」されながら口内でねっとり絡みつく「優しいフェラ」が楽しめます

 管理人が所持している「3種の真実の口」の中で
「総合的に一番気持ち良いホール」として管理人は評価しています



 「弱点」はそのまま「他の真実の口」が持っている特性を「共有できない」事
「歯の噛み具合」「のど奥の締まり具合」と共有は出来ませんが
このホールが持っている「ねっとりとした絡み具合」も他の真実の口は共有できません

「強いて真実の口の中で一位を挙げるなら」こちらのホールになるというだけで
そこまで優劣がハッキリしているわけではなくどのタイトルを選んでも
「相互互換」として楽しめます


 さらに詳しくレビューを見るにはこちらの記事から!


決勝トーナメント第二試合、勝者決定!



 この日管理人が選んだホールは「真実の口 アマガミ」!!


「ヤンデレ」も急上昇してきたホールでしたが「アマガミ」には至らず
「やわらかくも若干歯が擦れる」没入感あふれるフェラホールである
「真実の口アマガミ」が勝利を収めました


           代替テキスト   




決勝トーナメント第三回戦:ボクのおなぺっと2ぐれいとVSNR(エヌアール)ピンクソフト



代替テキスト 

             VS



戦闘力(総評)比較



代替テキスト 

 ボクのおなぺっと2ぐれいと(90点)



     VS


 NR(エヌアール)ピンクソフト(90点)








 まさかの同点ホール対決
お互い「柔らかい素材」ながら「しっかり刺激」の「ぐれいと」と「まったり」を貫く「NRピンクソフト」

どちらが勝利してもおかしくありません



選手紹介:ボクのおなぺっと2ぐれいと








  ◎得意分野(必殺技)


 わらびもち的柔らか素材による絡みつき、ひも状のヒダによるニョロニョロ快感





  ✖不得意分野(弱点)


 硬素材系刺激、素材の安っぽさ






ミドルコスト(中価格)になった代わりに長さ、耐久力が向上した新商品が登場!

低価格版「ボクおなシリーズ」の中でも特に評価の高い「2」を見直し
新たに「ヒモ状のヒダ」がひしめく「ストリングス構造」を備え品質向上・完全上位互換を目指しました

「ボクおなシリーズ」特有の「わらび餅」的柔らかい素材はそのまま
「しっかりと刺激を与えてくれる」良ホールでございますので
「完全なまったり系」にはならずにある程度「イキやすさ」を備えているのも魅力的

低価格版「ボクおな」が好きな人、ここから初めて「ボクおな」を手に取る人
両方にオススメのホールです


 より詳しくレビューを見るならこちら!


選手紹介:NR(エヌアール)ピンクソフト







  ◎得意分野(必殺技)


 徐々にこみ上げてくるスローオナニー、女性の柔肌に包まれている様な心地よい素材





  ✖不得意分野(弱点)


 硬素材系刺激ではない、即ヌキには向かない、大きさ故使いにくい所







 NLSとRIDEの共同開発ホール、「新しいスタンダードホール」をコンセプトに掲げて
試行錯誤を繰り返した結果
「シンプルかつ王道」の「ストレート加工かつ自然な快感」をつきつめることに

「ピンクソフト」は「ヴァージンループ」などにも使われている
柔らかさと弾力を備えた「バンジータッチ」素材ですが
こちらの「NR」は調合を変えているのか「さらに心地よく柔らかく」なっており

 その刺激も「ホールにイかされる」ものではなく
女性の手でやさしく包み込まれ少しずつ、少しずつ快感がこみ上げるような
「まったり系ホール」における最有力候補

 「いびつな刺激のホールもいいけどたまにはスタンダードに戻ってみたい」
と思った時にプレイするのに最適なホールです


 より詳しくレビューを見るならこちら!


決勝トーナメント第三試合、勝者決定!



 この日管理人が選んだホールは「NR(エヌアール)ピンクソフト」!!


