今回は「紹介」です(実際に購入したわけでは無くただ挿入感を想像する)
新鋭メーカー「maccosjapan」から発売されている「淫惑ヴァージニティー」を
紹介していきます


               淫惑ヴァージニティー
淫惑ヴァージニティー



新鋭メーカー「maccosjapan」とは?



 2017年アダルトグッズ業界に参入してきたピッチピチ(死語)の
若いメーカー

新しいメーカーながらクオリティの高いホールを輩出しており
個人的には「RIDE」「マジックアイズ」「トイズハート」の三大巨頭の一角にまで
上り詰めるのでは無いか?と予想しております


本当の意味で株を買っておくべきメーカーでございます

※私は株を始められる状態では無いので買うかどうかは第3者に委ねます

無事値上がりしたらマージン欲しい



 以前評価した「ふるしゅいんぐ」も「内部構造の気持ちよさ」「ホールの大きさ」

「コスパの高さ」「今までになり新構造」のいずれのツボも押さえており


管理人の心に3Pシュートを決めてくれました

(該当ホールが「野球」モチーフなのにバスケットボール的表現になってる理由は該当記事で)




淫惑ヴァージニティー  二穴が楽しめる大型ハンドホール



もくじ




簡易予想総評:90点

※詳細な挿入感予想は追記文で!


 いつも「想像」の時点では「90点台」という高評価は下さないのですが
こちらはNLSでの商品写真をみただけで「これはイケる!」と思える良ホールだと思いました


同社ホール「ふるしゅいんぐ!」を彷彿させる「スパイラルイボ構造」
そして女性器側とア〇ル側の二穴構造

どちらの穴もしっかり作り込まれていてかつ
「狭い」という初々しいマ〇コ的特徴を意識した「個性」もある


代替テキスト 


 そして突き破り易い管理人の(平均よりも少しだけ)デカチン♂
と相性のいい「大型ハンドホール」という特徴



そのままでも「腰振り」が可能なくらいの大きさで抱えながらガンガン奥を突くことが出来そうです






※表示価格は税込みであり記事作成当時のモノです


その二穴比較



代替テキスト 

 上部の女性器側が狭く、下部のア〇ル側が広いという現実のそれとは違う二穴ホール
ア〇ルというシチュが苦手な人(私です)でも気兼ねなく使え得そうです





関連記事