この検証のために「使った」のが「おっぱいが大きい抱き心地がよさそうな子」
というシチュエーションだったので

同じ「やわらか素材」でありながら
より「まったり」寄りの「NRピンクソフト」が勝利いたしました


              代替テキスト



決勝トーナメント第四回戦:すじまんくぱぁろりんこ処女宮(バルゴ)VSナースのギチギチ挿入感HARD



代替テキスト  

  すじまんくぱぁ ろりんこ 処女宮(バルゴ)大きくなっても繊細過ぎる内部は変わらず     

VS

代替テキスト

  レビューその38:再レビュー!ナースのギチギチ挿入感 ハード 前回の採点は高すぎた


戦闘力(総評)比較



代替テキスト 

  すじまんくぱぁろりんこ処女宮(92点)


   VS


  ナースのギチギチ挿入感(90点)







 お互いに「90点台」のかなりの高得点ホールですが
今から思い返せば双方「良ホールだろうけどこの点数は高すぎたのでは?」
と思いました

現在の判定では「処女宮(バルゴ)」が89点、「ギチギチ」が「87点」
という所でしょうね

要再レビューのホール達です


選手紹介:すじまんくぱぁろりんこ処女宮






  ◎得意分野(必殺技)


 何度でも使いまわせる「疑似処女膜」、大きさ故の「圧倒的肉厚」






  ✖不得意分野(弱点)


  そのコンセプト故繊細過ぎる内部構造、大きさ故の「使いにくさ」




 「疑似処女膜」をモノ♂で擦る感覚が心地よい
「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズから「初代の2倍のビッグサイズ」の
「処女宮」が登場

肉厚になったことで「分厚い肉」に飲み込まれていく快感
シリーズ特有の「膜」も健在であり現状の「ろりんこ」シリーズの中では
一番気持ちいいタイトルです


 弱点は精密構造故の「内部構造のはがれやすさ」
管理人のモノ♂が硬いのも相まって内部をズタズタにしてしまいまいした
(まだ使用できる限りではある)




選手紹介:ナースのギチギチ挿入感 ハード








  ◎得意分野(必殺技)


 硬素材かつミミズヒダによる圧倒的ゴリゴリ感、ちょい大き目だけど使いやすい大きさ





  ✖不得意分野(弱点)


  ゴリゴリであるがゆえ「マ〇コに入れてる」という錯覚は絶対引き起こせない感触




 元々はイマイチ反応の良く無かったホール「ナースのギチギチ挿入感」
ハード素材の「ハードタッチ」で作り直したら
名前通りの挿入感の良ホールになってしまったという漁夫の利ホール


「温泉欲情」にも似た極太ミミズヒダが四方から迫り
容赦なく貴方のモノ♂を硬素材でゴリゴリと削る様はまさしく「ギチギチ挿入感」!!


 非実在・高刺激・硬素材の未知の体験にモノ♂を踏み挿入れてみませんか?


 詳しいレビュー記事はこちら



決勝トーナメント第四試合 勝者決定!



 この日管理人が選んだホールは「すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮(バルゴ)」!!

 「ゴリゴリの挿入感」よりも「疑似処女膜を擦る」のが気もちいい気分だったので
この日は「処女宮」を選ばせてもらいました



            代替テキスト


         



決勝トーナメント 準決勝第一



                VS




戦闘力(総評)比較


代替テキスト 

  温泉欲情(94点)


  VS



  真実の口アマガミ(90点)






 お互いに高得点ホールでありますが「使用頻度」的には
「温泉欲情」がダントツで引き離しています

「アマガミ」がそれにいかに食い込むか(フェラホールだけに)が勝負の分かれ目ですね


              小悪魔系幼馴染動画はいかが?


準決勝第一 勝者決定!!


 この日管理人が選んだホールは「温泉欲情」!!


 交互に挿入して検証しました


最初のイれ心地は「アマガミ」が上だと思ったのですがストロークを重ねるうちに
「極太ミミズヒダ」の高刺激になれていき・・・

結果、その「ジョリジョリ感」から離れられなくなって・・・
「温泉欲情」の方でフィニッシュしました


              代替テキスト



決勝トーナメント 準決勝第二試合



           VS

  すじまんくぱぁ ろりんこ 処女宮(バルゴ)大きくなっても繊細過ぎる内部は変わらず



戦闘力(総評)比較



代替テキスト 

 NR(エヌアール)ピンクソフト(90点)


  VS



 すじまんくぱぁろりんこ 処女宮(92点)






 先ほども申し上げた通り「処女宮」は「高すぎた採点」のため実質的に「89点」
つまりはお互いにあまり差が無いホールの対決という事に

お互いに普通のホールより「大き目」なので「使いづらさ」が足を引っ張るかもしれません


準決勝第二試合 勝者決定!!



 この日管理人が選んだホールは「すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮(バルゴ)」!!


「NRピンクソフト」も心地よい挿入感でしたが「疑似処女膜を擦る」
つまりは「相手の初めてを奪っている」かのような快感の「処女宮」に軍配が上がりました


             代替テキスト



決勝戦


代替テキスト

        VS

代替テキスト



戦闘力(総評)比較



代替テキスト
  温泉欲情(94点)



  VS



 すじまんくぱぁろりんこ処女宮(92点)








 ついに来ました決勝戦



 第0回王者とも言うべき不戦勝ホールであり今回未参加の

まだ名前がありません(95点)」に次ぐ「94点」という高得点を持ち

前評判通りに「優勝するのでは無いか」と思われていた「温泉欲情」



 そして「疑似処女膜をモノ♂で擦る」という唯一無二?のギミックをもつ

「すじまんくぱぁろりんこ」シリーズから通常の2倍の体積を誇るタイトル

「すじまんくぱぁろりんこ処女宮」(92点)との直接対決



 決勝戦に相応しいタイトル同士の対決になったと思います


前評判通り「温泉欲情」が優勝するのかそれとも「疑似処女膜」という

他のホールでは体験できない構造の「処女宮」が勝つのか・・・


それでは検証していきましょう



優勝決定!!



 交互に「温泉欲情」と「処女宮(バルゴ)」に挿入していく管理人
「温泉欲情」がジョリジョリとモノ♂を撫で上げるのに対して
「処女宮」はぐちょぐちょと「疑似処女膜」がモノ♂を擦る

「快感度」は同じくらいだが
数回ほどその工程を繰り返した後、管理人のモノ♂に変化が訪れる


 「温泉欲情の極太ミミズヒダが若干痛いと感じる・・・?」


「というより今日の気分的には・・・ぐよぐちょな内部で果てたいと求めている・・・!?」


この日管理人が「最後に中で果てた」ホールは・・・


 決まった!!優勝は「すじまんくぱぁろりんこ処女宮!!」



              👑

      代替テキスト   



  優勝決定!!



   代替テキスト     拡大する




 花嫁衣裳に王冠が飾られ最強に見える


まさかまさかの大逆転!!


私も普通に「温泉欲情が優勝するだろう」と思っていましたが

検証すると何故か「処女宮(バルゴ)のナカで果てたい!」と思って衝動的に発射!!



その勝因は?



 なぜ「総評」で上回る「温泉欲情」を「処女宮」が勝つことが出来たか?
おそらくそれは両者の「挿入感の性質の違い」だと思われます

 確かに「温泉欲情」の内部は気もちいいが「ゴリゴリ形」のミミズヒダ故
「経験豊富なオナホール」と言った印象
対する「処女宮」は「疑似的な処女膜」故に「男のモノ♂に慣れていないナカ」
つまりその名の通り疑似的に「処女の初めてを奪っている」という
他のホールにはな無い体験が勝利を収めた最もたる理由だと思います

 この日管理人が「初々しい系のオカズ」でヌいたからというのもあり
「流れ」を掴んだ「処女宮」が総評の差をひっくり返して優勝

まさしく「管理人の気分によって下位のホールが上位を上回る可能性がある」
そういうルールで始まった「TENGA一抜刀会」という舞台にふさわしい決勝戦だったとおもいます


 予選で姉妹ホールである
「すじまんくぱぁろりんこもっとりソフト」が敗退していますが、あちらにはない
「圧倒的肉厚」故モノ♂が幸せな包まれ心地を感じる事も勝因ですね


今後の「TENGA一抜刀会」の展開は?



 もしもここまでお付き合いいただいた方がいらっしゃるのなら
申し訳ありませんが「ここで紹介したホールが爆発的に売れた」とか
そういった相乗効果も今のところ無いですし

 それプラス記事作成にとんでも無い時間がかかるという性質上
「第2回」をやるにしても1年後を予定しております

明日からは「部門別オススメオナホランキングシーズン3」の作成に取り掛かります


 2018/10/07追記:
某大手オナホレビューブログで既に似たような企画がありました

企画を終えてから気づきましたが2番煎じでは人が見てないのは納得ですね
「この1回だけ」で企画を終えるかどうかちょっと考えモノですね


優勝ホール商品ページリンク

※価格は税込みであり記事作成当時の物です



 ※当ブログでは「通販サイトのNLS一本化」をオススメしております



NLS以外の販売ページリンク

※価格は税込みであり記事作成当時の物です






決勝トーナメント 成績順ホール記事一覧



準優勝:温泉欲情

ベスト4:


ベスト8:








以下余白
関連記事
タグ